ハンモックウォレットコンパクトのレビュー。小銭の使いやすさNo1の極小財布

ハンモックウォレットコンパクト

カルトラーレは、使いやすくて、機能的な財布をラインナップする日本の革工房です。

そのカルトラーレの新作、ハンモックウォレットコンパクトは、「小ささと使いやすさ」を追求した、機能的な財布です。

しばらく使い込んでみましたので、ユニークな使い勝手を含めて詳細にご紹介します。

ざっと特徴をあげると、こんな感じです。

  • 最小クラスのサイズ
  • コインとお札が使いやすい
  • 国産牛を使った、made in Tokyoの美しい仕上げ

日本には、たくさんの「小さな財布」があります。
それらと比べ、本作はダントツに使いやすい財布に仕上がっています。

コンパクトで使いやすい財布が欲しい方に、オススメの逸品です。
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

スペック

ブランドカルトラーレ
商品名ハンモックウォレットコンパクト
用途
  • メイン
  • サブ
価格(税込み)17,280円
収納力★★☆☆☆
お札入れの数1
お札の枚数10
コインの枚数10
カードの枚数4-5
寸法W93×H69×D26mm
重量59g
素材国産牛革

一般的な二つ折り財布と比べると、とてもコンパクトなサイズとなっています。

ハンモックウォレット コンパクトを公式サイトで見る

使い勝手

型押しのレザーが映える、コンパクトな仕上がり。
3つ折りのボディは、コロンとした丸みのある美しいフォルムです。
決して「極薄」というわけではありませんが、手にすっぽりと収まるサイズ感です。
ハンモックウォレットコンパクト 手に収まるサイズ

革は1mmに満たない、薄いつくり。
しなやかで、それでいてピンとしたハリがあります。
がっしりと手で持っても、ぐにゃりと曲がることなくカタチを保ってくれます。
ハンモックウォレットコンパクト ハリ感

1つのボタンで留めるだけの、シンプルなつくり。
カーブラインに指をかけ、スナップするようにオープンできます。
ハンモックウォレットコンパクト オープン

まずは、特徴的な使い勝手をご紹介します。

カード

財布を開くと、まず目に入るのはカードポケット。
両サイドからカードが顔を出すデザインとなっています。
dsc05401

カードは重ねて入れるつくり。
一番上のカードを使うなら、指を添えてスライドするように引き出すことができます。
私はメインのクレジットカードが一番上にくるようにしています。
ハンモックウォレットコンパクト カード

反対側から押し出すように、取り出すこともできます。
ハンモックウォレットコンパクト カード

2枚目以降のカードを使うときは、「いったんすべてのカードを出してあげる」必要があります。本作でいうと、写真のように少し押し出すことで、使えるようになります。

こういった使い勝手は、「小さい財布abrAsus」と同じですね。

財布を開いて、最初にカードが使えるのがポイントです。
本作の使いやすさのキモの1つです。

お会計のとき、カードを先に出すことが多いと思います。
クレジットカードで決済するなら、ここから出してお会計完了です。あれこれと財布を持ち替える必要はありません。お札やコインを使うことなく、支払う所作までコンパクトなんですね。実にスマートです。
私のように「メインのクレジットカードが1枚」なら、使いやすさを実感できるはずです。

このカードポケットの収納量は、2〜3枚とお考えください。
クレジットカードのような凸凹のある厚いカードなら、2枚ほど入ります。
革で留めるつくりですから、馴染んでくれば3枚はいけるでしょう。

また、コインポケットの裏にも収納スペースがあります。
こちらは「革ではさむ」だけのつくりですから、スッと出し入れできます。
ハンモックウォレットコンパクト カードポケット2

先ほど紹介したカードポケットの2枚目に入れるくらいなら、むしろこちらの方が取り出しやすく、入れやすいです。サブのクレジットカードなど「そこそこ使うカード」があるならこちらに入れておくと便利だと思います。

