WILDSWANS パームのレビュー。コンパクトなオールインワン財布の紹介

ワイルドスワンズ パーム

5/25まで。TORATOでは、Amazonギフト券での10%キャッシュバックキャンペーン中。詳細はこちら

WILDSWANS(ワイルドスワンズ)は、日本の革工房。
世界の銘革を使ったジャパンメイドのアイテムはどれも上質。美しく、丈夫で堅牢なつくりから、長く使えると定評があります。

WILDSWANSは財布は、どちらかというと「大きくて無骨なもの」が多くラインナップされています。そういった中で、パーム(PALM)はもっともコンパクトな財布です。本ページではその魅力をたっぷりとご紹介したいと思います。

最初に特徴をあげると、こんな感じです。

  • コンパクトなサイズ
  • コイン、お札、カードを分けて収納できる
  • エイジングを楽しめる、上質な革
  • 10年使える丈夫なつくり
  • ジャパンメイドの美しい仕上げ

WILDSWANSに興味があって、コンパクトなものを検討されているなら、きっと満足できるアイテムです。ぜひ、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

スペック

ブランドWILDSWANS
商品名PALM(パーム)
用途
  • メイン
  • サブ
価格(税込み)24,300
収納力★★★☆☆
お札入れの数1
お札の収納枚数10
小銭の収納枚数15
カードの収納枚数7
寸法H86 x W100 x D25 mm
重量-
素材牛革(サドルアップ)

取扱いサイトでパームを見てみる

使い勝手

パームはWILDSWANSの中でもっとも小さな財布です。
とはいえ、今日では「小さな財布」はたくさんありますから、そういったものと比べてみると、けして極小とは言えません。

それでも、一般的な二つ折り財布と比べると、とてもコンパクト。片手にすっぽりと収まるほどのサイズです。
パーム 手に持ったサイズ

一枚革でぐるりと覆うように作られたボディは、丸みのある流線型。手に馴染み、吸いつくように収まります。PALM(パーム)とは「手のひら」を意味するのですが、このバツグンのフィット感から来ているのかもしれません。

WILDSWANSの代表的な財布と並べてみました。
左から、コインケースのタング、パーム、二つ折り財布のグラウンダーです。
パーム サイズの比較

タング以上、グラウンダー未満のコンパクトなサイズとなっています。
この小さなボディに、お札、カード、コインをひとまとめにできるのがパームの特徴です。

わずかに描いたカーブは美しいだけでなく、指を添えやすいデザイン。慣れるとノールックで開くことができます。
パーム

財布はダブルホックで留めるつくり。
パーム オープン

2つのボタンが「パチパチン」と小気味良い音を立てて財布が開きます。

それでは、収納するものの、使い勝手を見ていきましょう。

お札

財布を開けて右側がお札入れ。ミニマムなつくりとなっています。
パーム 札入れ

千円札、五千円札ならスムーズです。
ところが、一万円札となると、入れやすいとは感じられません。ギリギリ入るサイズ感です。パーム 一万円札

まだまだ革のハリがある状態ですから、少し突っかかりを感じます。
ただ、革が馴染んでくれば、入れやすくなるようです。実際、店頭で1年使い込まれたパームをお借りして、お札を入れてみると、入れやすく感じました。

WILDSWANSのブログから引用させてもらいますと、

PALMは「小銭入れが付いた財布」と言うより、「札入れが付いた小銭入れ」という考え方

とのこと。

余裕をもたせることもできたはずですが、あえてサイズを小さくすることで、身軽になれることを大切にしているわけです。(余談ですが、財布が大きくなる理由は、一万円札が大きいからです。ドルやユーロはもっと小さいため、財布も小さくできます)

タングと違いは、お札を「折ってから入れる」、「出すときに伸ばす」といった所作が不要なこと。当たり前のことに思われるかもしれませんが、お札を快適に使えるキモです。

私は3万円以上のお金を持ち歩くことが、ほとんどありません。私のように、たくさんのお札を入れない人にとっては、パームの収納量は十分です。

コイン

こちらがコインポケット。
パーム ジャパンメイド

中にはWILDSWANSの意匠である、仕切りがあります。
この仕切りの内側にカードを入れることができます。
パーム カード3

コインとカードを一緒に入れるのは、好き嫌いが分かれるかもしれません。
コインがぶつかりあうことで、微細な金属粉が出ます(これは防げません。)。カードを汚したくない人は入れないほうが良いかもしれません。

