チマブエ ミニ財布のレビュー。二つ折りの小さな財布の使い勝手について

世界の銘革を使ったレザープロダクトを制作する日本の革工房、チマブエ。
たくさんの財布ラインナップする中から、最も小さな一品『ミニ財布』をご紹介します。

特徴は以下のとおり。

  • 二つ折りの小さな財布
  • 外側のカードポケットが使いやすい
  • イタリアの革をたっぷりと使用
  • さまざまな革でラインナップされている

本ページではミニ財布の使い勝手、特徴、メリット・デメリットについて分かりやすく解説します。

スペック

ブランドチマブエ
商品名ミニ財布
用途
  • メイン
  • サブ
価格(税込み)20,900円
収納力★★★☆☆
お札入れの数1
お札の枚数12
コインの枚数15
カードの枚数7
寸法W100 × H90 × D25mm
重量-
素材ブッテーロ

この商品を取扱いサイトで見てみる

カタチ、構造

片手で持てるサイズ感。いわゆる「小さな財布」にカテゴライズされる財布です。

さて、「小さな財布」は、他にもたくさんあります。「小さい財布abrAsus」や「ハンモックウォレットコンパクト」と比べると、小さいとは言えません。

一般的な二つ折財布よりは小さいけれど、カードサイズ+αくらいはある。

薄いわけでもない。むしろ、厚みのあるフォルムです。

革を薄くし、パーツを減らすことで「小さくて薄い財布」を作ることができます。しかし、本作は「小さくすること」を目指していない。ある程度の厚みのある革を使うことで「革のアイテム」としての所有欲を満たしてくれるプロポーションに仕上げたのでしょう。

外装はイタリアの革、ブッテーロ(詳細は後述)。
一枚革でぐるりと巻いた構造。コロンとしたフォルムだから、気持ち良くフィットします。

カラーはネイビーを選びました。日本のブランドではチマブエ以外は採用していないはず。ブッテーロのブルーと比べると深みのある色合いです。

背面にはカードポケットが備わっています。

シングルホックでしっかりと留める構造。勝手には開きません。

お札やコインポケットの構造から、縦に開くことになります。

中はこんな感じ。

上部にはカードポケットがあります。

コインポケットは下に配置されています。

お札の収納スペースは右側。つまり、右利き用の財布です。

使い勝手

カード、お札、コインの使い勝手を解説しましょう。

カード

2種類のカードポケットがあります。

背面ポケット

財布の外側、背面に設置されたスリット状のポケット。ここにカードを収納できます。

奥まで仕舞うとほとんど見えなくなるため、少し浅めに入れたほうが取り出しやすいです。

財布を開かなくてもカードを使えるから、とても使いやすい。大好きな構造です。
クレジットカードを入れておけば、ここから取り出してお会計完了。スマートですね。

マチはないけど幅が広いから2枚入れることもできる。ただし、選別する手間がかかるため1枚がおススメです。よく出し入れするカード1枚だけにした方がずっと使いやすいです。

内側のポケット

ミニ財布の内側、上部にあるスリットです。3段あって、それぞれに一枚収納できます。

「カードを下にズラして取り出す」アクションになります。コインポケットのフラップにぶつかるため、カードの出し入れがスムーズにできません。

取り出すためには財布を外側に反らすか、カードを反らすように引き抜かないといけない。正直、使いにくい。

上の方の段なら、まだマシかな。

コインポケットの背面にもスリット状のポケットがあります。こちらはコインの収納量にもよりますが、3枚くらい入ります。

こちらはカードが完全に隠れてしまいます。

指を突っ込んで取り出すことになるため、頻繁に出し入れするカードだと使いにくいですね(ただし、上述したスリットポケットよりずっと使いやすい)。あまり使わないカード、たとえば免許証や保険証などを入れておくのが良いでしょう。