また、普段は隠れて見えませんから、あまり使わないけれど持ち歩きたいカードを入れるのに、最適なスペースといえます。
例えば、以下のようなカードですね。

  • Suica
  • 保険証、免許証

収納スペースは2つ。収納できるカードは合わせて5枚ほど。革でできていますから、馴染めばもう少し入るようになるでしょう。


今日では、カードサイズの「小さな財布」はたくさんあります。これらはすべて「カードを重ねるつくり」になっています(最小限のスペースでカードを収納できるからです)。

私は日本の革工房がリリースしてきた「小さな財布」を、すべて所持しています。それらと比べてみると、本作の「カードの使い勝手」は飛び抜けています。
カードポケットが2箇所に分かれているため、圧倒的に使いやすく感じます。(ストラッチョもabrAsusも、カードポケットは1つしかありません。)

コイン

カードポケットをくるりと回すように開くと、コインポケットが目に入ります。
ハンモックウォレットコンパクト 開ける様子

本作の特徴、ハンモック式のコインポケットです。ハンモックウォレットコンパクト 開くと

ハンモックウォレットコンパクト コインポケット

驚くことに、コインを留めるものは何もありません。
革が壁となって、コインが落ちるのを防いでくれます。

他のどの財布よりも、コインポケットを大きくガバッと開けるのが特徴です。
最大までオープンすると、フルフラットになります。
この広い面にコインが散るので、見つけやすく、取り出しやすいんですね。
ハンモックウォレットコンパクト フルフラット

コインが使いやすいので、小銭が増えにくく、結果として財布をスリムに保つことができます。

収納もカンタンです。

口が大きいため、コインを流し入れるように収納できます。
ハンモックウォレットコンパクト コインの収納

ほとんどの「小さな財布」は、コインポケットも「小さなつくり」です。
スムーズに出し入れできず、使いやすいとは言えません。

コインが使いやすいことは、「財布の使いやすさ」のキモだと思うのですが、あらゆる「小さな財布」の中で、本作のコインの使いやすさはNo1です。

ただ、デメリットもあります。

しっかりと留めるものが無いんですね。
財布を開いたまま傾けすぎたり、財布を落としたりすると、コインは落ちます。
ただ、実際には注意することで防げますから、あまり気にしなくても良いでしょう。
(しばらく使ってみましたが、コインを落とすことはありませんでした。)

快適に、かつコンパクトなフォルムを保ちたいなら、コインは10枚程度とお考えください。
それ以上入れることもできますが、財布はぷっくりと厚みを増します(それはそれで可愛らしいフォルムなのですが)。

お札

コインポケットの下が、お札の収納スペースとなっています。
仕切りはありませんから、すべてのお札をこちらに重ねて入れることになります。
ハンモックウォレットコンパクト 縦にすると

コンパクトをウリにする財布の多くは、「お札を折ってから」入れなくてはいけません。
余計なアクションですから、使うときも、仕舞うときも面倒に感じるんですね。

一方、本作はサイドからサッと入れるだけ。
手間がかかりません。
ハンモックウォレットコンパクト お札

写真のとおり、ガバッと札入れが開くので、入れやすく、取り出しやすいんですね。

ちなみに、コインが落ちることはありません。
写真のように、コインケースを掴んで、札入れを開けても、コインポケットは革で囲まれているためこぼれ落ちないんですね。

収納できるお札は、10枚ほどとお考えください。
コインの量とのバランスもありますが、たくさんのお札を入れると、閉めるのがきつくなります。


使い勝手をまとめます。

ハンモックウォレットコンパクトは一般的な財布と、使い勝手が異なるので、少し戸惑う部分もあると思います。ただ、実際に使いはじめると、不思議と慣れるもの。2,3日で、とても使いやすく感じるはずです。

たくさんのアイテムを詰め込むのは得意ではありません。
快適に(コンパクトに)持ち歩くなら、以下ほどとお考えください。

  • お札10枚
  • カード4枚
  • コイン10枚

実際には、カード5枚、コイン15枚まで入ります。
ただ、ぷっくりと膨らむので、コンパクトなフォルムを保ちたいなら、おすすめしません。

必要最低限、だからこそのコンパクトなフォルムなんですね。
(「小さくてたくさん入る財布」はありません)

Apple PayやSuica、クレジットカードでの決済が多くなり、たくさんのお金を持ち歩くシーンは減っているように思います。
最低限を、気軽に持ち運びたい。
こういったライフスタイルを手に入れたいなら、最高の財布といえるでしょう。

