商品リンクにプロモーションを含んでいます

ONES WORKER ポロサス シェル型二つ折財布のレビュー。使い勝手、特徴、メリット・デメリットの解説

革工房ONES WORKERの財布クロコダイル ポロサス シェル型二つ折り財布をご試供いただきました。本ページでは使い勝手、特徴、メリット・デメリットについて解説します。

特徴

  • 小さめの二つ折り財布
  • 丸みのあるフォルム
  • 最高級レザー、スモールクロコを利用
  • 手縫いによる美しいステッチワーク

スペック

ブランドONES WORKER
商品名クロコダイル ポロサス シェル型二つ折り財布
収納力★★★★☆
お札入れの数1
お札の枚数10
コインの枚数15〜20
カードの枚数8枚
サイズW104×H98×D22mm
重さ83g
素材クロコダイル ポロサス × ブッテーロ

ポロサス シェル型二つ折り財布を見る

カタチ、構造

オーソドックスな「二つ折り財布」にカテゴライズされます。「小さい財布」と比べると大きいです。その代わり、たくさん入るし、誰にでも使いやすい安心感があります。

なお、一般的な二つ折り財布と比べると、少し小さい(写真の黒い財布は、WILDSWANSのグラウンダー)。

外装はクロコダイルポロサス(スモールクロコ)です(詳細は後述)。最高級レザーを外装に使った贅沢な財布です。外装にはロゴさえありません。ポロサスの表情こそが醍醐味であり、それを邪魔する装飾は必要ないからでしょう。表情、質感、エイジングだけを楽しめるようにデザインされています。

オーソドックスな二つ折り財布です。ただし、フォルムは独特。ONES WORKERらしく全体がなだらかにラウンドしたカタチです。「シェル型」と名付けられているのはこのユニークなカタチからでしょう。柔らかさや親しみを感じるデザインです。

ボタンやファスナーを操作することなく、開くことができる。誰にでも使いやすい定番のカタチです。

左手にカードポケット。この背面はスリットポケットがあります。カードをまとめて収納できます。

反対の面はコインポケット。フラップには外装と同色のクロコが使われています。

わずかにラウンドしており、指を添えやすい。手触りが良くなるように作られているため、気持ちよく使えます。裏側にも革が貼られているため、ハリがあり、開きやすいです。

ホックはイタリアのPRIYM社。

両側にマチがある、オーソドックスなコインポケットです。

コインポケットの背面にもカードを収納できるポケットがあります。

札入れです。

使い勝手

カード、お札、コインの使い勝手を解説しましょう。

カード

3種類のカードポケットがあり、プラスチックのカードで合計8枚ほど収納できます。

階段状のポケット

各ポケットに1枚ずつ、3枚のカードを分けて収納できます。

横幅はカードサイズジャストです。革が馴染んでも、1ポケットに2枚入れるのはキツいはず。

3つのポケットで、カードの見える範囲が異なります。最下段はカードがよく見え、指を添えて出し入れしやすい。よく使うカードは、一番下に入れるとよいでしょう。

スリットポケット

横向きに、カードを差し込んで収納します。余裕があるため、スムーズに収納できます。まとめて3枚ほど入りますね。

奥まで差し込むとカードは完全に隠れます。取り出しやすいとは言えませんので、ここに入れるのは利用頻度が低いカードがよいでしょう。持ち歩く必要があるけれど、取り出さないカード、たとえば、免許証、保険証などおすすめ。

Suicaを入れてもOK。タッチ決済できて便利です。

コインポケットの背面

縦に収納します。収納できるのは2枚まで。

カードの頭が顔を出すし、ポケットがキツくない。もっとも出し入れしやすいため、よく出し入れするカードを入れるならここがおすすめ。

お札

収納スペースはこちら1つだけ。仕切りはありません。千円札と1万円札を分けて収納したいなら本作は合わないでしょう。仕切りがないため、薄くなるのが本作のメリットです。

札入れ、奥手側はブッテーロの表面が貼られています。スムースな革ですので、お札の滑りが良い。外装のフチにも、ブッテーロが一枚あてられています。これは革が伸びないようにですね。

