日本の上質な二つ折り財布のまとめ。間違いの無い選び方と、大人にふさわしいブランドの紹介

12171704_549138f9a0620

二つ折り財布は、30年以上ずっと愛用されている伝統的な財布です。

財布の定番ですから、ほぼ全てのブランドから販売されています。
1つのブランドを見ても、二つ折り財布のラインナップは豊富です(10以上の二つ折り財布が用意されていたりします)。
選ぶ楽しみがある一方で、ベストなものをセレクトするのが、もっとも難しい財布かもしれません。

そこで、本ページでは、2つのことをご紹介します。

1つ目は、「間違いのない二つ折り財布」の選びたかについて。
二つ折り財布の特徴や、後悔しないためのチェックポイントなどを押さえることで、お気に入を見つけられるようになるはずです。

2つ目は、二つ折り財布を作る、日本ブランドをピックアップしてご紹介します。
条件は以下のとおり。

  • 日本人のためにデザインされていること
  • 大人が満足する、上質な仕立てであること
  • どこで出しても恥ずかしくない、高級感あるルックス
  • エイジングを楽しめる、上質な革で作られていること

一言でいうと、「上質な二つ折り財布」を作るブランドを厳選しました。

ですから、申し訳ないのですが、お値段はすべて1万円を超えています。
(上質な財布とは、最高ランクの素材を、時間をかけて仕立てることで出来上がるものです。安価な財布は、量産できるからこそ。品質もそれなりです。)

オーソドックスな二つ折り財布だからこそ、自慢できる逸品をセレクトしたい。そうお考えなら、きっと満足できる二つ折り財布が見つかるはずです。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

二つ折り財布の特徴

最近では、「L字ファスナー」や「小さな財布」といった、新しい財布のカタチが生まれています。そんな中、今日も二つ折り財布が愛用され続けるのは、他のタイプに無いメリットがあるからです。

一言でいうと「コンパクトで取り回しがよく、使い勝手がバツグンだから」でしょう。

さて、ここでは、二つ折り財布の特徴、メリット・デメリットについて、ご紹介します。
あなたのスタイルにピタリとハマるかチェックしてみましょう。

二つ折り財布のメリット

使いやすいこと

二つ折り財布の最大の特徴は、コンパクトなボディ。
手に収まるサイズだからこそ、片手でしっかりと掴むことができるわけです。その取り回しの良さはダントツです。
JOGGO 二つ折り財布 カードポケット4

使いやすさの点でも優れています。
財布を留めるものが何も無いため、「財布を開く」1アクションで、お金やカードが使えるんですね。
JOGGO 二つ折り財布 内装

一方、ラウンドファスナー財布を使うときには、ファスナーを開閉しなくてはいけません(ファスナーによる「安心感」がありますが、1アクション余計に必要なのです)。
cocomei-overthewallet-dsc04535

二つ折り財布は、あらゆる財布の中で、使い勝手がバツグンに良いのです。

ヒップポケットもOK。バツグンの携帯性

小さなボディですから、ヒップポケットにもスッキリと収納できます。
(長財布だと、財布がポケットから出てしまいますから、見た目がよろしくありませんし、落としそうで怖いです。)

カバンを持たない、手ぶらで出かけたい人なら、二つ折り財布をセレクトした方が、ダンゼン快適です。(ジャケットの内ポケットに入れるなら、スリムな長財布もおすすめです。)

ちなみに、個人的には、二つ折り財布をヒップポケットに入れるのはおすすめしません。財布に負担がかかり、型くずれしてしまうからです。
とはいえ、ジャケットを着ない夏には、財布を何処にしまうのか?といえば、ヒップポケットがダンゼン楽ですから仕方ないですよね。

夏は二つ折りを。
それ以外の季節には長財布を。といった使い分けをするのもオススメです。

二つ折り財布の・デメリット

メリットだけをご紹介するのは、フェアじゃありませんよね。
二つ折り財布の短所も押さえてみましょう。

お札に折り目がつく

財布を折りたたむため、どうしてもお札には折り目がついてしまいます。お札を曲げるのが嫌なら二つ折り財布はふさわしくありません。

個人的にまったく気にならないのですが、気になる人は気になるポイントですね。

収納力は長財布に負ける

収納力は長財布には及びません。

例えばお札。
折り曲げたお札は、真っ直ぐな姿に戻ろうとしますから、たくさんのお札は収納できないんですね。
banknote-1396351_960_720

快適に持ち歩くなら、15枚ほどがベストです。
ほとんどのものは、20枚以上になると、財布が勝手に開いてしまいます。

とはいえ、持ち歩くお金が10万円以下で、千円札や5千円札をちゃんと使うなら、15枚で十分です。(10万円以上の現金を持ち歩く人は、長財布の方が良いとでしょう。)

