WILDSWANS パーム クロコモデルのレビュー。最高級皮革のパームの特徴・メリット・デメリット

WILDSWANSのコンパクト財布、『パーム クロコモデル』をご紹介します。

パームはさまざまな革でランナップされています(サドルプルアップ、イングリッシュブライドル、コードバン、カバ(ヒポポタマス)など)。

では、クロコモデルはどのような特徴があるか。

本ページでは、さまざまなパームとの違いを踏まえて、クロコダイルバージョンの使い勝手、特徴などについてわかりやすく解説します。

スペック

ブランドWILDSWANS
商品名パーム クロコダイル
用途メイン
収納力★★★☆☆
お札入れの数1
お札の枚数10
コインの枚数15
カードの枚数5〜7
寸法H86 x W100 x D25 mm
重量-
素材クロコダイル ✕ サドルプルアップ

動画

クロコの模様、質感などが伝わると思います。

使い勝手

クロコモデルが特別なのは素材だけ。定番パームとカタチ、サイズ、機能は一緒です。本ページでは「クロコ」にフォーカスしてご紹介します。

使い勝手については、以下でレビューしていますので、ご参照ください。

参考:WILDSWANS パームのレビュー

カタチ・構造

二つ折りの小さな財布、パーム。手のひらにフィットするサイズ感です。オーソドックスな二つ折り財布よりは小さいです。

今日、「小さい財布」は他にもたくさんあるし、それらのほうが携帯性に優れる。でも、このサイズ感だから持ちやすい。パームは「手への収まり」がよいのです。だからPALM(てのひら)と名付けたのでしょう。素敵なネーミングです。

素材はクロコダイル。カラーはブラックをチョイスしました。

パームの小さくて、流麗なフォルムにクロコが使われると、どこか柔かな感じになる。

構造は、定番パームと一緒。カード収納ポケット。

内装はサドルプルアップ。内側の構造も、定番パームと一緒です。

特徴

クロコダイルを贅沢に使用

素材はクロコダイル。もっとも高価な革です(ホーウィン社 シェルコードバンより高い)。つまり、本作はWILDSWANSの定番素材を使ったパームでもっとも高価です(ポロサス(スモールクロコ)モデルのほうが高価でしたが、限定販売のため除外)。

クロコは1枚の革の中でも、部位によってウロコの形が異なります。つまり、使用する部位によって、製品のルックスが変わる。どの部位を使うかはブランドによって異なるでしょう。WILDSWANSの場合、バーンなどの大きな財布で革を使って、残った部位を小さな製品に使っているんじゃないかと思う(例えば、キーホルダーのためにクロコのセンターを使うことはありえないでしょう)。何度もクロコのパームを見てきたけれど、同じウロコのパームはなかったからです。

うねりを表現した個体もあるし、丸いウロコの並ぶものもある。ウロコの並びによって印象がガラリと変わります。これがクロコの面白いところです。

クロコのパームですが、「好みのウロコ」に出会えるまで、購入は見送っていました。本パームは、矩形が並ぶクロコ。1年以上かけて選んだパームです(WILDSWANSでオーダーメイドを依頼しても、ウロコの模様までは選ぶことができません)。「好みのウロコ模様を手に入れるまでに時間がかかりすぎる」のがデメリットかもしれません。WILDSWANSの場合、パームの生産が少なく(あるいは人気があるのか?)、売り切れになっていることが多いですね。クロコはさらに希少だと思います。

矩形が並んだ表情は端正だと思う。けど、人によっては面白みがないかもしれません。

ウロコとウロコの間には凹みがあって、凹凸感が楽しめる。だから表情に個性が出る。

パーム特有の「あたり」が目立ちにくいんんじゃないかと思います。

あたりもエイジングです(カタチの変化)。「味」だと思うのですが、好みが分かれるところですね。サドルプルアップやコードバンなど、スムースな革のパームだと、あたりが目立つ。あたりが苦手なら、クロコなどのエキゾチックレザーをチョイスした方がよいでしょう。

クロコの特別感もある。スムースな革のパームだと、個体差がほとんど無い。同じ革の場合、同じような変化をすることになる。つまり、代わり映えしないのだけど。

クロコは一つ一つが違うから「人と違う満足感」がある。パームは小さすぎない財布だからこそ、所有する喜びも感じられるはずです。

小キズが付いても目立たないのもメリットでしょう。定番レザーのイングリッシュブライドルやフルグレインブライドルレザー、それからコードバンは、スムースな表面のため、キズが付くと気になる人もいるかもしれません。クロコもキズが付くのですが、ウロコによってキズが目立ちにくいです。

スポンサーリンク

エイジングを楽しめるクロコ

クロコにもさまざまな「仕上げ」があります(マット、グレージング、セミマットなど)。WILDSWANSではマットなクロコが使われています(最初から光沢のあるグレージングクロコは取り扱ってないみたい)。

使い込むことで、ツヤが増すエイジングを楽しめます。ブラックだと色の変化はほとんどわからないので、色の変化を楽しみたいならブラック以外を選んだ方が良いと思います。

スポンサーリンク

クロコのカラーラインナップ

カラーラインナップはブラック、チョコ(ブラウン)の2種類。

どちらも定番の色ですので、飽きずに使えるでしょう。

スポンサーリンク

オーダーメイド対応

パームはオーダーメイドも可能です。オーダーメイドするメリットは、クロコの色を選べること(ブラック、チョコ以外にもさまざまな色があります)。

ただし、クロコの在庫によって選べるものが異なります。私が相談に行ったときにはブルー、パープル、グリーンなどあった。クロコの1枚革を見る機会はなかなかな無いので、見るだけでもクロコが好きなら楽しめますね。

なお、オーダーメイドのお値段は、定番のクロコより高価です。

スポンサーリンク

内装はサドルプルアップ

内側はサドルプルアップ。WILDSWANSの定番レザーです。屈強なタンニン革でカッチリとハリ・コシがある。また裏張りもされているため(2枚の革が貼り合わされている)、より堅牢に仕上がっています。

屈曲部には、エンボスが施されています。微細に凹凸があるため、キズがつきにくくい(強く引っ掻くとキズは出来ますが・・・)。小キズも目立ちにくいのも、高級感のある財布だと嬉しいですね。

あとがき

エキゾチックレザーの王、クロコダイル。パームのような小さな財布でも十分すぎるほどの存在感が楽しめます。

ひとつひとつ異なる表情。「自分だけのパームの特別感」をもっとも堪能できるモデルと言えます。

参考リンク

さまざまな素材のパームについて、以下のリンク先で解説しています。

SNS/YouTube

Twitter, Instagram, YouTubeも運営しています。フォロー、アンフォローお気軽に。


func_walletさんをフォロー