※2017/05/08追記
6ヶ月ほどカードを入れて持ち運んでいましたが、特にカードが汚れることはありませんでした。しばらく続けてみたいと思います。

さて、コインの収納ですが、コインだけを入れるなら(カードを入れないなら)、15枚ほど収納できます。

パームには、コインポケットを留めるものはありません。財布を開いて、すぐにコインを使えますから、「コインポケットのフタを開ける」所作と無縁です。これはとても新鮮で、使いやすく感じます。

ただし、たくさんのコインが入ったまま、横にして開くと、こぼれ落ちてしまいます。
パーム 横向き

これはすぐに慣れますので、あまり気にする必要はありません(そもそも横にして開かないので…)。

財布を縦に開いたとき、札入れが右側にくるようにデザインされています。私は右利きですから、コインもお札も取り出しやすく感じます。
パーム 千円札

正直に言うと、パームは左利きの人にはおすすめできません(たぶん、とても使いにくいと感じてしまうはずです)。左利きの方が、WILDSWANSの財布をセレクトするなら、タンググラウンダーをおすすめします。(左右対称ですから、利き手は関係ありません。)

カード

カードを入れることができるスペースは、3つあります。

背面のカードポケット

パーム カード
ボディの背面のポケットです。
個人的には、もっとも使い勝手の良いポケットです。

メインのクレジットカードを入れておけば、ここから出してお会計が完了します。私はレシートを捨てるタイプですから、お会計後はカードを仕舞うだけ。この一連の流れを、財布を開かなくてもできますから、実にスマートです。

カードは重ねて入れるつくりですから、何枚ものカードを使い分けるのは苦手です。
私のように、よく使うカードが2枚なら、とても気にいるはずです。

こちらに収納できるのは、2枚までとお考えください。
初めはキツイですが、馴染んでくるので、クレジットカードのように厚みのあるカードでも2枚は収納できるようになります。

中のカードポケット

パーム カード

革の切れ込みがあり、そこに滑り込ませるようにして、カードを入れることができます。
こちらも2枚ほどですね。

使わないけれど、持ち歩きたいカード。
例えば、免許証や保険証などを入れるのに最適なスペースだと思います。

ちなみに、これはNG例。
パーム カードを入れてはいけないところ

スリットがあるのでやってしまいがちですが、ホックと干渉してカードが折れたりするようです。WILDSWANSさんも避けてくださいと言っていました。

レシートのような紙を挟んでおくのに、最適だと思います。

コインポケットの中のカードポケット

ベロの内側にカードをはさみこむ造り。
WILDSWANSの代表的な意匠です。
パーム カード3

コインを何枚入れるかによって収納できる枚数が変わります。コイン10枚ほどなら、カードは3-4枚ほどとお考えください。


まとめます。
パームは3つのカードポケットを持っていて、収納できる枚数は7枚ほどです。(コインの枚数を少なくするならもう少し入ります)

使い勝手のまとめ

小さなサイズだからこそ、取り回しが良く、どんなポケットにもスッキリと収納できるのです。WILDSWANSはたくさんの財布をラインナップしているのですが、「コイン、お札、カード」をひとまとめにできるもの、さらに「使いやすさ」を求めるなら、パームがもっともバランスの取れた1品だと思います。
タングだと「お札を折る」手間が必要ですし、グラウンダーでは少し大きい。そんな方にとって、パームはNo1です。

取扱いサイトでパームを見てみる

特徴

パームは「たくさん入る大容量の財布」とは、コンセプトが異なる財布です。

小さなボディには、WILDSWANSらしさ、機能美がギュッと詰まった逸品です。ここでは、その特徴をご紹介します。

美しいコバ

革を断裁したままの面は、毛羽立ちがあり、触り心地がよくありません。また、さまざまなモノと触れることが多いため、もっともダメージを受けやすい部位です。

切りっぱなしの状態は、こんな感じになるわけです。
財布 コバ仕上げ無し

この面の仕上げを、コバ処理といいます。

WILDSWANSのアイテムは、コバの美しい仕上げに定評があります。
パーム コバの美しさ

革を削って、磨いて。

これを繰り返すことで、手当たりが優しくなり、美しく輝くコバが生まれます。

私が購入したのは、ナチュラルカラーで、コバに色が付いていません。
WILDSWANSがいうには、使い込むことで木目のような、迫力のある風合いが生まれるようです。
パーム コバ3  パーム コバの美しさ

