トゴ スモールウォレットのレビュー。シュランケンカーフを贅沢に使った、BONAVENTURAの最小財布の特徴に迫る

シュランケンカーフを使ったアイテムをラインナップする、BONAVENTURA。

本日は、もっとも小さな財布『トゴ スモールウォレット』をご紹介しましょう。

特徴はこんな感じ。

  • コンパクトな三折り財布
  • コインを1アクションで取り出せる
  • お札やカードを、そこそこ収納できる
  • ドイツシュランケンカーフを贅沢に使用
  • 外と内で異なる、2トーンカラーのデザイン

今日「小さな財布」はたくさんあります。その中から「美しく、上品なもの」をお探しなら、本作を検討してみてはいかがでしょうか。

スペック

ブランドBONAVENTURA
商品名トゴ スモールウォレット
用途
  • メイン
  • サブ
価格(税込み)31,320円
収納力★★★☆☆
お札入れの数1
お札の枚数10
コインの枚数15
カードの枚数6〜9
寸法W95 x H75 x D30mm
重量73g
素材牛革(シュランケンカーフ)

この商品を取扱いサイトで見てみる

動画

三つ折り構造の使い勝手と、シュランケンカーフの質感が伝わるように、動画にしてみました。

使い勝手

「小さな財布」といっても、さまざまなカタチのものがラインナップされています。本作は、「三つ折りタイプ」にカテゴライズされるもの。

2つの折り目に合わせて、小さく折りたたむことができるタイプ。片手で持てるくらいコンパクトです。

素材はシュランケンカーフ。カラーは「エトープ」です。
微細なシボが美しいですね(詳細は、後述)。

手のひらに収まる財布だからこそ、手に持ったときの気持ちよさは大事なポイント。革製品の「手に吸い付くような質感」は控えめで、サラリとした、やさしい触り心地です。

本作は、コインを使うか。それとも、カードやお札を使うか。で、オープンする箇所が変わります。

それぞれ、ご紹介します。

コイン

外側にコインポケットが付いています。

ほとんどの財布は、コインにアクセスするときに1アクションで取り出すことはできません。たとえば、二つ折り財布なら2アクション必要です。

1.財布を開く
yuhaku-velatura-satuire-7

2.コインポケットを開く。

一方、トゴ スモールウォレットは、シングルホックを開ける1アクションでコインが使えます。つまり、「コインケース」と同じようにスピーディーに使える。

V字にカッティングされているため、指をかけやすいですね。

開くと、淡いレモンイエローがお目見え。革とステッチの美しさ、コントラストの効いたカラーリングからは、高級感が漂います。

明るい色合いでコインが見やすいのがメリット。ただし、コイン汚れが目立つはず。気になる人はこまめに掃除した方がいいと思います。

小さい財布の中では、かなり収納できる方です。15枚くらいは入りますね。

ただ、マチが狭いからポケットがガバッと開かない。マチをもう少し広げた方が使いやすくなると思うのですが・・・。スッキリとした見た目や収納力とのトレードオフですね。

ポケットが深いから下の方にコインが沈み込んでしまう。ちょっと取り出しにくい。

コインをたくさん入れると、コインが積み重るので取り出しやすくなります。ただし、ボディが膨れてボテッとしたフォルムになってしまう。使いやすさとルックスとのジレンマですね。10枚くらいが一番バランスが良いと思います。

