完全版!エムピウの財布のすべて。ユニークな財布とその特徴をまとめて紹介します

ミッレフォッリエ カラーパターン

エムピウは機能的なアイテムを作り続ける、日本の革工房です。

使い勝手やデザインのセンスで右に出るブランドはいない、そう思うほどにエムピウの財布はどれも、ユニークで面白い特徴を持っています。

私はこれまでに発表されたすべての財布を触り、いくつかを購入してきました。

ただ、エムピウの財布って意外と知られていないと感じています。

エッジが効いたデザインが多く、お店に置いてあっても「財布として手にとってもらえるのだろうか?」、「そもそも財布だと気づいてもらえないのでは?」と思うものばかり。

また、「エムピウの財布が見たい」と思っても、すべてのアイテムを置いてあるお店はほとんどありません。

そこで、このページではエムピウのすべての財布をまとめました。
お読みいただければ、エムピウの財布の特徴が分かり、自分に合う財布を見つける近道になるはずです。

本ページは2部構成です。
前半は、エムピウの財布について、共通する特徴を紹介します。
マニアックな情報もありますから、細かいことは知らなくていいよ。という方は後半へジャンプしてください。

後半は、エムピウの財布を1つずつ、すべてを紹介します。

スポンサーリンク

エムピウの財布の特徴

エムピウはたくさんの財布を発表していますが、ここでは共通する特徴を紹介します。

ざっくり言うと、革の特徴を活かした、ユニークな財布。
これがエムピウの発表する財布にいえることです。

細かいことはいいです。という方は読み飛ばしてください。

これまでに無い。ユニークな財布

エムピウの財布に一般的な財布と同じような使い方を求めてはいけません。デザイナーの村上氏は、これまでの財布という道具に満足していないから「新しい道具」を作ろうとする人です。ですから、エムピウの財布は一般的な財布と比べ、見た目や使い方が異なるものが多いのです。

新しいモノ好き。これまでの財布の欠点にイライラしていた。こういった人には最適な答えを準備してくれているかもしれません。

育つ革。エイジングを楽しめる。

エイジング(経年変化)。革好きな人ほど好む、革の特性です。

具体的には、革の色が変化する。革に艶が生まれる。このように製品として仕上がったあとに、生まれる変化を「エイジング」といいます。

このエイジングはすべての革で体験できるわけではありません。
キレイにエイジングする主な条件は2つ。

1.タンニンでなめされた革であること。
革を作る工程でタンニンを革が含むことで、革の芯部にまでタンニンが浸透します。この成分が空気や日光に触れたり、衝撃をうけることで成分である「渋」が変化し、色味が深くなるのです。

2.加脂された革(いわゆるオイルレザー)。
加脂とは革を作るときに、革にオイルを浸透させることです。
これによって、製品後も革の中から表面にオイルがじっくりとにじみ出てきます。また、手の脂も財布に移ります。こういったオイルが、革の繊維と絡みあうことで、独特の「艶」と呼ばれる輝きが現れます。

エムピウの財布に使われる革は、タンニンなめし、かつ加脂されています。
つまり「新品後に育つ革」なんですね。色味が深まり、艶が生まれるエイジングを楽しめるということです。

ちなみに、よく使われている革は、イタリアのタンナー(革を作る企業)である、ワルピエ社のブッテーロ、バダラッシ・カルロ社のミネルバです。
いずれも有名なだけでなく、上質な革です。
土屋鞄をはじめとする著名な革工房でも使われているのは、上質さの裏付けとして十分です。