また、(モノによって多少の違いはありますが、)収納できるカードは7枚ほどとお考えください。
コンパクトなボディにしまうため、どうしてもカードを重ねる構造になってしまいます。長財布のように段状に収納できないので、カードの枚数分、財布が分厚くなるのです。
カードが少ない方が、コンパクトに、かつ使いやすく感じるはずです。


これらのデメリットから言えることを、まとめてみましょう。

もっとたくさんのお金やカードをひとまとめにしたいなら、二つ折り財布はあなたのスタイルに合わないのです。長財布をセレクトした方が幸せになれるはずです。

もう少し多く入れたいなら、かぶせ蓋タイプの長財布。またはL字ファスナー長財布を。
もっとたくさん入れたいなら、ラウンドファスナー財布をセレクトした方が、ずっと快適に感じるはずです。

二つ折り財布と長財布。どっちがいいのか?

少し前に、「稼ぐ人はなぜ長財布を使うのか?」という本が、売れに売れました。
キャッチーなフレーズに惹かれて読んでみたのですが、まったく受け入れられませんでした。

例えば、こんな感じ。

お札を丁寧に扱えば、お金が入ってくる。財布はお金を受け入れるホテルのようなもの。だからこお札を折り曲げる「二つ折り財布」ではお金が逃げていく。

個人的には、まるで妄想だなと感じました。

この本だけではなく、「大人になった長財布を持つべき」という人もいますよね。

正直、とてももったいない考えだなと思うのです。

私の考えは、こうです。

財布は、使う人にとっての「使い勝手」が何よりも大切。
利用シーンや、財布をどう見せたいか、どう見られたいかなど、あなたのスタイルにあったものをセレクトするのがベストである。

他の誰がなんと言おうと、あなたのスタイルに二つ折り財布が合うなら、二つ折り財布が最良の選択だと思います。

二つ折り財布の選び方

後悔しないよう、あなたのスタイルに合う、二つ折り財布をセレクトしましょう。

そのための、チェックポイントのキモを押さえておきましょう。

革でセレクトする

ぜひ革財布にしましょう。
大切に扱えば3年以上は余裕で使えるからです。

逆におすすめできないのがフェイクレザーです。素材のポリウレタンが劣化し、数年で表面がボロボロになってしまうので、おすすめできません。

色でセレクトする

たくさんのカラーがあります。

個人的には、お気に入りのカラーでセレクトするのが一番だと思うのですが、シーンに応じたカラーの選び方をいくつかご紹介します。

ビジネスシーンに添えるならダークカラーを

ブラックやブラウンなどのカラーは、定番です。

面白みに欠けるな、と思うかもしれませんが、色の濃い財布は、キリッと引き締まった雰囲気を出すことができます。凛とした表情はカッコよくて、スーツに添えるにはふさわしいカラーです。

dsc06083

ダークカラーは、エイジングによる色の変化は控えめですが、ツヤはしっかりと出てきます。

ビジネスカジュアルが許されるなら、お好きなカラーを

12171704_549138f9a0620

おかたい職業でなければ、ある程度のファッションは許されるでしょう。
毎日持ち歩いて使うものですから、基本的には「自分が好きな色」でセレクトするのが一番だと思います。

きれいに使いたいなら、ヌメ革はセレクトしない

ヌメ革とは、色を付けていない革のことです。
これですね。
パーム 手に持ったサイズ

最初はとんでもなく美しいですし、エイジングが進んだ「アメ色」もアジがあってたまりません。
ただし、その変化には時間がかかりますし、使い始めはやっぱり汚れが気になっちゃうと思います。

平たく言うと、汚れが目立つんですね。

きれいなルックスを保ちたいなら、色の付いたものをセレクトしましょう。そもそも汚れが目立たないので、キレイな表情をずっと楽しめます。

「均一な色あい」をキレイだと思う人は、ヌメ革ではなくて、色の付いた革をセレクトした方が幸せになれると思います。(念のために言っておきますが、ヌメ革は素晴らしいと思います。エイジングによる色の変化なら、ヌメ革がNo1なのです。)

機能でセレクトする

二つ折り財布の機能について、チェックポイントは2つあります。

お札を分けて入れたいか?

