BAHARIの財布のまとめ。ガルーシャを使った美しいアイテムを一挙紹介

bahari-round-wallet-dsc04659

BAHARI(バハリ)は、ガルーシャ(エイの革)を得意とするブランド。
宝石のように輝くプロダクトはどれも美しい仕上がりです。

BAHARIは、さまざまなカタチの財布をラインナップしています。
見た目だけでなく、使い勝手も異なりますから、いろいろと目移りしてしまうかもしれませんね。

そこで本ページでは、BAHARIの財布、全ラインナップの特徴を紹介します。
実際に使ってみたユーザーの視点で、その魅力、メリット・デメリットに鋭く迫ってみたいと思います。

BAHARIの財布を検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

BAHARIの特徴

ここではBAHARIのアイテムはの特徴を押さえてみましょう。

ガルーシャを贅沢に使ったアイテム

BAHARIのアイテムは、素材として「ガルーシャ」を使っています。
ここでは、その特徴をご紹介していきます。

エキゾチックレザー

ガルーシャは「エキゾチックレザー」にカテゴライズされます。ここでは、エキゾチックレザーとは何か、をご紹介します。

まずは、一般的な革について。代表が牛革でしょう。

牛は、食料消費がダントツなため、その副産物である牛革の生産も多いわけです。(豚、羊などの食用に適した動物も、同じ理由でリーズナブルな価格でゲットできるわけです。)

一方、ヘビ、ワニ、エイなどは、食用としてはメジャーではありません。素材が貴重で、革の生産量も少ないのです。これらの動物から作る革を、「エキゾチックレザー」といいます。

エキゾチックレザーは、素材の特徴をそのまま活かすものばかり。
たとえば、ワニ革(クロコ)は、 ゴツゴツとした立体感を活かした表情が特徴で、力強い個性がハッキリと見てとれる革です。

この、一般的ではない独特の風合いから、「エキゾチックレザー」と呼ばれるのです。

そして、エキゾチックレザーの中でも、BAHARIの得意とするのがエイの革。 「ガルーシャ」と呼ばれ、牛革にはない魅力をたくさん持ったマテリアルです。

17〜18世紀ごろ、フランスではエイ革が宝飾品に使われはじめたのだそう。そのときのフランスの職人「ジャン・クロード・ガルーシャ」氏の名前を取って「ガルーシャ」と呼ばれるようになったそうです。

ガルーシャの特徴

ざっと特徴をあげてみましょう。

  • 美しい表情
  • つるりとした質感
  • 固くて丈夫
  • キズや汚れに強い

美しい表情

ワニ革などは、ウロコの大小や左右の均一感を出すのがとても難しいものです。

一方、ガルーシャはほぼ左右対称に、ビーズの大小が並んだ均一の美しさがあります。エキゾチックレザーの郡を抜いた美しさを誇るのは、、この均整なルックスのおかげでしょう。

ガルーシャの中でもひときわ目を引くのが、大きめのビーズ。

これは、「スターマーク」や「天眼」と呼ばれるもの。エイ1匹につき、1つしか取れない希少なピースです。これもまた、ガルーシャだけの持ち味です。

BAHARIは、小さなアイテム、たとえばコインケースや、名刺入れでもスターマークを使った、贅沢なつくりになっています。

つるりとした表情

もともと、エイの皮はザラザラとした、とても硬い素材です。
BAHARIはこの表面を、研磨(ポリッシュ)し、磨きあげることで、光沢とツルリとした表情を作り上げています。

固くて丈夫

ガルーシャはハリがあり、カッチリとした素材。
garusya-1

それでいて、ぐにゃりと曲がる不思議な革です。
garusya-2

ビーズ状のツブは、ベースの革と密着しているため、剥がれ落ちることはありません。
財布のように、毎日持ち歩き、いろんなモノとこすれるアイテムでも、均整な表情が崩れることはないのです。

凸状のビーズの正体は、人の骨と同じ「リン酸カルシウム」。 とても固くて丈夫です。

日本では、古からワサビおろしに使われてきたそう。
均等に並んだ凸ツブが、目詰まりなくワサビをすりおろすのに適しているからでしょう。ゴシゴシと何千回もこすっても刃こぼれしない、とても丈夫な皮革だということです。堅牢さの裏付けとして十分でしょう。

実は、これがクセモノ。
ミシンを使っても針が折れてしまい、包丁もすぐに刃こぼれしてしまう職人泣かせの皮革。そのため、日本では縫製できる職人がほとんどいません。ガルーシャのアイテムを目にすることが少ないのは、作り手がとても少ないからなんですね。

汚れにくい

キズや汚れに強いのもメリットです。
規則正しく並んだビーズは、小さなウロコの集合。
汚れに強く、ゴミが付いてもかるく拭くだけでOK。芯部にまで及ぶことがありません。
また、水に濡れても革の芯部にまで浸透することがないため、雨の日にも気軽に使えます。(一般的な革のように「水染み」になることがありません。)

