CORBO. face Bridle Leatherシリーズ G.E.Walletsのレビュー。ブライドルレザーを使ったスマートウォレットの使い勝手、特徴について

日本のレザーブランド、CORBO.(コルボ)の財布を購入しました。

『G.E.Wallets face- Bridle Leather』をご紹介しましょう。

特徴は以下のとおり。

  • コンパクトな二つ折り財布
  • カード、お札、コインを収納できる
  • 外装はイギリスのブライドルレザー
  • 内装はイタリアのミネルバリスシオ
  • 革の表面だけが見える、上質な財布
  • メイドインジャパン。細部の美しい仕上げ

本ページではG.E.Walletsの使い勝手、特徴、メリット・デメリットについて、わかりやすく解説します。参考にしてみてください。

スペック

ブランドCORBO.(コルボ)
商品名face -Bridle Leather- G.E.Wallets
用途メイン
収納力★★★☆☆
お札入れの数1
お札の枚数10
コインの枚数15
カードの枚数6
寸法W100 × H90 × D30mm
重量115g
素材ブライドルレザー、ミネルバ・リスシオ

動画

使い勝手、サイズ感、重さ、ブライドルレザーの質感とエイジング。細部の仕上げなどを解説しています。

カタチ、構造

G.E.Walletsは「二つ折り財布」にカテゴライズされる財布です。一般的な二つ折り財布より、少しコンパクト。片手で持てるサイズ感。

横100mm、縦90mm。ほぼ正方形です。

G.E.Walletsは、「カード、お札、コインをひとまとめにできる、コルボの最小財布」です。とはいえ、今日では「小さい財布」がたくさんラインナップされています。G.E.Walletsは、それらより大きい。(赤い財布はエムピウ ストラッチョ

厚みもあります。G.E.Walletsは内側のパーツまで「すべて革」で作られた贅沢な財布(後述)。つまり、「小ささ」や「薄さ」をウリにした財布ではありません。たっぷりと革を楽しめる、二つ折り財布です。

さて、構造を見てまいりましょう。

外装の素材は、英国ブライドルレザー(詳細は後述)。カラーはバーガンディを選びました。

美しく上質な素材を活かすデザイン。外装にはブランドロゴを含めて、一切装飾がない。

革を継ぎ合わせていないため、一枚革のブライドルレザーを堪能できる。ハリ・弾力をダイレクトに味わえます。

オーソドックスな二つ折り財布の「左右に分かれる構造」とは異なります。上下に折り畳む構造。ボタンなどの留め具はありません。

内装はイタリアのオイルレザー(詳細は後述)。外側も内側も「革しか見せないデザイン」。贅沢です。革好きにはたまらないですね。

上半分には、カードポケット。

ちなみに、ブランドロゴはここだけ。型押しで目立たない。コルボの製品はシリーズによってロゴのデザイン、つける場所が異なるみたいです。緻密なアイコンデザインが添えられるのは、bridleシリーズだけです。コルボのフラグシップモデルだからかな。

右には、お札ポケット。

下半分がコインポケットです。わずかにラウンドしたフラップは高級感があります。

使い勝手

正式名称は「Good Enough Wallets」。略してG.E.Wallets.。「必要十分」と名付けられたとおり「そこそこの量」のお札、コイン、そしてカードを収納できる財布です。

それぞれのアイテムについて、使い勝手を解説してまいりましょう。

カード

2種類のポケットが備わっています。

段状のポケット

カードポケットはオーソドックスな段状。スリット状のポケットが4つあります。

一枚ずつを分けて収納するのに便利なポケット。

G.E.Walletsは縦に開くため、カードも縦に並びます。これまで「横に開く二つ折り財布」を使ってきたなら、少し戸惑うかもしれません。でも、慣れれば問題ないです。奥まで入れてもカードが少し見えるため、選別しやすい。指を添えて引き抜くことができます。上2段は出し入れしやすい。クレジットカードなどの「よく使うカード」を入れるのが良いでしょう。

一方、下2段のポケットでは、スムーズに出し入れできる、とは言えません。すぐ近くにあるコインポケット(後述)に、指やカードがぶつかりやすいからです。ここはあまり使わないカードを入れるのが良いでしょう。最下段はカードがほとんど隠れてしまうから、Suicaなどの「入れっぱなしにしておくカード」がおすすめです。

