WILDSWANS パーム、シャークモデルのレビュー。鮫革とイングリッシュブライドルレザーのコンパクト財布

WILDSWANS 京都7周年おめでとうございます。

恒例の周年記念アイテムがいくつか発表されましたね。
今回ラインナップされた革は、羊、カバ、サメです。

サメ革の小さな財布「パーム」を購入しました。

特徴は以下のとおり。

  • 機能、サイズは定番のパームと同じ
  • 外装にサメ革、内装にイングリッシュブライドルレザー

本ページでは素材を中心にご紹介します。

スペック

ブランドWILDSWANS
商品名パーム シャークモデル
用途
  • メイン
  • サブ
価格(税込み)29,160円
収納力★★★☆☆
お札入れの数1
お札の枚数10
コインの枚数15
カードの枚数5
寸法W110×D85×H25mm
重量80g
素材サメ革×イングリッシュブライドル

動画

サメ革の表情、質感、ハリ感などが伝わるように動画にしてみました。
使い込んだサドルプルアップ、ホーウィンシェルコードバンとの表情の違いも紹介しています。

使い勝手

使い勝手は定番のパームと同じです。
サドルプルアップモデルのレビューを公開していますので、参考にしてみてください。
本ページでは、使い勝手については言及しません。

参考:WILDSWANSパームのレビュー

使い勝手の動画も公開しています。

特徴

スポンサーリンク

サイズ感

手のひらに収まるサイズ感。だから、パーム(PALM)。

サイズ、つくりは定番のサドルプルアップやフルグレインブライドルレザーと全く同じ。
素材が変わっても、WILDSWANSの意匠である美しいコバを堪能できます。

スポンサーリンク

サメの革

外装に使われている素材は、サメ革。
全体的にシボが入ったような見た目です。

さて、シボの度合い(凹凸感)は革によってそれぞれ違います。
例えば、ミネルバボックスはシボがあるけど、シュリンクしているわけではないので、凹凸は控えめ。部位にもよりますが、触ってみての「凹凸感」は極わずか。「シボ模様」を楽しむことができる、スムースレザーといったところでしょうか。

一方、サメ革は触ってみてしっかりと分かるほどの凹凸がある。
「サメ」のイメージから、ザラザラとした手触りを考えていたのだけど、全く違う。サラリとした触り心地で、柔らかいです。

光を受けると陰影がはっきりと出て迫力が増すのも良いですね。

いわゆる「エキゾチックレザー」にカテゴライズされるのだけど、派手すぎない印象。クロコほど迫力はなく、リザードほどのギラつき(きらめき)がない。あらゆるシーンで使いやすいと思います。模様が細かいから個体差もほとんどわからない(クロコのように竹斑、丸斑のような明確な違いがない)。

バックポケット側も、もちろんサメ革です。

スポンサーリンク

イングリッシュブライドル

内装はイングリッシュブライドルレザー。

2019年からWILDSWANSの定番になった素材です。

参考:WILDSWANS パーム イングリッシュブライドルレザーのレビュー

「ブライドルレザー」とは革の総称です。例えば、コードバンが新喜皮革やホーウィンからラインナップされているように、ブライドルレザーも、セドウィック社、トーマスウェア社などの複数のタンナーが作っています。

本作で利用されるブライドルレザーは、Wickett&Craig社のもの。アメリカのタンナーが、なぜ「イングリッシュブライドルレザー」と名付けたのかは謎ですが・・・。

トーマウェア社などのブライドルレザー、フルグレインブライドルレザーと比べると、柔らかい。サドルプルアップよりも、ハリ、コシは控え目。ここは好みが分かれるかもしれません。パームのボリュームを出しつつ、折れないハリ感を出そうとすると、英国のブライドルレザーでは難しいのかもしれませんね。

あとがき

パームはポケットに入れて持ち歩きたい。
しかし、サドルプルアップやコードバンのようにスムースな革だと、キズが気になる人もいるでしょう。どんなに気をつけていても、無傷で使用し続けることは不可です。

サメ革のパームは、全体的に立体感のあるシボがあるため、キズが目立たず良いかもしれません。

SNS/YouTube

Twitter, Instagram, YouTubeもやっています。フォロー、アンフォローお気軽に。


func_walletさんをフォロー