最低限のケアでOK

革=購入後のケアが必要。のイメージがあるかもしれません。

実は財布のケアは最低限で十分です。

手のひらから適度に脂が革に移ります。
オイルの追加などは基本的に不要なんですね。

加えて、エムピウの革はオイルレザーが多いため、しばらく使わない。
または複数の財布を使い分けるという極めて特殊な人(私です)でも乾燥するということがありません。

革は不思議なもので毎日さわるものほど、特別なケアが不要で、良く育つものです。

ミッレフォッリエのみヌメ革で作られたモデルがあります。
これは加脂されていません。
長期間使わない時は乾燥しないように注意してください。

たくさんのカラーから選ぶことができる

例えばミネルバというイタリアの革。
ミネルバを使ったアイテムでは、8色展開していたりします。
これは他の革工房では真似できないカラーパターンです。

エムピウの特徴の1つが、数種類の革しか使わないということ。

このため革の製造元のタンナーへの発注量が多くなります。
革への染色は、革を作るタンナーが行いますから、お得意様であるエムピウの要望も聞いてもらいやすいのでしょうね。
エムピウでしか見ない色があって、選ぶ楽しみが広がります。

ちなみに、ここにあげた特徴は、後述するすべての財布に共通することですから、個別には取り上げません。

逆にどんな人に合わないの?

褒めちぎっても面白くないですね。

エムピウの財布をチョイスすべきでない人もあげましょう。

新品当時の鮮やかな色、美しさをずっと維持したい。

クロムなめし、顔料仕上げの革財布を買いましょう。
そのほうが幸せになれます。
エムピウの革は染色仕上げされていますから、色も変わるし、キズもつきます。
それを含めて「革の味」として楽しめる人の財布です。

普通の使い方の財布が欲しい。

普通の財布を販売するブランドはたくさんあります。
エムピウの財布は、どこかしら、これまでの財布と違った使い方になります。
ちなみに、私の母(60Over)もミッレフォッリエを使っていますが不便は無いとのこと。
つまり、慣れです。

エムピウの財布を買えるショップ

全国のショップ一覧はこちら。

取り扱い店舗はあまり多くありません。

また、すべての財布、すべてのカラーを目にすることは、まずできません。

店舗は他の商品も扱っているため、限られた面積で全てのモデルを置いておくことは不可能なんですね。
田舎の方では、代表作のミッレフォッリエ以外が置かれることは珍しいのではないでしょうか。

多くのアイテムを目にしたいなら、直営店のある蔵前に行くのが一番です。

他にはネットショップでの取扱いが豊富です。
オススメは、amazon楽天などの大手ショップ。信頼できるショップのみが販売できるからです。


ここで、エムピウについての説明は終わりです。

以降に財布をご紹介ます。

エムピウの財布

財布の定義は人それぞれだと思うのですが、私は、お札、コイン、カードの3つを収納できるものだと思っています。

ここではこの3つのアイテムを収納できる財布を、サイズの小さい順に紹介していきます。

※以降の写真の多くは、エムピウの公式サイトから出典させていただいています。

straccio(ストラッチョ)

ストラッチョ

Spec

ゴートモデルとリスシオ・ブッテーロモデルでサイズなどが違います。
以下は ゴート/ リスシオ・ブッテーロで表記。

機能 お札入れ×1、小銭入れ×1、カードポケット×1
サイズ W102×D68×H15mm/ W102×D65×H20mm
重さ 30g/ 45g
素材 ゴート/ ミネルバ・リスシオ、ブッテーロ
カラー 6色/ 8色
生産 日本
価格 4,500円/ 7,500円(税抜き)
特徴

エムピウの最小・最軽量の財布。
「これだけでもひと通り使えるよね」を形にした財布です。

ミニマムを追求しつつ、お札10枚、コイン15枚、カード5枚をギュッと詰め込んで持ち歩ける最小のサイズ。

ストラッチョ オープン

ほぼカードサイズを実現したサイズは、パンツの前ポケットに入れても違和感なく行動できる。携帯性バツグンの財布といえます。

ストラッチョは2プライス展開。

  • ぐにゃりと柔らかなゴートモデル
  • 少し固めのリスシオ/ブッテーロモデル

どちらもリーズナブルな価格になっています。

あまりに高い財布はいろいろと気を使ってしまいますよね。
レジャーやちょっとした遊び、そういったときに気軽に使える財布としてオススメです。

参考:エムピウの最小最軽量な財布 ストラッチョのレビュー

zonzo(ゾンゾ)