隠しポケット

コインポケットの裏側にスリットがある。ここにもカードを収納できます。

2枚重ねて入れることができる。革が馴染めば3枚くらいいけるかな。コインが多いならカード2枚までにした方が良いでしょう。

カードはすっぽりと奥まで入る。完全に隠れます。マチのないポケットですから、指を突っ込まないと取り出すことができません。

瞬時に出し入れすることはできないため「持ち歩きたいけれど、あまり使わないカード」を入れるとよいでしょう。たとえば、免許証や保険証などが最適です。

また、SuicaなどのICカードと免許証など、電子決済時に干渉しないカードを入れておくのも便利です。財布を開かなくてもタッチ決済できます。ただし、同じポケットに2枚以上のタッチ決済カード(SuicaとPASMOなど)を同時に入れると、読み取りエラーになることがあります。磁気遮断カードを入れるとよいでしょう。

お札

お札の収納スペースは右側。

内装がすごい。きちんと「革の表革」が貼られています。2枚の革を貼り合わせることで、「革の裏面」を見えなくしているのです。

安価な財布では革の裏面がそのまま使われます。繊維が見えるし、ザラつく肌目です。お札の滑り止めの効果は高いけど、見た目が上質とは言いがたい。好みが分かれるところです。この裏面がG.E.Walletsでは見えない。(以下の写真は「革の裏面」です)

機能的にも効果がある。表面は「なめらかな面」だから、お札をスムーズに出し入れできる。

収納するお札は10枚くらいがちょうどよい。お札が出し入れしやすく、財布が勝手に広がらない。ブライドルレザーのハリが強いのもあって、財布が開きやすいですね。革が馴染めば、もうちょっと閉じやすくなるはず。

スポンサーリンク

コイン

半分の面積を占める、少し大きなコインポケット。

フラップはホックで留める。カバンの中で財布が開いても、コインが溢れることがありません。

フラップの裏側にも革が貼られています。開け締めを数百回と繰り返すパーツだから、革を貼ることで丈夫にしているんですよ。もちろん、見た目も美しくなる。

内装も革が貼られた贅沢なつくり。両マチの構造になっていて、ガバッと開く。

だから、入れやすい。

見やすい。

取り出しやすい。

少し大きなコインポケットだから15枚収納しても余裕です。一般的な二つ折り財布と比べても、平均以上の収納量です。

特徴

ブライドルレザーの財布

外装はイギリスのブライドルレザー。端正で力強いルックスです。キリッと締まる表情は、ブライドルレザーの良さですね。ビジネスシーンにも使えます。カラーはバーガンディです。色合いはホーウィン社シェルコードバンのナンバー8(#8)に似ていますね。深みのあるワインで、高級感があります。

表面に見える白い表情は、ワックスが浮き出ている状態。ブライドルレザーの特徴である「ブルーム」です。

見た目が荒々しいので、ビジネスシーンには向かないと感じるかもしれません。が、このブルームはなくなります。用途によりますが、カバンで持ち歩くなら1ヶ月ほどで、ほとんど消えてしまう。ケツポケならもっと早いでしょう。

気になるなら、強制的にブルームを落とすこともできます。なお、G.E.Walletsにはブラシが付いています(後述)。払ってあげればすぐに落ちます。

カッチリと硬く、ハリも強い。ブルームが乗っている部位ほどサラリとしている。個体差もあるけど、ブルームが濃すぎると粉っぽくも感じるかもしれないけれど、ブルームが取れるとツルッとした質感に変わります。

内装はバダラッシカルロ社の革

内装は牛革。外装とマッチする、紫っぽい色。深いワインにも見える。

コルボは革の名前は明らかにしていないみたいです。しかし、香り、表情からイタリア トスカーナ州の老舗タンナー、バダラッシカルロ社のミネルバ・リスシオだと思う。微細なシボがありますが、スムースで気持ちの良い手触り。ブライドルレザーより柔らかく、質感のコントラストも楽しめる財布です。

エイジングを楽しめる

G.E.Walletsはエイジング(経年変化)を楽しめる財布です。

ブライドルレザーはブルームが落ちて、艶が現れる。さらに使い込むことで色も変化するため、2段回のエイジングを楽しむことができます。

内装の革、ミネルバも変化する。最初はマットですが、色が深まり、艶が増すでしょう。ミネルバは、色ツヤの変化において世界一です。グングンと色味が深まるエイジングを楽しむことができます。

新品のときの見た目から変わって欲しくないなら、本作はフィットしないでしょうG.E.Walletsは「変化を楽しみたい」に応えてくれる財布なのです。

参考:革のエイジングとは何か

スポンサーリンク

すべてが革。表面しか見せない上質な財布

「革財布」の定義はあいまいです。フェイクレザー、ポリエステルなどの生地を使っていても、一部に革を使っていれば「革財布」と言える。もちろん、安価な素材を使えば、値段を下げることができるはず。買う人も嬉しいですから、良し悪しを決めることはできません(CORBO.の安価なシリーズも内装にファブリックを使っています)。

