使いやすい財布のまとめ。「財布の使いやすさ」のポイントを徹底紹介【2017年版】

小さい財布のまとめ

いきなりですが、今お使いの財布は、使いやすいでしょうか?

  • デザインが気に入った。
  • 好きな革だから。
  • 好きなブランドだから。

いろんな理由で、財布をセレクトされたのだと思います。
その中に「使いやすさ」は入っていたでしょうか?

財布を選ぶとき、一番気にかけてほしいのが「使いやすさ」です。
お金とカードが使いやすい財布は、ストレスを感じません。だからこそ長く愛用できます。

そこで今回は、「使いやすい財布」と「使いやすさのポイント」を紹介します。

本ページは2部構成となっています。

前半では、日本が誇る、もっとも使いやすい財布を紹介します。
「使いやすいこと」を切り口に、間違いのない財布をセレクトしました。
ジャパンメイドの財布ですから、世界でもトップレベルの上質な逸品です。

後半は、「使いやすさのポイント」について、しっかりと紹介します。
これを知らずに買うと「なんだか使いにくいなぁ」と後悔してしまいます。最悪のケースでは、すぐに買い換えることになってしまうんですね。

後半をお読みいただければ、以下が分かるようになります。

  • 財布の使いやすさとは?
  • 自分にとって使いやすい財布とは?

本ページは「使いやすい財布」を手に入れる近道になるはずです。
ぜひ財布選びの参考にしてみてください。

スポンサーリンク

絶対使いやすい。おすすめの財布

財布は山のようにありますから、その中から使いやすいものをセレクトするのは大変です。

ここでは、使いやすい財布を紹介します。

どれも、私が実際に使ってみて、使いやすいと感じたもの。
たぶん、世界的に見てもトップレベルの使いやすさです。

財布を使うシーンによって「使いやすさ」は変わりますから、ライフスタイル別に紹介します。
あなたのスタイルにマッチするなら、絶対に使いやすい財布になるはずです。

小さくて使いやすい。携帯性を重視したい方はこちら

カルトラーレ ハンモックウォレット& ハンモックウォレットコンパクト

ハンモックウォレットとハンモックウォレットコンパクトコンパクトをウリにする、小さな財布はたくさんあります。ただ、残念なことに、そのほとんどはバツグンに使いやすいとはいえません。

そんな中、最小のボディに「使いやすい」を詰め込んだのが、革工房 カルトラーレのハンモックウォレットです。

他の「小さい財布」との違いは、コインの使いやすさを追求していること。
ガバッと開く大きなコインポケットが特徴です。広い面にコインが散るので、見つけやすく、取り出しやすいんですね。ハンモックウォレット コインを取る様子

結果として、小銭が増えないので、財布をコンパクトにできるのも嬉しいポイントです。

そのハンモックウォレットは、2種類ラインナップされています。

ハンモックウォレットコンパクトは、小さな三つ折り財布。
ハンモックウォレットコンパクト コインの収納

日本最小サイズに、小銭の使いやすさを求めるなら、本作がNo1。代わりはありません。

参考:ハンモックウォレットコンパクトのレビュー

ノーマルは、二つ折りタイプです。
ハンモックウォレット お札

「ノーマル」とはいえ、一般的な二つ折り財布に比べて、圧倒的に小さなサイズ。
「コンパクト」よりも面が広くなった分、小銭の使いやすさがアップしています。
また、「コンパクト」よりスリムなボディとなっていますから、スーツの内ポケットにも最適です。

参考:ハンモックウォレットのレビュー

どちらも、国産牛の型押しレザーを使っています。
素材の良さとフォルムが引き立つ、シンプルで美しいデザイン。上品で凛とした装いですから、オンオフ問わずに使えます。

気になった方は、ぜひ公式サイトをチェックしてみてください。
クリスマスや3月末など、財布の買い替えシーズンは品切れになりがちですが、入荷連絡サービスもあるので気に入ったカラーが売り切れの場合は検討してみてください。

