crafsto シェルコードバン L字ファスナー財布のレビュー。高級皮革で作られた、ミニL字ファスナーの使い勝手、特徴について

革工房crafstoの『シェルコードバンL字ファスナー財布』をご紹介しましょう。

本ページでは使い勝手、特徴、メリット・デメリットについて分かりやすく解説します。

シェルコードバンL字ファスナー財布の特徴

  • ミニL字ファスナー財布
  • カード、お札、コインを分けて収納できる
  • 外装はホーウィン社シェルコードバン
  • 内装はロスティバーレ社ブルガロ
  • カッチリと固く、堅牢。長く使えそう
  • 永年、修理保証

スペック

ブランドcrafsto(クラフスト)
商品名シェルコードバン L字ファスナー財布
収納力★★★☆☆
お札入れの数2
お札の枚数10
コインの枚数15
カードの枚数6〜8
サイズW110××H90×D18mm
重さ92g
素材シェルコードバン、ブルガロ

この商品を取扱いサイトで見てみる

カタチ、構造

「ミニL字ファスナー財布」にカテゴライズされます。「小さい財布」と比べると少し大きめですが、片手に乗るサイズ感。ジーンズのヒップポケットにも入ります。

外装はホーウイン社シェルコードバン。最も高価なスムースレザーです(詳細は後述)。一枚をぐるりと巻いた贅沢な仕立てで、コンパクトなボディでもコードバンの表情を十分に楽しめる。これも本作の魅力です。

ファスナーの引手もシェルコードバン。ひと手間かけてプックリと膨らみが出るように仕立てられています。

ファスナーはYKKの最高級、エクセラ。立体的な質感、光沢を楽しめる美しいパーツ。丈夫で壊れにくいファスナーです。

ファスナーが引きやすい。引きにくい財布もがあるのですが、本作はとても引きやすい。財布の仕立方で引きやすさが変わるのですが、本作は滑らかに動きます。

中はこんな感じ。中央にコインの収納スペース。両サイドにお札やカードを収納するスペース。よくある構造ですが、一般的なミニL字ファスナーと比べて、本作はかなり大きく開きます。

マチが広めに作られているからです。ちなみに、こちらのパーツもシェルコードバン。すごく贅沢。

内装に使われているのはイタリアのオイルレザー、ブルガロです。普通は内装に使われない、高級皮革が贅沢に使われています。

内側、革のパーツにロゴが押されています。お札やカードを出し入れするときに干渉するかなと思ったのですが、気になるほどではありませんでした。主張しすぎず、目立たたないロゴが良いですね。

使い勝手

カード、お札、コインの使い勝手を解説しましょう。

カード

内装の両サイドに、カードポケットがあります。片面につき3スロット。

合計、6枚のカードを収納できます。

最上段だけはポケットが深いため、カードを押し込むと完全に隠れてしまいます。こうなると取り出しにくくなるため、カードが隠れないように出しておくと扱いやすいです。

少し大きめのクオカードも入ります。

ポケットの幅が広いため、出し入れがしやすいです。新品のときはテンションがかかっているため、ジャストフィット。使い込むことで馴染んで、さらに出し入れがしやすくなるでしょう。

サイドのカード収納スペースはよくある構造です。が、本作はガバっと大きく開くため、サイドポケットからカードを出すときに、ファスナーが干渉しにくい(開きにくいタイプの財布だと、ファスナーに手が辺りやすく、手触りがよくないです)。また、よく開くため、カードの見やすさにも優れます。

サイドポケットに入り切らない場合は、その手前に入れることもできます。ここなら複数のカードをまとめて収納できます。お札やコインの収納量とのバランスにもよるのですが、コインが少ないなら、カード10枚ほど入ります。

