WILDSWANSの新定番フルグレインブライドルレザーとは何か?使い比べて分かった、フルグレインとサドルアップとの違いについて

サドルアップとフルグレイン

WILDSWANSで使われる定番の革といえば、マシュア社のサドルアップです。

WILDSWANSのポリシーは「丈夫で長持ちする道具作り」ですから、10年以上使っても破れることがなく、長く愛用できる丈夫な素材として「サドルアップ」は最適なわけですね。

そのWILDSWANSが、2016年に定番の皮革としてセレクトしたのが「フルグレインブライドルレザー」です。

今日では、WILDSWANSの定番アイテムは「サドルアップ」と「フルグレインブライドルレザー」の2つの革からセレクトできるようになりました。タンググラウンダーといったWILDSWANSの代表作で、フルグレインモデルをチョイスできるようになったんですね。

さて、本ページでは、2つのことをご紹介します。

  1. フルグレインブライドルレザーの特徴について
  2. フルグレインブライドルレザーとサドルアップの違いについて

私はすでに「サドルアップ」のグラウンダーを持っているのですが、フルグレインブライドルレザーのグラウンダーも購入してみました。

つまり、「サドルアップ」と「フルグレインブライドルレザー」を使った、同じ財布を手に入れたわけです。

そこで本ページでは、両者を使ってみて感じたことや、その違いをご紹介します。

ブライドルレザーの財布を検討されている方や、「サドルアップ」と「フルグレインブライドルレザー」どちらが良いか?とお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ブライドルレザーについて

「フルグレインブライドルレザー」の前に、「ブライドルレザー」の特徴について、少しだけ紹介させてください。

ブライドルレザーの特徴

まずは、一般的なブライドルレザーの特徴について。
ザッとあげると以下のような特徴を持った革です。

・ハリやコシが強く、固くて丈夫な革
・エイジングが楽しめる
・半年以上かけて作られる、そこそこ希少で高価な革

「ブライドル」と名付けられているとおり、もともとは馬具の素材として用いられてきた革です。
例えば人と馬をつなぐ「たずな」などですね。命綱となる道具ですから、一般的なアイテムよりも、「しなやかさ」や、「絶対に壊れない丈夫さ」を求められてきました。

こういった馬具の素材として使われるわけですから、もっとも重視されたのが堅牢性です(かたくて丈夫であること)。

ブライドルレザーは長い時間をかけて、タンニンでなめされます。その後、ミツロウなどのワックスを革の芯まで染み込ませています。これによって、一般的な革と比べてダントツの耐久性・耐水性を誇る革に仕上がるわけです。

カッチリとした表情のとおり、とても固くてハリのある質感です。
個人的には、力強さ、実直さといった印象を受ける皮革だと思います。
メンズアイテムの素材として好まれるのは、こういった特徴を持っているからかもしれません。

もっと知りたい方はこちらもご参照ください。

参考:英国発祥。ブライドルレザーのホントのところ

ブライドルレザーをつくるタンナー

英国発祥の革だけあって、イギリスにはブライドルレザーを作るタンナーがひしめいしています。例えば以下のタンナーが有名ですね。

それぞれ独自の製法でブライドルレザーを作っていて、違いがあるわけです。タンナーが異なれば、革の表情や色合い、ハリ・コシに違いが生まれるんですね。

フルグレインブライドルレザーとは何か

「フルグレインブライドルレザー」は、イギリスの老舗タンナー、ベイカー社(J&F J Baker)の代表的な皮革です。

ここでは、フルグレインブライドルレザーの特徴についてご紹介します。

世界トップレベルの堅牢なブライドルレザー

かたくて丈夫なこと。これはどのブライドルレザーでもいえることです。

そういった中で、フルグレインブライドルレザーの特徴の1つは、抜きん出た堅牢さにあります。世界中のトップメゾンから愛用され、世界屈指の最高品質と言われています。

この秘密を、ベイカー社の「フルグレイン」の作り方から読み解いてみましょう。

オークバークを使ったなめし

ベイカー社自身が、「art of oak bark tanning」と謳っています。
堅牢性の秘密の1つは、この「オークバーク(Oak bark)」を使ったなめしにあります。

