ストラッチョ スペリオーレのレビュー。エムピウ最小財布の最上位モデルの特徴にせまる

機能的な革製品をラインナップする日本のブランド、エムピウ。

そのエムピウの財布の中で、カード、お札、そしてコインをまとめて収納できる、
もっとも小さな財布が『ストラッチョ』です。

ストラッチョは、素材やつくりの異なるモデルが、いくつかラインナップされています。
本ページでご紹介するのは『スペリオーレ』モデル。

まずは特徴をピックアップ。

  • 小さな三つ折り財布
  • お札を折り畳まずに出し入れできる
  • コインがそこそこ使いやすい
  • 内装にも革の銀面が当てられている
  • 細部まで、手間をかけて美しく仕上げられている

モデル名の「superiore(スペリオーレ)」は、イタリア語。
日本語で「上位の・優れた」を意味します。

名前のとおり、ストラッチョの中で最上位モデルにカテゴライズされる一品。

これまでに、「ゴート」、「リスシオ/ブッテーロ」と2モデル発売されています。それらを使用してきた経験を踏まえ、他モデルと比べてみてのスペリオーレの特徴、メリット・デメリットを分かりやすく解説します。

小さくて上質な財布をお探しなら、スペリオーレはおすすめの一品。

参考にしてみてください。

スペック

ブランドエムピウ
商品名ストラッチョ スペリオーレ
用途
  • メイン
  • サブ
価格(税込み)12,960円
収納力★★☆☆☆
お札入れの数1
お札の枚数10
コインの枚数15
カードの枚数5
寸法W102 × H65 × D25mm
重量40g
素材ミネルバリスシオ × ヌメ革

動画

ストラッチョ ブッテーロモデルの使い方を動画にしてみました。
形やサイズ、機能はスペリオーレと「ほぼ同じ」なので、参考にしてみてください。

ブッテーロとスペリオーレを比べてみた動画です。お札やカードの収納、それから質感の違いが伝わると思います。スペリオーレの方が、仕上げが美しく、「リスシオ/ブッテーロ」でちょっと気になった部分が改善されています。

使い勝手

非常にコンパクトで、手のひらにスッポリと収まります。
この小さな財布に、エムピウのデザイナーである村上氏のアイデアがギュッと詰まっています。

外装を一枚の革でぐるりと覆うデザインは、他のモデルと一緒。
スペリオーレの外装の素材は、ミネルバリスシオ 。サラリとしたスムースな表情の革ですから、触っていて気持ちいです(素材の詳細は後述します)。

シングルホックで留めるデザインも、他モデルと一緒。
留め具を開けて、アイテムの使い勝手を見ていきましょう。

カード

カードポケットがこちら。

スリット状のポケット。カードを重ねて入れるだけ。仕切りが無いから、もっともコンパクトに、スリムに携帯できるデザインです。マチがないため、複数のカードを入れようとすると、最初はキツイのですが、少しずつ革が馴染んで収納できる量が増えていきます。Max5枚とお考えください。

他モデルよりもスペリオーレが優れているポイントのひとつが、このカードポケット。

リスシオ/ブッテーロモデルでは、カードポケットに直接ホックがつけられています。

カードを入れるとき、ホックの裏側のパーツが干渉して、引っかかることがありました。(ただし、革が馴染むとかなりスムーズになります。)

スペリオーレではボタンのホックが、ラウンドフォルムのパーツに備え付けられています。よく見ると、ホックのフォルムも違いますね。

このパーツが、可動する。
 

ホックの裏面が、カードポケットとは切り離されているのです。

カードを出し入れするときに、ホックの裏が干渉しないため、スムーズにカードを出し入れできます。

1〜2枚のカードをよく使う人に使いやすいです。
たとえば、

  • メインのクレジットカード
  • 毎日行く、スーパーのカード

利用頻度の高いカードが少ないなら、スペリオーレのカードポケットで十分です。

カードポケットはひとつだけ。カードが重なるため、複数のカードを使い分けたいなら合わないと思います。カードの仕切りのある財布を選んだほうが幸せになれるはず。
エムピウからチョイスするなら、ミッレフォッリエのほうがいいです(ただし、サイズは大きくなる。財布のコンパクトさと、使いやすさはトレードオフなのです。)
ミッレフォッリエ カードを取り出す