スポンサーリンク

カード

カードとお札を使うときは、もう片方のボタンを外します。

こちらもシングルホック。

3つ折りを展開します。開くと、こんな感じ。内装のカラーは、コインポケットと一緒。やさしい色合いです。

カードポケットは、3つ準備されています。

カードが完全に隠れるわけではなくて、頭を少し出すデザイン。

指をそえやすく、取り出しやすいです。

お札ポケットが重なった状態からでも、引き出すことができる。現金を見られずにカード決済できるのはGoodです。

収納量はそれぞれのポケットに2〜3枚とお考えください。たくさん入れると、折りたたみにくくなるし、ぼてっとしたフォルムになってしまいます。

財布の中央のスリットにも入れることができるのだけど、おすすめしません。収納するとカードが完全に隠れてしまうし、出し入れがキツくて取り出しにくいからです。

スポンサーリンク

お札

お札は、カードの手前に収納します。

広めのポケットでガバっと開くので、お札が見やすい。

お札の内側も、丁寧に革が貼られていますね。サラリしたスムースレザーのため、一万円札の出し入れもスムーズです。

やわらかな革のため、触れていて気持ちいいです。

内装はイタリア ダニ社のスムースレザー。ボディカラーによって、内装のカラーも変わるみたいですね。

「小さな財布」のほとんどは、お札を2つや3つに「手折り」してからでないと、出し入れできません。使うときも、仕舞うときも一手間かかるのです。

一方、トゴスモールウォレットは手折りは不要。そのままダイレクトに出し入れできます。

収納量は、Max10枚くらいとお考えください。ホック部分に負担がかかるため、詰め込み過ぎないほうがよいでしょう。カードやコインをどれくらい収納するかによっても変わります。カードをたくさん入れるなら、お札は少なめにする。など、全体のバランスですね。

長く使いたいなら、財布にあった容量におさえましょう。本作はたくさんのお金、たくさんのカードを収納することはできません。というか、小さくてたくさん入る財布は存在しないのです。

たくさん入れたいなら、長財布をチョイスした方が幸せになれます。

特徴

シュランケンカーフを使った、小さな財布

外装の素材は、ドイツの名門タンナー、ペリンガー社の代表作、シュランケンカーフ。ドイツシュリンクとも呼ばれる高級レザーです。

微細で立体的な凹凸のあるシボが特徴。ふくよかなルックスから伝わってくるとおり、やわらかく、モチっとした弾力を楽しめます。ずっと触れていたくなる気持ち良い素材です。

シボと弾力のおかげでキズにも強い。スムースレザーのようにひっかきキズが目立たないため、ガシガシ使えます。オイルやクリームを塗るようなメンテナンスも、必要ありません。水に濡れたって、シミにならないんです。

一方で、「エイジング」による色・ツヤの変化を楽しむことはできません。これは好みが分かれるところですね。エイジングを楽しみたいならば、BONAVENTURAのアイテムは避けた方が良いでしょう。

ビビッドな色合い、ラグジュアリーな装いが好きで、新品のときの美しさを長く楽しみたい人にふさわしい革なのです。

スポンサーリンク

小さくて、美しくて、上質。バランスの取れた仕上がり

エイジングを楽しめる、機能的で小さな財布は、他にもあります。
たとえば、小さ財布abrasus、ハンモックウォレットコンパクトなど、本作よりも小さい財布。使いやすい財布。エイジングを楽しめる財布だってある。

また、「小さくて、可愛らしい財布」をお探しなら、安価な財布で十分です。
楽天やamazonで、「小さい財布」と検索すると5千円もしない財布がたくさん出てくる。しかしそのほとんどは、素材や仕上げを紹介していない。決して上質ではないからです。

さまざまな「小さい財布」があるわけですが、「美しくて、上品なもの」はほとんどないのです。

トゴ スモールウォレットのすごさは、ここにあります。

トップメゾンが採用する、シュランケンカーフをたっぷりと使う贅沢さ。そしてコンパクトで手のひらに収まるボディ。美しいステッチワーク。これらの組み合わせによって、小さくても高級感のある財布に仕上がっているわけです。

どこで出しても恥ずかしくない。そんなラグジュアリさを備えた財布は、BONAVENTURAのスモールウォレットくらいです。

あとがき

お札、コイン、カードをひとまとめにできる、小さな財布なら本作以外にもあります。

しかし、そこに「美しさと贅沢」を感じられる財布は、トゴ スモールウォレット以外にはなかなかありません。

この商品を取扱いサイトで見てみる

Twitter, Instagram

Twitter, Instagramもやっています。


func_walletさんをフォロー