スポンサーリンク

お札

本体の右側に、幅広のポケットがあります。

内装はファブリック。革ではありません。

WILDSWANSのパームと似た構造です。パームと比べると札入れが広いため、出し入れしやすいですね。

一万円札だってスムーズに収納できます。

収納枚数は10〜12枚くらいが最適です。出し入れしやすく、厚みも抑えられる。コインの収納量にもよるのですが、15枚だと財布が閉じにくいと感じました。

コイン

ボタンで閉じる構造です。財布をどんな角度で開いても、コインが溢れない設計です。
(WILDSWANSのパームはコインポケットが丸見えなので、開く向きによってはコインが溢れてしまう。もちろん、慣れれば問題ありませんが)。

一方、コインを使うときは、財布を開いてから、さらにボタンを開けなくてはいけない。2アクション必要です。好みが分かれるところでしょう。

コインポケットの内装は、明るいカラー。革の床面ではなくて、フェルトのような生地が貼られています(札入れと同じ素材です)。

明るいカラーだからコインが見やすくなる。一方、コインがぶつかり合うことで生じる金属粉が付着して、黒く汚れたように見えてしまうでしょう。見やすさと美しさとのトレードオフです。

さて、使い勝手について。

正直、使いにくいです・・・。

両マチ構造なのに、マチが狭い。

ポケットが深いのも相まって、見にくい。

ポケットが深いからコイン10枚ほど入れた状態だと、沈み込んでしまう。取り出しにくい。

マチを少し大きくデザインするだけで、グッと使い勝手が向上するはず。ぜひ改善してほしいポイントです。

幅が広いからたくさん入ります。15枚ほど入れるとコインが積み重なるため、上の方に積まれたコインなら取り出しやすいですね。

傾けて、フラップを壁にしてコインをスライドさせる。

フラップを開くとコインが並ぶので、そこから取り出してくださいという設計なのかな。

スポンサーリンク

使い勝手のまとめ

収納力は以下のとおり。

  • カード6〜7枚
  • お札 10〜12枚
  • コイン 10〜15枚

一般的な小さい財布よりも、たくさん収納できるし、オーソドックスな二つ折り財布よりも小さい。つまり、携帯性と収納力を併せ持った財布です。

特徴

スポンサーリンク

イタリアの革、ブッテーロを贅沢に使用

素材は、ブッテーロ。

イタリアのタンナー、ワルピエ社のオイルレザーです。
チマブエに限らず、エムピウ、safujiなど、日本有数の革工房が採用する銘革です。

サラリとした触り心地でマットな表情です。しかし、これは最初だけ。

使い込むことで、オイルレザー特有のキュと馴染む触り心地、光沢をおびた表情に変化していきます。いわゆるエイジングを楽しめる革なのです。

イタリアの革は魅力的な変化を遂げるものが多いのだけど、ブッテーロは特にお気に入り。ゆっくりと変化を楽しめて、品もある。そんな革です。

内装は型押しのブッテーロ(ドラーロ)かな。
内装にも上質なレザーを使った、小さな財布ってなかなか無いんですよね。

内装にエンボスのある革が使われているのは嬉しい。外装はエイジングしやすいため、キズが付いてもあまり気にならないのだけど、内装はエイジングによる変化がゆるやかなため、キズ付いたら長期間残ることになるからです。

スポンサーリンク

豊富なラインナップ

ミニ財布はさまざまな革でラインナップされています。
どの革も異なる魅力があるので、お好みで選べばよいでしょう。

これらはトップメゾンでも採用される革。新品のときの美しさを長く楽しめますが、色艶のエイジングはほとんどありません。

  • コードバン
  • ブッテーロ(本ページで紹介したモデル)

こちらはエイジングを楽しめる素材。
コードバンは新喜皮革ですから、間違なく最上級の素材です。

仕上げ

縫製はミシンですね。ストレートラインはもちろん、カーブまで美しい。

コバは塗料を塗った仕上げです。

あとがき

厚みのあるプロポーションだから、最小財布とは言えないのだけど、そこはそれ。各社違ったデザインだから面白いのです。

そこそこの小ささ、オーソドックスな二つ折り財布と同等の収納力、エイジングを楽しめる。ミニ財布は、そんなお財布です。

この商品を取扱いサイトで見てみる

SNS/YouTube

Twitter, Instagram, YouTubeもやっています。フォロー、アンフォローお気軽に。


func_walletさんをフォロー