公式サイトでハンモックウォレットを見てみる

公式サイトでハンモックウォレットコンパクトを見てみる

お金もカードもたっぷり。普段使いのオールインワンはこちら

エムピウ ミッレフォッリエ ⅡP25

エムピウ ミッレフォッリエレザーブランド、エムピウの財布です。

ミッレフォッリエの真髄は、その機能美にあります。万能ともいえる使いやすさを美しいフォルムに備えているんですね。

財布を開くと、よく使うカードが目に入ります。カード決済できるお店なら、これでお会計終了。とてもスマートです。
ミッレフォッリエ カードポケット2

さらに外側に開くと、カード、お札、コイン、とお会計に必要なものが一望できます。

片手で財布を支え、もう片方の手で、すべてのアイテムをカンタンに出し入れすることができます。
お会計のときに、あれこれと財布を持ち替えたり、向きを変えたりする必要がありません。スムーズにお支払ができるようにデザインされているわけです。

小銭入れが使いやすいのもポイント。ボックスタイプのため、ガバッと開きます。
大きな面にコインが散るので、見つけやすく、取り出しやすいんですね。
ミッレフォッリエ コインポケット

お札も使いやすいです。
フラップを開くことで、お札が半分はみ出た状態になります。パラリとお札が広がるため、数えやすく、取り出しやすいのです。
ミッレフォッリエ お札を出す

お札入れは1つのみ。それなのに使いやすいと感じるのは、バツグンの見やすさがポイントです。

あえて言うなら、左利きの人は使いにくいと感じるかもしれません。
写真のとおり、フラップが倒れる方向が決まっていますから、お札は右手で出し入れすることになります(私は右利きで、とても使いやすいと思うのですが、左利きの方にとってはちょっと使いにくいかもしれません)。

ミッレフォッリエはヒップポケットにすっぽりと入るサイズ感とお考えください。
手ぶらで出かけたい人にとっても、嬉しいサイズのはずです。


ミッレフォッリエは、カードの収納枚数によって2タイプあります。

いずれも同様の使い勝手です。

カードの収納枚数が15枚のタイプが【Ⅱ P25】

もっとたくさんのカードを収納したい人はこちら。
30枚入る【Ⅱ P30】です。

10年以上前に発売された財布ですが、現在もエムピウの中でダントツの人気財布。

私はミッレフォッリエを1,000日以上使いました。
使いやすさと小ささ、このバランスが取れた財布としてNo1。これ以上のものはありません。

もっと詳細に知りたい人は、ぜひこちらもご覧ください。
参考:ミッレフォッリエのレビューを見てみる

safuji ミニ長財布 ガイド納富コラボモデル

safuji ミニ長財布 ガイド納富
長財布で、お金もカードも管理したい方におすすめの逸品です。

ミニ長財布の特徴は、一般的な長財布より短い170mmのサイズ。
(1万円札の長さ+10mmしかありません)

この短さにより、持ちやすく、扱いやすい仕上がりとなっています。

カードは2つのスロットに、分けて入れられるようになっています。よく使う2枚のカードはすぐに取り出し可能です。
1つのスロットには7枚ほど重ねて収納できます。14枚のカードが収納できるようになっています。

小銭入れはパチンとはまる、ホック式。
ガバッと開くため、コインを探しやすく取り出しやすいんですね。

正直、長財布で一番使いやすい小銭入れだと思います。
ほとんどの長財布は、ファスナーで留めるつくりになっています。「コインをしっかりと収納する」安心感はあるのですが、ファスナーの開け閉めは面倒ですし、コインを取り出すときにファスナがどうしても手に当たってしまいます(あまり気持ち良いものではありませんよね)。
ミニ長財布 小銭入れ

ミニ長財布は、内側も豚革で仕立てられています。使いやすさだけでなく、手で触れたときに気持ち良いようにデザインされているのです。

お札入れは2つあるため、使い分けることができます。
マチは薄いため、それぞれ15枚ほど。合わせて30枚は収納できます。
GR021428

また、上記の写真のとおり、中央に1枚のカードを収納できるポケットがあります。
ここにSuicaを入れておくと、財布の使いやすさがグッと高まります。
一般的な長財布だと、どの部分をタッチすれば良いか迷ってしまいますよね。ミニ長サイフでは、中央をタッチすれば良いことが明白です。

参考:ミニ長財布のレビューを見てみる

たくさんのカードを使いこなしたい方はこちら

ALBERTE 束入れ

ALBERTE 束入れカードをよく使う人にとっての使いやすい財布とは、小銭やお札がたくさん入ることではありません。
よく使うカードが使いやすいこと。これに尽きます。

