【2019年】よく使った革製品のまとめ。

本ページでは、当サイトで紹介したアイテムの中から、2019年に「よく使った革製品」をご紹介します。

スポンサーリンク

掲載ルール

それぞれの製品に良し悪しがあるから「オススメの掲載」は難しい。

フェアに紹介したいので、製品カテゴリごとに、触った・使った回数が
多いプロダクトを切り口にピックアップすることにしました。

このルールだと2019年12月に購入したプロダクトは挙げられないのだけど、そこは来年に・・・。

財布

一番買ったのも財布だし、一番使った種類が多いのも財布。

今年も20以上使いました。中でも使用頻度の多いものを6つご紹介。

WILDSWANS パーム

コンパクトな二つ折り財布、パームです。

よく使ったモデルは、ホーウィン シェルコードバンとサドルプルアップ。合計、100日くらい使ったはず。

シェルコードバンは、世界一の光沢さとスムースさを誇る、大好きな革です。
しかし、キズや染みができやすい。パームは水に濡らしてしまったのだけど、メンテナンスしながら愛用しています。

キズ・染みが付いてしまったときは大変ショックだけど、諦めもつくもの。どんな製品だってそうですね。布袋に入れたこともあったけど、使い勝手を犠牲にするからやめました。「ガシガシ使うからこその変化」を楽しみたいと思います。

好きなところ

  • フォルム
  • ボリューム感
  • 美しいコバ、ステッチ
  • 一般的な二つ折り財布よりもコンパクト

気になるところ

  • お札の出し入れをするときに引っかかることがある

参考:パームのレビュー

パームを見てみる

three2four POCKET

three2fourの「ミニL字ファスナー」にカテゴライズされるお財布。

2019年はPOCKETとSIZの使い比べもしました。
エイジング検証だったり、気軽さだったりで、POCKETの方が使用日数は多かったです。合計、70日くらい使ったかな。

POCKETの色はバーボン。シェルコードバンのカラーラインナップの中で、ナチュラルに次ぐ淡い色。濃淡に個体差もあるし、使い方によって変化も変わるでしょう。透明感が好き。

ポケットに入れて持ち歩いていました(POCKETは、ラフに使いたいのです)。当然ながらキズも付けてしまった・・・。さて、どのように変化していくでしょうか。

好きなところ

  • 気軽に持ち歩ける
  • コインが使いやすい

気になるところ

  • たくさんのカード、お札は収納できない
  • お札を10枚くらい入れると、ファスナーがひっかかることがある

参考:POCKETのレビュー

ハンモックウォレットコンパクト

ポケットに突っ込んで出かけられる「小さな財布」です。

今日、さまざまな「小さな財布」があります。
中でも、ハンモックウォレットコンパクトはコインやカードの使いやすさに優れています。

素材はエンボスレザー。キズ・水に強くてガシガシ使えるのもいい。
ちょっと汗が気になるとき(夏場の通勤や、自転車など)、それから国内旅行でも気負わずに使えます。

当初よりヤレ感が出てクタっとしてきました。

好きなところ

  • 小さくて使いやすい
  • キズや水を気にせず、ガシガシ使える

気になるところ

  • お札が三つ折りになる
  • 色ツヤの変化が楽しめない

参考:ハンモックウォレットコンパクトのレビュー

ハンモックウォレット コンパクトを見てみる

スポンサーリンク

エムピウ ストラッチョ ブッテーロモデル

エムピウの最小財布、ストラッチョです。

様々な革でラインナップされていて、最上位のスペリオーレも持っているのだけど、もっとも使ったのはブッテーロ。エイジング検証も兼ねて、30日くらいは使ったかな。

素材はブッテーロ。イタリアのタンナー、ワルピエ社のオイルレザーです。
薄化粧ですからキズが付きやすく、トラも出やすい。

ポケットの中に入れて持ち歩いたり、自宅でも触ったりしていました。
ブッテーロの赤は、新品のときはかなりマット。言い換えると「安っぽく」見えたりもするのだけど、変化したあとの光沢が素晴らしいですね。大好きな革のひとつ。

安価なため、細部の仕上げは気になるところがあります(最高品質とは言えません)。
しかし、コンパクトなボディに十分な実用性が詰め込まれている。

そもそも「安くて上質な財布」は存在しません。1万円以下で手に入る、実用的な小さな財布はストラッチョだけです。

好きなところ

  • 小さい
  • 高価じゃないから、ガシガシ使える
  • ブッテーロのエイジングを楽しめる

気になるところ

  • お札が三つ折りになる
  • (高価な財布と比べると)細部の仕上げが気になる
  • 札入れが床面(スペリオーレで解決するけど、素材がミネルバになる)

