商品リンクにはプロモーションを含んでいます

BONAVENTURA バックカバーケース iphone13モデルのレビュー

ボナベンチュラのiphoneケース、『バックカバーケース』をご紹介しましょう。

ラインナップ

  • iphone 13
  • iphone 13 mini
  • iphone 13 Pro
  • iPhone 13 Pro Max

バックカバーケースを公式サイトで見る

ドイツシュリンクのiphoneケース

素材は、ペリンガー社のシュリンクレザー。ドイツシュリンクです。優しく、ふくよかな表情で、高級感があります(事実、有名なイタリアのオイルレザーよりずっと高価です)。

丈夫でキズがつきにくく、水にも強い革です。使い込んでも色がほとんど変化しないため「新品のときの美しさ」を長く楽しめます。

以下は以前使っていたケースですが、ヒップポケットに入れるなど、どちらかというと負担のかかる使い方をしていましたが、キズがまったく付いていません。言い換えると、「革が育つエイジング」はあまり楽しめません。

もちもちとした手触りです。柔らかな質感もドイツシュリンクの特徴ですね。

カラーはグレージュを選びました。トープより淡く、やさしい色合いです。ドイツシュリンクではトープ、グレージュは落ち着いた色味でどんなシーンにも会いますね。男女問わず使いやすい色です。

iphoneを収納するスペースにはスエードのような起毛した素材が貼られています。iphoneをセットしたら触れることができないのですが、気持ち良いですね。iphoneを優しく包み込んでくれる感じ。

両サイドにも革が貼られています。ドイツシュリンクのふくよかな手触りを楽しめます。

使い勝手

カバータイプのiphoneケースは、とにかく操作が楽です。使いたいときにすぐに使えます。手帳型のように開くアクションは必要ありません。一方、落としたときの画面割れ防止効果は手帳型のほうが上ですね。ここは好みが分かれるところですね。

レンズ周り。レンズが飛び出さないように設計されています。

iphoneはカメラが出っ張っているので、裸のまま机に置くとガタガタと動いてしまうのですが、本作にセットすると解決。レンズが奥手にいくので浮かずにおけます。

ボタンまわりは大きくくり抜かれていて、操作しやすいです。

背面にはスリットタイプのカードポケット。

2つのスロットがあり、2枚を差し込むことができます。

2枚収納すると、奥のカードは隠れます。取り出しにくくなるため取り出すことがあるカードを手前に入れるとよいでしょう。

裏面にはサラサラとした素材が貼られています。ポケットの革は1mmほどと薄いです。なるべくケースを薄く、軽くするためかもしれません。

クオリティ

革の断面

カメラの穴はキレイにくり抜かれています。革の断面も、面取りされていてなめらか。

革のフチは塗料が使われています。ドイツシュリンクには凹凸があるためか、シュッとした感じではないです。

端の仕上げの美しさを求めるなら、ノブレッサダイアリーケースを選んだ方が満足できると思います。

参考:ノブレッサ ダイアリーケースのレビュー

パッケージ

ボナベンチュラ定番の赤いパッケージ。磁石でパチンと開閉できるギミックや、シリアルナンバー入のWARRANTY CARDなど、開くときのワクワク感もデザインされています。

あとがき

ドイツシュリンクを楽しめるiphoneケースは非常に珍しいです。高級感のあるケースをお探しの方におすすめです。

バックカバーケースを公式サイトで見る