ゾンゾ

Spec
機能 お札入れ×1、小銭入れ×1、カードポケット×3
サイズ W105×D70×H25mm
重さ 90g
素材 ミネルバ・リスシオ
カラー 8色
生産 日本
価格 15,500(税抜き)
特徴

ゾンゾは2015年に発表された、エムピウのコンパクトな財布です。

手のひらに収まるサイズはカード+数ミリという小ささ。世界一小さなラウンドファスナー財布です。

ボディにたっぷり使われた革はミネルバ・リスシオ

とても上品な印象。
これが、コンパクトさ相まって、とてもカワイイ印象を受けます。

内装が変わった作りで、特徴的なお札入れが目を引きます。

これが使いやすさのポイントです。
小さい財布なのに、「お札を折ってから収納する」面倒な作業が不要です。

ストラッチョよりわずかに大きい程度のサイズ。
パンツの前ポケットでストレスを感じないギリギリのラインです。
これ以上のサイズになると、ヒップポケットへの収納となるでしょう。

小さなボディに紙幣10枚、クレジットカード6枚、コイン15枚まで詰められます。

どこに出しても恥ずかしくない上質感は、流石リスシオといったところ。

ジーンズだけでなく、カバンのどんなポケットにもスッと収まり、携帯性もバツグン。
ですから、私は旅行の相棒としても使っています。

豊富なカラーリングはエムピウの特徴です。
エムピウ ゾンゾ カラー

コニャック、タバコ、ナポリ、グリージオ、パパベロ・・・。

何か分からないですよね? 実は、色の名前です。

陽気なイタリア人が付けそうな、
バダラッシ社のエスプリの利いたネーミングです。

ときに、色に名前を付けるのは難しいものです。

例えば透明感と深みが美しい、このblue。
zonzo_ortensia

ortensia(オルテンシア)と名付けられた色が意味するのは、「アジサイ」です。
これを表現できる名前を付けるのが難しかったのかもしれませんね。

色を選ぶ楽しみ(悩ましさ?)があるのも、エムピウの良さでしょう。

リスシオやボックス。
ミネルバシリーズは独特の香りを生み出します。
オイルとタンニンをしっかりと含んだ、ホンモノの革だけが放つ香り。
買って数ヶ月しか楽しめませんが、新しい財布を買ったときの楽しみの1つです。

少しそれました…。
まとめます。

ゾンゾの特徴は、コンパクト × 上質。
小さくて高級感のある財布を求めるかたにオススメできる逸品です。

参考:エムピウ ゾンゾのレビューを見てみる

millefoglie(ミッレフォッリエ)

ミッレフォッリエ

Spec

ミッレフォッリエはエムピウの代表作にして定番。人気No1のアイテムです。
革の違いや、カードの収納枚数の違ったものがラインナップされていて、全部で6モデルあります。

ここでは、ベーシックなmillefoglieⅡ P25のスペックを示します。

機能 お札入れ×1、小銭入れ×1、カードポケット×4
サイズ W110×D85×H25mm
重さ 100g
素材 ブッテーロ、ミネルバ・リスシオ、ミネルバ・ボックス
カラー 10色
生産 日本
価格 14,000円(税抜き)
特徴

ミッレフォッリエは発売から10年経った今でも親しまれる、エムピウの代表作、かつベストセラーです。

コロンとしたトランクのようなフォルムが目を惹きますが、イチオシの理由は「使いやすさ」にあります。
カンタンにご紹介しましょう。

真鍮の留め具で閉じられた財布を、くるりと回すようにして開きます。
ミッレフォッリエ 小銭入れ

財布を開くと、カード、お札、小銭を一望できます。
あれこれと持ち替えることなく、中のアイテムを扱うことがきるのが、ミッレフォッリエだけの特徴。これがとても使いやすいんですね。

お札15枚、カード16枚、小銭15枚ほどをひとまとめにできます。
これらをひとまとめにして、お尻ポケットに入れて出かけられるコンパクトさも魅力です(前ポケットに入れるのはチョットきついです。)

ミネルバ、ブッテーロと革のラインナップも豊富です。
迷ってしまうかもしれませんが、どれも色は深みを増し、ツヤがあがってきます。どの色をセレクトしても、革を育てる楽しみを体験できます。

