Flathority Land Mini walletのレビュー。水染めコードバンを堪能できるコンパクトな二つ折り財布の使い勝手・特徴について

革工房Flathorityにオーダーしていた財布が届きました。本日は Landシリーズの『Mini wallet(FP-511)』をご紹介しましょう。

特徴は以下のとおり。

  • 縦型に開く二つ折り財布
  • 比較的コンパクト
  • Flathorityオリジナルの国産コードバンを使用
  • 内装はイタリアのオイルレザー、プエブロ
  • 色・ツヤが変化するエイジングを楽しめる
  • コバ、捻など丁寧に仕上げられている

本ページではMini walletの使い勝手、特徴、メリット・デメリットについて分かりやすく解説します。

スペック

ブランドFlathority
商品名Land MiniWallet
収納力★★★☆☆
お札入れの数1
お札の枚数10
コインの枚数15
カードの枚数4〜6
サイズW100×H79×D30mm
重さ78g
素材水染めコードバン × プエブロ

※定番の素材はプエブロ。本ページでご紹介するのはコードバンを使ったパターンオーダー品となります。機能的なスペックは定番と同じです。

カタチ、構造

二つ折りタイプのお財布。オーソドックスな二つ折り財布よりも少し小さい。

素材が特別。Flathorityが日本のコードバンタンナーと共同開発したオリジナルのコードバンです(詳細は後述)。

内装はプエブロ。イタリアのオイルレザー(後述)。

コードバンのハリ・コシが強い。

財布が開いてしまう。これは革マニアにはたまらないと思います。使い込んでいくとパタンと閉じるようになるでしょう。

ボタンなどで留める構造ではありません。そのまま、縦に開きます。中はこんな感じ。

下部にコインポケット。

上部にカードポケット。

コインポケットの背面にもカードを収納できます。

右側にお札を収納するスペースがあります。

ボリュームがあるんですけど、財布のカチッと感は控えめ。似た形の財布として、WILDSWANSのパームやG.E.Walletがあるんですけど、比べると柔らかいです。しっかりとしたハリ・革のカタマリ感を求めるなら、Landシリーズは合わないと思います。

タグは型押しで目立ちません。シンプルで好きです。1952年からの老舗工房です。

使い勝手

カード、お札、コインの使い勝手を解説しましょう。

カード

4つのポケットがついています。プラスチックのカードなら4枚。加えて薄いカードなら1〜2枚くらい。4〜6枚くらい入ります。

上段の3つのポケット。新品のときはテンションが強くて1枚ずつしか入らないです。馴染んでくると2枚入るかもしれませんが、カードを選別する手間がかかりますし。ポケットが伸びてしまう。伸びたポケットは戻りません。カッチリとテンションをキープしたいなら、1枚がおすすめ。

少し顔を出すように収まります。Land Mini Walletは縦に開きます。財布を持って、上部にカードスロットが並ぶ。ここに3つのポケットがあります。つまり、こちらのカードは上から下に引き抜くことで取り出すことになります。ポケットに負担がかかるし、ちょっと不自然。

横にして出すか、逆さにしたほうが出し入れしやすい。

ちなみにコインポケットはボタンで閉まっているのでコインが落ちることはないです。コインもこちらの向きでも使いやすい。ただ、お札ポケットが左になるので、右利きの人にとっては使いにくい。

2スロットは出し入れしやすいです。よく使うカードはここに入れると快適です。しかし、中央に近いポケットは出し入れがしにくいです。カードが奥まで入り込むように設計されているから出ししにくい。また、屈曲する部位に近いので、カードが革に当たりやすい。免許証や保険証など、あまり出し入れしないカードを入れておくと良いでしょう。

コインポケットの背面にもポケットがあります。カードを下から上に引き出すカタチになるので、自然に取り出すことができる。

ただし、ポケットに収納すると完全にカードが隠れてしまう。こちらも「よく出し入れするカード」は向かないでしょう。Suicaなどを入れるのがよいですね。磁気予防カードを入れれば、他のカードと干渉せずにタッチ決済できます。

コイン

フラップを開きましょう。

ホックはHASIHATO製です。ゴールドは高級感があって好きです。

プエブロは柔らかいオイルレザーのため、フラップの裏面にも革が当てられています。耐久性がますし、フラップを開くときにしっかりとしたハリが出て操作しやすくなる。もちろん、美観に優れます。

