WILDSWANS パーム ロシアハッチのレビュー。型押しシェルコードバンの表情に迫る

WILDSWANS銀座11周年、おめでとうございます。

大好きなコンパクト財布、パームを購入しましたので本日はそのご紹介。
素材に『ホーウィン社 シェルコードバン ロシアハッチ』を使ったモデルです。

特徴は以下のとおり。

  • サイズ、機能は定番パームと一緒
  • 外装はシェルコードバン ロシアハッチ
  • 内装はサドルプルアップ

本ページでは素材を中心に分かりやすく解説します。参考にしてみてください。

スペック

ブランドWILDSWANS
商品名パーム ホーウィン ロシアハッチモデル
用途メイン
価格(税込み)40,000円
収納力★★★☆☆
お札入れの数1
お札の枚数10
コインの枚数15
カードの枚数5〜7
寸法H86 x W100 x D25 mm
重量93g
素材ホーウィン社 シェルコードバン ロシアハッチ

動画

型押しシェルコードバンの色合い、表情、質感が伝わるように、動画にしてみました。

カタチ、構造

手のひらに収まるほどのサイズ感。いわゆる「小さな財布」にカテゴライズされる財布です。

型押しシェルコードバンをぐるりと巻いた構造。

コロンとしたフォルムがPAMLらしさですね。

背面のカードポケットも同じ。

内装のつくりも同じ。ちなみに、内装の素材はサドルプルアップです。

内側はスムースな表情。外も内も型押しでは、ちょっとウルサイですよね。

ホックは金。このパーツ、シルバーのときもあります。好みが分かれるところ。

マチの内側は、床面が見える。

マチも裏張りされたバージョンはほとんどないのです。裏張りが有ると高級感は出るけど、開きが悪くなる。トレードオフですね。(kf-003は、裏張りがあるから床面が見えないけど、パームよりガバっと開かに)

使い勝手

使い勝手は、定番のパームと同じ。
カード、お札、コインをひとまとめにでき、コンパクトで取り回しの良い財布です。

以下でレビュー解説していますので、本ページでは割愛します。

参考:WILDSWANS パームのレビュー

特徴

スポンサーリンク

ホーウィン社 シェルコードバン ロシアハッチ

型押しが施されていない、定番のホーウィン シェルコードバンの特徴は表情にあります。
極めてスムースで、美しい光沢を見せてくれる。

スムースな表面に「型押し」を施したのが、ロシアハッチ(RUSSIA HATCH)です。

光沢がないように見えるかもしれないけど、エッジの美しさは健在。

しっかりめに凹凸が入っている、と感じるのはシェルコードバンの「ハリ」のためでしょう。スムースなシェルコードバンで感じた「サラリ・もっちりとした質感」は控えめです。

弾力よりはハリを感じる。

さて、ロシアハッチの表情です。

「型押しらしくない」のは凹凸が波打つように、かつ微細に入っているからかな。水シボでも丸シボでもない。一般的な方法でシェルコードバンを揉み込んでも、同じ表情は作れないんじゃないかと思う。

シェルコードバンは「面で光る」のだけど、ロシアハッチはひとつひとつのシボが乱反射して、微細な光沢を放つかんじ。

本作のカラーラインナップは3種類。

  • バーボン(本ページのもの)
  • ダークコニャック
  • ブラック

色でバーボンを選んだのは、淡色と濃い色が混じった表情が、良かったから。

エイジングも楽しめる素材のため、使い込むことで魅力が高まるはず。そこを期待してのバーボンです。

あとがき

シェルコードバン ロシアハッチは銀座11周年モデルです。いわゆる限定販売だったわけですが、また再販されるかもしれませんね。

イングリッシュブライドルも最初は限定でしたが、2019年から定番モデルとして発売されましたし。今回手に入らなくても、気長に待てば良いのではないでしょうか。

SNS/YouTube

Twitter, Instagram, YouTubeもやっています。フォロー、アンフォローお気軽に。


func_walletさんをフォロー