グラウンダー お札を入れた様子

札入れに仕切りがあると、お札を分けて入れることができます。

  • 千円札と一万円札
  • お札と商品券
  • 日本円と外国のお金

仕切りがあるとダンゼン使い勝手がよくなります。

デメリットとしては、仕切りの分、財布が厚くなること。
お札が増えないように、整理整頓する自信があれば、あえて仕切り無しをセレクトするのも良い選択だと思います。

カードを分けて収納したいか?

グラウンダー カードポケット

どの二つ折り財布でも、段状のカードポケットが付いています。もっとも取り出しやすいカードポケットです。

財布によって違いはありますが、ほとんどのものは3〜4枚分けて収納できるポケットです。

続いてこちら。
グラウンダー カードポケット2

段状のカードポケットの裏にあるポケット。
カードを重ねて入れることになります。これは財布によっては無かったりするので、注意してください。

持ち歩きたいけれど、普段は使わないカード。例えば、サブのクレジットカードや免許証を入れるのに最適なスペースです。

財布によって使い勝手も違います。
たとえば、こちらはスリットに差し込むつくりですね。
JOGGO 二つ折り財布 カードポケット2

ここまでの2つのポケットは、ほとんどの二つ折り財布についています。

さらに増えるとこちら。
dsc04955

小銭入れの後ろに収納できるものもあります。

さて、ポケットがたくさんあるほど、収納分けができて便利なのですが、デメリットもあります。こんな感じですね。

  • 財布のつくりが複雑になるため、高価になりがちだ
  • 革の重なりが増えるため、厚みが生まれやすい
  • 何枚もカードを入れてしまって、型崩れを引き起こしてしまう

あなたが持ち歩きたいカードは何枚でしょうか?
どれだけ収納を分けたいでしょうか?

3つ以上に分けたいのなら、ポケットがどのように付いているのかをチェックしてみましょう。


こういった使いやすさのキホンを抑えているのも、日本人がデザインした財布の醍醐味です。

ちなみに、海外の財布を選ぶと「クオカード」などが収納できないこともありますから、ご要注意ください。

日本の上質な二つ折り財布

ざっくばらんに紹介しても迷ってしまうはずです。
そこで、各ブランドの特徴を交えながらな、二つ折り財布を紹介していきます。

YUHKU(ユハク)

12171704_549138f9a0620

価格帯 2万円台〜6万円台
素材 牛革(カーフ、イタリアンレザー)
コードバン

YUHAKUの真髄は、その美しい色合いにあります。

この美しいカラーは、YUHAKUの職人が、色の付いていない革(ヌメ革)に、ハンドメイドで染色をほどこしたもの。色合いの異なる、いくつもの染料を重ねることで、奥行きのある透明感が表現できるわけです。

(ちなみに、ほぼすべてのブランドは、入荷した革をそのまま使います。YUHAKUのように自社で染色することはありません。)

財布はファッションとしても大事な意味を持つはずです。
特に男性にとっては、ビジネスシーンで許される数少ないアイテムの1つです。YUHAKUの美しいグラデーションは、使う本人だけでなく、その財布を見る人も楽しませてくれる逸品です。

YUHAKUのアイテムは、革の種類や、染色の方法などによってシリーズ分けされています。各シリーズで、二つ折り財布がラインナップされていますから、決めきれないかもしれません。
そんなときは、ぜひこちらをご覧ください。各シリーズの特徴を、良いところも悪いところも含めて、ありのままにご紹介しています。
参考:YUHAKUの財布。シリーズごとの特徴について

