10万円オーバーの高価な財布のまとめ。最高級の財布の特徴と魅力にせまる

YUHAKU クロコ束入れ

財布の値段はピンきり。素材や仕立てによって大きく異なります。

ハイブランドをセレクトしなければ、ほとんどが5万円以内で手に入れることができます
そんな中、10万円以上の財布もあるんですね。

今回ご紹介する財布は、とにかく値段が高いもの。
ハイブランドを除いた、日本の革工房のアイテムに絞ってセレクトしました。

最高の素材を、日本の技術で仕立てた、最高の財布です。
どれも特徴的で、ほとんど見かけることが無い逸品ばかりです。

高価な財布に興味のある方は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

10万円を超える、高級財布

10万円を超える財布、調べてみるとたくさんありました。
ここでは、安いものから順に紹介します。

ココマイスター シェルコードバン アーチデューク

ココマイスター シェルコードバン アーチデューク

価格 120,000円
素材 ホーウィン社 シェルコードバン
機能 札入れ×2、コインポケット×1、カードポケット×8、フリーポケット×2
サイズ 縦95×横192×厚さ20mm
カラー ブラック/ ボルドーワイン

革のダイヤモンドと呼ばれるコードバン。
使い込むことで、まるで陶器のようなヌラリとしたツヤ感、ギラリとした輝きが生まれる、馬の革です。希少性と独特の美しさから、とても人気のある高級素材です。

馬の原皮からコードバンを作ることができるタンナーは、世界で5社もありません。
その中でもホーウィンのコードバンは、美しいツヤと輝きに定評があり、世界中の革工房から愛用されています。
2012年以降は、品質基準をクリアする量が少なく、手に入る量が激減しています。需要が追いつかず、残念なことに値段は上がり続けているんですね。

ココマイスターのアーチデュークは、そのホーウィン社のコードバンを使った財布。外装だけでなく内装も、総コードバン仕立ての贅沢な逸品。
ココマイスターの財布の中で、もっとも高価な財布です。

コードバンの美しさを邪魔する、余計な装飾はいっさいありません。ブランドロゴさえも取り払っているのは、素材の持つ美しさこそが、一番の魅力だからです。

内装も外装と同じトーンで統一感のある仕上がり。
暗めの色ですから、汚れが目立ちにくいのも、長く愛用できるポイントでしょう。

cocomei-cordvan

ちなみに、「シェルコードバン」はホーウィン社の商標ですから、他のコードバンではこの名を語ることはできません。
(ホーウィン社のコードバン財布が欲しいなら、「シェルコードバン」と名が付いたものをセレクトしましょう。)

革が手に入りにくいため、ごく少量しか生産できない逸品です。
販売開始しても、すぐに売り切れてしまうので、手に入れるのが難しい状況です。どうしても欲しい人は、公式サイトの「販売お知らせメール」を利用して、気長に待ってみてはいかがでしょうか。数ヶ月ほど待つことになるかもしれませんが、手に入れたときの喜びはひとしおです。

参考:アーチデュークのレビュー

アーチデュークを公式サイトで見てみる

CYPRIS COLLECTION マットクロコダイル

CYPRIS COLLECTION クロコラウンドファスナー長財布

価格 270,000円
素材 クロコダイル
機能 札入れ×2、コインポケット×1、カードポケット×21、フリーポケット×2
サイズ 縦95×横210×厚さ20mm
カラー ブラック/ チョコ/ ネイビー

CYPRIS(キプリス)は日本の革工房。
いくつかシリーズ展開していて、その最高峰がCYPRIS COLLECTIONです。

老舗の大きな工房ですから、たくさんの職人をかかえています。
その中でも最高の職人が、最高の素材で作ったものだけが、CYPRIS COLLECTIONとしてラインナップされます。

CYPRIS COLLECTIONのアイテムは、5万円オーバーのものしかありません。
その中で、もっとも高価な財布が、本作。
エキゾチックレザーの王様、ナイルクロコを使ったラウンドファスナーウォレットです。

クロコは革の部位によって製品の表情が異なる、個体差の大きい素材です。
本作はクロコのお腹の部分を使うことで、左右対称にウロコが配置された美しい仕上がりとなっています。

クロコの財布が高くなるのは、美しく仕上げられる部位がとても少ないからです。「美しくウロコが並んだ」表情を活かすなら、1匹の革から1〜2個しか作れないんですね。
(安い価格で販売されているクロコ財布もあります。安く売れる理由は、どの部分でも余すことなく使うようにしているからです。キレイに揃った表情はできませんが、1匹からたくさん作ることができるわけです。これが安さの秘密です。)

