AGILITY ボヤージュのレビュー。パスポートやスマホも収納できる、大容量のL字ファスナー財布の使い勝手

日本の革ブランド、AGILITYからユニークな長財布がラインナップされています。
本日ご紹介する財布、『ボヤージュ』です。

特徴は以下のとおり。

  • カタチはL字ファスナー長財布
  • お札、コイン、カードをひとまとめにできる
  • スマホや手帳も入る、オールインワンの財布
  • さまざまな革でラインナップされている

本ページではボヤージュの使い勝手、特徴、メリット・デメリットについて分かりやすく解説します。参考にしてみてください。

スペック

ブランドAGILITY
商品名ボヤージュ
用途メイン
価格(税込み)6,480円
収納力★★★★☆
お札入れの数2
お札の枚数30
コインの枚数20〜30
カードの枚数15
寸法W180 × H110 × D20mm
重量114g
素材ロロマ

ボヤージュを取扱いサイトで見てみる

カタチ、構造

L字にあしらわれたファスナーでお金を収納する財布。いわゆる「L字ファスナー長財布」にカテゴライズされる一品です。

片手で持つのはチョットきつい。両手で持つサイズ感です。

一般的なL字ファスナー長財布に比べると、大きくて厚みがあります。

使われている革は「ロロマ」(詳細は後述)。
一枚革でぐるりと作られています。

片サイドにはカシメが打たれ、その上部に切れ込みがあります。

反対側(財布の内側)にDカンが隠れています。

Dカンを外に押し出してあげると、

表側に出てくる。

たとえば、ストラップなどを取り付けて、小さなショルダーバックとして使うことができる。財布を利用する「スタイル」を変えることができるわけです。

ウォレットループを付ければ、「落とさない財布」になる。旅行でも活躍しますね。

切れ込みやカシメがある見た目は、好みが分かれるデザインかもしれません。Dカンなどのパーツの分、厚みが生まれてしまいますし、そもそもストラップを取り付けないのであれば、機能的な意味はありません。

ファスナーの色はゴールド。ファスナーテープはブラック。金色の金具は高級感があっていいですね

信頼のYKK、スムーズに開閉できます。

中央に位置するポケットがコイン用。

このポケットが仕切りになって、両サイドがお札の収納スペースになります。

片サイドにはカードを収納するポケットが付いています。

さらに奥にも収納スペースがあります。

使い勝手

カード、お札、コインの使い勝手を解説しましょう。

カード

2種類のカードポケットが付いていて、合計15枚ほどのカードを収納できます。

縦に入れるカードポケット

カードを出し入れするときに、Dカンに当たるのは気になるかもしれません。ただ、Dカンはスムーズに稼働するため引っかかることはないですね。

触れるのが気になるなら、Dカンを外側に出せば接触しなくなる。ただし、外側の見た目が変わるし、ポコっと出た部分が接触するかもしれない。これを気にしないなら出してしまっても良いかもしれません。

ポケットにマチはないのだけど、幅が広いから5枚くらい重ねて入れることができます。

ポケットの高さがカードサイズとほぼ同じため、収納したカードがほぼ隠れてしまう。サッと親指でスライドさせて抜き出すことはできません。いったんカードを引っ張り出してから、選別する必要があります。

同じ構造のポケットが左右で並んでいます。よく使うカード/あまり使わないカードなど、収納分けができて便利です。

まとめて入れるポケット

仕切りのない、フリーポケットです。

カードより少しおおきなもの。たとえば、レシートや新幹線・飛行機のチケットも収納できます。カードなら5枚くらいは余裕で詰め込めます。

なお、このポケットよりは、縦スロットのカードポケットの方が使いやすいです。ポケットが高いため完全に隠れてしまう。

狙ったカードを取り出すのに手間がかかります。免許証のように、「持ち歩くけど使わないカード」を収納するスペースと考えた方がよいでしょう。 

スポンサーリンク

コイン

中央のファスナー付きポケットが、コイン収納スペース。

ポケットが少し浮いています。L字ファスナー財布では定番の構造です。

仕切りが左右に動きやすくなるため、お札が見やすく、出し入れしやすくなるわけです。

ただ、本作はコインポケットにファスナーが付いているため、コインを使うときに一手間かかる。力が逃げやすく、思ったように開け閉めできないことがあります。特に閉じるときは、しっかりと押さえないとファスナーが可動しません(ポケットが浮いてしまう)。