スポンサーリンク

お札

ゴートモデル、リスシオ・ブッテーロモデルでは、札入れは革の裏面(床面)が丸見え。繊維がむき出しになっていて、ざらりとしています。お札をしっかりと支えられる、「滑り止め」としての効果はありますが、高級感はイマイチ。出し入れもスムーズとは言えません(使っていると繊維が寝てスムースになっていくので、次第に使いやすくなります)。

スペリオーレでは、この内装の仕立てが、より上質になっています。

革の表面(銀面)が貼られているんですね。

サラリとした質感だから、触れると気持ちいい。

革の表面のほうが、裏面よりもスムースです。お札の滑りがよく、快適に出し入れできるので、ストレスを感じません。

また、スペリオーレをギュッと握ると、元に戻ろうと反発します。リスシオはブッテーロと比べると柔らかい革なのだけど、ハリがあるのは上述したように裏張りされているからでしょう。

コイン

こちらがコインポケット。スッキリとした、マチのないデザインです。「使いにくいのでは?」と思うかもしれませんが、オーソドックスな財布のコインポケットより、ずっと使いやすいです

「小さいこと」をウリにした財布のほとんどは、コインが使いにくいものが多いのですが、ストラッチョのコインの使いやすさは、優れています。

ポケットの上部に「かぶせ」があるため、コインを滑らせるようにして流し入れることができます。コインポケットの口は小さいのだけど、慎重に狙いを定める必要はありません。

収納力は、他のモデルと一緒です。15枚くらい収納できます。

さすがにガバっと開くことはできないのだけど、ギュッと握るとポケットが開くため、コインが見やすい。そして、ポケットが浅いので、取り出しやすいですね。

コインが多くなって見にくくなったときには、スライドさせて取り出すこともできます。ただし、あまりスマートではないですね。こんな使い方をしなくてすむように、小銭が増えないようにピッタリと払うのがベストです。

たくさんのコインを収納すると、ぼってりとしたフォルムになってしまう。それはそれでカワイイのだけど、財布に負担がかかるし、せっかくのコンパクトなサイズが活きません。「快適に携帯できるポイント」は、コインが少なくなるように支払うかどうかなのです。

特徴

スポンサーリンク

ミネルバリスシオ×ヌメ革の 贅沢なつくり

外装とお札入れの内側で、2種類の革が使われています。

ミネルバリスシオ

外装はミネルバリスシオ。
イタリアの老舗タンナー、バダラッシカルロ社の代表作ですね。

本ページでご紹介しているカラーは、オルテンシア(ortensia)。
イタリア語で「あじさい」を意味します。

オルテンシアのアイテムをいくつか持っているのだけど、色合いはロットによって少し違います。スペリオーレでは淡いブルーでした。マットで透明感のある美しい青です。

微細なシボが並ぶ、きめ細やかな表情です。触れるとサラリとした質感です。

ただし、この見た目、質感を楽しめるのは、新品のときだけ。

使い込むことで、色は深みを増し。ツヤをまとってきます。
オイルが表面に行き渡ることで、キュッと手に馴染む質感に変わっていきます。

いわゆるエイジングですね。この変化スピードが、ミネルバは非常に早い。グングンと進みます。

ミネルバのオルテンシアを使ったカバンのエイジングをご紹介しましょう。使い方や利用頻度にもよりますが、6ヶ月でここまでツヤが出る。

逆に言うと、「新品のままの色ツヤ」が好きで変化してほしくないなら、ストラッチョを選ばない方が良いでしょう。ストラッチョに限らず、エムピウのプロダクトはすべてエイジングします。革の育ちを味わいたい人にふさわしいブランドなのです。

