ハンモックウォレットプラスのレビュー。コインとカードの使いやすさを兼ね備えた財布

機能的な革製品をラインナップする革工房、カルトラーレから新しい財布が発売されました。

本日は、カルトラーレの『ハンモックウォレット プラス』をご紹介します。

特徴は以下のとおり。

  • コインがバツグンに使いやすい
  • 財布を開かなくてもカードが使える
  • キズ、水に強い、型押しレザーを使用
  • 小さくて薄いから快適に持ち歩ける

カルトラーレの代表作「ハンモックウォレット」に「カードも使いやすい」の機能性を追加した一品です。

本ページでは、ハンモックウォレットプラスの使い勝手、特徴、メリットやデメリットについて分かりやすく解説します。参考にしてみてください。

スペック

ブランドカルトラーレ
商品名ハンモックウォレット プラス
用途メイン
価格(税込み)17,490円
収納力★★★☆☆
お札入れの数1
お札の枚数10
コインの枚数15〜20
カードの枚数6〜10
寸法W85×H98 x D23mm
重量70g
素材牛革

ハンモックウォレット プラスを取扱いサイトで見てみる

動画

ユニークな構造と使い方は動画の方が分かりやすいと思います。

カタチ、構造

一般的な二つ折り財布より、少し小さなサイズ。

エンボス加工の施された一枚革が使われています。サラリとした、硬めの革です。

スリットがある。ここにはカードが入ります(後述)。

シングルホックで留める構造で、カッチリと留まります。

開くとこんな感じ。

このハンモック構造が、少しずつ開いていく。カルトラーレの意匠です。

使い勝手

カード

カードの収納箇所が2種類あり、合計6〜8枚ほど収納できます。

外側のポケット

スリット状のポケットにカードを収納することができます。

奥まで差し込むとこんな感じ。

テンションがキツイため、逆さにして振っても落ちない安心感があります。

なお、カードが丁度隠れるため、「指でカードをスライドさせて取り出すこと」はできません。取り出すときには1アクション必要です。

ギュッと握ると、スペースが開きます。

ここから抜き出します。

外側にカードポケットがあると便利ですね。
クレジットカードを入れておけば、ここから取り出してお会計完了。財布を開く必要がなくてスマートです。

同じ構造のポケットが反対側にも付いています。

SuicaなどのICカードを入れておくと便利ですね。
タッチ決済が可能で、改札も通れます。定期入れとしても利用できますが、両サイドが同じ構造のため、どちらをタッチすればよいのか、財布のロゴを見て判断することになります。

2枚収納することもできますが、おすすめは1枚。
よく使うカードを入れておいて、サッと使う。そんな用途にこそ最適だと思うからです。

財布内側のポケット

財布を開いて、上下についています。

入れてみると、こんな感じ。こちらも丁度隠れるサイズ。このポケットはラウンドした切れ込みが入っているため、外側のポケットより取り出しやすいです。

こちらもギュッと握るとスペースができるので、取り出しやすくなります。

クオカードのような薄いカードなら、3枚収納することができます。
クレジットカードのような厚みのあるものなら2枚に抑えた方が使いやすいと思います。

コイン

ここに入れます。

財布を少し開いた時点では、閉じた状態。

財布を開いていくと、少しずつポケットも開く。

ハンモックウォレットプラスは、ここまでオープンします。

広い面だからコインを入れやすい。流し入れるように収納できる。

広い面にコインが散るから、見やすくて取り出しやすい。「革の壁」に囲まれているのが伝わるかな。傾けてもコインが落ちないんですよ。すごいです。

サイドの壁は、更に倒すことができます。

両サイドを倒して、フルフラットにもなる。
コインの見やすさ、取り出しやすさがMAXな状態。ただ、傾けると当然コインが落ちます。

コインの使いやすさは、現金派にとって「財布の使いやすさのキモ」です。ハンモックウォレットプラスは、群を抜いて使いやすい。これまで100以上の財布を使ってきましたが、コインの使いやすさにおいて、本作はNo1です。

閉じるときには片面にコインを寄せます。中央にコインがあると折ることができないからです。手前か奥に傾けると、スルスルとコインが寄っていきますので手間には感じません。

収納できるのは15枚くらいまでが使いやすいかな。
それ以上入れることもできるのだけど、コインを寄せるときに中央にコインが溜まりがちになる。閉じるときに、手でコインを寄せる1アクションが必要になりがちです。

