YUHAKUのベラトゥーラとは何か?使い比べてみてわかった 他のシリーズとの違い

『ベラトゥーラ』とは、日本の革工房YUHAKUがラインナップするシリーズの1つ。

YUHAKUのシリーズは、どれも魅力的ですから、

ベラトゥーラを選ぶべきか?他のシリーズのほうがいいのでは?と、迷ってしまうかもしれません。

そこで本ページでは、革マニアの視点で、ベラトゥーラシリーズを紹介していきます。

YUHAKUの各シリーズを購入してきましたので、他シリーズとの違いも交え、ベラトゥーラの特徴、メリット・デメリットをご紹介します。

また、ベラトゥーラシリーズの中でラインナップされる、すべての財布について特徴に鋭く迫ります。あなたにピッタリの、ベラトゥーラを探してみてください。

スポンサーリンク

ベラトゥーラの特徴

美しい表情

革は、美しい素材です。

やさしさ、風合い、エイジングなどは、革だけの醍醐味。化学繊維では味わえません。
mpiu-bookcover-CL-19

YUHAKUの真髄は、この美しい表情に「独特のカラー」を彩っていること。

実物を見たほうがイメージが伝わるはず。

こちらは、ベラトゥーラの二つ折り財布です。
yuhaku-velatura-satuire-35

単色ではなく、グラデーションが効いた表情に仕上がっています。

YUHAKU代表の仲垣氏は、かつて画家を志してきた革職人です。その経験を活かし、絵画技法を革の染色に取り込むことで、「グラデーション」を創り出したのです。

どのシリーズも、センスの光る色合あいが見て取れます。

参考:YUHAKUの全シリーズについて、その特徴に鋭く迫る

ほぼすべてのブランドは、入荷した革をそのまま使用して、財布を作っています。

土屋鞄も、ココマイスターもです。

美しい革、たとえばコードバンを見てみましょう。
さまざまな色がありますが、コードバンに色を付けるのは、タンナーの仕事です。財布ブランドが、革に染色することはありません。コードバンそのものが美しいのです。
cordvan-wallet-1

一方、YUHAKUは、自社でかかえる職人の手染めで、「ヌメ革」に彩りを加えています。染料を重ねることで、グラデーションを生み出しているのです。

使われている染料は、独自レシピ。絵画と革製品に取り組んできた、仲垣氏の感性で調合されたものですから、YUHAKUでしか創り出せません。

ヌメ革への染色は、オーダーメイドの革靴に見られるテクニックで、財布などに採用されることはありませんでした。革靴のデザイン・制作を学んできた、仲垣氏だからこその発想なのでしょう。ちなみに、その経験を活かした革靴もラインナップされています。美しいですね。
12151432_58522aeabdc39

それでは、ベラトゥーラの表情について、詳しくご紹介していきましょう。

ハッキリとした濃淡を味わえるグラデーション

財布の中心は淡く、そして端に行くほどに深まっていくグラデーション。
これが、ベラトゥーラです。
yuhaku-velatura-satuire-23

こちらは、ベラトゥーラ束入れ。長財布は迫力がありますね。大きな面ですから、変化がより映えます。
YUHAKU 束入れ グラデーション

奥行きのある透明感

バツグンの透明感がスゴイ。
yuhaku-velatura-cardcase-7

これは、染料をいくつも重ね合わせることで、生み出されるもの。YUHAKUだけの楽しみです。

スムースな表情は、鏡のように映し出すほど

ベラトゥーラの外装はカーフ。生後6ヶ月以内の仔牛、最高級の牛革です。
yuhaku-velatura-satuire-6

キメ細やかで、なめらかな表情は、YUHAKUの手染めを施しやすいのでしょう。色を重ねた、深みのある箇所でさえ、鏡のように映し出します。
yuhaku-velatura-satuire-3

