BONAVENTURA ノブレッサ ダイアリーケース iphone13モデルのレビュー

ボナベンチュラのiphoneケース、『ノブレッサ ダイアリーケース』をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

ラインナップ

iphone 13シリーズに対応するサイズでラインナップされています。

  • iphone 13
  • iphone 13 mini
  • iphone 13 Pro
  • iPhone 13 Pro Max

ダイアリーケースを公式サイトで見る

2色のノブレッサカーフカーフを楽しめるiphoneケース

素材は最高級カーフ、ペリンガー社のノブレッサカーフです。マットな質感の革です。

小さなエンボス(型押し)があります。光が当たると反射して光沢を見せてくれます。

丈夫でキズがつきにくい。使い込んでも色の変化もほとんどしないため、「新品のときの美しさ」を長く楽しめる革です。

サラサラとした手触りで、気持ちが良いです。

カラーはネイビー×オレンジをチョイスしました。チラリと隙間から見えるため、開かなくても2トーンを楽しめます。カラーバリエーションは20色ほどあるため、お気に入りがきっと見つかるはず。

内側の折りたたむ部分も「ノブレッサカーフの表面」が使われています。

ドイツシュリンクを使った手帳型の「ダイアリーケース」では、折りたたみ部にスエードが使われています。iphoneを使うときも外側の革と同じ高級感を楽しめるのはノブレッサダイアリーケースだけです。お値段の違いはここにあるのでしょう。

iphoneの収納スロットの美しさもボナベンチュラの特徴です。台座は、サラッとマットな質感で高級感があります。前モデルより高級感が増したように感じます。

サイドの色は以前のモデルでは光沢のあるブラックでした。本モデルではシルバーになり、鏡のように風景を映します。

使い勝手

手帳型iphoneケースは、画面を完全に守ってくれる安心感があります。

もし落としても画面が割れたり、傷つくことがほとんどない。そのかわり、iphoneを使うときには開かなくてはいけません。これが面倒ならカバータイプを選んだ方がよいです。ボナベンチュラからは「バックカバーケース」がラインナップされています。

ボタンの周りは大きくくり抜かれています。

ただ穴が空いているだけでなくて、手当たりが優しくなるように丸みが出るようにカッティングされています。押しやすいし、押し心地が良いです。

左側のボタンは、片手では操作できません。

左側にカバーが伸びるため、音量調整をするには両手を使う必要があります。

左側にはカードスロットが3つ。

カードを分けて収納できます。カードが少し顔を出すので、見やすくて選びやすいです。プラスチックのカードで1枚でジャストサイズ。1ポケットに2枚入れると革が伸びやすくなるのでやめたほうが良いと思います。

更に背面には縦に長いポケット。こちらはカードより長いもの。レシートやチケットなどを収納することができます。

4枚以上のカードを収納したい場合も、こちらに収納できます。

左下にはストラップホールがあります。

iphone13はカメラが出っ張っているため、裸のまま机に置くとガタガタと動いてしまいます。ダイアリーケースにセットすると解決。フラットに置けて安定しますね。

クオリティ

スポンサーリンク

ステッチ

革色似合わせて、ネイビーにはネイビーの糸。

オレンジにはオレンジの糸が使われています。革の美しさを邪魔しません。ステッチのピッチが細かいため、クラフト感がありません。上品な仕立てです。

革の断面

カメラの穴はキレイにくり抜かれています。面取りされていてなめらか。革の断面が見えないように色が塗られていますね。

ボディの周りは、黒っぽい塗料が塗られています。

使っていると塗料が割れてくると思いますが、ボナベンチュラの場合は、ペイント修理をアフターサービスで受けることができます。

パッケージ

iphoneケースよりかなり大きいです。相変わらず美しい、ボナベンチュラ定番の赤いパッケージです。

ダイアリーケースを公式サイトで見る

スポンサーリンク