さて、オークバークとは何でしょうか?
みんなの皮革用語辞典」によると、以下の説明があります。

楢(なら)や樫(かし)の樹皮を使用した、植物性のタンニンなめし(鞣し)剤。樹皮だけでなく、木や実、葉などにもタンニンを多く含むことから、ヨーロッパでは代表的ななめし剤として活用されてきた。
現在は、樹木の減少により、なめし剤として利用されることは少なくなってきている。

イギリスには、ブライドルレザーを作るタンナーがたくさんあるのですが、オーク樹皮から抽出したタンニン成分を使って、ブライドルレザーを作るのは、ベイカー社のみです。

革を作る工場には「ピット槽」という革を漬け込むためのプールがいくつもあり、それぞれに濃度が違う「オークバークから抽出したタンニンなめし剤」が満たされています。

異なるピット槽に、革を移し替えながら漬け込む作業、いわゆる「ピット槽なめし」を続けるのですが、この作業は12ヶ月にも及びます。
(ちなみに、安価なプライスで販売される「クロムなめし」の革は、わずか数日で完成します。)
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-08-16-30-09

このビット層なめしを使った革づくりは、2000年前から続くクラシカルな製法で、ヨーロッパの老舗タンナーの多くがこの手法を採っています。
このときに「タンニンなめし剤」の原料として「オークバーク」を使っているのが、ベイカー社の特徴です。

オークバークはヨーロッパの樹木で、100年以上前から革をなめすための材料として使われてきました。ところが、18世紀にオークバークが足りなくなってしまったのです。

そこで、ヨーロッパのタンナーは世界各地から代わりになるなめし材、例えば「ミモザ」などを使うようになったそうです。
アフリカやインドから伝わったなめし材の代表であるミモザは、オークバークに比べると入手しやすく、安いため、今日では多くのタンナーが使っています。ただ、日焼けしやすいという特徴があるため、高価な革には使われていません。

多くのタンナーが他のなめし材にシフトしていった中で、ベイカー社だけは、かたくなにオークバークなめしを続けているわけです。

オークバークでなめされた革は、他のタンニンなめし材と比べて、圧倒的に丈夫で、長持ちします。
200年の歴史のなかで、オークバークで作られた革は、日焼けしにくく、丈夫であることが確認されています。(19世紀のミモザを原料とした革の方が、18世紀に作られたオークバークの革よりも早く劣化することが分かっています。)

一言でタンニンなめしといっても、その素材は、ミモザ・チェストナット・オークなど、たくさんあります。そういった中で、オークバークは最高の素材なんですね。

銀面をそのまま活かす仕上げ

動物の皮は、なめしを行うことで、製品として使える「革」になります。
このなめしの中で、色をつけたりオイルを追加したりといった「仕上げ」を行います。(この仕上げを行わない革が、いわゆる「ヌメ革」と呼ばれるものですね。)

この「仕上げ」にも堅牢性を生み出すポイントが隠されています。

革の表面(毛の付いていた側)のことを銀面といいます。

ふつうは、革の仕上げでは、銀面を「こすって・削って」の作業をくり返し、革に着色・加脂していきます。銀面には動物が生きていたときに付いたキズや毛穴があるため、銀面をスムースにした方が、色やオイルを浸透させやすいからです。

一方、フルグレインブライドルレザーでは、この「こすって・削って」の作業は行われません。「フルグレイン(Full-Grain)」という名前はここから来ています。「Grain」とは銀面のこと。銀面をありのままに活かした革だということです。

baker

出典:ベイカー社公式サイト

事実、ベイカー社は以下のように説明しています。

Hand finished by expert Curriers using our own blend of natural oils and greases.

