買う前に知っておきたい 上質なコードバン財布のポイントと、日本のコードバン財布 ブランド8選

ココマイスター コードバン

「革のダイアモンド」と称されるコードバンは、最高に美しい革だと思います。

そのコードバンの財布は、たくさんのブランドが販売しています。
山のようにあって、どのようにセレクトすると正解なのか、分かりにくいと思います。

そこで本ページでは「長く愛用できる間違いのない逸品」を切り口に、上質なコードバン財布を手に入れる方法をご紹介します。お読みいただいた方に、ピタリとはまる、間違いのない逸品をセレクトいただけるはずです。

コードバンは他の革と比べて、ダントツに高価ですから、絶対に失敗したくありませんよね。本ページを見てからの購入でも、きっと遅くないはずです。

ぜひ、コードバン財布選びの参考にしてください。


本ページは2部構成です。

前半は、上質なコードバン財布を選ぶポイントです。
コードバンには良いところもあれば、ちょっとダメだねというところもあります。コードバンの良し悪しを押さえて、あなたにピタリとはまるものを見つけてみましょう。

後半は、コードバン財布のブランドとなります。
日本トップレベルの革工房の中から、コードバン財布を得意とするブランドをを厳選しました。メイドインジャパンにこだわり、熟練の職人が仕立てる革工房です。ブランドごとに特徴がありますから、そこも含めてしっかりとご紹介します。

スポンサーリンク

コードバンとは何か

コードバンとは、馬のお尻の革から採取した「コードバン層」を使った革のことです。

詳しいことはこちらにまとめていますので、より深く知りたい方はご覧ください。

買う前に知っておきたい コードバンのホントのところ。そのメリットとデメリットを全て紹介します
美しい表情が魅力のコードバン。 その希少性と美しさから、革のダイヤモンドと…
コードバンと他の革。一体何が違うのか?使い比べて分かったコードバンの特徴を徹底比較します
コードバンの特徴について、以前紹介してみました。 では、コードバン…

リンク先の内容をザッと要約しますと、
コードバンは以下の特徴を持つ革だといえます。

  • あらゆる革の中で、ダントツの輝きと透明感を持つ
  • 光沢を増すエイジングを楽しめる
  • 牛革の2倍の丈夫さ、10年は使える堅牢な素材

どれもコードバンの醍醐味であり、人気のヒミツです。

上質なコードバン財布をセレクトするための4つのポイント

コードバン財布の選び方は、ポイントを押さえればカンタンです。

長く愛用できる、お気に入りのコードバン財布をセレクトできるようになりましょう。

1.最高品質のコードバンを選ぶ

コードバンを作る会社(タンナー)は、いくつかあります。
タンナーが違えば、コードバンの風合い、輝き、エイジングの仕方までも違ってきます。

数あるタンナーの中で、最高品質のコードバンを作るがこちらです。

  1. アメリカの「ホーウィン社」
  2. 日本の「新喜皮革(しんきひかく)」

馬の原皮から一貫してコードバンを作ることができるタンナー。さらに、「上質なコードバン」を条件にするなら、世界にこの2社しかありません。

どちらのコードバンも、世界のトップメゾンで採用される最高品質。この2社のコードバンなら、まず間違いありません。(日本の革工房GANZOココマイスターは、この2社の革を使い分けてシリーズ化しているほどです。)

どちらも素晴らしく、甲乙つけがたいコードバンです。気に入った方をセレクトして問題ありません。どちらが良いということは無くて、「どちらを気に入るか」だと思います。

逆に避けたほうが良いものは、「ホーウィン社のコードバン」、「日本製コードバン」との記載がないもの。明らかに安いものは避けることをおすすめします。

コードバンは革の中でもトップクラスの耐久性を誇ります。大切に扱えば6年以上使えるわけです。この2社からセレクトした方が、満足度が高いと思います。

コードバンの見分け方

ホーウィンと新喜皮革のコードバン、この見分け方ですが、

ホーウィン社のものであれば、まず間違いなく社名の記載があります。
それだけ貴重で、人気のある革です。革自体がブランド化しているんですね。

「日本製コードバン」と書いてあるものは新喜皮革のコードバンです。日本でコードバンを作ることができるのは「新喜皮革」だけだからです。
(新喜皮革から仕入れて、仕上げ(オイル付けや、染色など)を専門とする業者もありますが、元をたどれば新喜皮革です。)