プエブロのやわらかさ、しなやかさを活かした丸みのあるフォルム。使い込んでいくとペタンとスリムになっていくでしょう。

両サイドが折込マチになっていて、手前に開きます。

入れやすい。

ポケットの幅が短いので、手が大きな男性だと少し取りにくいかも。

言い換えるとたくさんのコインを持ち歩きたいなら、長財布を選んだ方が良いです。ちなみに、Flatorityはコードバンの長財布もラインナップしています。こちらはオーソドックスなラウンドファスナーです。

収納量のMaxは15枚くらい。

これ以上入れるとホックが締めにくくなります。

お札

右側に差し込むタイプ。内装は、手前がプエブロの裏面。こちらは裏面が処理されているため、毛羽立ちも少ないです。とはいえ革の表面と比べると多少のザラつきはあります。

奥手はコードバンの裏面。コードバンは裏面もスムースです。

内装には革の表面を使ったほうが、お札の出し入れするときに摩擦が起きにくく快適です。本作は裏面が使われていますが、上述のとおりスムースな肌目ですので、引っ掛かりがおきにくい。

それと、上下に少し切り込みが入ってるんですよね。だからお札がギュッと押さえつけらないし、出し入れするときに多少傾いてても良い。よく考えられています。

ただし、出し入れしやすいとは言えません。1万円札ギリギリのコンパクトなサイズだからです。

1万円札は入れにくい。WILDSWANSのパームを持っている人は、同じような使い勝手だとお考えください。お札が増えるほどスムーズに出し入れできなくなるのですが、ここは使い込むと多少改善されるかもしれません。

収納できる枚数は、10枚が最大ですね。

最大収納時の使い勝手

カード4枚、お札10枚、コイン15枚を収納してみました。本体はコンパクトですが、パツパツな感じ。

コードバンのハリも相まって、開いちゃいます。ここは使い込んでいくと閉まるようになるでしょう。

特徴

宮内産業 × Flathorityの水染めオイルコードバン

本作のコードバンは特別です。Flarhotiryでしか使われてないもの。なぜなら、宮内産業さんとFlarhorityが共同開発したものだからです。

いくつかのカラーがラインナップされていましたが、ブルーをセレクトしました。革は写真と本物では大体違って見えるので届くまでドキドキでしたが、本作はビビッドなブルー。新喜皮革社のオイルコードバンのブルー、ホーウィン社のネイビーと比べるとかなり淡い色。

毛穴は結構目立ちますね。

薄っすらとスレもある。「水染め」と名付けられれているのは、染料で染色した薄化粧だからでしょう。革本来のキズ・シワがある個体もあるはずです。

折り曲げる部位は、色が淡く変化していますね。

透明感があり、光すぎない表情。個体差もあるのかな。

色・ツヤが変化するコードバンといえます。

ちなみに、他のコードバン同様、キズはつきやすいです。使い込むことでキズが目立たなくなるかもしれない。ガシガシ使ってエイジングを楽しみたいと思います。

内装はプエブロ

Landシリーズで使われるレザーはプエブロ。イタリアのタンナー、バダラッシカルロ社のオイルレザーです。ミネルバ・リスシオを手摺りでけばた出せたものです。

繊維が乱舞する極めて個性の強い革です。手触りもユニーク。和紙のような手触りでサラリとしている。

ペトローリオという色。青と緑がミックスしたような独特の色合いです。ちなみにミネルバのオルテンシアとも色味が違って見えるんですよね。

こちらも、色・ツヤがぐっと深くなります。

仕上げ

丸みを活かしたデザイン

丸みがあるデザインは柔らかさを生む。高級感も出ますし財布の耐久性も増します。

細部にRが活かされていますね。機能的な付加価値はないのかもしれませんが、高級感が出て良いですね。

コバ

Landの価格帯では、かなり美しい仕上げだと思います。

革を重ねた部分は、フチが丸みを帯びるように磨かれています。内装は染料が使われていないみたい。プエブロの上質さがわかります。

外装は黒い染料ですね。

ステッチ

革の色と同色のステッチ。

丸みを帯びた部位もきれいに縫われています。

コードバンはキズが付きやすいのですが、ミシンのあとがあまり目立たないですね。

捻(ねん)

革のフチとステッチの間にラインが引かれています。これを捻(ねん)といいます。圧力をかけることで光って見える。アクセントになって、高級感が増します。

あとがき

Land mini walletはコンパクトすぎないサイズで、お札やカードなどを収納できるお財布です。価格もリーズナブル。エイジングも楽しめるので、初めての革財布としてもオススメです。