カンタンに言うと、
秘伝の天然オイルやグリースを使って、革職人がハンドメイドで仕上げているとのこと。

ちなみに「Curriers(カリアー)」とは革を仕上げる職人のこと。ベイカー社は機会化が進んだ今日でも、職人によるハンドメイドでの染色と加脂を行っているわけです。

そもそも動物の皮膚(スキン)には、あらゆる外敵要因から身を守るのに最適な「素の強度・しなやかさ・ハリ」があるわけです。それをそのまま活かすことで、右に並ぶものがない屈強なブライドルレザーに仕上がるというわけです。

丈夫な部位だけが、フルグレインブライドルレザーになる

牛の原皮はさまざまな部位に分けられます。部位ごとに特徴があって、フルグレインにふさわしいパーツのみを使っています。

ベイカー社 部位

この部位の中で、ベイカー社が「フルグレイン」で仕上げているのは、ShouderとButtのみです。
牛の肩と背中のスキンですね。四足歩行する牛にとって、もっとも筋肉の可動が多い部位ですから、厚みがあるのにしなやかで、それでいて強度のあるスキンなわけです。


ちなみに、オークバークを使ったベイカー社の革は、その堅牢性の高さから靴の素材としてもトップレベルの品質です。

牛のベンズ(背中)の革はギュッと線維が詰まった部位で、ソールベンズ(Sole Bends)としてラインナップされています。その名のとおり、靴のインソールやアウトソール(底)に使われています。
世界最高峰と言われる英国靴のビスポーク(テーラメイド)で採用され続けていることは、その耐久性の裏付けとして十分でしょう。他の革と比べて「ソールが減らない」と定評です。

日本でもビスポーク靴職人にオーダーするときに、ベイカー社のソールベンズを使うことができるようになりました。ただ、入荷量が少なく高価な革ですから、ソールをベイカー社のものにするだけでプラス1万円になります。ベイカー社の革は高級品なのです。

圧倒的な迫力の表情

荒々しいまでの力強さを感じる、独特の表情は、フルグレインブライドルゆえの魅力の1つです。

ベイカー社オリジナルブレンドの天然オイルを使って磨き上げることでで、荒々しく、力強い表情を持ったブライドルレザーに仕上がっています。

牛の部位の中で、ブライドルレザーとして使われるのは、肩と背の部分だけ。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-08-16-35-00

出典:ベイカー社

複数のカラーがラインナップされていますが、「オークバークを使ったフルグレインの革」として提供されるカラーは3つだけです。

  • London colour(ロンドンカラー)
  • Dark starin(ダークステイン)
  • Black

どれも魅力的ですが、迫力で選ぶならダークステインがNo1だと思います。

自然な風合いと迫力は、銀面をこすらずに染色されたフルグレインだからこそでしょう。ところどころに見受けられるムラ感が、独特の荒々しさと迫力を生み出しています。


ベイカー社は創業1860年の老舗で、今日においても家族経営を続ける小さなタンナーです。

牛の原皮、オークバーク、オイルなど、革を作るためのすべての原料は、地元で調達したものだそう。地産地消でフルグレインのブライドルレザーを作り、世界のトップメゾンで愛用される革を作り続けているわけです。

伝統的な技法で作られるフルグレインブライドルレザーは、他のタンナーには真似できないブライドルレザーなんですね。

サドルアップとフルグレインブライドルレザーの違い

サドルアップとフルグレイン

サドルアップとフルグレインブライドルレザーは、どちらもWILDSWANS定番の革となりました。
ここでは、両者を使い比べてみて気づいた、特徴や違いについてご紹介します。

カラー(色合い)の違い

サドルアップもフルグレインもどちらも染料で仕上げられているようですが、その色合いはまったく異なります。

サドルアップは、均一な色味ですね。滑らかな銀面に均等に染色されているように思います。

一方、フルグレインは染色のムラ感が残った仕上がりですね。

ですから、「キレイな表情=ムラがない表情」とお考えなら、サドルアップの方が気にいると思います。
一方、荒々しい表情や迫力を楽しみたいなら、フルグレインを選んだ方が幸せになれるでしょう。