特徴

国産レザーの美しい表情

素材は、国産牛革。

革の表面には、格子状の型押しが施されています。
ハンモックウォレットコンパクト 表情

キズが目立たないのも嬉しいポイントです。
スムースタイプの素の革ですと、どうしても使う内に小キズが目立ってしまいます。
本作は、長くキレイな状態を保てる素材なんですね。

緻密な表情は、スマートな装いです。
ハンモックウォレットコンパクト

サラリとした質感はコンパクトなボディと相まって、上品な印象を醸し出しています。
それでいて華やかすぎないので、ビジネスシーンにも最適です。

紳士たる装いを十分に演出してくれますから、スーツを着る人にもおすすめです。
もちろん、コンパクトなフォルムは、内ポケットでも快適です。

日本製の丁寧なつくり

コンパクトなボディの細部に、美しい仕上げを見て取れます。

ステッチ

ステッチは均等で真っ直ぐ。
一切の乱れがなく、美しく縫製されています。

ハンモックウォレットコンパクト ステッチ1
ハンモックウォレットコンパクト ステッチ
同系カラーの糸でステッチされています。
美しい表情を邪魔しないデザインとなっています。

コバの仕上げ

革の端っこ(コバ)は、何も処理されなければ線維がむき出しになっています。

こすれることが多く、ダメージを受けやすい箇所です。
ここも丁寧に仕上げられています。

コインポケットの入り口は、コバ塗りされています。
ハンモックウォレットコンパクト コバの仕上げ1

一方、外周はしっかりと「へり返し」されています。
ハンモックウォレットコンパクト コバの仕上げ2

薄い革は、「コバ磨き」ができません。
そこで本作では、折込んだ革を縫製し、統一感のある美しい仕上げが施されています。

革が切りっぱなしになっていると、そこから本体にダメージが伝わります。
つまり、長く使うことができないんですね。

薄い革で心配に思うかもしれませんが、本作はしっかりとコバが処理されています。
長く使うことができますし、リペアにかかる時間やお金が少なくて済みます。

革の表を見せる仕上げ

本来、革の裏側(床面)はザラリとしていて、見た目、触り心地ともによくありません。

本作は、一つひとつのパーツがとても薄いのですが、すべて裏張りされています。
ハンモックウォレットコンパクト 裏張り
そもそも見えない箇所ですし、床面のままでも使い勝手には影響しません。

見た目の上質感、触れたときの気持ちよさを考え、総革張りになっているんですね。
とても手間暇がかかっていることが分かります。


よく考えられた構造。
それだけでなく、目に見えないところまで丁寧に仕上げられています。
これこそが、日本の革工房の財布をおすすめする理由です。
長く、気持ちよく使え、満足度の高いつくりです。

どれも、格安の量産品では見ることはありません。

ちなみに、本作には余計な装飾が一切ありません。
ブランドロゴさえも取り払った、シンプルで落ち着きのある装い。

財布を開けたとき、初めてカルトラーレの財布であることが分かります。dsc05399

金箔押しであしらわれた、made in Tokyoは自信の現れでしょう。
それほどまでに完成度の高い財布です。

豊富なカラーラインナップ

ラインナップは6色。

こちらはノーマルモデルハンモックウォレットコンパクト カラーリング

  • Black×Black
  • Dark Brown×Dark Brown(本記事で紹介しているもの)
  • Dark Green×Green

どれも落ち着いたカラーですから、好みに合わせてセレクトできます。

こちらはレデースモデルハンモックウォレットコンパクト レデース

  • Grayish Brown×Yellow
  • Pearl Beige×Bule Green
  • Light Pink×Pearl Cream

淡い中間色のパステルカラーで、やわらかな仕上がりとなっています。
外装と内装で、異なる系統のカラーを使ったバイカラーとなっています。

どのモデルも落ち着いた仕上がりになっています。

カラーによっては売り切れが目立ちますが、公式サイトの在庫が比較的潤沢のようです。amazon会員なら、面倒な手続き不要で購入できますから、チェックしてみてください。

あとがき

「小さな財布」はたくさんあって、どれも以下をウリにしています。

  • コンパクト
  • 上質な革
  • メイドインジャパン

これらの特徴に加えて、使いやすく、それでいて美しいデザインなのが、ハンモックウォレットコンパクトです。

小さくな財布をお探しの方に、おすすめの逸品です。

ハンモックウォレット コンパクトを公式サイトで見る