2.価格の違いを押さえる

同じようなつくりのコードバン財布なのに、値段がだいぶ違う。
何故だろう?と思ったことはないでしょうか。

ここでは、コードバン財布の価格の違いについてご紹介します。

実は「高いものが良い。安いものは悪い」ではありません。
革工房が、好みや予算に合わせてセレクトできるよう、幅広い価格帯でラインナップしているのです。

あなたの好みと予算に合った、コードバン財布の選び方を押さえてみましょう。

革が違う

コードバンを作るタンナーが違えば、値段も異なります。
高い順に並べると、以下のようになります。

ホーウィン社 > 新喜皮革 > その他

ホーウィン社が高いのは、新喜皮革よりも優れているからではありません。
日本への輸入税(革は税関か高い)と、希少性からです(あと、個人的にはブランド志向が強いと思います)。

私のおすすめは、新喜皮革、またはホーウィン社のコードバンです(理由は上述のとおり、世界中で愛用されるだけあって、満足度の高い仕上がりです)。

実際に両者を見比べてみての、実直な感想としては、品質と価格のバランスが取れたものは、国産のコードバン(新喜皮革)です。

ホーウィン社のコードバンは、飛び抜けて高価です。迷ったら、新喜皮革を選んで問題ないでしょう。

DSC06961

新喜皮革のコードバン

私自身、新喜皮革のコードバン財布を愛用しているのですが、ホーウィン社との価格差が品質につながるとは思いません。新喜皮革のコードバンは、十分美しいと思います。(ちなみに私は、ブランド志向が弱い方です。「どのブランドが作った」より、「財布の機能美」や「素材の良さ」に惹かれるタイプです)

コードバンの原価(タンナーからコードバンを購入する価格)から考えてみると、1万円以下のものは安すぎます。まず、ホーウィン社や新喜皮革のものではありません。

予算に合わせてセレクトすることは大事だと思いますが、中途半端なものを手に入れて「コードバンって大したことないな」と思ってほしくないのです。何年も使える素材ですから、数千円の価格差をもったいぶるのはおすすめしません。結局のところ、満足できなければ長く使うことは難しいからです。

本物のコードバンは、きっとあなたを満足させてくれるはずです。

コードバンを使う量が違う

「コードバン財布」といっても、すべてコードバンで作られているとは限りません。
ほとんどのブランドは、内装に別の革を使うことで、値段を抑えたものをラインナップしています。

愛用している、コードバンの札入れをご紹介してみます。
外装をコードバン、内装をヌメ革で仕立てたものです。

外装はごらんのとおり。
美しさと力強さが相まった、コードバンならではのルックス。あらゆる革の中で、光沢と高級感はNo1です。
DSC06798

一方、内装がこちら。淡いキャメルカラーのヌメ革です。
DSC06805

このように、外と内で素材やカラーを変えた財布がラインナップされています。

コントラストを活かしたデザインによって雰囲気がガラリと変わりますね。外はキリッと引き締まる、力強さと美しさ。開けると優しい印象です。

見た目や手触りを楽しみたいなら、外装だけコードバンの財布をセレクトして全く問題ありません。

一般的に外装の方が、エイジングによる変化がスピーディーです(手やモノと触れ合うことが多いからです)。つまり、外装だけコードバンの財布でも、「コードバンの美しさやエイジング」を十分に楽しむことができるわけです。