YUHAKUは私の好きなブランドの1つで、実際にいくつか購入しています。

個人的に一番キレイだと思うのが、ベラトゥーラシリーズ。ハッキリとした濃淡が楽しめます。12171703_549138ef17b01

ベラトゥーラのレビューもしています。公式サイトよりも分かりやすく、写真を掲載しています。その美しい色合いを、ぜひ参考にしてみてください。

参考:YUHAKUベラトゥーラ長財布のレビュー

一方、全体的に靄がかったフォスキーアは、優しい印象ですね。
foschia-ori

参考:フォスキーア ラウンドファスナー財布のレビュー

YUHAKUは10種類以上の二つ折り財布をラインナップしていて、どれもユニークで美しい仕上がりです。公式サイトはまるで美術館のよう。一度訪れてみてはいかがでしょうか。

YUHAKUの二つ折り財布を見てみる

AYAME ANTICO(アヤメアンティーコ)

pic_01

価格帯 2万円台
素材 牛革(ミネルバ)

素材の美しさを活かした二つ折り財布をセレクトするなら、アヤメアンティーコは押さえておきたいブランドです。

アヤメアンティーコが使う革は、2種類のみ。

  • スムースな表情のミネルバリスシオ。
  • 自然なシボ感が特徴のミネルバボックス。

どちらもイタリアの老舗タンナー、バダラッシカルロ社の名革で、風合いや透明感のある色合いの美しさに定評があります。

ぐんぐんと進むエイジングも、ミネルバの醍醐味です。
正直言うと、タンニンなめしの革ならどんなものでも、色やツヤの変化を楽しむことができます。そういった中で、ミネルバが特別なのは、変化するスピードが早く、ガラリと様相を変えるところにあります。

こちらはミッレフォッリエという財布で、ミネルバリスシオで仕立てられたものです。劇的な変化が見てとれます。変化の度合いで言えば、あらゆる皮革の中でNo1です。

napoli_aging2

使い込むことで、マットな質感はツヤを帯び、光沢が増してきます。
この美しいBlueはアヤメアンティーコの特注とのこと。どのように変化するのか、とても楽しみな逸品です。
pic_04

アヤメアンティーコの二つ折り財布を見てみる

ココマイスター

cocomei-mattone3

価格帯 2万円台〜7万円台
素材 牛革(カーフ、クリスペルカーフ、ミネルバ、ブライドルレザー)
コードバン(国産コードバン、ホーウィンコードバン)

ココマイスターの特徴は、世界の著名な革だけを使っていること。

最高級のブライドルレザー、米ホーウィン社のシェルコードバン、etc…。
あげるとキリが無いのですが、どれも最高クラスの革ばかりです。(そのため、他のブランドと比べると高めの価格帯です)

革の種類ごとにシリーズ化されていて、二つ折り財布は必ずラインナップされています。お気に入りの革でセレクトしやすいかなと思います。

どの革も、表情、風合い、カラーなどが違いますから悩んでしまうかもしれません。

そこで、2つの切り口で、オススメを紹介してみます。

柔らかな風合いと手触り、エイジングを楽しみたい方にオススメしたいのが、マットーネマルティーニシリーズ。
45014404-05_5b

イタリアの名革、ミネルバを使ったシリーズです。柔らかく、手に吸いつくような質感が心地よく、グングンと進むエイジングが魅力です。

一方、かっちりとした固めの革がお好きな方はブライドルレザーを使った、ロンドンブライドルシリーズ
cocomei-bridlemix3

ブライドルレザーは、馬具の素材として利用されるだけあって、硬さとハリのあるレザーです。
カッチリとした表情が、実直さ、力強さをアピールしてくれますから、ビジネスシーンに添えるのにふさわしい皮革だと思います。

正直言うと、ブライドルレザーを使った財布は、たくさんのブランドが出しています。そういった中で、ココマイスターのロンドンブライドルの特徴は、内装にミネルバを使っていること。外と内で異なる革、異なるカラーで仕立てた逸品で、美しいコントラストが特徴です。