ALBERTEの束入れは、カードの使いやすさNo1の財布です。

カードポケットが財布の外側に並んでいるので、財布を開かなくてもカードが使えます。
ALBERTE長財布 カード入れ
私はクレジットカードをよく使うので、とても便利だと感じています。

親指を滑らせるだけで、カードを抜き出せます。これでお会計が完了しますから、実にスマートです。

さらに、わずか8mmの薄さですから、スーツの胸ポケットでも快適に利用できます。

小銭入れはファスナータイプですが、折り込みマチ式となっていて、そこそこ見やすいです。ALBERTE長財布 小銭マチ

お札の収納はスリットに差し込むつくり。
両端からシッカリとテンションがかかるため、逆さにしても落ちません。
ALBERTE長財布 紙幣

財布がスリムになることのメリットは、携帯性の向上です。
スーツの胸ポケットやカバンのポケットで最小のスペースしか取らないんですね。財布を持ち歩くときに、バツグンの快適さを体験できます。

ALBERTEはYUHAKUの姉妹ブランド。
細部も丁寧に仕立てられていて、高級感はダントツです。

参考:ALBERTE 束入れのレビューを見てみる

旅先で使いやすい財布

旅行財布abrAsus

旅行財布abrAsus

旅行先では、普段とは異なる使いやすさが重要になってきます。
ポイントは、慣れていない外貨を探しやすく、取り出しやすいこと。これに尽きます。
(たくさんのカードを使いわけるような機能は、それほど大切ではありません。)

これには、旅行財布abrAsusが最適です。

大きく開くマチでお札やコインが探しやすいです。旅行財布abrAsus 大きなポケット

また、折りたたむことでコンパクトにできるのも嬉しい機能。
携帯性が良く、旅先での移動が快適になります。

ウォレットコードを付けることができるので、安心・安全にお金を持ち運べます。

オーソドックスな財布から、使いやすいものを選ぶならこちら

ここまでは、使いやすさにこだわった財布を紹介しました。
以下の切り口でセレクトしています。

  • お金、カードが見やすく、取り出しやすい
  • お金やカードをそこそこ収納できる
  • コンパクトで取り回しが良い

ただ、使い勝手にクセがあり、見た目も独特ですから、苦手な方もいると思います。そんな方におすすめしたいのが、日本の革工房のオーソドックスな財布です。

日本の革職人が、日本人のために、日本のお会計に合わせてデザインした財布。
上質で、使いやすさのポイントを押さえた財布ばかりです

長財布からセレクトするなら、こちらもオススメです。
間違いのない逸品のみをまとめています。「使いやすさ」はピカイチです。

日本製のシンプルな長財布のまとめ。日本の職人技術が光る、かぶせ蓋タイプの長財布はこの記事から
シンプルで上質な長財布が欲しい。 そう思っていざ探しはじめると、ブラン…
スリムでしっかり入る!日本の上質なL字ファスナー財布のまとめ
L字ファスナーの財布は、ここ数年で人気が出てきたアイテムです。 ラウンドファス…
日本の上質なラウンドファスナー財布 29選。間違いのない選び方や、メリット・デメリットを紹介
ラウンドファスナー財布の魅力は、たくさんのお金やカードを安心して持ち歩けること。…

オーソドックスな財布の使いやすさを比べるとこうなります。

かぶせ蓋タイプの長財布 > L字ファスナー長財布 > ラウンドファスナー長財布

※二つ折り財布の使いやすさは、持ち歩くお金の量で変わるので含めません。
お札15枚、カード6枚ほどなら、二つ折り財布の方が使いやすいでしょう。

数が多くて迷う方はこちらをどうぞ。
革工房の中から、リーズナブル×上質×使いやすいを切り口に、オーソドックスな二つ折りと長財布からセレクトしています。

2万円台のおすすめ財布。メイドインジャパンの上質財布を厳選して紹介
このページで紹介するのは、2万円台の財布。 メイドインジャパンの上質な財布…
3万円台のおすすめ財布。メイドインジャパンの上質財布を厳選して紹介
このページでは、3万円台のおすすめ財布をセレクトしてご紹介します。 3万円…
4万円台のおすすめ財布。メイドインジャパンの上質財布を厳選して紹介
このページでは、4万円台のおすすめ財布を紹介します。 4万円台にもなると、…

日本の革工房について、もっと知りたい方はこちらをご覧ください。
メイドインジャパンで上質な財布をつくるブランドを厳選しました。

日本の革財布 工房35選。各ブランドの特徴まとめ。メイドインジャパンの上質な財布ブランドを徹底紹介
ブランドにはこだわらず、最高品質の財布をリーズナブルな価格で手に入れたい。 …

参考:小さい財布は使いやすいのか?

