商品リンクにプロモーションを含んでいます

otohaci コードバン & ブライドル 薄型二つ折り財布のレビュー

革工房otohaci(オトハチ)の『コードバン & ブライドル 薄型二つ折り財布』をご試供いただきました。

本ページでは使い勝手、特徴、メリット・デメリットについて分かりやすく解説します。

特徴

本作の特徴は以下のとおりです。

  • 小さくて薄い二つ折り財布
  • カードとお札が使いやすい
  • 外装はレーデルオガワ社コードバン
  • 内装はブライドルレザー
  • 手縫いによる丁寧な仕立て

スペック

ブランドotohaci
商品名コードバン & ブライドル 薄型二つ折り財布
収納力★★★☆☆
お札入れの数1
お札の枚数12
コインの枚数15
カードの枚数8〜12
サイズW100×H90×D19mm
重さ60g
素材コードバン(レーデルオガワ)、牛革(トーマスウェア ブライドルレザー)

取り扱いサイトで見る

カタチ、構造

本作は「二つ折り財布」にカテゴライズされます。サイズは一般的な二つ折り財布よりも小さめ。

薄型の財布です。

外装は高級レザー、レーデルオガワ社のコードバンです(詳細は後述)。

ホックなどの止めるパーツはありません。使いたいときにぱっと開くだけの「かぶせ」タイプ。内装にも高価な牛革、ブライドルレザーが使われています(後述)。

コードバンとブライドルレザー、どちらもハリがあって、硬い革ですが、本作はカチッとした感じではありません。ふわっとしなやかな質感です。

左右対称にポケットが配置されています。

中央が札入れ。珍しい構造ですね。

背面はコインポケット。

内側にも革が使われている、贅沢な仕立てです。

使い勝手

カード、お札、コインの使い勝手を解説しましょう。

カード

カード収納ポケットが4つあります。

ポケットは余裕があるので、厚みのあるプラスチックカードで、1ポケットに2枚入入ります。薄いカードなら1ポケット3枚で、合計12枚。つまり、合計8〜12枚ほどのカードを収納できます。一般的な二つ折り財布よりカードを多く収納できます。

1ポケットに2枚以上入れると、財布は厚くなります。コンパクトに持ち歩きたいなら、1ポケット1枚にしたほうが良いでしょう。カードを選ぶ手間も減り、使いやすさもアップです。

カードの使いやすさをアピールする財布はたくさんありますが、本作は飛び抜けて使いやすいと感じます。財布を開いたらカードが4枚、取り出せる状態になります。見やすく、選びやすいため、よくカードを使う人にフィットするでしょう。

他ブランドからもこの階段状のカードポケットは採用されていますが、ほとんどは3ポケットです。本作は4つあるので、カードが多いなら本作の方が使いやすいと感じるでしょう

お札

カードポケットが開くデザイン。ここにお札を差し込んで収納します。

カードポケットの裏にもブライドルレザーが貼られています。つまり、お札が触れる箇所は、革の表面となります。滑らかなため、お札がスムーズに出し入れできます。革を2倍使うので非常に贅沢です。

収納枚数は12枚ほどがMax。これ以上入れると、財布が開きがちになってしまう。

中央に大きくスペースが開いているため、お札が見やすい。まずお札が入っていることがわかります。

指を添えて、右にスライドするとお札を取り出すことができる。機能的で使いやすいです。

お札を数えて取り出したいときは、手前に引き出せば良い。ただし、ちょっとコツが必要です。これでパラパラと数えながら選ぶことができます。

コイン

フラットで小さな引き手です。

正直、操作がしやすいとはいえません。操作性より、薄く・コンパクトにすることを優先したファスナーです。薄い財布でよく採用されていますね。

ちなみに、ファスナーはエクセラ。ギザギザが立体的で美しい、YKKの最高峰ファスナーです。

内装には、黒い革が貼れられています(こちらはヤギ革とのこと)。シボのある柔らかい革です。黒い革が使われているのが良いですね。コインの金属粉が付着して黒ずむことがありません(黒いので、汚れても目立たない。汚れが見えない)。

片方にマチが付いていますが、大きくは開かないです。

たくさんのコインをまとめて入れるのはちょっと難しい。とはいえ、数枚ずつ入れることはできます。

15枚を入れると溢れてしまう。マチが大きく開かないため、ファスナーを閉めるにはコインを押し込む必要があります。

15枚入れてみました。かなり膨らみます。

コインの使いやすさというより、お札とカードの使いやすさ、そして薄さを重視した財布といえます。

素材

レーデルオガワ社のコードバン

外装はレーデルオガワ社のコードバン。アニリン染で仕上げられた、均整な表情を特徴とするコードバンです。

微細な光沢を放つ、美しさが魅力。ツルリ・サラリとした手触りです。

このコードバンは、染料で作られています。使っているうちに、色が変化するエイジングを楽しむことができます。

カードポケットの上段にも外装と同じカラーのコードバンが使われていますので、開いたときにもコードバンが楽しめます。内装のほうが色の変化がゆるやかなので、エイジングの違いも楽しめますね。

トーマスウェア社 ブライドルレザー

内装の黒い革は、ブライドルレザー。英国、トーマスウェア社のブライドルレザーです。

白く浮き出ているのはワックスが乗っているから。これをブルームと言います。トーマスウェア社のブライドルレザーは使っていると割と早くブルームが落ちます。

ちなみに、最初からブラシで落とすこともできます。ブルームの下にはつややかな表情が隠れていて、ブラシで落とすことで劇的な変化を楽しむことができます。これも新品のときにしか楽しめない遊びですね。ゆっくりと落ちる変化を楽しむか、一気に落として光沢を楽しむか、利用者に委ねられます。

Bridleleather Appearance change - ブライドルレザー ブルームの落とし方、表情の変化

2年以上使ったトーマスウェア社のブライドルレザーです。ワックスやクリームを塗らずにこの変化。良い革だと思います。

オーダーメイド

本作はオーダー可能。革の色を選ぶカスタムオーダーです(ポケットの増減などはできません)。

外装のコードバンは7色から選べます。

本ページで紹介しているのはBurgundy。

色が変化するエイジングを楽しみたいなら、濃い色のNavy、Choco、Blackは避けましょう。淡い色のほうが変化の度合いが大きいです。

内装のブライドルレザーも7色からチョイスできます。

糸の色は、外装の革、または内装の色、どちらかに合わせるオーダーとなります。外装と内装、同系のカラーを選べば、糸が主張しないため、革の表情をより楽しめます。

クオリティ

コバ

革の断面をコバといいます。本作のコバは黒い染料でしょう。

エッジが面取りされています。触れたときの気持ちよさも作り込まれています。

ステッチ

ミシンを使わず、手で縫われています。斜めに並ぶ、均整な糸目です。糸はリネンですね。光沢が控えめだから、コードバンの輝きを邪魔しません。ミシン縫いの量産品では味わえない美しさを堪能できます。

反対側も斜めに並ぶステッチラインは、手縫いの醍醐味ですね。

あとがき

薄くて携帯しやすく、カードとお札が使いやすいこと。それでいて上質な財布をお探しの方におすすめの財布です。

取り扱いサイトで見てみる