どちらも特徴があって、面白い革です。未体験の方にこそ手にとって欲しい革です。

繰り返しになりますが、ココマイスターの革はどれも最高級のものです。あなたのお気に入りでセレクトするのが一番です。どれを選んでも、きっと満足できるはずです。

ココマイスターの二つ折り財布を見てみる

土屋鞄

スクリーンショット 2017-03-15 19.48.40

価格帯 2万円台〜4万円台
素材 牛革(カーフ、イタリアンレザー、ブライドルレザー)
水牛

言わずと知れた、日本が誇る革工房ですね。
ランドセルがあまりにも有名ですが、二つ折り財布もしっかりとラインナップされています。

土屋鞄のすごいところは、新たな開発を財布作りにも取り組んでいるところです。

個人的に「老舗」、「伝統」を大切にするあまり、ありきたりな財布を作るブランドは好きになれません。土屋鞄は日本でも1位2位を争うほどに老舗かつ大手の工房なのですが、毎年新しい財布をラインナップしているわけです。

例えば写真の財布は、水牛の革を使った「アルマスシリーズ」の二つ折り財布。自然なシボが表現する存在感と高級感はバツグンです。(個人的にもバッファローのトートバックを愛用しています。)。実はこれ、土屋鞄のオリジナルレザー。普通、工房は革を入荷して財布を仕立てるだけなので、自分たちで革を作ることはありません。自分たちが納得するアイテムを、革作りからスタートできるのも、大手の土屋鞄ならではです。

モノづくりへの挑戦は、アイテムのユニークさを見ても分かります。
例えばこちらはコンパクトな財布。

スクリーンショット 2017-03-15 20.00.51

一般的な二つ折り財布よりも一回り小さく仕上げられた逸品です。ヒップポケットにも違和感なく収納できる、散歩に最適な相棒ですね。

新しい財布を開発し続けているからこそ、多くのファンを魅了し続けるのかもしれません。

土屋鞄の二つ折り財布を見てみる

キプリス

スクリーンショット 2017-03-13 18.44.31

価格帯 2万円台〜7万円台
素材 牛革(キップ、カーフ、クリスペルカーフ、ルガトショルダー、ブライドルレザー)
コードバン(国産コードバン、ホーウィンコードバン)
リザード、カイマン、クロコ

ビジネスシーンに添える、オーソドックな二つ折り財布をセレクトするなら、キプリスは外せないブランドです。

キプリスは、もっとも規模の大きな、日本の革工房です。
ですから、ラインナップの豊富さでは、日本No1です(「革財布」に限定するなら、世界でもNo1ではないでしょうか。)
バリエーションの豊富さにおいて、他に並ぶブランドはありません。お好みの革とカラーでセレクトできる自由度の高さは、キプリスだけの醍醐味です。ちなみに、二つ折り財布だけで60種類ほどあります…。

革ごとに、シリーズが別れていて、お値段もピンきり。ちなみに、もっとも高価なお品がクロコを使ったものです。

二つ折り財布はどれもオーソドックスですから、機能的にはほとんど同じです。

どれか1つをセレクトするなら、オイルシェルコードバンモデルはいかがでしょうか。
スクリーンショット 2017-03-13 18.53.43

国産コードバンを内装にも使った、贅沢なつくりなのですが、他のブランドよりも価格が抑えられています。大きな工房だからこそできる、コストパフォーマンスの高い逸品です。

キプリスの二つ折り財布を見てみる

aniay(アニアリ)

11-20000_slate_main

価格帯 1万円台〜3万円台
素材 牛革(キップ、ステア)
リザード

aniaryは20〜30代に人気の高い、日本のレザーブランド。
モダンなデザインの二つ折り財布なら、aniaryからセレクトするのがおすすめです。

aniaryが独自開発したレザーを使ったアイテムは、独特の風合いが魅力です。ムラ感のある表情が、アンティークな雰囲気を表現しています。このユニークな表情もaniaryの醍醐味です。

カラーも豊富ですから、お気に入りが見つかるのではないでしょうか。
11-20000_v06_main

機能性もバツグンです。
パット見はありきたりな二つ折り財布に見えるかもしれませんが、実はボックス型のコインケースを搭載しています。折込マチのコインケースと比べて、コインの視認性、取り出しやすがバツグンに高いのです。11-20000_v05_main

使いやすさにもモダンなスタイルを取り入れているわけです。これこそがainiaryのオリジナリティでしょう。

少し変わった二つ折り財布をお探しの方に、ぜひチェックしてみてほしいブランドです。

aniaryの二つ折り財布を見てみる

WILDSWANS(ワイルドスワンズ)

