ONES WORKER ショートラウンドジップ財布のレビュー。 最高級スモールクロコの小さなラウンドファスナーの使い勝手、メリット・デメリット

ONES WORKERのショートラウンドジップをご試供いただきました。本ページでは使い勝手、特徴、メリット・デメリットについて分かりやすく解説します。

特徴

ショートラウンドジップの特徴は、以下のとおりです。

  • 小さなラウンドファスナー財布
  • カード10枚収納可能
  • 最高級皮革 スモールクロコダイルを使用
  • 丈夫で長く使える
  • 手縫いによる美しい仕立て

スペック

ブランドONES WORKER
商品名ショートラウンドジップ財布
収納力★★★★☆
お札入れの数1
お札の枚数12
コインの枚数15
カードの枚数8〜12
サイズW120×H89×D25mm
重さ118g
素材スモールクロコ、ブッテーロ

ショートラウンドジップを取扱いサイトで見る

カタチ、構造

本作は「ラウンドファスナー財布」にカテゴライズされます。ファスナーでしっかりと閉じるタイプだから、ひっくり返っても中身がこぼれません。

一般的なラウンドファスナー長財布は、長方形です。
YUHAKU-YFC114-3

比べてみると、ショートラウンドジップは名前のとおり「ショート」。一般的なラウンドファスナー長財布よりずっと小さい。

丸みのある、ふっくらとしたプロポーションはONES WORKERの意匠ですね。絶妙のサイズ感で、「手への収まりの良さ」も優れています。取り回しが良く、扱いやすいです。

ワニ革の中でも、最高級のスモールクロコ(詳細は後述)。一枚革でぐるりと巻いた贅沢なつくりで、継ぎ目がありません。クロコの柔らかな手触りを楽しめます。

ファスナーの引き手もクロコ。色は本体と同色です。掴みやすい絶妙なサイズ。

安価な財布ですと、革を通したものがほとんど。チープになりがちです。しかし、本作は違う。立体的なフォルムで高級感があります。実は、手縫いで作られています(手縫いでしか作れません)。

使い勝手にも影響します。クロコは柔らかいため、クロコだけで作るとフニャフニャとしてしまい、操作感がよくない。「中に素材を閉じ込める」ことで硬くしています。だから、ブレずに引くことができる。美しいだけじゃない、機能的なデザインです。

「ファスナーの取り付け」も美しい。ふっくらと盛り上がるように作られています。丁寧な仕事ですね。

YKKの最高峰ファスナー、エクセラです。一般的なファスナーと比べると光沢があり、高級感が段違い。開閉もスムースです。

さて、内部構造もユニークです。中はこんな感じ。一般的な財布とは異なるデザイン。

コインポケットはホック式。フラップ部分はスモールクロコ。ボディはイタリアの革、ブッテーロ(後述)です。

イタリアPRYM社のホック。イタリアの革に合わせてでしょうか。開け閉めするときの音が良いんですよね。

反対の面にはカードの収納スペース。スモールクロコで作られたループがあります。このループにカードを収納します。

その横にもカードの収納スペース。

カードとコインポケットが付いている部位は、フラップになっています。これが稼働する。

ここにお札を収納します。

お札入れの内側にはスリットがあります。ここにカードを収納できます。

非常にユニークな構造です。100以上の財布を使ってきましたが、このような財布は初めて。他と違う、ワクワクする財布というのも本作の魅力です。

使い勝手

カード、お札、コインの使い勝手を解説しましょう。

カード

3つのカードポケットがあり、それぞれ使い勝手が異なります。合計10枚ほど収納できます。

ループポケット

ループ状のポケットにカードを差し込めるようになっています。厚みのあるプラスチックカード4枚まで、まとめて入れることができます。5枚はちょっときつい感じ。革が伸びにくいように作られているので(後述)、馴染んでもせいぜい5枚までかな。

カードの前後を掴むことができるため、取り出しやすいです。

手前のカードは指を添えて、1アクションで取り出せます。

2枚目以降を取り出すときは、スライドして少しずらして選びます。

扇状に展開もできますが、ちょっとコツがいりますね。

後述するポケットより出し入れが簡単ですので「よく使うカード」はこちらに入れると使いやすいです。

サイドポケット

スリット状のポケットにカードを差し込むことができます。プラスチックのカード、まとめて5枚余裕で入ります。

収納するとカードは隠れます。

選んで取り出すには一旦引き出す必要があるため、前述のループポケットのほうが使いやすいと思います。こちらには利用頻度が低いカードの収納がおすすめ。

タッチ決済用のポケット

札入れの内側に切り込みがあります。こちらにカードを収納可能。

普段はお札が入っているため隠れてしまいます。つまり、出し入れはしにくい。でもそれで良い。入れっぱなしのカード、例えばSuicaなどのタッチ決済専用とすれば良いからです。

コイン

反対の面にはコインの収納ポケット。両サイドにマチがある構造で、一般的な二つ折り財布のコインポケットより大きなスペースです。コイン収納部はブッテーロが使われています。なお、「色のオーダー」ができます。コインポケットは黒ずみやすいので、汚れが目立つのが嫌なら黒を選ぶと良いでしょう。