ただ、革が好きな人なら、なるべく多くの革を使った財布が欲しいのではないでしょうか。

で、あればG.E.Walltsは最適です。

G.E.Walletsは、贅沢に革が使われた財布です(厳密にはホック、糸があるけど)。

さらに、G.E.Walletsは革の「表面」だけが見える、贅沢な仕立てです。

コインポケットのマチなど、見えにくいパーツでさえ、革を貼り合わせて「革の表面」しか見えないようにしている。

革の裏面を見せないということは、2倍の革を使うということです。もちろん、価格に反映されているでしょう。G.E.Walletsが安くはないのは、贅沢に丁寧に仕立てられているからです。上質を求める人が満足できる財布です。

所有欲を満たされる財布

外装のブライドルレザーの端正さ、内装まで上質な革を使ったオールレザー。所有欲を満たしてくれる製品です。

革のハリ、質感、財布の丈夫さをデザインした結果、厚みのあるプロポーションにしているのでしょう。なお、使っているうちにハリが和らぎ、少しスリムになるはずです。

小さなパーツも手を抜いていません。ブランドの刻印。

立体感のあるホック。小さなパーツも上質です。

スポンサーリンク

日本の仕上げ

ステッチ

ステッチはミシン縫いですね。角も美しい。

乱れもなく、ラウンドした箇所もきれいです。

負荷のかかるポケットの入り口は、きちんと返し縫いがされています。

コバ

革を裁断した端を、コバと言います。

本作のコバは黒い染料を使って磨かれているようです。

丸みのあるコバは、きちんとヘリ(エッジ)を落としている証。手間のかけるほど、満足できる製品に仕上がります。触っていて気持ち良い。

あらゆるコバが仕上げられている。

捻(ねん)

コバとステッチの間のライン。捻が引かれています。

裏面も捻が引かれている。手間がかかっています。

メンテナンス用ブラシ付き

ブラシが同梱されています。なお、すべてのG.E.Walletsに付いてくるわけではありません。「face -Bridle Leather-」シリーズだけのおまけ。

表面に、G.E.Walletsと同じカラーのブライドルレザーが貼られています。

馬の毛。硬すぎず、柔らかすぎない。メンテンナスに最適な毛です。

ブラシは革製品を気軽にメンテナンスするための、必須アイテムです。持っていない人は嬉しいでしょう。本作だけでなく、あらゆる革製品に使えます。

参考:革のメンテナンス

一般的なブラシより「小ぶり」。

革グツなどの大物には非効率で使いにくい。だけど、お財布やキーケースなどの小さな革製品なら、本作のような小ぶりなブラシの方が使いやすい。ホコリが溜まりやすいマチの部分とかね。

ちなみに、ブラシ単品でも売っています。お値段は2000円。

ラインナップ

G.E.Walletsは、3シリーズがラインナップされています。違いを解説しましょう。

モデル サイズ 重さ 価格
Curious 牛革 W90 × H100 × D9mm 130g 27,500円
SLATE ミネルバリスシオ 130g 28,600円
face -Bridle ブライドルレザー 135g 35,200円

カタチ、ポケットの数、サイズはすべて一緒です。

Curious(キュリオス)

コルボオリジナルの革を使った、Curiousシリーズ。

「使い始めは色落ちがある。」とのことですから、白い洋服と一緒に使うのは避けた方が良いでしょう。

キュリオスモデルを取り扱いサイトで見てみる

スポンサーリンク

SLATE(スレート)

バダラッシカルロ社の牛革、ミネルバリスシオを使った、コルボの定番シリーズSLATE。

本品だけは、ポケットのフラップデザインが違います。

参考:SLATE キーケースのレビュー

スレートモデルを取り扱いサイトで見てみる

face Bridle Leatherシリーズ

本ページで解説しているモデル。もっとも高級感があると思う(実際、もっとも高価ですし・・・)。

ブライドルレザーのエイジングは、バダラッシカルロ社の革と比べると、ゆっくりです。

ブライドルレザーのカッチリとした質感、霧が晴れるようなエイジングを楽しみたい人におすすめのシリーズ。

あとがき

クラシカルな二つ折り財布より小さくて、十分な収納。さらに所有欲を得られる財布をお探しなら、G.E.Walletsは検討の価値ある一品です。

SNS/YouTube

Twitter, Instagram, YouTubeも運営しています。フォロー、アンフォローお気軽に。


func_walletさんをフォロー