ポーター タンカー 二つ折り財布のレビュー。10年以上愛用している旅行に最適な財布について

「ポーター」はさまざまな製品をラインナップしているのだけど、30代(40代もかな?)が「ポーター」で思い浮かぶシリーズの代表は「タンカー」だと思うんです。

本ページでご紹介する、「タンカー 二つ折財布」は10年以上前に購入した一品。普段は使わないようになってしまったのだけど、旅行のときに愛用しているお財布です。

ということで、本日は「旅行」を切り口に、ポーター タンカーの財布について解説します。

旅先は、沖縄県 石垣島と西表島。
一週間ほど利用してみましたので、機能性、メリットやデメリットなどに迫ります。

スペック

ブランドポーター
商品名タンカー 二つ折り財布
用途メイン
価格(税込み)6,800円
収納力★★★☆☆
お札入れの数2
お札の枚数15
コインの枚数20
カードの枚数8
寸法W105 x H120 x D19mm
重量60g
素材ナイロン

ポータータンカーを取扱いサイトで見てみる

旅行に最適な機能性がある

ポーターはさまざまなシリーズをラインナップしているのだけど、旅行に持っていくのはタンカーシリーズが最適だと思います。本章ではその理由を解説します。

財布を絶対に落とさない安心感

タンカーにはウォレットループを取り付けることができます。
「旅行の財布」でもっとも大切な機能のひとつです。

財布にはクレジットカードや免許証など「無くなると非常にマズイもの」が入っています。財布を落としたら旅行を中断して対処することになる。

ウォレットループを取り付けることができるから、財布を絶対に落とさない。「財布を落とすかもしれない」も気にする必用がない。旅先のアクテビティにだけ集中できるのです。

ちなみに、ウォレットループを取り付けるリングも極めて丈夫です。
ウォレットループに引っ張られるので、負荷がかかる部分なんですよね。

でも、ずっと使えています。流石にハゲてきたけど。

スポンサーリンク

水、キズに強い。15年経っても使い続けられる

タンカーシリーズで採用される素材は、ナイロン。
キュプラのような光沢があり、サラリとした触り心地で気持ち良い。「MAー1」の素材といえば、全世代に伝わるのかな。

革財布にある「ハリ感」というのは皆無で、ぐにゃりと曲がる素材です。

曲がっても、押しつぶされても元に戻る。ポケットの中に入れて歩き回っても、型崩れしない。革財布のように、カタチが変わってしまうことが無いのです。

キズにも強い。本ページのタンカーは、何年も酷使してきたのだけど、破れもない。流石にロゴの部分はスレてきちゃいましたが・・・。極めて丈夫な素材なんです。

気軽に使える

コードバンの財布やクロコの財布も愛用しているのだけど、旅行には持って行きません。

コードバンは落としたら確実にキズがつくし、水ジミが目立ちやすくて気を使う。
(※写真は、WILDSWANS クリッパー ホーウィンシェルコードバン

クロコはコードバンよりガシガシ使えるけど、高価すぎて旅先では使いにくい。無くしたときのショックが大きいし、日本以外では使いたくない。

でも、タンカーなら気軽に使える。

ビーチなどの水に濡れるリスクがあるところでも、気にせず使える。

水に濡れたっていい。汚れたっていい。後でジャブジャブと水洗いすればいいんだから。

ちなみに防水性は皆無で、水に濡れると数秒で浸透します。

革じゃないから、温度変化が激しい場所でも気軽に保管できる。

お値段も1万円しないのもGoodですね。高価な財布は気をつかいますし。

旅行での使い勝手

スポンサーリンク

収納力

極めて高いです。いっぱい入る。

ポケットがたくさんあるから、カードもたくさん入る。
クレジットカード2枚、免許証、Suicaなど、旅行に持って行きたい最小限のカードがしっかりと入る。

コインだって20枚くらい入る。

お札も15枚、レシート5枚で余裕。
札入れも2つに別れていて便利です。一万円札と千円札、日本円と外貨など分けて収納することができます。

札入れの一方にはマジックテープが付いています。

一万円札などの高額紙幣を収納しています。

ぐにゃりと曲がる素材だから、ある程度無理して収納することができます。

スポンサーリンク

使いやすさ

旅行しているとき、財布の中にはフェリーの帰り便のチケットだったり、あとで割り勘するためのレシートだったりと、「普段は財布に入れないもの」を入れておくことが多い。

では、そういったシーンにおいて、タンカーはどうかというと、まぁまぁです。

コインを使うときは、コインポケットだけ開けばいいので便利。

コインもお札も、カードも。使うときには財布を開かないといけない。

タンカーは、収納力と気軽に使える点において、ずば抜けてます。
だけど、使いやすさでは「旅行財布abrAsus」の方がいいかな。パッと開いてすぐに使える。

参考:旅行財布abrAsusのレビュー

スポンサーリンク

持ち歩きの快適さ

サイズ感は一般的な二つ折財布とあまり変わりません。片手で持てるけれど、いわゆる「小さい財布」と比べると大きい。

手ぶらで歩き回るには、ちょっと大きいのです。ケツポケはできるけど、前ポケットに入れるには快適じゃない。

歩き回るときの快適さを求めるなら、「ハンモックウォレットコンパクト」のような「小さい財布」の方が良いのだけど、ウォレットループを取り付けることができなかったりする。

使いやすさ、サイズ感、落とさないことはトレードオフで、今のところすべてを満足する財布は無さそうです。

あとがき

「タンカー 二つ折財布」を購入したのは学生時代。2002年ころだったと思う。5,000円を超える財布は高価だったし、田舎に住んでいた私にとって雑誌でだけ見ることができるポーターは憧れのブランドでした。今日、どこに住んでいてもネットで買えるけど、当時はヤフオクくらいしかなかったし、偽物もたくさん出回っていたのです。

手に入れたときは嬉しかった。学校でもずっと使っていたし、社会人になってからもしばらく使っていた。マジックテープや、ポーターのロゴなど、「大人の男性が使いたくない理由」がギッシリと詰まっているから普段は使わなくなってしまったのだけど。

15年以上経った今でも旅行で使ってます。「旅先で安心して、気軽にガシガシと使える財布」ってほとんどないんですよ。ポーターのタンカーは旅行に最適な財布だと思います。

ちなみに、今は新型が出てます。

SNS/YouTube

Twitter, Instagram, YouTubeもやっています。フォロー、アンフォローお気軽に。


func_walletさんをフォロー