目に見えるところ、すべてが美しく仕上げられています。
面取りしてあるので、触れていて気持ちいいです。ギュッと握っても痛くないんですね。

参考までに、他カラーのコバを紹介します。
こちらはブラックのグラウンダーのコバ。迫力がありますね。
グラウンダー コバ2

ナチュラル以外のカラーでは、コバに着色されています。
ボディカラーとのコントラストが、コバの迫力を際立たせていますね。

10年使える、サドルアップレザー

パームの素材は、WILDSWANSが得意とするサドルアップレザーが使われています。

サドルアップは、ベルギーのタンナー、マシュア社の名革。厚みがあり、最初はとてもカッチリとした印象。自立するほどです。
パーム タングとの厚みの比較

次第に馴染んできて、しなやかさが生まれます。(とはいえ、ぐにゃりと曲がるほどにはなりません。)

参考までに、私が一年ほど使っている、サドルアップのグランダーがこちら。
グラウンダー シッカリと立つ様子

ケツポケして使っていたのですが、しっかりと立つ、堅牢さが見て取れます。型くずれしたり、ぐにゃりと曲がったりするような、ヤワな素材ではないんですね。

10年以上使われた、WILDSWANSの財布が公式サイトで公開されています。丈夫さの裏付けとして十分でしょう。

豊富なカラーリング

用意されているカラーは五色。

どれも魅力的ですから、お気に入りが見つかるのではないでしょうか。

ちなみに、本ページで紹介しているカラーは、ナチュラルです。
キメの細かな表情は美しくて、たっぷりと革の風合いを感じられます。パーム 色の表現

WILDSWANSの(というかサドルアップの)、ナチュラルは、かなり白に近い色合いです。

下の写真は、他の財布のヌメ革との比較です。ナチュラルがいかに白いかお分かりいただけるかと思います。パーム 色の比較

パームとタングの違い

タングと比べてみての、パームのメリットはこんな感じです。
  • お札が折らずに入るので使いやすい
  • 少し大きいけれど、手にすっぽりと収まる小さな財布

サイズ的にはほとんど違いがありません。
むしろ、タングの方が横幅が数mm長いほどです。パーム タングとの比較

ほぼ未使用のパームと並べるのはちょっとフェアではありませんが、パームの方が厚みがあります。ただ、使っているうちにスリムになっていきます(お店でエイジングサンプルを見せてもらったので)。厚みについてはあまり気になさらなくても良いかと思います。パーム タングとの比較

コインポケットは、タングが横長。
パームが縦長といったところ。

わずかな差ですから、使い勝手に違いはありません。パーム タングとの小銭入れの皮革

「お札を折らずに持ち歩ける」ことが最大の違いですね。
どちらか1つをセレクトするなら、パームの方がずっと快適に感じます。

無料の公式メンテナンス

革自身も丈夫ですが、WILDSWANSはアフターメンテナンスを受け付けてくれます。

店舗は銀座と京都にしか無いのですが、遠方の方も郵送でメンテナンスサービスを受けることができます。送るときの送料はこちら持ちですが、返送時の送料はWILDSWANS持ちです。

コバを磨いたり、クリームで加脂するなどのメンテナンスをしてくれます。お近くの人は是非足を運んでみてください。メンテナンスの方法をいろいろとレクチャーしてくれるので、とてもためになります。

「長く使ってもらうこと」を大切にしていることが、サービスにも表れていますね。

あとがき

実は、WILDSWANSの財布は、パームで3つ目です。

WILDSWANSのアイテムはどれも厚みのある革で、大きなつくりのものが多いのですが、そういった中で、コンパクトで使いやすいものを求めるなら、パームが最適です。

一万円札ギリギリに仕上げたデザインは、とてもコンパクトな仕上がり。
たくさんを詰め込むことはできませんが、だからこそ、身軽に気軽に出かけられるはずです。

ランチや、ちょっとした買い出し。国内の旅行。
こういったシーンにおいて、たくさんの収納は必要なくて、気軽に歩き回れることの方がずっと大事だと思います。そんなシーンに最適な財布が、パームなんですね。

取扱いサイトでパームを見てみる

参考リンク

WILDSWANSの財布は、オリジナリティ溢れるものばかり。その定番アイテムをまとめてみました。はじめてのWILDSWANSなら、こちらを見てからのセレクトでも遅くはないはずです。=>WILDSWANS定番財布のまとめ