2012年以降、「小さい財布」がたくさん生まれました。
小さい財布abrAsusストラッチョなどですね)

これらは、本ページでは紹介しませんでした。「小さい財布」は必ずしも使いやすいとは言えないからです

これは、実際に使ってみて感じたことです。
携帯性を重視しているため、「使いやすさ」の点で十分とは言えません。

「小さい財布」は収納量と、お金の使いやすさの点で、一般的な財布に及びません。

例えば、小さい財布は、「小銭の入り口」が小さいんですね。
コインの探しやすさや、取り出しやすさでも劣ります。
小さい財布abrasus 小銭入れ
小銭をこぼさないように注意してお金を扱わなくてはいけません。

こういった理由から、たくさん持ち歩きたい人に「小さい財布」はオススメできません。
(これを解決したのが、最初に紹介した「ハンモックウォレット」ですね。)


いかがでしたか。ここまで、「使いやすい財布」を紹介してきました。

ありきたりなカタチに落ち着かせず、あえてエッジの効いたデザインにすることで、オーソドックスな財布には無い、バツグンの使いやすさを味わえるものです。

どれも特徴のある財布ですが、あなたのスタイルに合うものをセレクトすることで、快適に使いこなせるはずです。

使いやすい財布のポイント

ここからは、「財布の使いやすさのポイント」についての紹介していきます。

上記でご紹介した財布は、オーソドックスなデザインのものではありません。
二つ折りや長財布といった伝統的な財布を使いたい方もいらっしゃると思います。

そういったものをセレクトするにしても、「使いやすさ」を見極めるポイントがあります。
ぜひ、ここで紹介するポイントをチェックしてみてください。

財布の使いやすさとは何か

財布の用途はとてもシンプルです。

お金やカードを入れて、持ち運んで、お会計する。
この流れをよりスムーズにできる財布が、「使いやすい」わけですね。

具体的には、「使いやすい」と感じるポイントは、2つに分けることができます。

  1. 財布の作り
  2. 財布の使い方

1つ目は、例えば、小銭入れが大きくて使いやすい。などですね。
2つ目は、お会計の方法や、使う場所によっての使いやすさです。(カードを使うのか、現金を使うのか?などですね。)

まずは、あなたにとっての「使いやすさ」のポイントを押さえてみましょう。

財布の作りによる。「使いやすさ」

財布を使って、3つのアイテムを使い分けることになります。

  • お札の出し入れ
  • 小銭の出し入れ
  • カードの出し入れ

これらをスムーズにできる財布を、「使いやすい」と感じるわけですね。

財布は、これらの用途ごとにパーツが分かれています。
この作りによって、使いやすさが決まります。

また、財布には、長財布、二つ折りといった「カタチ」があります。
これも使いやすさに関わってきます。

順に紹介します。

財布の形

二つ折り、長財布、etc・・・。
財布にはさまざまな形があります。
財布の形による機能の違い

ライフスタイルによっても「使いやすさ」が変わるのですが、

カードや小銭をたくさん持ち歩きたい人は、長財布が使いやすいと言えます。
YUHAKU 束入れ 内装

大きなボディに、お札、小銭、カードをたくさん収納できるからです。
写真のような、財布を留めるものがないカタチを「かぶせ蓋タイプ」といいます。これが最適な理由は、お金やカードにすぐにアクセスできるからです。

例えば、ラウンドファスナータイプの財布は、ファスナーの開け閉めのアクションが必要です。(大容量 & 中身を守る安心感はありますが、使いやすさとは別です)

日本の革工房の財布は、細部まで丁寧に作られています。
「使いやすさのキホン」を押さえていますから、まず間違いありません。

日本製のシンプルな長財布のまとめ。日本の職人技術が光る、かぶせ蓋タイプの長財布はこの記事から
シンプルで上質な長財布が欲しい。 そう思っていざ探しはじめると、ブラン…