参考:ストラッチョ ブッテーロモデルのレビュー

safuji ミニ長財布

カード、コインが使いやすくて、たっぷり収納できる財布。
2019年は、40日ほど使用。

外装はナッパネビア。日本ではあまり使われていませんね。
イタリア バダラッシカルロ社の革です。表面を覆うロウは、すぐに落ちます。

好きなところ

  • コイン、カードをサッと取り出せる

気になるところ

  • 小さい財布、薄い財布と比べると、厚くて大きい

参考:ミニ長財布のレビュー

キプリス馬蹄

日本の伝統的なコインケース、馬蹄型。大好きなカタチです。
ガバッと開き、サッと入れれる使いやすさが特徴。

トータル50日は触ってるはず。

写真やYoutubeの撮影のときに使うコインは、本作からすぐに取り出せるように準備しています。メインでつかっている財布のコインが多くなってしまったら、こちらに収納したりも。

好きなところ

  • コードバン
  • 使いやすい
  • 小さい。可愛い

気になるところ

  • カードもお札も入らない

参考:キプリス コードバン馬蹄型のレビュー

キプリスの馬蹄型コインケースを見てみる

キーケース

2019年は4つくらい使ったけど、WILDSWANSのキーケースがダントツでした。

WILDSWANS CLIPPER 2

WILDSWANSの定番キーケース。ホーウィン シェルコードバンモデル。
300日以上持ち歩いていました。当然、傷もできる。

ポケットに入れて持ち運んでいたため、1日1時間ほど「乾拭き」されていたはず。良い感じに育ちます。

ほとんど型崩れしていない。さすがシェルコードバン、さすがWILDSWANS。

好きなところ

  • シェルコードバンを毎日触れる
  • シンプルで使いやすい
  • 堅牢

気になるところ

  • 内装のキズは防げない
  • 内部のホックは人によっては必要ない

参考:クリッパー2 シェルコードバンモデルのレビュー

クリッパー2を見てみる

カードケース(名刺入れ)

ONESWORKER 名刺入れ

香川のONES WORKERの店舗で、手に入れた名刺入れです。
素敵なお店です。香川に行かれる際はぜひ。

素材はプエブロ。
ミネルバと同じく、イタリアのバダラッシカルロ社がつくる革です。

ポケットに突っ込んで持ち歩いていました。
当初、毛羽立ちのあった表情も、200日弱使うとこうなる。

ツヤツヤです。

好きなところ

  • プエブロ
  • グングンと進むエイジング

気になるところ

  • ツヤが出てくるので、目立つかも(お仕事によっては使いにくい)
  • もっちりとした質感は、好みが分かれるかも

参考:ONES WORKER名刺入れのレビュー

ONES WORKERの名刺入れを見てみる

カバン

ONES WORKER ボディバック

2017年にオーダーメイドしたもの。

私にとって、はじめてのカバンのオーダー。
「カスタムオーダーの楽しさ」を教えてくれた、思い出の一品でもある。

素材はミネルバボックス。色はオルテンシア。大好きな革、大好きな色です。

良い感じに育ってくれています。このクッタリ感も好きなのです。

好きなところ

  • 気軽に使えるサイズ感
  • ミネルバボックスのさわり心地

気になるところ

  • たくさんの荷物は入らない
  • 光沢が出るので、カジュアルよりかも

参考:ONES WORKER ボディバッグのレビュー

ONES WORKERのボディバッグを見てみる

スポンサーリンク

アークテリクス アロー22

※革製品ではありませんが、よく使ったので。

2019年も150日ほと使っているはず。

化繊のカバンは、加水分解したりで3年くらいでボロボロになってくるものもある。だから、アロー22も寿命は3年ほどと思っていたのだけど・・・。

2019年で7年目を迎えました。
「よく使っているカバン」としては人生最長。まさかのランドセル超えです。

革製品をいくつも持ち歩くので、雨が降りそうな日はアロー22に頼ってしまう。

ほぼ完璧な防水性能があるため、安心しきってしまうかもしれません。
私はファスナーが少し空いていたことに気づかず、隙間から侵入した雨で、コードバンや栃木レザーにシミを作ってしまいました。しっかりとファスナーを閉めましょう。