さらに、リーズナブルな価格でゲットできますから、とにかくコードバンを使ってみたいという人は、「すべてコードバン」にこだわる必要は無いと思います。
言うまでもなく、内装もすべてコードバンの財布は、とても高価です。

3.長く使えるコードバン財布をセレクトする

シンプルなつくりのものを選ぶ

革は丈夫で、何年も使える素材です。
特にコードバンは引き裂きや押し込みに強い素材ですから、破れたり、壊れたりすることはありえません。(乱暴に扱われるランドセルの素材に選ばれるのは、とても堅牢な革であることが証明されているからです)

一方で、財布を構成するパーツは、いつか壊れます

例えば、ファスナーです。開け閉めを繰り返すうちに、ファスナーそのものや、ファスナーテープが摩耗していきます。いつか、リペアする日が来ます(これは仕方ありません)。

ファスナーのような「複雑なパーツ」が少ない財布の方が、ずっと長持ちします。リペアするときも、時間もかからず、修理代も安く済みます。

例えば、シンプルな二つ折り財布、かぶせ蓋の長財布などですね。
ちなみに一番長持ちするのは、小銭入れの付いていない財布です(札入れ、束入れと言います)。

こういうタイプです。
DSC06805

長財布はこんな感じ。YUHAKUコードバン束入れ 内装

左右対称のシンメトリなデザインですから、折りたたんだときに財布に負担がかかりません。「小銭入れを別に持つ」なら、こういった財布もありです。(「使い勝手」と「シンプルなつくり」はトレードオフですから、あなたのスタイルに合ったものをセレクトしましょう。)

スタイルに合わせて、カタチを決める

財布をどういったシーンで、どのように使うでしょうか?
みなさんのスタイル、使い方によって、ピタリとはまる財布は違ってきます。

例えば、前項でご紹介したものは「身軽に持ち歩けて、コインを一緒にしなくてもOK」な人にハマる財布ですね。

スタイルごとに、おすすめを紹介してみると、こんな感じです。

スリム、小さい。これらを一番大切にするなら「札入れ、束入れ」を。

たくさんのお金を持ち歩かず、快適さを重視する方は「二つ折り財布」を。

お札を折りたくない。たくさんのお金やカードを持ち歩きたい方は「長財布」。

オールラウンダーの万能選手は、「小銭入れの付いた長財布」です。もっともバランスが取れています。二つ折り財布よりも収納できて、使い勝手が良いですし。小銭入れも大きいため、コインが増えにくいのです。結果として、財布にも負担がかかりません。

まとめると、「これが一番イイ」と断言できる財布はありません。みなさんのスタイルに合うもの、気に入ったものをセレクトするのが一番です。

汚れが目立たないものを選ぶ

コードバンの財布は、飛び抜けて高価ですから何年も使いたいですよね。

長く、キレイなままで使いたい。そう思う人へのオススメは、内装が濃い色のものをセレクトすることです。ブラック、またはブラウンなどのものですね。
86371947YFC114_blue_03

小銭入れ、カード、お札が擦れる部分は、どうしても汚れが付きます。

特に、明るいヌメ革のものは、汚れが目立ちやすいため気になるかもしれません。アメ色になるまでガマンが生じる、玄人向けと言えます。(私はその変化も含めて「アジ」だと思うのですが、これは人によりますね。)

気になる人は、黒や茶色などの暗色で仕立てられた財布を選びましょう。そもそも汚れが気にならない(見えない)ので、長く愛用できるはずです。

4.日本製のものを選ぶ

たくさんの国々で、財布を見てきましたが、

コバや念引きの処理、マチのつくりといった技術において、日本はNo1です。
細部の仕上げが美しい財布だからこそ、「コードバンの美しさ」に没頭できます。
DSC06957

ぜひ、メイドインジャパンのものを選びましょう。

もちろん、本ページで紹介するブランドは、すべて日本の革工房です。


前置きが長くなりましたが、ここからコードバン財布のブランドを紹介します。

美しいコードバン財布はこちら

財布は、毎日持ち歩くアイテムですし、人に見られることも多いですよね。働く男性にとっては、職場で許される、数少ないファッションアイテムでもあります。

どうせなら、美しいものを。そう考える方におすすめのブランドです。

YUHAKU(ユハク)