一般的な革財布のような気遣いは不要。
エレガントな装いとは裏腹に、あらゆるシチュエーションで、ガシガシ使える財布なんです。

ガルーシャのお手入れ

難しいメンテナンスは必要ありません。

ガルーシャそのものが、硬さ、しなやかさをもち、あらゆるキズや汚れを受け付けないからです。 むしろクリームなんて塗らない方がいいんです(ハリが弱まり、色味が変わってしまう)。

たまに、乾拭きしてあげるくらいでちょうど良いでしょう。

タイ製の上質なつくり

BAHARIのアイテムは、多くがmade in Thailand.
昔からエイの加工を続ける、腕の立つ職人がたくさんいるからです。 (日本にはほとんどいません)
その職人技術で、BAHARIのアイテムは一つひとつハンドメイドされています。

ここでは、海外製品の話をします。

日本で手にする海外製のアイテムはとても高品質です。

この理由は、日本人の求める品質基準が高いからです。
その基準に満たない製品は、お店に並んでも買ってもらえません。
検品の時点で、ステッチやコバの処理などをチェックし、日本人が納得するレベルに満たない製品は、市場に出回らないんですね。 (日本人のメガネにかなうアイテムだけが、バイヤーによってセレクトされるからです)

そして、BAHARIのアイテムはこの検品をクリアした、高品質なものです。
ステッチはまっすぐで。コバはキレイに処理されています。
garusya-3

私はタイのバンコクに行くことがあります。
ガルーシャの本場だけあって、高級ブティックが並ぶ通りで、エイ革のアイテムを見かけます。ただ、縫製やつくりの甘さが気になるものが多いのが正直なところです。

たとえば、こんな感じで。ステッチが美しくないのです。

革財布は、何年も使う道具ですから、丁寧なつくりのものを選びましょう。
革のプロダクトでは、ステッチや革のフチ(コバ)の仕上げを見ると、その製品の仕立ての良さが分かります。BAHARIに限らず、チェックしてみてください。

BAHARIの加工

ガルーシャは、加工することで、ガラリと表情を変えます。
BAHARIでは、この加工を使い分けることで、違った表情のアイテムをラインナップしています。

パール加工

軽くポリッシュし、表面をなめらかにしたうえで、パールをかけた加工。

ガルーシャのビーズは大小さまざま。
このサイズの違いと凹凸によって、それぞれのビーズが光を放つように輝きます。

ポリッシュ加工

表面をポリッシュすることで、なめらかにし、光沢を表現したモデル。
さわるとツルリとするのは、この加工のおかげです。

パール加工と、比べてみるとこんな感じ。

パール&スパークリング

パール加工にさらに、ラメをほどこしたもの。
より輝きが増すので、あらゆる空間で目立ちます。

パール&スパークリング&エアブラシ

デザイン性を高めたモデルがこちら。

職人がエアブラシで、デザインを施しています。
ユニークなルックスのが多いので、人と違うものをお求めの方におすすめです。

財布のラインナップ

カタチごとに、BAHARIの財布を見ていきましょう。
それぞれ、加工やカラーの違うものがラインナップされています。

札入れ

bahari-satsuire-2
札入れとは、コインの収納スペースがない財布のこと。
つまり、お札とカードだけを持ち歩くことに特化したカタチの財布です。

シンメトリデザインの内部は、カードが2枚ずつ収納でき、その裏側にもカードポケットが備わっています。

札入れは2層タイプ。お札だけでなく、商品券やレシートも分けて収納できるため便利です。
bahari-satsuire-3

札入れのデメリットは、コインを持ち歩けないこと。
コインケースを別に持つ、コインは使わないという方におすすめのカタチです。

一方、メリットは、ダントツに快適なこと。
コインの収納を諦めることで、もっともスリムに、軽い財布にできるわけです。
スーツの内ポケットはもちろん、あらゆるスペースで場所をとりませんから、もっとも持ち歩きに適したタイプです。

このスリムさとガルーシャが相まることで、郡を抜いた美しい財布に仕上がっています。
(個人的にはBAHARIの財布の中で、もっともエレガントさを感じられる一品です。)

BAHARI 札入れを公式サイトで見てみる

コインケース

bahari-coincase-1
小さなラウンドファスナータイプ。
コイン、お札、カード。これらのすべてをコンパクトに持ち歩きたいならこちら。

手のひらに収まる小さなサイズのため、どこにだって快適に持ち歩くことができます。

BAHARI コインケースを公式サイトで見てみる

ラウンドファスナー


コの字型のファスナーで、しっかりと留める長財布タイプ。
ガルーシャの一枚革を、大きな面で採用しているため、迫力と美しさはNo1です。

デメリットは大きいこと。
一方、コイン、お札、カードの収納力はダントツです。たくさんのお金やカードをひとまとめにしたいなら、ラウンドファスナーをおすすめします。

BAHARIラウンドファスナーを公式サイトで見てみる

あとがき

素材そのものが美しいガルーシャ。
BAHARIのデザインと相まって、グッと特別なアイテムに仕上がってます。

はじめてのエキゾチックレザー、はじめてのエイ革であれば、一度手に取ってみてはいかがでしょうか。