フォスキーア 束入れのレビュー。YUHAKUの美しいラウンドファスナー財布の紹介

dsc05060

YUHAKU(ユハク)は美しい染色を得意とする、日本の革工房です。

豊富なラインナップの中で、公式サイトのランキング上位の常連が、フォスキーア束入れ。いわゆるラウンドファスナータイプの財布です。

しばらく使ってみましたので、一番の魅力である、その美しさはもちろん、使い勝手も含めてしっかりとご紹介します。YUHAKUの財布を検討されている方は、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

スペック

ブランドYUHAKU
商品名フォスキーア束入れ(YFP114)
用途メイン
価格(税込み)42,120円
収納力★★★★★
お札入れの数2
お札の収納枚数40-50
小銭の収納枚数20
カードの収納枚数12
寸法W198×H95×D22mm
重量170g
素材イタリアンショルダー × ポニー

フォスキーア束入れを公式サイトで見てみる

使い勝手

フォスキーア束入れは、ラウンドファスナータイプの長財布です。

外装はハリのあるスムースな革で、手に吸いつくような触り心地。
また、一般的なラウンドファスナー財布と比べると、スリムなボディです。
手の小さな方も、しっかりと手に持つことができます。

手に持つとこんな感じ。
透明感がバツグンなのに加えて、スムースに仕上げられているため、表面にうっすらと指が映りこむほどです。
dsc05005

ファスナートップは革製。すべることなく、しっかりと掴みやすくなっています。
また、接続部は可動する金属になっているので、あらゆる方向から開けやすいデザインとなっています。
dsc05019

財布を開くと、カードとお札を一望できます。この見通しの良さが、ラウンドファスナーの使いやすさです。
dsc05029

それでは各アイテムの使い勝手を紹介していきます。

カード

両サイドにカードポケットが配置されています。

片面に6枚。計12枚のカードを分けて収納できるつくり。
dsc05023

一般的なラウンドファスナーと比べると、カード枚数は平均的です。とはいえ、二つ折り財布では6枚程度ですから、2倍もの収納量。カードの多い人にとっても十分でしょう。

もっと収納できるものもありますが、当然、厚みが増します。
フォスキーア束入れは、収納力よりも、スリムにすることが優先されているんですね。

お札

両サイドがお札ポケット。
2層に分かれています。
dsc05021

  • 一万円札 / 千円札
  • 日本円 / ドル・ユーロ
  • 日本円/ 商品券

といった使い分けができて便利です。

お札入れは、折込マチの作りですから、ガバッと開きます。お札がパラリと広がりやすいので、探しやすく、取り出しやすく感じます。
dsc05024

無理なく収納できる枚数は、片面に20枚。合計40枚ほどとお考えください。公式サイトでは50枚と書いてありますが、当然財布が膨らみます。

スリムに持ち歩くコツは、たくさん詰め込みすぎないことです。
ファスナーで留めるため、もっと詰め込むことができますが、財布に負担がかかるので避けたほうがよいでしょう。

ちなみに、カードが12枚に収まらない人は、こちらに入れても良いでしょう。
ガバッと開くので、カードも使いやすく感じます。

横向きに入れるとこんな感じ。

dsc05040

縦に入れるとこんな感じです。
ファスナーに当たらない、ギリギリのサイズです。
dsc05038

コイン

中央の仕切りがコインポケットです。
ファスナーで留めるつくりとなっています。dsc05031

片方が折込マチ。
もう片方は縫製されています。

いわゆる方マチタイプですね。
dsc05032

そこそこオープンできます。
さらに、内装が鮮やかなキャメルカラーですから、コインはとても見つけやすいです。
dsc05036

方マチにしたのも、スリムに仕上げるためでしょう。
(両マチにすると、使い勝手は良くなりますが、厚くなります)

財布の内装はキャメルカラー。これは好き好きですね。

内装がヌメ革のように明るすぎると、汚れが目立ちます。一方で暗すぎると、10円玉、5円玉が探しにくいと感じます。

フォスキーア束入れは、この中間のカラー。丁度良いバランスといえます。

使い勝手のまとめ

フォスキーア束入れの使い勝手は、平均的なラウンドファスナーと言えます。

特徴は、使い勝手を保ちつつ、スリムに仕上がっていること。
一般的なラウンドファスナーは25mm以上の厚み。比べて、フォスキーア束入れは22mm。

わずか3mmと思うかもしれませんが、これが「心地よさのキモ」なのです。22mmはスーツの内ポケットに収まるサイズなんですね。(個人的に、25mmを超えるとかさばる感が勝ってしまい、ストレスを感じす。)つまり、スーツを着る男性が、持ち歩くストレスを感じないサイズに仕上がっています。

もっとたくさんのポケットを配置することも出来たはずです。
あえてそれを切り捨てたのは、「たくさん詰め込むこと」よりも「携帯性」を大切にしたからでしょう。

結果として、スリムなラウンドファスナーに仕上がっています。
持ち運びやすさと使い勝手のバランスが取れた財布といえます。

特徴

フォスキーア束入れの魅力は、その特徴からも見て取れます。

フォスキーア技法による、美しいグラデーション

dsc05009

全体的に靄(もや)がかったようなグラデーションが施されています。
これがYUHAKUの得意とする染色、「フォスキーア技法」です。本作の一番の魅力と言って良いでしょう。