コンパクト × そこそこの収納 × 使いやすい。

こういった機能を求めるなら、ミッレフォッリエに代わる財布はありません。

私はミッレフォッリエが大好きで、3年以上使いました。万人におすすめできる、使いやすい財布といえます。

参考:ミッレフォッリエのレビューを見てみる 

LoYen(ロ・イエン)

LoYen

Spec
機能 お札入れ×1、小銭入れ×1、カードポケット×4
サイズ W188×D95×H30mm
重さ 220g
素材 ミネルバ・リスシオ
カラー 3色
生産 日本
価格 30,000円(税抜き)
特徴

エムピウで一番大きくて、たくさん入る長財布です。

面白いのが、財布の底に仕切りがあって、あまり入っていない時は薄く、たくさん入ったときは厚みが出るといったようにサイズが柔軟に変わること。LoYen オープン

収納量もエムピウでNo1。
お札100枚、カードが45枚、小銭は500円、100円、10円、5円、1円硬貨をそれぞれ10枚程度収納可能です。

たくさんのお金を収納したいと考える人にチェックして欲しい逸品です。

エムピウの札バサミ

スーツの内ポケットでも快適に持ち歩けるようにと考えられたモデル。

スッキリと収納できるように、あえて小銭入れを省いたお財布です。

いわゆる、札入れ、束入れと呼ばれる財布ですね。
エムピウがデザインすることで、とてもスタイリッシュな姿になっています。

FERMA(フェルマ): WALLET Short

フェルマ ショートウォレット

Spec
機能 お札入れ×1、カードポケット×4
サイズ W97×D93×H20mm
重さ 55g
素材 マレンマ、ブッテーロ
カラー 4色
生産 日本
価格 11,000円(税抜き)
特徴

フラップ構造を留めに利用した、薄い札バサミです。
一般的な財布では、「札入れ」にカテゴライズされる品です。

特徴はミッレフォッリエのようなつくり。
視認性と使い勝手の良さがバツグンです。
お札とカードを見渡せ、持ち替えることなく片手でお札やカードを取り回せる配置になっています。
フェルマ ショートウォレット オープン

フラップのカードポケット、お札のはさみ方は、まさにミッレフォッリエと同じです。

エムピウの財布には珍しく、段状のカードポケットが配置されていて、3枚のカードを収納できます。
これ以上にスリムで洗練されたデザインの財布はなかなかありません。

よく使うカードを3枚に厳選できる人におすすめの逸品です。

FERMA(フェルマ): WALLET Long

フェルマ ロングウォレット

Spec
機能 お札入れ×1、カードポケット×4
サイズ W190×D100×H25mm
重さ 125g
素材 マレンマ、ブッテーロ
カラー 3色
生産 日本
価格 17,000円(税抜き)
特徴

WALLET Shortとコンセプトは同じ。
小銭入れの無い長財布、「束入れ」と呼ばれる財布ですね。

収納量はバツグンで、お札20枚、カード4枚、お札入れの他にチケットなどのフリーポケットが1つ付いています。
フェルマ ロングウォレット オープン

エムピウのコインケース

エムピウはコインケースも発表しています。

ここではそれらを紹介します。

minimo(ミニモ)

ミニモ コインケース

Spec
機能 小銭入れ×1
サイズ W70×D60×H20mm
重さ 75g
素材 ミネルバ・リスシオ、ブッテーロ
カラー 3色
生産 日本
価格 5,000円(税抜き)
特徴

エムピウの最小の小銭入れです。

ミニモ コインケース オープン

ミッレフォッリエの特徴の1つがボックス型の小銭入れ。
フルオープン式で小銭の見やすさ、取り出しやすさに長けた作りです。

その小銭入れの部分を、極限までそぎ落としてそのままコインケースにしたのが本作。

ギボシはミッレフォッリエで使われたものと同様。
使い続けるとこのギボシも金色に光るような変化が現れてきます。

このギボシがアクセントになって、特別なコインケースに見せてくれます。

人と違う小銭入れが欲しい。そう考える方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

FERMA COINCASEⅡ

フェルマ コインケース

Spec

2モデル展開。
BASIC/ CORDOVANで表記します。

機能 小銭入れ×1、カードポケット×1
サイズ W96×D77×H23mm/ W96×D77×H18mm
重さ 40g/ 40g
素材 マレンマ、ブッテーロ/ コードバン
カラー 4色 / 2色
生産 日本
価格 9,000円/ 11,000円(税抜)
特徴

