パーム シェルコードバンモデルのレビュー。コンパクトな財布に、ホーウィン社の素材は映えるのか

shell-cordovan-Palm-1

12/17まで。WILDSWANSの正規販売店COLLECTORS。2点購入で3,000円Offのキャンペーン中。限定カラー もラインナップされています。

12/28まで。WILDSWANSのカバンを取り扱うTORATOでは、Amazonギフト券での10%キャッシュバックキャンペーン中。詳細はこちら

WILDSWANSの財布で一番のお気に入り、「パーム」。
お札、コイン、カードをひとまとめにできる、コンパクトな財布です。

素材の異なるいくつかのラインナップがあるのですが、今回ご紹介するのはホーウィン社のシェルコードバンを使ったモデル。

定番のサドルプルアップモデルとの違いも含めて、鋭くご紹介していきます。

スポンサーリンク

使い勝手

パームの使い勝手については、すでにご紹介しています。こちらをご参照ください。

参考:WILDSWANS パームのレビュー

本日ご紹介する、シェルコードバンモデルは、機能もサイズも同じです。
定番のサドルプルアップモデル、フルグレインブライドルレザーモデルとの違いは、素材のみ。

WILDSWANSの意匠である、弧を描くデザインは、シェルコードバンモデルでも健在。
shell-cordovan-Palm-9

PALM(手のひら)と名付けられたコンパクトな財布は、その名のとおり手のひらにフィットします。どの角度で握っても、手馴染みがよいのは流石です。
shell-cordovan-Palm-11 shell-cordovan-Palm-10

取扱いサイトでパームを見てみる

特徴

シェルコードバン×パームの視点で、特徴を押さえてみましょう。

ホーウィン社 シェルコードバンを使用

本作の特徴は、やはり素材。ホーウィン社のシェルコードバンを使っていることにあります。
shell-cordovan-Palm-2

ホーウィン社のコードバンは、世界でもっとも人気のあるスムースレザー。迫力、気品、そして残念なことに価格もトップクラス。希少性もあいまって、革のダイアモンドと称される素材です。

実は、「コードバン」を作るタンナーは世界にいくつかあります。
中でも有名なのが、ホーウィン社と、新喜皮革のコードバンですね。

ホーウィン社のコードバンは、どちらかというと「ラフ」な仕上がり。新品の表情にも、小キズや毛穴、血管の跡が見えています。
shell-cordovan-Palm-3

ふつうに使っていると線維が寝ていき、油分でコーティングされるため、とろりとした光沢のある輝きが増していきます。毛穴などは少しずつ目立たなくなっていきます。

サドルプルアップとくらべてみると、こんな感じ。
shell-cordovan-Palm-8

サドルプルアップも、いわゆる「スムースレザー」です。コードバンと比べると、微細なシボがあるのが伝わるでしょうか。やはり、コードバンのスムースさはバツグンです。

美しい素材に、美しいプロポーションがよく映えます。
shell-cordovan-Palm-6

ホーウィン社のコードバンは、(新喜皮革のコードバンと比べて)オイルの浸透が多め。新品のときから、しっとりとした質感を味わえます。
shell-cordovan-Palm-4

正直なところ、パームより小さな財布も、使いやすい財布もたくさんあります。ただ、「最高級のコードバンのカタマリ感」を手のひらに収まるサイズで、ダイレクトに味わうことができるのは、パームだけなのです。

コードバンの艶やかさと、気品溢れる表情を楽しみたいなら、コードバンで仕立てられたパームは一考の価値ある一品でしょう。

シェルコードバン#2の色合い

ホーウィン社は、さまざまな色のコードバンをラインナップしています。そして、本作で採用されたカラーは、#2(ナンバーツー)
shell-cordovan-Palm-7

シェルコードバンで、よく目にするカラーは、ブラックと#8(ナンバーエイト)。
少し、違いを見てみましょう。

ブラック

#8

世界的に見ても、ブラックと#8がよく流通しています。

これには理由があります。

濃色の染料によって、ラフな表情を目立たないように仕上げることができるからです。安定して、同じ表情のコードバンを作ることができるため、生産しやすいんですね(結果、よく出回るカラーになる)。

さて、今回ご紹介している、シェルコードバンのカラーは、#2(ナンバー2)。
大変珍しいカラーです。#8よりも赤みがかっていて淡い色合いですから、小キズが目立ちやすいはず。この色に仕上げられる原皮は、厳選されているのかもしれません。
shell-cordovan-Palm-14

他のパームとの違い

コードバンのパームを礼賛ばかりするのは、フェアではありませんね。

他モデルとの違いにフォーカスして、パームの選び方に迫ってみましょう。

傷つきやすさ

コードバンに限らず、スムースレザーはキズが付きやすいです。

ガシガシ使うけれど、綺麗な状態でいてほしい。であれば、コードバンを選ばない方がよいでしょう(フルグレインブライドルレザーモデルをセレクトした方が、ずっと幸せになれます)。

耐水性

コードバンは水に弱いです。水分を吸い込むと「ブク」と呼ばれる、水ぶくれしたような状態になりやすい。

また、汗に含まれるアンモニアや塩分にも弱く、色落ちしやすい素材です。

コンパクトなパームは、ケツポケに最適なのですが、夏は避けたほうがよいでしょう。

価格

コードバンモデルは一番高価です。

また残念なことに、シェルコードバンのパームは、一般的には販売されていません。

では、いつ手に入れるのか?
年に2回、WILDSWANSの京都店、銀座店の開店記念日に合わせて周年イベントが開催されます。そのときにコードバンのパームがラインナップされるかもしれません。(確定ではないのですが、ここ数年を振り返ると毎回ラインナップされています)。

ラギットな表情と高級感

陶器のようなとろりとした質感、暗所でもギラリと光る表情。コードバンは否応なしに目立つ皮革です。そんな表情が好きなら、コードバンがNo1。代わりはありません。
shell-cordovan-Palm-13

あとがき

コードバンのパームは高価です。初めてのパーム、初めてのコードバンなら、あえてコードバンモデルをセレクトする必要はないでしょう。

私もまた、サドルプルアップ→フルグレインブライドルレザー→コードバン と、シフトしてきましたが、どのモデルも上質な革の魅力と、エイジングを楽しめます。

パームを本当に気に入ったときに、コードバンモデルをセレクトしても、きっと遅くないはずです。

取扱いサイトでパームを見てみる