財布の中央は、淡い色合いで、優しく柔らかな印象を受けます。
そして、どこを見ても単色ではなく、靄がかったように彩られています。
dsc05057

端に行くほど、少しずつ深みが増していきます。濃淡が移り変わる表情は、神秘的で、どこか妖艶な美しさがあります。

透明感のあるカラーは、染料仕上げによるもの。
水溶性の染料を、革の芯までしっかりと浸透させる染色技法です(革の表面にべったりと塗る、顔料仕上げとは異なり革の風合いが楽しめます)。

結果として、奥行きのある透明な色合いになっているんですね。
dsc05015

磨き上げられた表情は、鏡のように外観をうっすらと映します。
dsc05045

この美しい表情はYUHAKUだけのもの。存在感もバツグンです。
ビジネスシーンでも、しっかりとした力強さを印象づけてくれそうです。

明るい場所では、一層グラデーションが映えますし。
dsc05047

暗い場所では、凛とした力強さを感じます。財布を出して扱う所作だけでなく、ただそこにあるだけで、力強い存在感を醸し出します。
dsc04980

YUHAKUのフォスキーアシリーズにおいて、小銭入れ付きの長財布をセレクトするなら、本作以外にはありません。

面積の大きなラウンドファスナー財布だからこそ、美しいグラデーションをもっとも堪能できる財布といえます。

総革仕立て

素材によって、財布から受ける印象や触り心地はガラリと変わります。

本作の外装は、イタリアンショルダー。
ピンとしたハリがあるので、力強く、丈夫で長く使えるのが魅力です。dsc05007

四足歩行する牛にとって、肩(ショルダー)はもっとも可動が多い部位です。筋肉をかろやかに動かし、モノとぶつかることが多い部分ですから、固くて丈夫、それでいてしなやかな革に仕上げることができます。

フォスキーア束入れは、スタイリッシュな見た目のとおり、とてもカッチリとした仕上がりです。しっかりとしたハリがあり、ぐにゃりと曲がる革ではありません。

内装は馬革。
牛革に比べて、柔らかく軽い素材です。
事実、YUHAKUのラウンドファスナーの中で、最も軽い仕上がりとなっています。
dsc05021

外と内で色のトーンが違うんですね。
外装とのコントラストがハッキリとしたデザインになっています。

満足感を高める、丁寧で上質なつくり

メイドインジャパンだからこそのコダワリが細部に見て取れます。

ファスナー

ファスナートップがこちら。
dsc04996

金属部には、ブランドロゴの彫り込みがあしらわれています。さらに、ヘライン加工が施されています。スタイリッシュで高級感たっぷり。所有する満足感をグッと高めてくれます。

引き手は、本体と同じトーンのレザー。なんと、こちらもグラデーションが施されています。

ファスナーと、ファスナーテープのカラーがこちら。
dsc05000

財布のボディーは、端に行くほど深いカラーになっています。
ファスナーのカラーもダークトーン。

財布の美しさを邪魔しないデザインになっているんですね。

ロゴデザイン

中央に見えるのは、金属でできたYUHAKUのロゴ。革の表情を引き立てるようにあしらわれています。dsc05001

カードポケット

カードポケットはしっかりと「念引き」されています。
ポケットの強度を高めるとともに、見た目の印象を引き締めています。

こういった丁寧な仕上げは、日本の財布だからこそですね。
dsc05043

美しいステッチ

歪みのない真っ直ぐなステッチは、美しく高級感もたっぷり。

カーブラインも、Rを描くようにキレイに縫製されています。
dsc05002

美しいコバ

ダメージを受けやすい財布のフチ。コバはしっかりと仕上げられています。
dsc05058

ファスナートップでさえも、コバ処理されています。

丁寧なコバ処理は、美しいだけでなく、ふれたときに優しいあたりになります。また、コバ処理されている部分はダメージを受けてもリペアできます。

コバは財布を長く使うためのキモと言えるもの。これがしっかりと処理されている財布は、何年もキレイに使えます。(本作に限らず、YUHAKUのコバは見事に処理されています)

豊富なカラー

フォスキーア束入れのカラーは全6色。

foschia-tabaire

  • Blue
  • Turquoise Blue
  • Wine
  • Gray
  • Brown
  • Purple

どれも美しいグラデーションとなっています。
ぜひ公式サイトをご覧ください。

アフターケアについて

財布は毎日持ち歩くもの。
長く使っているとどうしてもダメージが出てしまいます。

YUHAKU公式サイトからの購入であれば、永年リペアサービスを受けることができます。
お気に入りを長く使えるのは嬉しいものです。

リペアについての詳細はこちらをどうぞ。

あとがき

このページをご覧くださっている方の多くは、
YUHAKUの色に興味を持たれたと思います。

YUHAKUの財布は、どれも美しく、異なる魅力があります。
迷ってしまって、なかなか決めきれないかもしれません。

そういった中で、フォスキーア束入れの特徴をあげるとこんな感じです。

  • 美しいグラデーションを味わえる
  • 内装のキャメルとのコントラストが楽しめる
  • ラウンドファスナーの中で、もっともリーズナブル

もう一つ値段が下がると、グラデーションが無いものになります。
値段が上がるとコードバンのラウンドファスナー財布になります。
(プラス1万円ほどで手に入るので、値段設定が上手いなぁと思うのですが…)

YUHAKUのグラデーションが施された財布は、決して安いとはいえません。
そんな中、もっとも手が届きやすいラウンドファスナーが、フォスキーアの束入れです。

美しさに惹かれて手に取るなら、きっと満足できるはず。
初めてのYUHAKUという方にも、おすすめできる逸品です。

フォスキーア束入れを公式サイトで見てみる

yuhaku-foschia-round