カタチが崩れやすい部分もしっかりと張り合わせがされています。長く使えるように設計されています。

手前側はブッテーロの裏面です。表面よりザラリとしています。一般的に、裏面が使われると摩擦が生じるのですが、本作はスムーズで引っ掛かりません。

ガバっと開き、スペースに余裕があるからです。

なお、収納枚数は10枚程度が良いです。もう少し入りますが、はみ出しがちになってしまう。きちんと隠すように収納するなら、ギュッと押し込む手間がかかります。

中央が少し低くなっていて、お札が少し顔を出す。

これは、機能的にも優れています。指を添えやすく、さっと開ける。お札入れを開くまでのアクションがスムーズにできます。

数えたり、取り出すのも快適です。定番のカタチならではの使いやすさがあります。

コイン

両側にマチがあるため、ガバっと開きます。お釣りがたくさん出たときも、まとめて入れることができます。収納量は、15〜20枚ほど。

15枚入れた様子。まだまだ余裕があります。ただし、入れるほど財布が膨らむので、15枚くらいまでがおすすめ。見た目が良いし、財布に負担もかからないです。

一般的な二つ折り財布と比べると、ポケット深さは同じくらい。ただ、縫い目の高さが左右で違いますよね。

マチのサイズ、構造も左右非対称。開くと、左側が大きく開く。本体のカタチに合わせてマチをデザインしているんですね。

収納量

カード8枚、お札10枚、コイン15枚を入れてみました。これが使いやすく、財布に負担をかけないMaxかな。以下のとおり開いてしまいますが、これは最初だけ。使っていると馴染んで閉じるようになります。

素材

最高級スモールクロコを使用

スモールクロコは、革の中で最高級です(ブライドルレザーコードバンなどよりずっと高価)。さらにクロコにも複数の種類があるのですが、本作ではもっとも高価なスモールクロコ(ポロサス)が使われています。

マットな表情です(最初からツヤを出したグレージングタイプではありません)。使い込むことで艶が増すエイジングを楽しめるタイプです。

ウロコのカタチの変化も、クロコ財布だからこその特徴です。中央は矩形で、サイドに向かって丸く変化していますね。ウロコの形はクロコの部位によって違います。

ひとつひとつの製品で表情が違います。同じ模様はありません。これが個性であり、クロコの醍醐味といえます。

表情のとおり、ウロコとウロコの間には凹みがあり、指で感じ取れます。見た目とは裏腹にしなやかな革です。ブッテーロなどより柔らかいんですよね。

ちなみに、実測で83g。一般的な二つ折り財布と比べると軽いです。丈夫で軽いのもクロコの魅力です。

内装はイタリアのブッテーロ

イタリアのタンナー、ワルピエ社のオイルレザー、ブッテーロが使われています。ONES WORKER定番素材ですね。

マットな質感は最初だけ。色・ツヤが変化するエイジングを楽しめます。

オーダーメイドでできること

革の色、糸色を選べる、カスタムオーダーが可能です(ポケットの増減などは不可)。

外装のポロサスは5色から。

内装のブッテーロは16色から選べます。

色とりどりのブッテーロ。明るさによる表情の変化、およびエイジングについて

外装、内装ともに色・ツヤが変化するタイプの革です。

変化を楽しみたいなら、淡い色でのオーダーがおすすめ。内装はエイジングスピードがゆっくり目で、汚れが目立ちやすいです。

キズ、汚れが目立ちにくいほうがよいなら、内装はブラックやネイビーなどの濃い色がおすすめです。

クオリティ

コバ

黒い塗料が使われているようです。

角が立たないように面取りされているため、手触りが気持ち良いです。

ステッチ

本作はすべて手縫いです。ミシン縫いの10倍以上の時間がかかります。ミシンで押さえないため、ミシン跡がありません。クロコと糸目だけを楽しめるわけです。

手縫いならでは、斜めにならぶ糸目の美しさが楽しめます。ONES WORKERの製品は、ものによってはミシンが使われているのですが、本作は内装も含めてすべて手縫いです。

綺麗に返し縫いされています。

捻引き

革のフチに引かれたラインを捻(ねん)といいます。革をはりあわた部位に引くことで、コバも丈夫になる。

見た目も締まりますね。

あとがき

高価な財布ですが、最高級皮革ポロサスを贅沢に使い、手縫いで作られていることを考えると、お買い得に感じます。クロコを使った、上質な二つ折り財布をお探しの方におすすめです。

ポロサス シェル型二つ折り財布を見る