ちなみに、私がセレクトしたのはどちらともブラックです。
色の変化という点において、エイジングはほとんど見られないわけですが、ツヤがあがったときの引き締まった雰囲気を楽しみたいからですね。凛とした装いはブラックならでは醍醐味だと思います。

ハリの違い

どちらも指で押すとピンとした跳ね返りを感じます。どちらもしっかりとしたハリのある質感ですね。(例えばミネルバボックスと比べると、ハリや硬さは段違いです。)

個人的にはフルグレインブライドルレザーの方が、一段と強いハリを感じます。

私は財布をヒップポケットに入れたりするので、ハリの強さをとても重視しています。
ハリの弱い財布は、カンタンに曲がってしまいますし、そのクセがついてしまうと、残念ながら元に戻ることはありません。
つまりハリの弱い財布ほど「型くずれ」しやすいわけです。
(フルグレインに限りませんが、ヒップポケットに入れるなら、固くてハリのある財布をセレクトすることをおすすめします。長く美しく扱えるからです。)

過去にグラウンダーのレビューで紹介しましたが、ヒップポケットに入れる使い方を続けたにも関わらず、サドルアップの堅牢性は目を見張るものがあります。
そのサドルアップよりもハリの強さを感じるわけですから、「丈夫さ」といった点では、サドルアップ以上なのかなと思います。

ちなみに、こんな感じでしっかりと財布が立ちます。

dsc06086

左:サドルアップ、右:フルグレイン

グラウンダーをギュッと握ると、「ギュイギュイ」と革の鳴く音がします。
これはタンニンなめしで作られた革の特徴。革の線維がギュッと詰まった丈夫な革であることの裏付けなんですね。

比べてみると、フルグレインの方が強く鳴きます。恐らく、フルグレインの方が線維密度が高いのでしょう。個人的には育つ革が好きなので、私と同じくタンニンなめしの革が好きな方なら、この音がたまらないはずです。

参考までに、トーマスウェア社のブライドルレザーと比べてみると、以下のように感じます。

フルグレインブライドルレザーの方が、よりしなやか。
トーマスウェア社のブライドルレザーの方が、ハリが強く、カッチリとした質感。

つまり、フルグレインブライドルレザーは、ブライドルだからこそのハリ感としなやかさを持ちつつ、硬すぎない質感に仕上がっているわけです。

厚みの違い

店頭で新品を触ってみての感想ですが、厚みについてはほとんど同じように感じます。(公称のスペックも同じですね)

ちなみに、1年以上使ったサドルアップと、3ヶ月ほど利用のフルグレインを比べてみると面白いです。

サドルアップがこちら。

dsc06087

フルグレインがこちら。dsc06088

dsc06084

左:サドルアップ。右:フルグレイン

年季が違う両者を比べるのはフェアではありませんね。
ここで言いたいことは、最初厚みのあるサドルアップやフルグレインブライドルレザーも、使い込むことでスリムになっていくということです。

グラウンダーに限らず、WILDSWANSの財布はぷっくりとした厚みがあるので、小さな財布が好きな人は、敬遠されるかもしれません。

ただ、これは最初だけです。使い込むことで徐々にスリムになっていきます。その変化をしっかりと感じ取れますから、「自分が育てた感」がバツグンなんですね。これもWILDSWANSの醍醐味だと思います。

使うほどに愛着が増していくはずです。

ツヤ感の違い

どちらもスムースな表情の革で、最初はマットな質感です。

サドルアップの方は、使い込むことで、ギラリとしたツヤがあがってきます。
dsc06081

一方フルグレインはまだ2ヶ月ほどですが、こんな表情です。
ブルームはほとんど無くなり、うっすらとしたツヤが出てきた段階です。
dsc06083

フルグレインブライドルレザーのエイジング

ブライドルレザーは、ブルームが馴染むことによって、表情に艶やかな光沢が生まれてきます。
では、フルグレインブライドルレザーではどうなっていくのでしょうか。
WILDSWANS公式で公開された写真を引用させていただき、いくつかご紹介します。

