WILDSWANS パーム ポロサスのレビュー。最高級のクロコダイルを堪能できるコンパクトな財布

2018年11月、WILDSWANS銀座店舗10周年となりました。誠におめでとうございます。

毎回、WILDSWANSの周年記念では、定番とは異なる皮革が使われるのだけど、銀座10周年では、あざらし、トカゲ、ポロサス(クロコ)がラインナップ。すべてエキゾチックレザーでしたね。

ポロサスシリーズのパームを購入しましたので、紹介してみます。

特徴はこんな感じ。

  • 機能は定番品と同じ
  • 10周年記念の銀泊ロゴ
  • クロコの最高峰、ポロサスを贅沢に使用

ポロサスに興味がある方は、参考にしてみてください。

スペック

ブランドWILDSWANS
商品名パーム ポロサスモデル
用途
  • メイン
  • サブ
価格(税込み)92,880円
収納力★★★☆☆
お札入れの数1
お札の枚数10
コインの枚数15
カードの枚数7
寸法H86 x W100 x D25 mm
重量-
素材ポロサス×サドルプルアップ

動画

ポロサスの質感、WILDSWANSの定番クロコとの違いなどが伝わるように、動画にしてみました。

使い勝手

機能は、定番のパームと同じですので、本ページでは割愛します。
詳細なレビューは以前ご紹介していますので、ぜひご覧ください。

参考:パームのレビュー

本ページでは、ポロサスモデルの特徴に限定してご紹介していきます。

フォルムは、定番のパームと全く同じ。コンパクトなのだけど革の厚みと反りがすごい。ボリュームのあるプロポーションで、所有欲が満たされます。

持った瞬間、「軽い」と感じました。WILDSWANSさんいわく、クロコは素材自身が軽いとのことです。

ただ、他モデルのパームと持ち比べてみると、実際には違いがほとんどわからない。「軽い」と感じたのは、クロコの荒々しい表情に「重いイメージ」を持ってしまうためでしょう。

エキゾチックな表情を持ちつつも、やはり革。開くときのしなりがいいですね。

内装はブランドロゴの銀箔押し…。素材も仕立てもいいから、そんなに主張しなくていいのに。目立たない型押しの方が好きです。

カード

パームには3つポケットが付いています。

背面のカードポケットがやはりいい。

クレジットカードを入れて使っています。ちなみに、普段見えない内側もポロサスが使われてます。勿体無いけど、パームは全モデル同じように作られていますね。非常に贅沢です。

コインポケット内にあしらわれた、ベロ。この内側にもカードを収納できます。

あとはこちら。WILDSWANSいわく、ホックが干渉してカードが割れる恐れがあるとのこと。貴重なカードは入れないほうがいいです。私はクオカードなどの柔らかいカードを入れています。

お札

WILDSWANSいわく、パームは「お札が入るコインケース」とのこと。そのためか、お札スペースは、一万円札がギリギリ入るくらいにデザインされています。なのでスムーズに出し入れできない。正直使いやすいとはいえません。

革が馴染めば出し入れしやすくなるかと思ったのですが、サドルプルアップとコードバンのモデルを1年ずつ使っても劇的には変わらなかったですね。もっと使えば良くなるのかもしれないけれど。

コイン

両マチ構造になっているので、ガバっと開きます。

使い勝手は、通常版と同じ。

特徴

ポロサスを贅沢に使用

パームはWILDSWANSの定番アイテム。お店に行けば普通に売っています。特段珍しいものではありません。

では本作の特徴は何かというと、素材です。
外装にクロコダイルの最高峰、ポロサスを使っているのです。

一口でクロコと言っても、革製品に利用されるクロコは大きく4種に別れます。

  • スモールクロコ
  • ナイルクロコ
  • シャムクロコ
  • ラージクロコ

どのクロコであっても、表情が部位によってガラリと変わります。
お腹の辺りは、矩形の「竹斑(たけふ)」が多く。

脇腹の方にいくと、丸みを帯びた「丸斑(まるふ)」に変わっていく。

いわゆる「エキゾチックレザー」の中には、リザード、ガルーシャ、オーストリッチなどさまざまな皮革があるわけですが、これらの中でも個体による表情の差がもっとも大きいのがクロコなわけです。基本的にクロコを使ったアイテムには均一・整然な表情を求めることはできません。たとえ同じプロダクトであっても、一つひとつが違うのですね。

もっと言うなら、盤面が広いプロダクトほど利用するクロコの面積も大きくなるため、1つのプロダクトの中でも表情は変化していくのです。

このダイナミックな表情こそがクロコの醍醐味だと思うし、人によって趣味嗜好は異なるはず。「どのような斑がベストか」それを私が決めるのは野暮ですね。

ただ、世界的には「緻密で、整然と並んだ表情」が人気があります。そこで「ポロサス」が採用されることになる

「スモールクロコ」と名付けられているとおり、ウロコ(斑(ふ))の表情が、緻密かつ均整に並んでいる種別です。原皮の少なさと需要の高さがあいまって、とにかく高価になるそう。

ポロサスを作るタンナーはいくつかあるのだけど、WILDSWANS銀座10周年で採用されたポロサスは、フランスのタンナー「compagnie des cuirs precieux社」のもの。エルメスでも採用されているポロサスです。

手に入れたのは竹斑が並んでいる個体。ウロコ一つひとつのカタチ、サイズも整っています。トップメゾンで採用されるポロサスなのも納得。

並べてみると、均整な美しさが際立っています。

マットな質感で、触り心地はWILDSWANS定番のクロコと変わりありません。サラリとしつつ、わずかにキュッとする感じ。ポロサスの方が少し柔らかい感じがします。

チョイスした色は「BLEU」。フランス語で青を意味するそう。明るいシーンでは、青みが強くなるのですが、かなり深い色味。群青といったところですね。

WILDSWANSの店員さんいわく、色は変化していくけれど、定番のクロコほど艶は出てこないかもとのこと。エルメスの顧客層からするとエイジングはあまり嬉しくないのかもしれませんね。

暗い場所ではほとんどブラックです。

ちなみに、香りはあまり好みではありませんでした。定番のクロコの方が、控えめな香りです。といってもフルグレインほど主張する香りではありませんし、鼻を近づけない限りわからないので気にするほどのことではないかと。

エレガントに感じるのは、色味と整然と並んだウロコのおかげかもしれません。非常に高級感があります。(実際、高価なのだけど・・・)。

背面のカードポケットは、カードサイズ大のポロサスを縫製して作られています。つまり一枚革ではないのだけど、なるべく斑が並ぶように仕立てることで、均整なルックスを保つようにデザインされています。もちろん、厳密に揃えることはできないのだけど、こういうデザインは嬉しいです。

あとがき

WILDSWANSのシリーズで最も高価なためか、公式サイトでも一つひとつの個体ごとに写真が掲載されるほどでした。11時ジャストでチェックしていたのですが、ものの数分でパームとタングは売り切れてしまいましたね。今回のポロサスシリーズの財布は、それぞれ数個しか作っていなかったとのこと。

ちなみに、店頭で一番最初に並んでいらっしゃた方は前日の夜からだったそう。

Twitter, Instagram

Twitter, Instagramもやっています。


func_walletさんをフォロー