指のカタチだけでなく、肌の色も映し出しているのが伝わるでしょうか。

機能性が高く、使いやすい

ベラトゥーラはその色合いに目を惹かれがちですが、機能性もバツグンに高いシリーズです。

いくつか、お気に入りのポイントを紹介しましょう。

コインポケット

コインポケットのつくりについて、2種類のタイプで見てみましょう。

二つ折り

二つ折り財布のコインポケットは、ボックスタイプで、コインが見やすく、取り出しやすい。
yuhaku-velatura-satuire-28

長財布

カタマチタイプ。YUHAKU 束入れ コインポケット

スリムさと見やすさのバランスが取れたデザインです。

スーツの内ポケット、カバンのサイドポケットにスッキリと収めることができるよう、「薄さ」が優先されているのです。

カードポケット

ほぼすべての財布で、カードポケットはストレートなカッティングです。
DSC07464

一方、ベラトゥーラはゆるやかなカーブライン。
yuhaku-velatura-satuire-10

カードが見やすくなりますし、どの角度から指を添えてもフィッティングが素晴らしい。もちろん、出し入れもしやすい。ストレスフリーです。
yuhaku-velatura-satuire-16


「財布なんて、どのブランドが作っても同じ」だと思っていませんか?

ユーザーのライフスタイルを考えるブランドは、試行錯誤をくり返して、独自の「使いやすさ」をデザインしているのです。YUHAKUのベラトゥーラはその筆頭です。

見た目の美しさに引かれてしまいますが、ユーザーのことを考え、それをカタチにする姿勢と技術こそが、YUHAKUの真髄なのかもしれません。私がYUHAKUに惚れたのも、まさにここです。

丁寧な仕立て

YUHAKUのアイテムは、すべて日本製です。
ベラトゥーラでも、メイドインジャパンの、美しい仕上げが見て取れます。

少しご紹介しましょう。

コバ

革を切ったとき、その端は革の線維が出た状態です。そのままではダメージを受けやすいですし、見栄えもヒドイ状態。
財布 コバ仕上げ無し

ここに施すのが、「コバ仕上げ」です。

財布の端は、他のモノとぶつかることも多いので、コバの仕上げは革製品が長持ちするためのキモになります。ルックスも美しくなり、満足感もアップ。
DSC07345

では、ベラトゥーラのコバはどうか?

革の特徴、そして「財布の使われ方」に合わせた、最適な仕上げです

ベラトゥーラは、外装がカーフ。
そして、内装にはキップが使われています。キップはカーフよりもハリがあって、丈夫な素材ですね。ただ、どちらも薄い革ですから「磨きコバ」で仕上げることはできません。
yuhaku-velatura-satuire-8

磨きコバとは、こんな感じ。厚くて、ハリの強い革の場合、磨いて仕上げることができるのです。
パーム コバ3

ではYUHAKUはのコバを見てみましょう。

外装は、コバ塗料仕上げ。塗料の色は、ベラトゥーラと同トーンが使われています。YUHAKUの色へのコダワリがわかります。
YUHAKU 束入れ コバ1

スムースに仕上げられています。革を重ね合わせてから、段差を磨いて仕上げた証です。

内装もスゴイ。

ダメージを受けやすいファスナーのフチも、しっかりと。これ、最初に見たとき驚きました。ほとんどのブランドで、ここまでコバ仕上げはされません。素晴らしい。
YUHAKU 束入れ ファスナー部のコバ

内装のパーツは、他モノとぶつかることが少ないため、「折返し」と呼ばれるコバ仕上げ。見た目が、すべて同じ色になるため、シームレスな美しい仕上がりになります。

革を折り返してステッチするため、手間も技術も必要になります。
YUHAKU 束入れ 裏のステッチ

私はYUHAKUに限らず、さまざまなブランドの革製品を購入してきました。

そして、その中には3万円以上するにもかかわらず、美しくないコバの仕上げをしているブランドもあります。残念なことに、そういったブランドも「熟練の職人」や、「手間ひまかけて」といった耳あたりの良いコマーシャルをしています。