機能的にもとてもユニークな逸品です。
CYPRISの代表的な意匠である、ハニーセル構造のつくり。カードをたくさん使い分ける人におすすめです。
CYPRIS COLEECTION ハニーセル

CYPRIS COLLECTIONは、高価な革を使った財布をたくさんラインナップしています。高級な財布が欲しい方は、公式サイトをご覧になってみてはいかがでしょうか。

ハニーセル長財布 マットクロコダイルを公式サイトで見てみる

YUHAKU クロコダイル束入れ ラウンドファスナー

YUHAKU クロコダイル束入れ ラウンドファスナー

価格 237,600円
素材 クロコダイル
機能 札入れ×2、コインポケット×1、カードポケット×12、フリーポケット×2
サイズ 縦95×横198×厚さ22mm
カラー Blue/ BlueGreen/ RoyalGray/ Gray/ brown

外装にナイルクロコ、内装にキップ(仔牛の革)を使ったラウンドファスナー。

本作の特徴は、YUHAKUの得意とする、手染めのグラデーション。
美しく変化する濃淡は、YUHAKUだけの魅力です。

迫力のある力強さを放つ、クロコレザー。
そこにYUHAKUの染色が施されることで、どこか妖艶な美しさも加わります。
クロコに美しいカラーを求めるなら、本作に変わるものはありません。

YUHAKUのクロコを使ったシリーズCobwebは、どれも美しい仕上がりとなっています。
色で差をつけるなら、YUHAKUの公式サイトを是非ご覧ください。
同じくクロコを使った、かぶせ蓋タイプの長財布もラインナップしています。

クロコダイル ラウンドファスナーを公式サイトで見てみる

BAHARI 梅花皮 長財布 ラウンドファスナー

BAHARI カイラギ ラウンドファスナー長財布

価格 380,000円
素材 スタースティングレイ(カイラギ)
機能 札入れ×3、コインポケット×1、カードポケット×12、フリーポケット×2
サイズ 縦100×横193×厚さ320mm
カラー ミルキーホワイト/ レモンイエロー/ 他8色

独特な表情が魅力のエキゾチックレザー。
その中でも異彩を放つのが、エイの革です。

エイ革は、独特の美しさが魅力で、古くから宝飾品に使われてきました。
もともとが高級な素材なのですが、本作のエイ革は、世界でもっとも貴重なマテリアル。
スタースティングレイと呼ばれる、とても珍しいエイです。1000匹の中に1匹いるかどうか、月に1匹しか水揚げされない、幻のエイです。
kairagi

表面にトゲがあるのが特徴です。
丁寧にポリッシュすることで、まるで星空のような、美しい表情が完成します。梅の花が咲いたように見えることから、日本では、梅花皮(カイラギ)と呼ばれています。

古くから王様やお殿様への献上品に使われていたことからも、とても貴重な品であることが分かります。日本では、京都国立博物館の重要文化財の刀に使用されています。

本作は、そのカイラギを贅沢に使った逸品。
他のどんな革にも出せない、強力な個性と妖艶な美しさは、まさに唯一無二。
10色と豊富なカラーは、どれも美しい仕上がりです。

そもそも市場に出回っていませんから、まず人と被ることはありません。
とんでもなく高価な一品ですから、購入できるのもごくわずかな人になるでしょうが…。

ちなみに、通常のエイ革を使ったものは、グッとお手頃になります。
エイ革の特徴、スターマークを活かしたデザインで、たいへん美しい仕上がりですから、一度公式サイトをご覧になってください。

梅花皮 長財布 ラウンドファスナーを公式サイト見てみる

あとがき

ルイ・ヴィトンなどのハイブランドの財布と比べてみると、日本の革工房のものはとてもリーズナブルです。
3万円を超えると、見た目がゴージャスになり、十分に上質なものが手に入ります。

では、10万円を超えるとどうなるか?
これが気になって、まとめたのが本ページです。

一番の違いは、素材です。
財布に使うマテリアルが、希少で高価な革に変わるんですね。

牛革といったメジャーな素材ではなく、コードバンやエキゾチックレザーなど、珍しく高価なものばかりです。
独特の個性がはっきりと表れていて、美しさ、力強さ、気品、優雅を感じることができます。どれも、牛革では表現できない、強烈な個性です。

人と被ることが、ほとんど無いことも、高価な財布がセレクトされる理由かもしれませんね。
どの革も、大変珍しいものですから、少し変わった財布が欲しい方にもおすすめです。

私もいつか、こういった財布を手にしたいものです。