ブッテーロとはなにか。さまざまなブッテーロ製品を使ってきてわかった特徴、メリット・デメリットに鋭く迫る

はじめてブッテーロの製品を手に入れたのは、2008年だったはず。
今でもブッテーロの製品を選んでしまう。大好きな革なのです。

本ページでは、10年以上に渡りブッテーロを使用してきたユーザの視点で、
ブッテーロの特長、メリット・デメリット、エイジングなどについて、分かりやすく解説します。

ブッテーロの革製品を検討している方は、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

動画

さまざまなカラーのブッテーロ。
その表情、エイジングなどをご紹介しています。

タンナー

イタリアのトスカーナ地方は革の名産地で、タンナーの数でも世界一。

そのひとつが、ブッテーロを作るワルピエ社。
タンニンなめしかつ、染料仕上げの皮の風合いを活かした革を得意としています。

中でもメジャーな革は、ブッテーロとマレンマ。
本ページではブッテーロについて、詳しく紹介してまいります。
(ちなみに、マレンマとはブッテーロの2倍、オイルを使ってなめした革です)
表情、エイジングがわかるように動画にしています。ご興味があればぜひ。

ブッテーロの特徴

表情

新品のときから光沢があります。

これは、シボが光を受けて乱反射するため。

光沢はあるけど、ツヤ・テリはほとんどない。マットな表情なのです。

革の裏面も、ほんのりと色が乗っています。
革の中まで染料を浸透させて着色する、芯通し染めです。

濃淡をともなう表情は、染料で仕上げている証。
「薄化粧」ゆえに、皮本来の風合いを活かすことができます。

言い換えると、素肌を隠しきれない革です。トラ、キズなど、「生きていたときの証」が残る部位もあります。好き嫌いが分かれるところですが、ブッテーロでは避けられません。

使用面積が小さなアイテムでは比較的キレイな面が使われることが多い印象。

大きなブックカバーでも均整な表情。これはたまたま。そういった個体だった。

ブッテーロの製品は10以上持っているのだけど、デスクマットや手帳などの「面積が大きい製品」では、トラが目立ちます。トラやキズのある、ワイルドな表情を楽しみたいなら、大きな面を使った製品をチョイスした方が良いでしょう。

スポンサーリンク

触り心地

表面のシボは微細で、指でふれても凹凸を感じることはできません。極めてスムースで、サラサラとした触り心地です。滑りがいい。

後述しますが、「エイジング」によって触り心地も変化する。
最初はスルスルとした触り心地が、少しキュッするようになります。

ハリ感

ミネルバよりは、ハリが強い。
ただし、コードバン、サドルプルアップ、ブライドルレザーよりは弱い。

ちょっと固めのハリ感がお好きなら、ブッテーロを気にいるはずです。

もっとも製品におけるハリとは、その革だけで決まるわけではなくて、製品の構造によるところが大きい。たとえば、1mmほどに薄くしたブッテーロはこんなにもグニャリと曲がるのです。

厚みのあるブッテーロの製品はハリが強いし、薄いアイテムならそれなりです。

スポンサーリンク

キズ付きやすさ

キズは付きやすいです。

コレクションとして所有する人は少ないはず。ポケットやカバンに入れたりすることがほとんどでしょう。取り出すときに爪で引っ掻いたりすると写真のようなキズはすぐにつく。

しかし、使いこんでいくと少しずつ目立たなくなっていきます。
染料とオイルが移動し、キズを覆うからです。

香り

ブッテーロの香りは、皆さんがイメージする革の香りそのもの。

革の香りは、染料とオイル、なめし剤によって決まるそうです。
(ミネルバや、ホーウィンシェルコードバンはそれぞれ違う香りがする。)

私が所有するブッテーロは、どれも同じような香りがします。個体差などによる違いはほとんどありません。

革の香りって、好き嫌いが分かれるところだと思うのですが、ブッテーロなら万人に受け入れられる(我慢できる)でしょう。

私もブッテーロは「ちょうどいい」と思う。
パッケージを開けたときの、革の香りがキツくなくて、ずっとクンクンしていられるくらい(ちなみに、新品のミネルバだとちょっとキツイ)。