値段が高いものがイイのは当たり前です。その値段に見合った満足感があるか、が私の中で良いブランドの基準なのです。

そう思うからこそ、美しいコバに巡り会えたときには感動しますし、財布のレビューでもコバの仕上げについて紹介しているんですね。

私自身が「モノづくり」を仕事にしているため、クラフトマンシップを垣間見ることができる「コバ」に、人一倍つよいコダワリがあります。

その私からみて、YUHAKUのコバは十分に合格点です。
yuhaku-velatura-satuire-21

もちろん、上には上がいます。

ただ、YUHAKUよりも高い。当たり前です。職人は時間を使い、財布を作って生活しているのです。安くて良いコバは、存在しません。

2年で買い換える。上質な革、美しいプロポーション。

こういったスタイルなら、コバを気に留める必要はありません。しかし、上質なものを長く使いたい。細部の美しさや、職人の技を楽しみたい人にとって、コバはとても大事なポイントです。

まとめます。

YUHAKUのコバはお値段以上。平均以上です。

ステッチ

ストレートかつ、均等なステッチワーク。これも美しいですね。
yuhaku-velatura-satuire-19

糸の色も、ベラトゥーラの色と同トーンのため、目立ちません。

価格帯

ベラトゥーラは、いくつかのタイプの財布をラインナップしています。
お値段は3万円〜5万円台。

では、YUHAKUの他のシリーズと比べるとどうでしょうか。
価格の高い順に、並べてみましょう。

  1. コブウェブ(クロコ)
  2. デュモンド/ディアマント(コードバン)
  3. ベラトゥーラ(カーフ)
  4. トゥールビヨン(ブライドルレザー)
  5. フォスキーア(牛革)
  6. ツイツイ(カーフヌバック)

それぞれの特徴は、別のページにまとめています。気になる方は、ご覧ください。

参考:YUHAKUの財布のまとめ。全シリーズの特徴について

比べてみると、ベラトゥーラはミドルレンジの価格帯

これらのシリーズの中で、「YUHAKUの手染め感」、「色のグラデーション」を味わいたいなら、2つしかありません。

  • フォスキーア
  • ベラトゥーラ

カンタンに違いをご紹介しましょう。

フォスキーアは淡いトーンが広がる、幻想的な表情。
dsc05009

内装はコントラストのある、キャメル。
dsc05021

ベラトゥーラは濃淡がはっきりとして、絵画的です。
YUHAKU 束入れ グラデーション

内装は、外装と合わせたダークトーン。
YUHAKU 束入れ 内装

では、どちらが良いか?

それを決めるのは野暮でしょう。自分の好みでチョイスするのが一番です。

ベラトゥーラの方が高いのは、より多くの染料を合わせていること、それからより上質な素材を使っているからでしょう。

細部のつくりも、ベラトゥーラの方が凝っています。より上質さを求めるなら、ベラトゥーラがオススメですね。

ベラトゥーラをおすすめできる人。できない人。

独特なカラー。そして量販店では売っていないことから、ベラトゥーラはとても珍しい財布です。人と被りたくない、ユニークな財布が欲しい人に最適です。

この美しい表情が、自分のものであること。所有欲の満たされ感はバツグンです。
yuhaku-velatura-satuire-31

素材の良さ、色合い、そして仕立て。このすべてが相まって、満足度の高いプロダクトです。革好き、美しいものが好きなら、きっと気にいるはず。ベラトゥーラを超えるものは、なかなかありません。