外側からガシッと掴むとファスナーをスムーズに開閉できるのですが、外側のファスナーに指が接触するため、あまり気持ちよくないですね。

さて、コインポケットの中です。

ポケットがガバッと大きく開くため、とても見やすいです。一般的なL字ファスナー財布のポケットでは、ここまでの見やすさはありえない。この見やすさと引き換えに、前述の「ファスナー操作」が増えるわけです。ここはトレードオフですね。

もちろん、取り出しやすいし、

入れやすい。

収納力もずば抜けていて、コイン20枚くらい余裕で入ります。

もっといける。30枚くらい入ります。
ただ、入れれれば入れるほど重くなるし、コインを選別しにくくなりますね。使いやすさと軽さをキープするなら20枚までに抑えた方がよいでしょう。

お札

コインポケットの左右に収納することができます。

コインの収納している量によって、お札の収納枚数は変わります。コイン20枚程度なら、お札は片面に15枚。合計30枚ほどのお札を収納できます。

左右で使い分けができて便利です。

  • 千円札と1万円札
  • 日本円と海外のお金

内装は床面が見えます。つまり一枚革で、裏張りはされていません。
床面のザラつきはほとんどないため、お札の出し入れで引っかかることはありません。

使い勝手のまとめ

本作の収納力は以下のとおり。

  • カード15枚
  • コイン20枚
  • お札30枚

一般的な「L字ファスナー長財布」や「かぶせ蓋の長財布」と比べて、たくさん収納できるお財布です。

特徴

スポンサーリンク

スマホもパスポートも入る、大きな財布

本作を見た人は、「大きい」と感じるはず。
一般的なL字ファスナー長財布と比べると、タテ・ヨコ・厚み、その全てが大きい。

大きなサイズは、「お金とカード以外のアイテム」を収納できるようにデザインしているから。

たとえば、銀行手帳やパスポートも入る。

スマホも入る。一般的なL字ファスナー長財布を大幅に上回る収納力を誇ります。

スポンサーリンク

Dカンを活用した使い方

外側にDカンを出すことが出来る。

ウォレットループを取り付ければ、スリの多いヨーロッパの旅行でも安心して使える財布になる。

Dカンは両端にあるから、長めのストラップを付けることで小さなカバンにもなりそうです。スマホも入りますし、オールインワンの財布(兼カバン)として使えるわけです。

スポンサーリンク

ロロマ

部位によって濃淡のある皮革です。

ブライドルレザーのブルームが薄まったような、粉を吹いたような表情です。使っていくと無くなっていくでしょう。

サラサラとした手触りのスムースレザーです。

手に馴染む、固すぎず、柔らかすぎずの質感。厚みは1mmほど。ブッテーロやブライドルレザーより柔らかく、ミネルバよりはハリがある革です。

ボヤージュは、異なる革でもラインナップされています。
それぞれ、色・質感が異なるので、好みで決めれば良いでしょう。

仕上げ

コバは断裁されたまま。

本作は1万円しない財布です。3万円以上の財布と同等の仕上げを求めるのは酷ですね。安くて上質な仕上げは存在しないのです。

あとがき

財布は小さいほど持ち歩くときに快適になる。しかし、携帯性と引き換えに、収納力と使いやすさを犠牲にすることになる。トレードオフなのです。

「どのようなスタイルで使うのか」によって最適な財布が決まる。

ボヤージュは、お金やカードをたくさん入れたい。さらに通帳やパスポート、スマホなどもひとまとめに管理したい。そんな人にフィットする財布といえます。

ボヤージュを取扱いサイトで見てみる

SNS/YouTube

Twitter, Instagram, YouTubeもやっています。フォロー、アンフォローお気軽に。


func_walletさんをフォロー