一方、お金やカードが少ない人は、二つ折りの財布が良いでしょう。
コンパクトなため、財布の取り回しが楽ですし、携帯性はバツグンです。

財布の形ごとに、それぞれ特徴があります。
(キリがないため本ページでは省略させてもらいます。)
気になる方はこちらをご覧ください。

財布の形による特徴のまとめ。カタチ別にメリット、デメリットを徹底比較【完全版】
お金を安全に運び、お会計すること。財布の用途はとてもシンプルです。 ところが、…
財布のプロの徹底比較。二つ折りと長財布の違い。デメリットを改善した財布の紹介
伝統的な財布の種類は、二つ折りと長財布。 比べてみると、それぞれに長所と短…

ここからは、パーツごとに使いやすさのポイントを見ていきます。

お札入れ

日本で、よく使われているお札は3種類。

  • 一万円札
  • 五千円札
  • 千円札

金額に合わせて、お札を探し、取り出し、収納すること。
これらがスムーズにできるものが「使いやすい」といえます。

このポイントは2つあります。

ポイント1.お札入れのマチが十分にあること。

マチがあるお札入れは、ガバッと開くことができます。YUHAKU 束入れ お札ポケット

写真は良い例です。

お札をスッと収納でき、楽に取り出すことができます。
しかも折り込み式のマチですから、入ってない時は、スリムになります。

ポイント2.お札入れが2つ以上あること。

一万円札と千円札、種類の違うお札を分けられるので、とても便利です。
ギフトカードやレシートなどの収納分けもできます。
財布の中がスッキリしやすいんですね。

ちなみに、ラウンドファスナータイプの財布は、お札入れが3つ付いているものもあります。
使い分けは便利ですが、仕切りが増えますから、厚みと重さが増えます。

一般的に、シンプルな財布ほど軽く、お出かけに最適です。

一長一短ですから、好みや使い方で決めれば良いと思います。
din2-R

使いやすさのポイント!

マチがあること。整理したい人は2つ以上のお札入れがあると良い。

小銭入れ

まだまだ、小銭を使うことが多いですよね。

小銭入れは、財布の使いやすさのキモです。

使いやすい小銭入れとは、
小銭を探しやすく、取り出しやすいこと。

結果として、小銭が増えにくくなるという嬉しい効果も期待できます。

ポイントは、小銭入れがガバッと大きく開くことです。

例を示しながら紹介します。


使いやすいボックスタイプ

出典:http://www.alterezza.com/出典:http://www.alterezza.com/

四方を囲んだボックス型のコインポケット。
コインが均され、探しやすく取り出しやすいつくり。
まさに、使いやすい小銭入れの代表です。

主に二つ折り財布で見る作りです。

両開きタイプ

ミニ長財布 小銭入れ

両端が折り込みマチになっているため、ガバッと開きます。
長財布の面積いっぱいに広がる小銭入れは、やはり見やすく取り出しやすいです。

長財布でこのタイプのものは、最も使いやすいといえるでしょう。

ファスナータイプ

YUHAKU 束入れ コインポケット

片方が折り込みマチになっていて、しっかりと小銭を確認できます。
最も一般的なタイプです。

そこそこ、使いやすいです。

ファスナータイプの小銭入れでは、マチがあることをチェックしましょう。
マチなしはとても使いにくいからです。

参考として、「使いにくい」タイプを見てみましょう。
FRUH 薄い長財布 ファスナー

同じくファスナータイプですが、マチが無いためガバッと開くことができません。
覗きこむようにしないと、小銭が見えませんし、取り出すのも大変です。

小銭入れの大きさがが同じでも、
マチの有無で使いやすさがガラリと変わるので要チェックです。

使いやすさのポイント!

ガバッと開く小銭入れは、見やすくて、取り出しやすい。

カード入れ

カードポケットの作りは財布によって大きく2種類に別れます。

1.段状のカードポケット
マルティーニ・オーモンドウォレット カードポケット1

1枚ずつ、カードを収納するタイプ。
当たり前ですが、長財布の方がポケットが多いです。

このタイプの特徴は、カードを見つけやすく、すぐに取り出せること。
たくさんのカードの中から、使いたいカードをパッと見つけやすいんですね。

ただ、仕切りがある分、財布が厚くなってしまいます。

2.カードを重ねて入れるタイプ
エムピウ ゾンゾ カードポケット

カードポケットにマチを持たせたタイプ。
出し入れしやすいのがポイントです。

カードを重ねるだけの、仕切りが少ないつくり。
結果として、財布を薄くできるメリットもあります。

デメリットは、使いたいカードがどこにあるか、すぐに分からないこと。
(カードを探すのに時間がかかること。)

ただ、カード枚数が5枚程度なら、ストレスを感じません。
よく使うカードって3枚以下じゃないでしょうか?
自然と、すぐ取り出せる位置に収まるものです。

使いやすさのポイント!