それと、ハンモックウォレットプラスって、薄くて軽いんです。「気軽に持ち歩ける快適さ」を活かすならコインが少ない方が良いですしね。

財布を閉じていくと、革の壁が折りたたまれていく。だから財布を閉じた状態で、どんな体勢になってもコインが落ちることはありません。

スポンサーリンク

お札

このスペースにお札を収納します。これもハンモックウォレットプラス独自の構造。

横からスライドして入れます。

反対側(左側)には返しが付いているため、抜け落ちることがありません。安心。

取り出すときは、左側に見えているお札を、スッと押してあげるとお札がスライドしてきます。

見やすくて取り出しやすい。

収納できるのは10枚くらいまで。
コインやカードの収納枚数とのバランスなんですけど、たくさん入れすぎると財布が閉まらなくなります。

使い勝手のまとめ

オーソドックスな二つ折り財布に比べて、ほぼ同等の収納力を持ちつつ、
コイン、カード、そしてお札。これら全てが「使いやすい」。

カード8枚、コイン15枚、お札10枚入れたところ。さすがに反発はしますね。

とはいえホックで完全に留めるデザインなのと、ハリのある革によってスタイリッシュなフォルムがキープされるのもgoodです。ある程度入れてもカッコルックスが崩れることはありません。

特徴

スポンサーリンク

ガシガシ使える素材

外装に使われる素材は、型押しの牛革。
サラリとした触り心地。
カッチリとしたハリのある素材ですし、ボタンでカチッと留めるつくりのため、型崩れも起きにくそう。

微細な凹凸が交差する肌は、光を受けてコロコロと表情を変える。

オンオフ問わずに使える、大人の財布です。

タンニン革ではないので、色ツヤが変化するエイジングはほとんど起きません。
一方で、ポケットに突っ込んで汗が付いてしまう用途でも、ガシガシ使える。本作ではまだ試していないのだけど、同じ素材のハンモックウォレットコンパクトは、ポケットに突っ込んで沖縄などに持って行っています。

参考:ハンモックウォレットコンパクトの旅行での使いやすさ

エンボスによって、引っ掻いてもキズが付かないし。

水にだって強い。
タンニン革であれば、数秒で水が浸透してシミになってしまうのですが、ハンモックウォレットは濡れた1分後も水滴がついた状態。

水びたしにするのはNGでしょうけど。少し濡れたくらいなら、サッと拭けばいい。シミにもなりません。

タンニン革のような、色艶の変化(エイジング)を楽しむことはできないけれど。
その代わりに、新品のときの美しさを長く楽しめる革なのです。

カラーバリエーション

以下の2色がラインナップされています。

  • ネイビー
  • ブラック

どちらの表情も同じく型押し。カチッとした色合いでカッコいい。

「ハンモックウォレット」ではさまざまな革を使ったモデルがあるし、レディースモデルではパステルカラーで展開されています。今後、ハンモックウォレットプラスでも増えるかもしれませんね。

ハンモックウォレット プラスを取扱いサイトで見てみる

ハンモックウォレットプラスが合う人、合わない人

ハンモックウォレットプラスは以下の用途に最適です。

スポンサーリンク

ビジネスシーンに添える、美しい財布

型押レザーの端っこに目立たないようにあしらわれたブランドロゴ。目立つ装飾がないため、大人が持つにふさわしい財布です。お仕事でも十分に使えますね。

スポンサーリンク

人とかぶらない財布が欲しい

外側のカードスロット、ハンモック状の構造は本作だけのデザイン。カルトラーレが意匠を取っているため、他ブランドは真似することができません。極めてユニークな財布ですので、他の人とかぶることはないでしょう。

コンパクトで、そこそこ収納量できる財布が欲しい人

ほとんどの小さい財布はカード4〜5枚しか収納できません。
しかし本作なら6枚以上収納できる。それでいて、一般的な二つ折り財布よりも小さい。

より小さい財布がほしいならカード収納は少なくなりますが、ハンモックウォレットを選ぶと良いでしょう。同じような構造で、コインの使いやすさはバツグンです。


クセがあるから慣れる必要があります。デザインも奇抜ですから、オーソドックスな財布が気に入っている人には合わないと思います。

あとがき

ハンモックウォレットよりさらに使いやすくなった財布です。
スタイリッシュなフォルムからは想像できない、ユニークな使い方も本作の特徴ですね。人とかぶらない財布、それでいて使いやすい財布をお探しなら、本作は最適な一品です。

ハンモックウォレット プラスを取扱いサイトで見てみる

SNS/YouTube

Twitter, Instagram, YouTubeもやっています。フォロー、アンフォローお気軽に。


func_walletさんをフォロー