YUHAKUコードバン ラウンドファスナー

種類 二つ折り(小銭入れ有)長財布(小銭入れ無)ラウンドファスナーコインケース
価格 17,280円〜

YUHAKUの真髄は、美しいカラーにあります。

ほとんどの革工房は、タンナーから仕入れた革を、そのまま使って財布を仕立てています。
一方、YUHAKUは、職人の手染めによってコードバンに彩りを加えています

コードバンのスムースな表情に映える、奥行きのある透明感と艶やかなグラデーション。この美しさを楽しめるのはYUHAKUだけです。

YUHAKUのコードバンは国産コードバン。その美しさ、品質の高さは冒頭でご紹介したとおりバツグンです。

内装に牛革を使ったモデルから、総コードバン仕立てのものまでラインナップされていますから、予算に合わせてセレクトできます。どれも美しい仕上がりですから、ぜひチェックしてみてください。

参考:YUHAKUのコードバン財布のまとめ
参考:YUHAKUのコードバン二つ折り財布のレビュー
参考:YUHAKUのコードバン長財布のレビュー

取扱いサイトでYUHAKUのコードバン財布を見てみる

オーソドックスなコードバン財布はこちら

財布に飽きないコツは、シンプルなものを選ぶこと。これに尽きます。

コードバンの一番の魅力は、コードバンの表情そのもの。素の美しさにあります。
ですから、ロゴや、型押しといった加工は不要です。

余計な装飾がないオーソドックスな財布は、ごまかしが効きません。だからこそ、素材と質で勝負するしかないんですね。

ここでは、伝統的なカタチの財布をラインナップするブランドを紹介します。

ココマイスター

ココマイスター コードバン

種類 二つ折り(小銭入れ有)、長財布(小銭入れ有/無)、小銭入れ
価格 20,000円〜

ココマイスターは日本の革工房。オーソドックスな財布のみをラインナップしています。

取り扱う革は、新喜皮革、ホーウィン社のみ。世界2トップのコードバンです。

内装がヌメ革になっているものから、すべてコードバンで仕立てたものまでラインナップされています。予算に合わせてセレクトしやすいはず。

内装も外装もすべて「ホーウィン社シェルコードバン」を使った財布を作っているのもココマイスターの特徴です。
同じ革を使った仕立てを「無双」と言います。ホーウィン社シェルコードバン無双仕立ての財布は、日本でも数社しか作っていません。
ホーウィン社のコードバンは、飛び抜けて高価なこと、また安定した量を確保できないため、両面をホーウィン社で仕立てた財布をラインナップすることが難しいのです。
(ほぼ全ての工房は、外装にだけホーウィン社のコードバンを使っています。そもそもホーウィン社のコードバンを取り扱っていない工房の方が多いのですが……)

別の言い方をすると、「日本一贅沢な財布」と言っていいでしょう。
素材があまりにも希少ななため、いつも売り切れなのはどうかな、と思うのですが、人と違うコードバンをお探しなら、ぜひ一度チェックしてみてください。

売り切れになっているものも、「販売お知らせメール」に登録しておくことで、入荷時に連絡してもらえます。

取扱いサイトでココマイスターのコードバン財布を見てみる

二宮五郎商店

001_0014_sub1

種類 長財布(小銭入れ有/無)、ラウンドファスナー、小銭入れ
価格 10,280円〜

二宮五郎商店は、東京に居を構えて60年以上の老舗革工房です。
その特徴を言い表すなら、「最高の素材だけで仕立てた、オーソドックスな財布」といったところでしょうか。