一方、あらゆる空間で映えるカラーは、否応無しに、人目を惹きます。目立ちたく無い人には、合わないかもしれません。

もう少し控えめ、それでいてYUHAKUの美しい色を楽しみたいなら、コードバンシリーズをチョイスした方がよいでしょう。ただ、お値段は少しあがります。

価格以上の満足感

財布の価格帯は、ブランドで違います。

YUHAKUと似た「色合い」をウリにするブランドもあるかもしれませんし、YUHAKUより安いかもしれない。

しかし、細部の仕上げや、財布の本質である「使いやすさ」にまでこだわっているブランドはそうありません。

ベラトゥーラは決して安くありません。しかし、満足感は十分に得られるはずです。

ベラトゥーラの財布。その全ラインナップに迫る

ベラトゥーラシリーズの財布、そのすべてについて、特徴をご紹介します。

たくさんありますので、スリムで、小さなさな財布から順にいきます。

お気に入りを見つけてみましょう。

コインケース

11071312_5a0132c049b45

カテゴリ コインケース
商品名 コインケース (YVE150)
機能 カードポケット×1、小銭入れ×1
サイズ W96 × H66 × D18 mm
重さ 41g
素材 イタリア産ベビーカーフ × 国産牛革
生産 日本
価格 21,600円

両マチのコインポケット。そして、カードの収納スペースが付いたコインケースです。

おすすめできる人

美しいコインケースが欲しいなら、本作は検討の価値ある一品です。

避けたほうが良い人

ユニークなカタチのコインケースが、他のブランドからも出ています。
ベラトゥーラの色に引かれたなら、間違いないですが、カタチまでコダワルなら、他ブランドも検討に入るでしょう。

順札入れ

11071310_5a013250c30eb

カテゴリ 順札入れ
商品名 純札(YVE140)
機能 カードポケット×1、小銭入れ×1
サイズ W112 × H95 × D20 mm
重さ 75g
素材 イタリア産ベビーカーフ × 国産牛革
生産 日本
価格 35,640円

「順札入れ」とは、小銭入れの付いていない、二つ折り財布のこと。

コインが入らないこと、そして左右シンメトリのデザインが相まって、「最もスリム」に携帯できるのが特徴。

純札入れがオススメできる人

  • コインケースを別に持つ
  • カードとお札だけを、快適に携帯したい
オススメできない人
  • コインも入れたい
  • 二つ以上の財布を持ちたくない

札入れ

11071308_5a0131d1cfd4f

カテゴリ 二つ折り財布
商品名 札入れ(YVE130)
機能 カードポケット×6、お札入れ×2、小銭入れ×1
サイズ W112 × H95 × D30 mm
重さ 92g
素材 イタリア産ベビーカーフ × 国産牛革
生産 日本
価格 37,800円

いわゆる二つ折り財布です。

オーソドックスですが、ボックス型のコインケースが付いているので、一般的なものよりもグッと使いやすくなっています。

おすすめできる人

使いやすい二つ折り財布が欲しいなら、おすすめ。

避けたほうが良い人

スリムな二つ折り財布が欲しいなら避けましょう。
ボックス型のコインポケットは、革の重なりが多いため、一般的なものよりも厚みがあります。

参考:ベラトゥーラ札入れのレビュー

札入れ

10191609_59e84f9bc27ab

カテゴリ 二つ折り財布
商品名 札入れ(YVP132)
機能 カードポケット×1、札入れ×2、小銭入れ×1
サイズ W115 × H90 × D25 mm
重さ 84g
素材 イタリア産ベビーカーフ × 国産牛革
生産 日本
価格 39,960円

もうひとつ、二つ折り財布がラインナップされています。

上で紹介したものとの違いは、

  • 内装の一部が、ベラトゥーラ技法
  • 内装のいち部が、ブラックのエンボス加工レザー。キズや水に強い。
  • コインポケットは一般的なものと同じ。ボタンで留めるマチタイプ。

おすすめできる人

  • 薄い二つ折り財布が欲しい
  • より高級感が欲しい

避けたほうが良い人

特にありません。非常にオーソドックスな二つ折り財布ですから、万能です。
あえて言うなら、長財布よりは収納力に劣ります。たくさんのお金やカードを持ち歩きたいんら、後述する長財布をセレクトした方が幸せになれるはず。

束入れ

11071302_5a01306f2800b

カテゴリ 長財布(かぶせ蓋)
商品名 束入れ(YVE110)
機能 カードポケット×6、フリーポケット×2、札入れ×2、小銭入れ×1
サイズ W184 × H88 × D18 mm
重さ 130g
素材 イタリア産ベビーカーフ × 国産牛革
生産 日本
価格 47,520円