ロンドンカラーのエイジング

3ヶ月の変化とのことです。

london0 london2

ダークステインのエイジング

こちらも3ヶ月での変化。
darkstain0 darkstain2

最初の状態で見受けられた色のムラ感が、シームレスに均されています。とはいえ、わずかに残った濃淡が見受けられます。とても魅力的な風合いですね。

こうやって画像を見ていると、すでにタングを持っているのに欲しくなるのが恐ろしいところでもあります。

ブラックのエイジング

新品時がこちら。
ちょうどカメラが壊れていて写真が取れなかったので、公式サイトから引用させていただきます。black0

私がセレクトしたグラウンダーでは、ブライドルレザーの特徴である「ブルーム」は、写真のものよりも控えめでした。
ブルームの元となるオイル成分が革の芯まで浸透していて、表面には出づらいのかもしれません(それともそういう個体だった?)。詳細は分かりませんが、いずれにせよブルームは無くなっていくものなので、気にせず使ってみました。

さて、今回はサドルアップとは違ってカバンの中に入れるようにして持ち歩いていました。

で、こちらが3ヶ月ほどの変化。
表面を覆っていたブルームが無くなって、艶やかで濡れたような光沢がうっすらと出てきました。流石に1年使ったサドルアップと比べるとツヤ感はまだまだです。微光沢といったところでしょうか。フルグレインブライドルレザー エイジング3

内装はまだ少し、ブルームが残った感じですね。

フルグレインブライドルレザー エイジング2

フルグレインだからでしょうか。
極小のシボが緻密に並んだような表情が出てきました。フルグレインブライドルレザー エイジング1

ブルームが財布に馴染むことで、サドルアップとは違った、微細な光沢が出ているように思います。まだまだ使ってみますので、しばらくしたらご紹介できるかと。

6ヶ月の変化

WILDSWANS公式から公開されました。

フルグレインブライドルレザーの財布たち

WILDSWANSのフルグレインの財布のラインナップを、紹介してまいります。

同じタイプのものを持っているので、その経験を踏まえて、どんなシーンにピタリとハマるのかも合わせてご紹介します。

あなたのスタイルに合うものをセレクトすることで、きっと長く愛用できるはずです。

タング

tongue-fullgrainl

タングは、いわゆる「コインケース」にカテゴライズされる、WILDSWANSの最小財布です。

小さなボディに、たくさんのアイテムを収納できるので、WILDSWANSの中で人気No1の財布とのことです。

個人的に一番気に入っているのが、背面のカードポケットです。財布を開かなくてもサッとカードを出してお会計できますから、実にスマートです。

収納量と機能性が組み合わさった機能美の集合は、WILDSWANSの真髄です。

フルグレインブライドルレザーの財布の中でもっとも安いアイテムですから、フルグレインブライドルレザーを使ってみたいというなら、こちらをご検討されるのがベストかもしれません。

この後ご紹介する財布に比べると、たくさんのお金を収納するのは苦手です。すでにメインの財布をお持ちの方がサブとしてセレクトすると幸せになれるはずです。

ちなみに、個人的には国内の2泊程度の旅行なら、タングで済ませることもあります。フットサークの軽さは、小さな財布だからこメリットですね。

参考:タングのレビュー

取扱いサイトでフルグレインのタングを見てみる

グラウンダー

スクリーンショット 2017-02-10 22.41.08 本ページでもご紹介した、WILDSWANSの定番中の定番、グラウンダーです。

タングよりも一回り大きなボディには、カード8枚、お札15枚、コイン20枚を楽々収納できます。

WILDSWANSの財布は、エッジの効いたデザインが多いのですが、グラウンダーはとてもオーソドックスな二つ折り財布です。これまで、二つ折り財布を使われてきた方なら、まったく違和感無く使えます。