お札

お札を入れるときは、折りたたんでから。出すときは伸ばして使うことになります。本作に限らず、ミニL字ファスナー財布では一般的な使い方です。

なお、コインポケットをぐるりと覆うように収納することもできます。こちらの収納の方が手間がかからないですね。ゆるく折り曲げてさっと収納することができます。

数えやすいです。

ただ、この収納だと、お札を取り出すときに、取り出す予定のないお札まで付いてきてしまうこともあります。

二つに折って、収納したほうが使いやすいかな。両サイドに分けて収納することもできて、見た目もスッキリします。

コイン

中央のポケットにコインを収納することになります。収納できるのはMax15枚ほどです。

マチが大きく開くため、入れやすいです。

ミニL字ファスナーは、コインポケットが深くて、コインが出し入れにくいものもあります。本作はマチを広くし、大きく開くことで解決しています。とても見やすい。

色が明るいキャメルなのも良いですね。コインが選別しやすいです。汚れが目立ちやすいこととトレードオフですが、本作は見やすさを優先したのでしょう。

特徴

ホーウィン社シェルコードバンの財布

外装の素材は、シェルコードバン。アメリカ ホーウィン社の代表的な皮革。もっとも高価なスムースレザーです。

さまざまな色がありますが、本作のカラーはダークコニャック。濃い目のブラウンといったところです。

ブラックと並べると違いが分かりますね。ちなみに、crafstoは本作以外にシェルコードバンの財布を販売していて、ブラック、ダークバーガンディといった定番カラーから、ネイビー、グリーンなどの珍しいカラーもラインナップしています。

極めてスムースで、圧倒的な光沢を放つのがコードバンの特徴です。

ホーウィン シェルコードバンは毛穴(ピンホール)や色ムラがあるため、均等な表情とは言い難い。でも、これがまた迫力を生み出してくれるのです。国産コードバンには出せない雰囲気です。マチの部分までシェルコードバンを使っている、とにかく贅沢な財布です。

内装はブルガロ

ブルガロはイタリアのタンナー、ロスティバーレ社のオイルレザーです。スムースな表情で、適度なハリがあります。

一般的に、財布の内装には安価なレザーが使われることが多いものです。しかし、本作ではブルガロが使われています。財布の外装に使われるような高価な革です。素材のコストがかかった財布といえます。

ブルガロは、タンニンなめし、染料仕上げの革のため、色・艶が変化するエイジングを楽しめます。

ハリのある、丈夫なつくり

ホーウィン社シェルコードバンは柔らかい革です。グニグニとした手触りが楽しいのですが、製品としたときにカッチリとしたハリを生み出すのが難しいものです。

しかし、本作はかなり堅い。堅牢さがある。

本作はブルガロと合わせることで、財布全体にハリを作りこんでいます。加えて、(見えないのですが)財布の中に、カタチを保つための素材を入れているはずです。

負荷のかかるマチの部分も、革をあてることで丈夫にしています。ラフに使ったとしても壊れにくいように作られていますね。

撮影できないのですが、カードポケットの内側には滑りの良い素材が貼られています。カードをスムーズに出し入れできるだけでなく、「革の伸びを止める」効果もあります。長く使えるように仕立てられていますね。

本作の重量は96g。同じくらいのサイズの財布と比べると、軽量とは言えません。革を薄くすることで、財布を小さく、軽くできるわけですが、本作はそのように作られていません。革をたくさん使っているのと、目に見えない部分までしっかりと作り込んで、丈夫さ、長く使うことを大切にデザインされているようです。

クオリティ

美しく、堅牢に作られています。

コバ

染料で磨かれています。

マチの部分は、革を巻き込むヘリ返しという技法が使われています。

捻引き

外装、フチに細かなラインが引かれています。これを捻といいます。

内側のポケットにも。キリッと引き締まる見た目になるし、2枚の革を張り合わせた部位は強度も上がります。

ステッチ

ミシン縫いです。糸は革の色と合わせていますね。シェルコードバンには茶系。ブルガロにはキャメル系。革の表情を邪魔しないように糸色が選ばれています。

ミシンのステッチも非常に美しい。立体感がありつつ、クラフトさが控えめ。高級感があります。

高価なシェルコードバンにミシンの跡が残らないように仕立てている。

あとがき

外装に最高級皮革のシェルコードバン、内装にも高級皮革ブルガロを利用し、丈夫で壊れにくく、カッチリとした質感に仕上げた財布です。高級感のあるミニL字ファスナーをお探しなら本作以上のものはなかなかありません。

この商品を取扱いサイトで見てみる