WILDSWANS グラウンダー

価格帯 3万円台〜5万円台
素材 牛革(サドルプルアップ、フルグレインブライドルレザー)

WILDSWANSの二つ折り財布でダンゼンオススメしたいのが、GROUNDER(グラウンダー)。私も2年ほど愛用しています。

ここでは、WILDSWANSの特徴を2つピックアップしてご紹介します。

1つ目は丁寧な仕上げ。
「日本製の二つ折り財布」なら、どれも上質であたりまえです。
どのブランドも、日本人が満足できるポイントはどこなのかと、差別化を図り、そこに特化した財布をラインナップしているわけです。

そういった中で、WILDSWANSの財布は、コバの美しさにおいてNo1です。グラウンダー コバ2

これはグラウンダーだけでなく、すべてのアイテムに言えることなのですが、コバが輝くように美しいのです。
kf-003 コバ
財布は、革を何枚も重ねて、ステッチして作られてます。その端には、何らかの処理をしなくてはいけません。(何も処理されていないのが、「切りっぱなし」の状態ですね。)

この革の端の処理を「コバ仕上げ」と言います。
財布の耐久性と美しさを決めるキモなのですが、WILDSWANSのアイテムは、コバの仕上げが世界一美しいと思います。

革を削って、磨いて。時間をおいて、また削って。
これを繰り返すことで、まるで一枚革のように見えるコバに仕上げられています。
パーム コバの美しさ

コバはいつも手に触れるパーツです。わずかに丸みを帯びたコバは、角が立っていません。ギュッと握っても痛くありませんし、手当たりが優しいのです。使っていて気持ち良いポイントなんですね。

さて、2つ目は、10年以上使える財布だということ。(公式サイトでは、なんと18年もののグラウンダーが公開されています。)

このロングライフを実現しているのが、WILDSWANSが得意とする革、サドルプルアップです。
もとは馬具に使われていた革です。過酷な環境において、100年以上にわたって使われてきた実績ある皮革です。今日でもその堅牢さにおいて世界トップレベルです。

また、美しいエイジングも醍醐味です。
最初はマットな質感ですが、使うほどにツヤ感が生まれギラリとした光沢に変わっていきます。とても高級な財布に見えるのも嬉しいポイントかもしれませんね(実際、高価なのですが…)

WILDSWANSの嬉しいサービスは、買った後でも体験できます。公式のエイジングサポートを受けられるんですね。
二つ折り財布に限らず、WILDSWANSのすべてのアイテムを、革のプロがメンテナンスしてくれます。なんと、修理が必要ないメンテンナンスは無料です。

東京か京都の店舗に、ぜひ行ってみてください。私も何度もお世話になっています。
清掃、オイルメンテ、コバ磨きなどをしていただいています。ちなみに、郵送でもOKですから、遠方の方も問題ありません。


厚みのあるボディですから、「スリムな二つ折り財布」をお探しなら、他ブランドのものをセレクトした方が幸せになれると思います。

ただ、厚みがあるからこそ丈夫なわけです。1年ほどケツポケで使っていたグラウンダーは、机の上に立つほどのハリ感が残っています。

dsc06086

一見すると面白みの無い二つ折り財布に見えるかもしれませんが、多くの人から選ばれ続けるからこそ、10年以上販売が続いているのです。

無骨で丈夫。10年使いたい。
そう思う方にとっては、グラウンダーは最高の相棒になるはずです。

参考:WILDSWANSグラウンダーのレビュー
参考:WILDSWANSの財布のまとめ

WILDSWANSの二つ折り財布を見てみる

あとがき

人によって趣味嗜好はバラバラでしょうから、「これが一番いい」なんてことは言えません。

そこで、本ページでは「30代の大人も満足できる」を切り口にしてピックアップしました。

私は革財布が好きな、30代の男性です。たくさんの革財布を購入し、当サイトで紹介してきました(たぶん、これからも増えるでしょう)。

そんな私が、これはスゴイなと思ったブランドだけを厳選し、紹介させていただきました。
すべて、実際に手に取って、革の質や風合い、財布の仕立てが美しいと思った二つ折り財布です。

どのアイテムも最高の素材を使って、最高の技術で仕立てられた逸品です。
あなたのスタイルに合うのなら、どれをセレクトしても満足できるはずです。