THE WARMTHCRAFTS-MANUFACTURE プレスカンファレンス2019の製品紹介

THE WARMTHCRAFTS-MANUFACTURE のプレスカンファレンスに参加してきました。

本ページでは展示製品の中から、特に印象に残ったものをピックアップしてご紹介します。

スポンサーリンク

コードバンの小物

まず、お目当のアイテムから。

すべて新喜皮革社のコードバンで作られたプロダクト。

同じアイテムでも、染料、顔料、それからロウ引き仕上げと、異なる仕上げのコードバンでラインナップしているとのこと。

馬蹄型コインケース

まず、大好きな馬蹄型。立体のコインケースです。

染料仕上げのコードバンは、薄っすらと透明な膜が乗ったような肌目。暗い空間ではマットに見えるのだけど、明るい空間ではキラキラと微細な光沢を放ちます。

均整な美しさは新喜皮革のコードバンならではだと思う。ホーウィン社コードバンの濃淡のある表情とはまったく違いますね。

オーソドックスな財布だけど古臭さを感じさせないのは、素材と仕立てが良いからでしょう。閉めるときにパフっと空気が抜ける音がする。ジャストサイズの革靴を履いた時のような気持ち良さを感じられるプロダクトです。

ちなみにこの馬蹄型、受け皿の部分はコードバンの裏面を使っています。
芯通し染めのため、コードバンの色によって色合いが違うのも面白いです。

名刺入れ

製品名は「マルチケース」なので、名刺入れとは限らないのかな。いいなと思ったコードバンの製品です。

丁寧に作り込まれています。例えばフラップ。馬革で裏張りされていて、コードバンの裏面は見えません。上品なデザインだから、ビジネスシーンに添えても全く問題なさそう。

一般的に、2枚の革を貼り合わせる場合は、縫い付けます。剥がれてくるからですね。

しかし、本作は縫われていない。1mm弱のコードバンとさらに薄い馬革をピッタリと貼り合わせているだけ。ステッチがないからすっきりとした見た目になる。コードバンの美しさに集中できるわけです。

ラウンドした部分もきれいに捻引きされています。剥がれてくることもなさそう。見た目と強度も考えて作られている仕上げを見ると嬉しくなりますね。上質なプロダクトだと思いました。

もうひとつ、通しマチの名刺入れも。こちらはオーソドックスですね。

ロウ引きコードバンのBefore/After。
Afterは、社員さんが使われたものです。

最初はこんな感じ。ベースのカラーがうっすらと透けて見える。ブライドルレザーのブルームとは見た目が違う。もう少し薄く、均等にロウ引きされた肌目です。

使い込んだ個体です。劇的な変化が楽しめる。面白いですね。

ただ、染料だけで仕上げているわけではなく、水や傷に強くするためコーティングしているとのこと。ロウが取れたあとも均整過ぎる気もしました。好みが分かれるかもしれません。

ちなみに、この「ロウビキ」を活かした新しいコードバンも開発中とのことで、サンプルを見せていただきました(すみませんが、写真はありません)。個人的にはこの新しいコードバンが非常に面白かった。コードバンタンナーである新喜皮革社のコードバンを共同開発しているのかな。THE WARMTHCRAFTS-MANUFACTUREだけの強みですね。

2種類のカタチの名刺入れ。
見た目も機能性も違うため、好みが分かれるところだと思います。
ユニークな方をチョイスするなら、ダンゼン前者ですね。この構造でコードバンを使っている製品は他に見たことがありません。

魚の革を使った製品

極めて珍しい製品です。

ブラックバス

2色ラインナップされているようです。こちらは黄色。

オレンジから黄色へのグラデーションが美しいですね。 

ブラックバスはサイズの個体差があるものの、平均的なサイズからは量産できないよう。
1匹につき、1,2製品とのことです。

近大マグロ

より繊細なウロコです。グレーブラックのグラデーションだから男性向けかな。

背面はコードバンのブラック。

リュック

馬革を使ったリュックもいくつか展示されていました。

新作。タンニンなめし、染料仕上げの馬革とのこと。
お色はブラックと暗めのブラウン。ビジネスユースでも使えるようにしているのでしょう。

A4サイズの資料をそのまま収納できるようにデザインしたのかな。かなり大きいのですが、シボのある肌目で柔らかな印象もあり、圧迫感はひかえめ。

サイズとは裏腹に結構軽い。背面のサイドにジップポケットが付いていて、メインコンパートメントに直接アクセスできるようになっていました。高価な製品ですから、使い勝手もデザインされていると嬉しくなります。

ダレスバッグ

胴体、側面、ハンドル、底面。すべてコードバン。

ハンドルも素敵だったけど、最も目を引かれたのは、大きな前胴です。
このコードバン、ナチュラルカラーでつなぎ目がない。染料仕上げですから、傷を隠せないはずです。これだけ大きな面で、シミもキズのほとんど無いコードバンは、そもそも数を取れないみたい。贅沢な一品です。

ブリーフケース

ブリーフケースもいくつか展示されていました。

で、特に気に入ったのがこちら。一風変わったカタチのブリーフケースです。

あとがき

THE WARMTHCRAFTS-MANUFACTUREのプロダクトは伊勢丹などでも取り扱われているのだけど、人が多くてじっくり見れないんですよね。今回はデザイナーの米田さんはじめ、社員の方々が丁寧にご説明してくださり、ゆっくりと拝見できました。

オーソドックなものだけでなく、攻めた製品もありますので、コードバンや馬革がお好きなら店舗に足を運んでみてはいかがでしょうか。

SNS/YouTube

Twitter, Instagram, YouTubeもやっています。フォロー、アンフォローお気軽に。


func_walletさんをフォロー