商品リンクにはプロモーションを含んでいます

【レビュー】クレバレスコ ミュージアムコードバン L字ジップハーフマルチウォレット

Crevaleathco(クレバレスコ)の『ミュージアムコードバン L字ジップハーフマルチウォレット』をご試供いただきました。

本ページでは使い勝手、特徴、メリット・デメリットについて分かりやすく解説します。

スペック

ブランドCrevaleathco(クレバレスコ)
商品名ミュージアムコードバン L字ジップハーフマルチウォレット
収納力★★☆☆☆
お札入れの数1
お札の枚数10
コインの枚数10枚
カードの枚数4〜7枚
サイズW109×H89×D15mm
重さ72g
素材ロカド社 コードバン

取扱いサイトで見てみる

カタチ、構造

本作は「ミニL字ファスナー財布」にカテゴライズされます。コンパクトで片手で持てるサイズ感ですね。

外装はイタリア ロカド社のコードバンを採用しています(詳細は後述)。

ファスナーはYKK最高峰のエクセラ。金属部が磨かれており、安価な革製品に使われるファスナーと比べると、見た目も耐久性も優れています。

ファスナーの引き手もコードバンで作られています。このパーツだけ見ても最高品質であることがわかります。中に素材を詰めて、立体的なフォルムに仕立てています。

かっちりと硬く、たわみにくい。掴みやすいため、スムーズにファスナーを動かすことができます。つまり、美観だけでなく使い勝手も優れます。こういった引き手が少ないのは難易度が高く時間もかかるからです(安価な財布では採用できない)。

さて、ミニL字ファスナー財布は、各ブランドから出ているメジャーな財布ですが、本作は既存のものとは構造や使い勝手が違います。

まずは形。本体が2分割されています。このデザインによって、一般的なミニL字ファスナーと比べ、圧倒的に薄いフォルムを実現しています。なんと、15mmほどです。

クレバレスコのL字ジップハーフウォレットと比べても、本作の方が薄いです。

内部のデザインも独特です。収納しても膨らみにくい構造のため、ジャケットの内ポケットに収納したい人には最適かと思います。

使い勝手

カード

両サイドのスペースが見やすくて、出し入れしやすいです。

片面にカード4〜5枚ほど入ります。   

中央のポケットは3層に分かれていて、両サイドに1枚ずつ入れることができます。

ただ、こちらのポケットに収納すると中央のポケットが開きにくくなります。後述しますが、コインを収納するスペースとなりますので、小銭を使うならカードを入れない方が使いやすいと感じます。

お札

お札は10枚ほど入ります。3万円ほどを持ち運びたいなら十分です。

ガバっと開くポケットではなく、差し込むイメージ。中央のポケットは低いため、お札が見やすく、つかみやすいです。

コイン

中央のポケットは浅いため小銭が見やすいのですが、コインの出し入れはしやすいとは言えません。また、たくさん収納することはできません(10枚入れるときつい)。お札を使って小銭が出てしまった時に、収納するスペースがあるという程度に考えた方が良いです。

マチがなくコインを挟み込むフォルムになるため、財布全体がスリムになるようにデザインされています。薄さと小銭の使いやすさはトレードオフですが、本作は薄さを重視した財布と言えるでしょう。

カードでの支払いがメイン(現金をあまり使わない)の人、スリムに携帯したい人にフィットする財布です。

なお、クレバレスコはコインも使いやすい「L字ジップハーフウォレット」もラインナップしています。現金をよく使うならそちらを選んだ方が満足度が高いかと思います。レビュー掲載していますので参考にしてみてください。

素材

ロカド社コードバン

イタリア ロカド社のコードバンです。

ロカドは複数種のコードバンを作っていますが、本作は「ミュージアム」というモデル。様々な濃淡を楽しめる素材です。写真のカラーはボルドー。表情豊かで高級感があります。

コードバンらしい光沢も、もちろん楽しめます。

珍しいコードバンのため、人と被りにくいのもポイントが高いですね。

国産牛側

内装には国産の牛革が使われています。キメが細かく、サラリとした手触りです。

内側のポケットは、この革が貼り合わされており、操作しやすいしなやかさと、耐久性が作りこまれています。

オーダーについて

本作は革とファスナーの色を選んでのカスタムオーダーができます。

外装のミュージアムコードバンは4色から。
内装の国産牛革は5色から選ぶことができます。

エイジングはコニャックが最も楽しめるかと思います。

クオリティ

これまでに200以上の革製品を使用してきました。それらと比べて本作はトップクラスのクオリティです。美しさ、耐久性、細部のこだわりなど、あらゆる点で最高品質です。

耐久性

薄い財布のほとんどは、耐久性が高くありません。外装やポケットなどのパーツに、薄い一枚の革を使っただけのものばかりだからです。

では本作はどうかというと、薄さだけを追求しているわけではなく、長く使えるように仕立てられています。

適度な厚みがあり、革と革の間(見えない部分)に、耐久性を高めるための素材が詰め込まれています。技術も手間も必要となるため、量産品では採用されない技法です。

コバ

革の断面(コバ)は、黒く染められています。艶は控えめでマットです。

革が複数重なるコバを、革の断層がわからないほどに、滑らかに仕上げるには多くの時間と技術を注ぎ込む必要があります。安価な財布や量産品ではではありえない作り込みです。

面取りされて角が立っていないため、もつるりとしています。手触りの良さもトップクラスです。

ファスナーの引き手のコバは、綺麗に仕上げるには大変手間がかかります。小さなパーツでも、細部まで美しさが追求されていることがわかります。

ステッチ

ピッチは細かく、クラフト感は控えめで、洗練された印象。

ステッチラインがとにかく美しい。斜めに並ぶ糸目は手縫いの醍醐味ですね。

ミシンでは難しい返し縫いも、綺麗に糸目が並ぶように縫われています。

捻引き(ねんびき)

革のフチにラインが引かれています。これを捻引き(ねんびき)と言います。カーブも綺麗に引かれています。

あとがき

現金をあまり使わず、カードやキャッシュレス決済が多い。スリムに快適に携帯したい人が満足できる財布です。

品質も極めて高い。最高級の珍しいコードバン、耐久性、コバの美しさ、そして手縫いによる美しいステッチワーク。全てにおいてトップクラスの品質で作り込んでおり、高級感や所有する満足度もダントツです。

取扱いサイトで見てみる