タイプごとに一長一短あります。
カードの探しやすさを取るか、出し入れのスムーズさを取るかで変わります。

複数のカードを頻繁に使い分ける人は、1.の段状タイプがオススメ。

逆にカードが少ない人は、2.の重ね入れタイプでもOKです。

財布の使い方による、「使いやすさ」

お金の払い方

現金をよく使うか? それともカードでの支払いが多いか?

あなたはどちらの支払いが多いでしょうか?

お会計の仕方でも、使いやすさは変わってきます。

例えば、カードをほとんど使わない人は、カードの使いやすさはどうでもいいわけですね。

使い方に合わせて財布をチョイスすると、グッと使いやすいと感じるはずです。


現金での支払いが多い人

カードをあまり使わない。
現金でのお会計が多い人です。

お札入れと小銭入れが使いやすいものをセレクトしましょう。
この2つの使いやすさがキモになります。

カードでの支払いが多い人

現金より、カード決済が多い人。

カードが使いやすい財布をセレクトしましょう。
カードを迷いなく選び、1アクションで取り出して、カンタンにしまえる財布ですね。

持ち歩きたいカードの枚数に合わせて、使いやすいカード入れの財布を選びましょう。

財布を使う場所

財布をどういったシーンで使うか、これによっても使いやすさ変わります。


日常生活で使う財布

持ち歩くお金の量、カードの枚数によって、「財布の形」を決めるとよいでしょう。

少量であれば、二つ折りの方が身軽ですし、財布の取り回しも楽です。

お札10枚、カードを5枚に抑えられる人は、いわゆる「小さい財布」でも大丈夫です。

お札が15枚を超える人は、長財布がおすすめ。
二つ折り財布は、たくさんのお札に適していません。

お札は、「元に戻ろうとする」ので、財布が閉じにくくなって不便に感じるはずです。

banknote-1396351_960_720

たくさん詰め込むことで、型崩れも起きやすくなります。

レジャー、旅行

旅先に、たくさんのカードは不要です。
海外旅行ならなおさらです。

こういったシーンで使いやすいと感じるポイントは、コンパクトで安全に持ち歩けることです。

お金がソコソコ入って、ポケットに入れて出かけられるサイズ感がポイントです。
具体的には、こちらをご覧ください。

旅行用財布のまとめ。国内?海外?旅のスタイル別にオススメを紹介
私は年に4,5回は旅行するのですが、そのときに持っていく財布は、普段のものではな…

いかがでしたか?

一言で、「使いやすい」といっても、財布の作りや、使い方で変わってくることが分かってもらえたでしょうか。

お店で見て選ぶときにチェックすることで、使いやすい財布を見抜けるはずです。

まとめ

結局のところ、「使いやすい財布」は使い方やシーンによって変わります。

  • お会計の方法(現金派 or カード派)
  • 持ち歩きたいお金やカードの量
  • 使うシーン

こういった中で、万人におすすめできるのが、ミッレフォッリエミニ長財布です。

本記事が、使いやすい財布を求めている方の参考になれば幸いです。
ブックマークやツイッターでシェアしてくださると大変嬉しく思います。

以上、「使いやすい財布のまとめ」をご紹介しました。

参考リンク

小さくて使いやすい財布をまとめてみました。
財布がコンパクトになることで、さまざまなシーンで使い勝手がよくなるはずです。

小さくて機能性の高い財布のまとめ。2017最新版
財布の中でも、とりわけ「小さい財布」が好きです。 小さなボディに、たくさんのア…

オーソドックなカタチのものからセレクトするなら、
こちらの記事がおすすめです。

2万円台のおすすめ財布。メイドインジャパンの上質財布を厳選して紹介
このページで紹介するのは、2万円台の財布。 メイドインジャパンの上質な財布…

スポンサーリンク