一年使ったオルテンシアを動画にしてみました。色の変化度合いを見たい方は、動画の後半にジャンプしてみてください(ストラッチョのオルテンシアと色の違いを比較しています)。

ヌメ革

内装はヌメ革。サラリとした質感で、触れていて気持ちいい。色合いは、淡いキャメルといったところ。上述したとおり、お札の出し入れもスムースになるため、機能面でも優れています。使っていてストレスを感じないのは、財布を長く使うための「キモ」です。

革の裏面が見えないように、薄くスライスした革の裏面同士を張り合わせています。この仕立ては1mmのズレも許されません。さらにステッチして仕上げる必要がある。ステッチと革の端の間には「念引き」もあしらわれていますね。これも日本の仕立てのひとつです。

2枚の革を張り合わせているため、コバの仕上げも必要になる。

リスシオと同じカラートーンのコバ剤で磨かれていて、光沢があります。他のモデルでは一枚革をそのまま断裁しているため、コバがここまで美しくありません。繊維が見えたりしています。

革の枚数が2倍になり、手間もかかる。この仕上げのため、スペリオーレは他のモデルよりも高価なのです。

スポンサーリンク

上質な仕立て

細部まで、手が混んでいます。

カードポケットの入り口がステッチされていますね。ミネルバリスシオを折り返して、裏側まで回し込みステッチしているのです。エッジの部分も表面と同じ革を使う「返し縫い」という技法です。

コインポケットの入り口も同様に、ステッチされています。

実はこの仕立てもスペリオーレモデルだけ。
他のモデルでは、革が切りっぱなしになっています。

機能的に他モデルよりも優れるわけではないのだけど、見た目の上質感はスペリオーレに軍配が上がりますね。

他モデルが駄目なわけではありません。手間がかかれば財布の値段も上がる。見た目の上質さにどこまでお金を出せるかで、決めればよいでしょう。

ブッテーロ・リスシオモデルと比べて「高い」と思うかもしれません。

しかし、これは仕方がない。ストラッチョは日本の職人が時間をかけて作っている財布なのです。

ストラッチョに限らず、「小さい財布abrAsus」や、「ハンモックウォレットコンパクト」などの小さい財布も高価です。ギミックの効いた上質な財布は、手間をかけて作られる。だから安くはありません。メイドインジャパンで「最高の仕立て」、かつ安い。そんな財布は存在しないのです。

スポンサーリンク

豊富なカラーラインナップ

※本画像はエムピウの公式サイトから引用。

スペリオーレは、いくつかのカラーラインナップが展開されています。

  • black(ブラック)
  • cognac(コニャック)
  • napoli(ナポリ)
  • red(レッド)
  • ortensia(オルテンシア)

すべてミネルバリスシオです。
(ブッテーロを使いたい人は、ブッテーロモデルをチョイスするしかありません。)

ミネルバリスシオは、世界一エイジングを楽しめる革だと思います。
より劇的な色の変化を味わいたいなら、napoliのような淡い色をセレクトするとよいでしょう。一方、blackのような濃い色を選ぶと、色の変化は控えめ。ツヤの出だけですね。

参考までに、コニャックをご紹介。ミネルバは6色くらい持っているのだけど、コニャックははじめて。色が深まっていくはず。エイジングは後日ご紹介できればと。

あとがき

「ストラッチョ」は財布に必要な機能を、必要最低限にまとめたアイテムです。
ミニマムなサイズと外装の素材でチョイスするなら、リスシオ・ブッテーロモデルでも十分です。

お札の出し入れの快適さ、見た目の上質さを求めるなら、スペリオーレをチョイスしましょう。きっと満足できるはずです。

SNS/YouTube

Twitter, Instagram, YouTubeもやっています。フォロー、アンフォローお気軽に。


func_walletさんをフォロー