好きなところ

  • 丈夫
  • 雨もヘッチャラ
  • シンプルなデザイン

気になるところ

  • とにかく人とかぶる
  • ちょっと大きい(満員電車では邪魔)

参考:アークテリクス アロー22のレビュー

眼鏡ケース

メガネケースもいくつか持っていて併用しています。

エムピウ ロトロ オッキアリ

ほぼ毎日使う。旅行にも持っていく相棒です。
2019年は、150日以上触っているはず。

素材はマレンマ。ブッテーロより油分が多く、テリテリの表情に変化する。

ロトロは革で巻くデザイン、コロンとしたフォルムが好きでずっと使っています。今年はもう1本買いました。

好きなところ

  • イタリアの革、マレンマを使用
  • どこに触れても革
  • フォルムがかわいい

気になるところ

  • サッと出し入れできない
  • 大きい(防御力は高い)

ロトロ オッキアリを見てみる

ILLBUSETTO 眼鏡ケース

フィレンツェの伝統技法で作られた一品。

「同じようなカタチの眼鏡ケース」は他のショップ、ブランドでも売っていました。10店舗以上回ったのだけど、ILLBUSETTOがバツグンに美しかった(グッと惹かれるものがあった)。

明るい空間ほど、透明感と濃淡を楽しめます。

店舗では、いろいろと相談に乗ってもらえました。

「色が変化する革製品が好きで、青い眼鏡ケースを探している」とお伝えしたところ、制作の手を止めて、嬉しそうにいくつも見せてくれた。その中から選んだ一品です。フィレンツェ伝統の革製品の作り方や、染色の方法。色の変化やメンテナンスなど、いろいろ話をさせてもらった。楽しい時間でした。
Firenze-leather-30

ご主人のジュゼッペファナーラさんは、日本語を(少し)話せるし、息子さんは英語が話せます。フィレンツェ旅行の際は、ぜひ足を運んでみてください。タンニン革がお好きなら、きっと楽しめるはず。

Il Bussettoの製品はamazonでも売っています。送料が高いのはイタリアからの直送だから。とはいえ、イタリアに行くよりはずっと安いですね。

日本で実物を見たいなら、東京 蔵前のエムピウに行けばあるかもしれません(2019年は数点、展示されていました)。

好きなところ

  • 気軽に使える
  • 美しいフォルム、表情

気になるところ

  • キズは付きやすい
  •  入り口が全開のため、持ち歩きには不便かな

参考: IL BUSSETTOメガネケースのレビュー

椅子

椅子はスペースを占有するため、財布のように沢山買うわけにはいかない。
アレコレと悩んでいたのだけど、2019年に購入しました。

スポンサーリンク

pat woodworking おあげ

革の椅子はいくつもある。
ただし、実用性と美観、色ツヤが変化するエイジングを楽しめる椅子はほとんどない。

私のチョイスは、「おあげ」でした。

結論としては買ってよかった。ほぼ毎日使っています。
座らないときも、「サイドテーブル用途」で高さがちょうど良いため、ちょと本を置いたり。(ただ、天板がカーブしているため、安定性はないです)。

キズは付くけど、目立たなくなるはず。サドルプルアップレザーですから。

安くはないし、場所も取る家具です。気にいるかどうか、不安かもしれません。であれば、ぜひWILDSWANSの店舗に行ってみてください。京都と銀座、どちらの店舗にも置いてあります。私は行くたびに何度も座りました。自宅にある今も座ってしまう。素敵な椅子です。

好きなところ

  • サッと使える
  • エイジングを楽しめる
  • シンプルで飽きないデザイン
  • 上質な木材、革を使っている
  • 細部まで丁寧に仕上げられている

気になるところ

  • ちょっと重い(木材に黒檀をセレクトしたから。もっと軽い素材を選べば良いです)