使っていくと香りは収まっていきます。
2年ものと、10年ものでは、ほぼ同じ香りの強度。

2年もの、10年もの。それぞれ同じ系統の香り。

カラーバリエーション

ブッテーロのカラーバリエーションは豊富です。
私が所有するのは、以下のはず・・・。まぁ、増えるのだろうけど。

  • ブラック
  • ブラウン
  • キャメル
  • ブルー
  • レッド
  • ワイン
  • パープル
  • グリーン

ちなみに、10色以上あります。

どれも魅力的で、No1を決めることはできないのだけど・・。

ワイン、パープルは奥行きのある色合いと上品さがあいまっていて美しい。ただ、日本ではあまり採用されていませんね。

ブラックはビジネスユースなら定番のカラー。
ただ、ツヤは出るけど、色の変化はほとんどわからない。
「ブッテーロの変化」を楽しみたいなら、ブラック以外がおすすめです。

なお、ブッテーロは色ブレがあります。ブッテーロのブルーを使った製品をいくつか購入してきましたが、すべて微妙に異なっていました。淡い色から濃い色まで、ロット差があるのです。

スポンサーリンク

10年以上にわたって、安定して生産される

ブッテーロ以外にも著名な革はたくさんある。
でも、10年以上にわたり、安定した品質で、安定した量を生産できる革は少ない。
たとえば、コードバンは生産されない年があったし、ものすごく値上げされている。シュランケンカーフも値上げされていますね。タンナーが廃業することで、手に入らなくなる革もあるのです。

値上げが少ないから、製品価格が上昇しにくい。
職人さんだって、革の値段が上がると困ります。

ブッテーロのエイジング

タンニンなめし、かつ染料仕上げのブッテーロは、エイジングすることで、様々な変化を見せてくれます。
ここでは、どのように変化していくか。私物のブッテーロで解説していきます。

色は深まっていく

のっぺりとした(均整な)色合いのものもあります。
特にレッドとブルーは、いくつか購入してきたのだけど、表情に奥行きがない印象。

一方、パープルやブラウンは部位によって色の濃淡がありました。
ブッテーロにはロット差があるのです。

ただ、のっぺりした色合いでも、使っていくと色に深みが生まれる。
こちらは、新品と2年ほど経過したもの(実用は60日ほどかな)。

染料とオイルが混じり、タンニンが変化することで、

ブルーはもともと濃いめだけど、さらに深まる。

ミネルバと比べると、変化は控えめ。変化のスピードもゆっくりです。

ツヤが現れる

使い込むことで、表面のシボが平滑化され、よりスムースな表情になっていく。

結果、ツヤ・光沢が楽しめる革に変化します。

ブッテーロはオイルを含む革。
圧迫されることによって、革の中のオイルが表面に出てくる。また、手で触れることで油分が均一に広がる。つまり、スムースな表情に、オイルコーティングされた状態になる。

表面に「指」が写っているのが伝わるでしょうか。これ、影じゃないんです。鏡のよう、といったら大げさだけど、指の色まで写り込んでいます。

以下の写真だと、キャメルが1年以上使ったもの。ブルーやグリーンと比べると、表面が平滑になっているため、曲部の光沢がニブイ。

他の写真で。こちらはほぼ新品と、10年ものとの比較。
ほぼ新品の方は、繊細な光沢。10年ものは重く、鈍い光を放ちます。

ハリは少し弱まる

新品のときのハリ感は少し弱まってしまいます。

とはいえ、10年ほど経ったブッテーロ(ミッレフォッリエ)でも、グニャリと曲がるほどではない。新品のミネルバよりはハリが残っています。

ただ、これは私の買った製品、用途での結果です。
薄く漉かれたブッテーロではどうなるかはわからないし、丁寧に扱えばハリはほとんど変わらないかもしれない。

あとがき

色、表情、エイジング。
ブッテーロにはさまざまな魅力がある。

だからこそ、日本有数の革工房が採用を続けるわけです。

とても愛着の生まれる革なので、今後もコレクションが増えると思います。
またどこかでご紹介できればと。

SNS/YouTube

Twitter, Instagram, YouTubeもやっています。フォロー、アンフォローお気軽に。


func_walletさんをフォロー
スポンサーリンク