マチが広く、ガバッと開きます。たくさんのコインをまとめて収納するのもカンタン。このサイズ感で、コインを投げ入れるように操作できるのはすごいです。

見やすいです。収納できるのは15枚くらいが使いやすいですね。Max20枚くらい。

取り出しやすい。

財布が小さいため、片手で持ってもバランスが良い。財布の取り回しがよく、コイン操作もらくらくです。

スポンサーリンク

お札

お札の収納スペースは、普段は見えません。

コインポケットのパーツを手前に倒すと、お札の収納スペースが大きく開きます。

奥手側はブッテーロかな。革が貼られているため、お札の滑りが良い。

手前側の面はブッテーロの床面。表面と比べると繊維が荒いのですが、ガバッと開くのでお札は引っかかりません。

ガバッと開くので、たくさんのお札をまとめて収納するのもかんたん。

お札を数えたり、狙った枚数を取り出しやすいです。

お札を収納した状態でも、革で隠れます。

収納時の使い勝手

収納量はバランスによります。

プラスチックのカード8枚、お札10枚、コイン15枚を入れてみました。ふっくらとしますね。

お札もコインも、もう少し入ります。お札15枚、コイン20枚。これで結構パンパンな状態。あまり詰め込みすぎると負担がかかるので、もうちょっと少なくなるようにすると良いですね。

素材

スポンサーリンク

最高級レザー スモールクロコ

ワニ科の中でも最も高級で貴重な、スモールクロコが使われています(イリエワニ、ポロサスとも呼ばれます)。

クロコは様々な形、サイズのウロコの並びを楽しめる。エキゾチックレザーの王様です。

見た目とは裏腹に、柔らかな弾力。さらりとした手触りです。

カラーはブルー。マットな質感に仕上げられていて、光沢は控えめ。使い込むことで艶が出てきます、色も深く変化するエイジングを楽しめます。

ウロコは部位によって模様が異なります。つまり、製品の見た目もガラリと変わる。本作はクロコを横に裁断することで、矩形のウロコから丸いウロコまでバランスよく配分されています。左右対称のバランスでウロコが並ぶよう、使われていますね。なお、ウロコの並びは天然の表情のため、同じものはありません。

内装はブッテーロ

内側に使われているのは、イタリア ワルピエ社のオイルレザー、ブッテーロです。牛のショルダー部位を使った、ハリ、コシのある革。

外装に使われるほど上質な素材です。さらりとしたマットな質感は最初だけ。使い込むことで内部のオイルが表面をコーティングし、艶が出てきます。

色とりどりのブッテーロ。明るさによる表情の変化、およびエイジングについて

オーダーメイド

革や糸の色を選べる、カスタムオーダーが可能です。

スポンサーリンク

革を選ぶ

外装のクロコ

外装のクロコは5色から。ヒマラヤも選べるのがすごいですね。

ヒマラヤ以外は落ち着いた色味ですので、使いやすいと思います。

内装のブッテーロ

ブッテーロの色がとにかく豊富。色・ツヤの変化するエイジングを楽しめる革です。より変化を楽しみたいならタン、やイエローなどの淡い色を選びましょう。

汚れが目立たない方がよいなら、Navyなどの濃い色がおすすめです。

スポンサーリンク

ファスナーを選ぶ

ファスナーのエレメントの色、テープの色も選べます。ここも好みですが、クロコを際立たせたいなら革と同色の、落ち着いた色がおすすめです。

クオリティ

高度な技術で、時間をかけて丁寧に作られています。満足できるクオリティです。

長く使える、丈夫な財布

スモールクロコは柔らかいため、長く使うと型崩れしてしまうリスクがあります。本作ではクロコの裏側に「別の革」を貼り付けることで、耐久性を作り込んでいます。

例えば、カードのループは内側にブッテーロが貼られています。硬いブッテーロを貼り合わせることで、カードを何度出し入れしても伸びたりしないようにしているのです。丈夫になるだけでなく、美しさも、カードの滑りも良くなります。丁寧に作られていますね。

本体のファスナーが入り込む部位。クロコの内側にも革が貼られています。見えない部分まで贅沢な作り。

コバ

革のフチをコバといいます。切りっぱなしだと繊維が見えてしまうのですが、本作は黒い塗料が使われていて、キリッと締まる感じ。

複数の革が重なる箇所も磨かれていますね。

捻(ねん)

革のフチに引かれたラインを捻(ねん)といいます。キリッと見た目が締まる。

凹凸のあるエキゾチックレザーだと分かりにくいのですが、クロコの部位にも捻が引かれています。

ステッチ

ポケットなどの内装のパーツはミシン縫い。少し広めのピッチです。

外装は手縫い。やや広めのピッチです。糸目の美しさも手縫いの醍醐味。それから、ほつれにくく、丈夫です。

あとがき

スモールクロコの財布は他ブランドでもラインナップされていますが、ONES WOERKERのショートラウンドジップは全く違います。ユニークで人と被りません。

比較的コンパクトで携帯しやすいのもGood。さらに、細部まで美観、耐久性がデザインされており、手縫いで仕立てられています。価格以上の価値を感じられる、上質な財布です。

ショートラウンドジップを取扱いサイトで見る