オーソドックスな長財布。しかし、内装までしっかりと作り込まれています。

おすすめできる人

薄い長財布が好きな人

避けたほうが良い人

カバンを持ち歩かない人は避けましょう。
スーツの内ポケットに最適なスリムさがありますが、夏はジャケットを着ませんよね。

参考:ベラトゥーラ束入れのレビュー

束入れ2

10191606_59e84edcdecbb

カテゴリ 長財布(かぶせ蓋)
商品名 束入れ(YVP116)
機能 カードポケット×8、フリーポケット×2、札入れ×2、小銭入れ×1
サイズ W190 × H93 × D24 mm
重さ 141g
素材 イタリア産ベビーカーフ × 国産牛革
生産 日本
価格 49,680円

先程のものと比べると、中のつくりが違います。

比べてみての利点は、

  • 内装もベラトゥーラ
  • 8枚のカードを収納できる
  • シンメトリの美しいデザイン

デメリットは、

  • 少し厚みと重さが増す。
  • カバンでの持ち運びがベスト。

内装にもベラトゥーラが活かされていて、高級感がありますね。

おすすめできる人

たくさんのカードを分けて収納したいなら、これがベスト。
かぶせ蓋は1アクションで開けるので、使いやすいです。

避けたほうが良い人

カバンを持ち歩かない人は避けましょう。

L字ファスナー束入れ

11071305_5a0130fc383a5

カテゴリ L字ファスナー
商品名 L字ファスナー束入れ
機能 カードポケット×8、札入れ×1,小銭入れ×1
サイズ W190 × H98 × D18 mm
重さ 103g
素材 イタリア産ベビーカーフ × 国産牛革
生産 日本
価格 36,720円

長財布と、ラウンドファスナーのいいとこ取りの一品。
ファスナーで閉じるため、安心感がありますし、ラウンドファスナーより薄いです。

もっとも軽い長財布タイプですから、スタイリッシュに、かつ快適に持ち歩くことができます。

おすすめできる人

スリムで、スタイリッシュな財布が欲しいなら、L字ファスナーがNo1です。

避けたほうが良い人

お金やカードの収納量は、束入れやラウンドファスナーに及びません。
たくさん持ち歩きたいなら、避けたほうが無難です。

ラウンドファスナー束入れ

10191555_59e84c586185c

カテゴリ ラウンドファスナー長財布
商品名 ラウンドファスナー束入れ(YVP114)
機能 カードポケット×12、フリーポケット×2、札入れ×2、小銭入れ×1
サイズ W198 × H95 × D22 mm
重さ 162g
素材 イタリア産ベビーカーフ × 国産牛革
生産 日本
価格 50,760円

ベラトゥーラの中で、最大容量の財布。

大きな面に広がるベラトゥーラ。マットなファスナーの組み合わせがカッコいいですね。

一般的なラウンドファスナーと比べて、スリムなのもグッドポイント。快適に持ち歩けます。

おすすめできる人

  • ラウンドファスナーのフォルムが好きな人
  • お金やカードを安心して持ち運びたい人

避けたほうが良い人

ファスナーを開けるのが面倒なら、止めましょう。
L字ファスナーや、かぶせ蓋の方が、お金やカードを使うまでのアクションは少なくて済みます。

また、他ブランドのラウンドファスナーと比べてスリムとはいえ、やはりLファスナーやかぶせ蓋よりは厚みがあります。カバンでの持ち歩きがメインになりますから、手ぶら派はセレクトしないほうがよいでしょう。

まとめ

お気に入りのベラトゥーラは見つかったでしょうか。

最後に、もう一度ベラトゥーラの特徴をおさらいしましょう。

  • YUHAKUの中で、もっとも絵画的。濃淡のあるグラデーションが楽しめる
  • 機能的にも優れていて、使い勝手がバツグンに良い
  • 細部まで丁寧に仕上げられていて、満足感が高い

Twitter, Instagram

Twitter, Instagramもやっています。


func_walletさんをフォロー
スポンサーリンク