フラップ状の留めが特徴的。重なった革を外に倒すと、革の「元に戻る」という特性によってオープンする変わった作り。

長方形にすることで、片手にスッと収まるサイズ感を生み出しただけでなく、背面のスリットにカードを収納できるようなりました。

フェルマ コインケースのカードポケット

エムピウの財布は、どこで買うと安いの?

結論からいうと、リアル店舗も実店舗も定価売りです。

私は、かれこれ6年はエムピウのファンです。
財布以外も新商品が出たり、我慢しきれずに買おうとして、ちょくちょくネットショップをチェックしていますが、この6年でセールにかかったのを1度も見たことがありません。

つまり、買いたいと思った時が買いどきです。

誰でもできる方法としては、ポイントバックくらいです。

  1. クレジットカードで購入して、ポイント分還元してもらう(1〜2%)
  2. amazonなどのECサイトでポイントバックを狙う(1〜10%)

特に2.のamazonでは、例えばミッレフォッリエなどの一部財布がポイント還元されていることがあります。

amazonのもう1つのメリットは即日発送という圧倒的なスピード。
ほとんどの地域で翌日には届くはずです。
あと、もちろん送料無料です。


ちなみに、エムピウに限らず、多くの革工房はセールをしません。

アパレルブランドの財布のようなビジネス。
「今年はこの色、カタチが売れるだろう」で、デザインされたものではないからです。

極端な話、良い財布は1年後でも売れるわけです。
セール対象にする必要が無いんですね
(もちろん、ブランド維持といった理由もあると思います)。

逆にいうと、セールをしている非大手のECサイトは、詐欺サイトとみてよいでしょう。
「エムピウ 財布」で検索して、下の方に出てくるサイトで安売りしています。
これは典型的な詐欺サイトです。買っても届かないので利用は避けてください。

ちなみに、エムピウの偽物は見たことも聞いたこともありません。

これは心配しなくて良いと思います。
というか、日本の革工房の財布は、レベル、品質基準が高すぎるため偽物は作れません。
(偽物を作るならもっと真似をしやすく、利益率を高いアイテムを狙います。ルイ・ヴィトンなどはその筆頭ですね。)


まとめます。

安心、安全に購入するなら、以下のいずれが鉄板です。

  • 実店舗
  • amazonなどの大手ECサイトで定価販売しているショップ

amazonでのエムピウの財布を見てみる

あとがき

エムピウのたくさんの財布。
ユニークなその特徴を分かってもらえたでしょうか。

これまで、エムピウの財布を見たことがない人にとっては、面白い財布ばかりだったと思います。

今日、さまざまな「機能的な財布」が販売されています。

このさきがけとなったのがミッレフォッリエ。
販売は10年以上も前になりますが、少しずつ小さなバージョンアップを重ねて、現在もエムピウの人気No1の財布です。

初めてのエムピウの財布であれば、ミッレフォッリエを選んで、その使い勝手の良さを体験して欲しいと思います。

私が当サイトを立ち上げたきっかけは、エムピウのミッレフォッリエと出会ったからです。

ミッレフォッリエを使い始めてから、私にとってエムピウは特別なブランドになりました。
実際、財布以外のアイテムも含め、愛用しています。今後、財布以外のアイテムもご紹介したいと思います。

以上「完全版!エムピウの財布のすべて。ユニークな財布とその特徴をまとめて紹介します」でした。

最後までお読み下さり、ありがとうございました。
はてブやツイッターでシェアしていただけると大変うれしく思います。

エムピウの財布を取り扱い店舗で見てみる

スポンサーリンク

フォローする