参考:pat woodworkingおあげ のレビュー

おあげを見てみる

デスク用品

自宅での仕事、PC作業用です。

ル・ボナー ブッテーロデスクマット

2019年3月に購入。200日以上触っています。
触らないのは、出張や旅行のときくらい。使用率95%を超えるプロダクト。

使っているとキズも付くのですが、少しずつ目立たなくなる。少しツヤも出てきましたね。

好きなところ

  • ブッテーロを使用
  • エイジングを楽しめる、大きなデスクマットは本作以外にない

気になるところ

  • お風呂上がりや夏場は、汗が気になるかも
  • キズはつきやすい

参考:ル・ボナー デスクマットのレビュー

エムピウ カンペット

ミネルバリスシオを使ったマウスパッドです。ボリューム感とちょっと変わったカタチのものが欲しくてエムピウからチョイス。

ミネルバは変化のスピードも凄まじいのだけど、本作は変化が控えめ。

というのも、トラックボール(MX ERGO)を置いて使っているからでしょう。マウスのように動かさないのです。通常のマウスで使うなら、もっと顕著に変化するはず。

好きなところ

  • ミネルバリスシオを使用
  • エイジングを楽しめる

気になるところ

  • 傷つきやすい

参考:エムピウ マウスパッドのレビュー

IDホルダー

スポンサーリンク

KTルイストン IDホルダー

もう2年以上使っています。毎年、200日は持ち歩いています。

ほぼ毎日使っているので、キズもつくし、濃淡も出てきた。

素材はコードバン。キズや水が付いても、メンテナンスすることで光沢を取り戻せる。

IDカードはビジネスパーソンの顔です。清潔に見えるよう、メンテナンスしたほうが良いですね。見違えるほどキレイになります。

before。雨などでシミがついた状態。

after

ちなみに、長谷革屋のワックスを使用。すごくオススメ。ブッテーロ、シェルコードバンにも使えます。

好きなところ

  • コードバンの美しさが堪能できる
  • シンプルなデザインで使い安い

気になるところ

  • 表面の「透明な板」が傷がついてきた

参考:K.T.ルイストン コードバンIDケースのレビュー

コードバンIDケースを見てみる

ブックカバー

一革 シェルコードバン ブックカバー

ホーウィン社、シェルコードバンの一枚革を使った、贅沢な一品。

2019年の後半に購入。
これまでもブックカバーはオーダーしたことがあったのだけど、高価なシェルコードバンでのオーダーは初めて。失敗できないので、やっぱり緊張しますね。

気に入っているところ

  • ホーウィンシェルコードバンを手に、読書ができる

気になるところ

  • 厚みのある本がセットできない

参考:シェルコードバン ブックカバーのレビュー

ブックカバー シェルコードバンモデルを見てみる

腕時計の革ベルト

さまざまな革製品があるけど「肌に触れ続ける革製品」は、腕時計のベルトですね。

一番よく使う革製品。1年のうち300日はベルトを装着しているはず。1日10時間だとして、年間では3000時間ほど触れている革製品になります。夏もずっと使っています。今年はメタルバンドを一度もつけませんでした。

使っているのは、ほとんどオーダーメイドです。

クロコのベルトを試したくてCASISのベルトを購入してみたのですが、手首のサイズに調整されたオーダーベルトの方が快適だし、着脱も楽。だから、あまり使えてないんですよね。(手首のサイズが標準なら、まったく問題無いです。)

気に入っているところ

  • 革を身につける楽しみがある
  • フィット感、気持ちよさはメタルバンドより上

気になるところ

  • 夏は汗が気になるかも(革の種類によっては、夏場は避けたほうが良いでしょう)

参考:腕時計の革ベルトと金属ベルトの違い
参考:Dバックルの選び方

ベルト

CIRCUS OF HAPPINESS ナローベルト

東京 青山に拠点を置く、CIRCLEさんのオリジナルブランド、CIRCUS OF HAPPINESSのベルト。両面にサドルプルアップを使った贅沢なベルトです。

革のベルトもたくさん持っているのだけど、一番使ったのがこちらかな。エムピウのDUEも同じくらい使ったかも。

好きなところ

  • サドルプルアップの表情
  • 細い。スタイリッシュにキメたいときに

気になったところ

  • 25mmは、カジュアルには合わせにくいかも

参考:CIRCUS OF HAPPINESS ナローベルトのレビュー

ナローベルトを見てみる

あとがき

2019年は、YoutubeInstagramをスタートしました。

紹介方法が変わると、視点も変わる。また違うことに気づくことができる。
ひとつひとつの製品に向き合うことで、2018年よりも丁寧に解説できたのではないかと思います。blogの更新頻度は下がりましたが・・・。

2020年もさまざまな機能的なプロダクトを紹介していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

SNS/YouTube

Twitter, Instagram, YouTubeもやっています。フォロー、アンフォローお気軽に。


func_walletさんをフォロー

スポンサーリンク