奇をてらったものはなく、万人に愛される財布を作り続けてきたからこそ、革好きに信頼されるトップブランドになったわけです。

最高の素材にこだわる二宮五郎商店のコードバンは、ホーウィン社のシェルコードバンのみ。
内装も含めて、すべてコードバンで仕立てた最高級品です。
その分、お値段も最高価格ですが、二宮五郎商店のベテラン職人だけが仕立てることが許された、最高のコードバン財布です。オーソドックスで上質なコードバン財布をお探しなら、きっと満足できるはずです。

二取扱いサイトで宮五郎商店のコードバン財布を見てみる

キプリス

キプリス コードバン

種類 二つ折り、長財布(小銭入れ有/無)、ラウンドファスナー、小銭入れ
価格 10,280円〜

キプリスの魅力は、豊富なラインナップとリーズナブルな価格です。

小銭入れの有/無、内装の素材などバリエーションが豊富。コードバンの財布だけで、なんと50種類以上もあります。
豊富なラインナップからセレクトできるのは、老舗かつ大御所のキプリスだからこその醍醐味です。

ホーウィン、新喜皮革のコードバンを使った財布が揃っています。

他ブランドと比べ、リーズナブルな価格で手に入るため、初めてのコードバンという方にもおすすめです。

たくさんあって迷うと思いますので、おすすめのシリーズを2つピックアップします。

小銭入れは別に持つという方へは、コードバン&シラサギレザーのコンビ財布
キプリス コードバン&シラサギレザー

シラサギレザーは、キプリスが国内タンナーと共同開発した革。しなやかで丈夫な素材です。

小銭入れ有りなら、コードバン&リンピッドカーフ
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-13-22-29-30

サラリとしたリンピッドカーフとツヤのコントラストが楽しめます。

この両シリーズは、内装が内装が暗色ですから、汚れが目立ちません。
長く使うには最適です。

財布に限らず、小銭入れやキーケースといった小物は1万円程度で手に入ります。コードバンの光沢は高級感と上質さがバツグンです。大切な方へのプレゼントとして、コードバン以上に喜んでもらえるアイテムは無いように思います。

取扱いサイトでキプリスのコードバン財布を見てみる

K.T.ルイストン

pj140129-11-thumb-960x960-238

種類 二つ折り(小銭入れ有/無)、長財布(小銭入れ有/無)、小銭入れ
価格 27,000円〜

ホーウィン社のコードバンを取り扱ってきたラコタは、コードバンのプロフェッショナルです。そのラコタが手がけるオリジナルブランドが、K.T.ルイストン。

どちらかというと、コードバンのベルトで定評のあるブランドです。
その他にもコードバンのIDケース、スリッパといった珍しいアイテムもラインナップしています。コードバンで揃えたいなら、ぜひ押さえておきたいブランドです。

店舗が少ないためあまり知名度は高くありませんが、ジャパンメイドで丁寧に仕立てた財布には定評があります。

取扱いサイトでK.Tルイストンのコードバン財布を見てみる

GANZO(ガンゾ)

GANZO シェルコードバン

種類 二つ折り(小銭入れ有/無)、長財布(小銭入れ有/無)、ラウンドファスナー
価格 19,440円〜

オーソドックスなコードバン財布が揃っています。

昔からGANZOはコードバン財布を作っていて、その質の高さには定評があります。

GANZOが使うコードバンは、世界トップレベルのもののみ。
製品名から、どのタンナーのコードバンか分かります。

コードバン:新喜皮革のもの
シェルコードバン:ホーウィン社のもの

ガンゾのコードバン財布はを一言で言い表すなら、「端正」といったところでしょうか。
DSC06794

面白みのない財布ではありますが、そもそもコードバンそのものがウリなわけです。小賢しい細工は不要です(むしろ無粋でしょう)。
ステッチやコバなど、細部にいたって丁寧に仕立てられているからこそ、コードバンの美しさが引き立つのです。

カバンの中で大切に持ち歩いているのですが、やはり表情の美しさは圧倒的ですね。DSC06798

参考:GANZOコードバン 純札入れのレビュー

取扱いサイトでGANZOのコードバン財布を見てみる

土屋鞄製造所(つちやかばんせいさくしょ)