個人的に、グラウンダーもお気に入りの財布です。特に好きなポイントは、その堅牢性にあります。ケツポケで1年使っても型くずれしない、カッチリとした質感は流石です。

フルグレインの荒々しい表情と、WILDSWANSならではの美しいコバやステッチも見事です。ありきたりな二つ折り財布と比べてみますと、力強い存在感が抜きん出ています。

何というか、クラフトマンシップがしっかりと混入されているのが、ひしひしと伝わってくるのです。だからこそ、プロダクトを持つ喜びが実感できるのだと思います。
(結果として、私のように、いくつもWILDSWANSのアイテムを買ってしまうのかもしれません・・・。)

ほとんどの人は、財布を1つしか持ち歩かないでしょうから、WILDSWANSの財布をどれか1つセレクトするなら、カード枚数から検討してみてください。たくさんのお金やカードを持ち歩かないなら、グラウンダーはぴったりのはずです。

参考:グラウンダーのレビュー

取扱いサイトでフルグレインのグラウンダーを見てみる

ウィングス

wings-fullgrainl

カタチはグラウンダーと似ていますが、小銭入れが付いていないタイプです。
(いわゆる、札入れですね。)

コインの収納を省くことで、カードの収納枚数がグラウンダーよりもアップしています。
また、左右対称のシンメトリのデザインですから、より一層に財布が型くずれしにくいのもポイントです。

使い勝手の点では、小銭入れ付きの財布(グラウンダー)の方が、良いに決まっています。
にも関わらず、日本を代表するレザーブランドが「小銭入れの無い財布」を作り続けるのは、もっとも美しく、長持ちする財布だからです。
そういった意味では、ウィングスこそ、もっとも長く使えるアイテムなのかもしれません。

ウィングス単体では、コインを収納することはできませんから、ウィングス×タング。といった2超拳銃スタイルで持ち歩く人が多いのではないでしょうか。小銭入れを別に持つ、という方におすすめの逸品です。

取扱いサイトでフルグレインのウィングスを見てみる

バーン

byrne-full-grain

グラウンダーよりも、さらに一回り大きくなった、オールインワン。
カードもコインも、よりたくさん持ち歩けるようになります。

三つ折りのユニークなフォルムはどこか可愛らしい装い。流麗なフォルムも人気のヒミツだと思います。

ありきたりなデザインの財布を持ちたくない。けれど大きすぎるのは嫌。そんなワガママを叶えてくれる逸品です。

取扱いサイトでフルグレインのバーンを見てみる

ウェイブ

wave-full-grain

WILDSWANSの財布の中で、もっとも大きな長財布です。
フルグレインブライドルレザーの荒々しい迫力をもっとも堪能できる財布といえるでしょう。

大きめのフリーポケットや、12段のカードポケットなど、使いやすさを追求したつくりとなっています。
たくさんのカード、たくさんのお金を持ち歩きたいなら、本作がもっともピタリとはまるはずです。

取扱いサイトでフルグレインのウェイブを見てみる

あとがき

WILDSWANSが採用した、フルグレインブライドルレザー。
他の「ブライドルレザー」とは異なる魅力があることを、分かっていただけたでしょうか。

やはり一番の魅力はその表情でしょう。英国の気品と粗暴が相まった独特な風合いは、フルグレインだからこそ。他の革にはない、美しさと迫力を醸し出してくれます。

丈夫であることはもちろん、美しいエイジングも含めて、長く使うアイテムにふさわしい素材ではないでしょうか。

WILDSWANSのフルグレインブライドルレザーの財布を見てみる

参考記事

フルグレインブライドルレザーと並んで、WILDSWANSが定番とする革、サドルアップ。そのサドルアップを使った定番の財布の特徴をご紹介しています。
ここで挙げる財布のほとんどがフルグレインブライドルレザーでもラインナップされています。どれを買おうかな?と検討されている方は、ぜひチェックしてみてください。
WILDSWANSの定番財布のまとめ