土屋鞄 コードバン 長財布

種類 二つ折り(小銭入れ有)、長財布(小銭入れ有/無)、小銭入れ
価格 22,000円〜

土屋鞄は、50年以上続く老舗。
日本で一番有名な革工房です。

あまりラインナップは豊富ではありません。
シンプルかつオーソドックスなコードバン財布のみ。

土屋鞄の使うコードバンは国産の水染めコードバンとのこと。

コードバンの仕上げを専門とする企業、レーデルオガワのコードバンを使っています。
その仕上げは世界トップクラスです。

取扱いサイトで土屋鞄のコードバン財布を見てみる

池之端銀革店

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-13-20-09-36

種類 二つ折り(小銭入れ有)、長財布(小銭入れ有)、ラウンドファスナー、小銭入れ
価格 23,760円〜

池之端銀革店は日本の革工房。

あまり馴染みがないかもしれませんが、長年、著名ブランドの革製品を作ってきたファクトリーブランドです。2004年から、オリジナルブランドとして革製品を中心としたアイテムの販売を開始しました。

池之端銀革店のコードバンシリーズは、同社のハイエンドライン。コードバン以外の素材は一切使っていない、総コードバン仕立ての財布のみラインナップされています。

コードバン専用のクリーム、ケアブラシ、クロスまで付いていることからも、長く使うことを前提とした財布といえます。

取扱いサイトで池之端銀革店のコードバン財布を見てみる

使いやすいコードバン財布はこちら

お金やカードが扱いやすいことは、財布の本質です。

長く使うためのキモともいえます。

エムピウ

ミッレフォッリエ コードバン

種類 二つ折り(小銭入れ有)、長財布(小銭入れ無)、ラウンドファスナー、コインケース
価格 25,920円〜

エムピウの財布は、機能性の高い、ユニークなものばかり。ありきたりな財布は1つもありません。

エムピウのコードバンを使った財布は1つだけ。使いやすい財布、ミッレフォッリエです。

コードバンは外側にのみ使われていて、内部はヌメ革となっています。そのため、手に入れやすいプライスになっています。

ミッレフォッリエは、コンパクトなボディにお札10枚、カード15枚、コイン15枚を収納できる、とても使い勝手の良い財布。コンパクトでそこそこの収納量、そして使いやすさを求めるなら、本作以上のものはありません。

参考:ミッレフォッリエのレビュー
参考:ミッレフォッリエコードバンモデルのレビュー

取扱いサイトでエムピウのコードバン財布を見てみる

とにかく安く!という方はこちら

財布の値段を大きく左右するのが、広告費です。
ここで紹介するブランドは、広告にお金をかけないことで、安価なプライスを実現しています。

サンユウ

サンユウ コードバン財布

種類 二つ折り(小銭入れ有/無)、長財布(小銭入れ有/無)、ラウンドファスナー
価格 7,020円〜

知名度は高くありませんが、1986年から、革小物を作り続けてきた革工房です。
革の選定から財布のデザインまで自社で行うことによって、非常に安価なプライスで財布を販売しています。

安かろう悪かろうではありません。
使うコードバンは、すべて新喜皮革のものです。

取扱いサイトでサンユウのコードバン財布を見てみる

あとがき

はじめてのコードバン財布で後悔しないもの。10年は使える、間違いのない逸品を紹介しました。

使い続けることで、革が馴染み、色は深みを増し、ツヤが生まれてきます。

高価な革ですが、牛革よりもずっと長く使えることを考えれば、リーズナブルともいえます。
プレゼントや、頑張った自分へのご褒美などで選んでみてはいかがでしょうか。

今回紹介したブランドは、すべて日本の革工房。コードバン以外の財布も非常に上質ですから、知っておくだけでも今後の参考になるはずです。

ぜひ、コードバンライフを楽しんでください。