ホーウィン社 シェルコードバンとはなにか。使い込んでみて分かった特徴、メリット・デメリット、カラーバリエーション、エイジングの解説

これまで、10以上のホーウィン社 シェルコードバン製品を手に入れてきました。

複数のカラー、アイテムや使用シーンもさまざまです。
傷ついたり、雨にやられたこともあったけれど、メンテナンスしながら愛用しています。

本ページでは、使い続けてきた経験を活かし、シェルコードバンの特徴、カラーバリエーション、メリット・デメリット、メンテナンス方法などについて分かりやすく解説します。

スポンサーリンク

シェルコードバンを作るタンナー

シェルコードバンは、ホーウィン社(Horween Corporation)によって作られています。

アメリカ イリノイ州、シカゴに居を構える、創業100年以上の老舗タンナーです。

「コードバン」とは、馬のお尻から作り出した革の総称であり、ホーウィン社以外のタンナーもコードバンを作っています。

表情

ホーウィンシェルコードバンの一番の特徴は、表情にあります。

迫力があり、威風堂々としたルックス。

ギラリと艶やかに光る。バツグンの高級感があります(実際、高価ですが・・・)。

スムースな表情、全面が輝くのだけど。特にギュッと曲がるエッジがたまらない。
世界にはさまざまな銘革がある。他にも魅力的なスムースレザーがあるのです。これほどまでに妖艶に光る革は存在しません。

明るい空間では、透明感のある肌面を見せてくれる。

極めてスムースな表面も特徴のひとつ。鏡のように反射します。指のカタチをはっきりと、色まで写し出すのはコードバンだからこそ。

表情には個体差があります。あまり光沢がないものもある。これはこれでいい。使っているとツヤが出てくる変化(エイジング)を楽しめるからです。

表面には毛穴のある個体も。上品さは感じられないかもしれません。 

新品のときから、薄っすらとキズが付いていることもある。

革製品の工房や、革屋さんで裁断前のシェルコードバンを何度か見せてもらったけど、キズひとつない個体はありませんでした。わずかなキズ、数点の毛穴も許せないなら、合わないでしょう。バツグンの光沢とラフな表情を楽しめる人にふさわしい革です。

裏面の表情

艶やかに光るのは、表面だけ。

裏面は仕上げられていません。光沢もありません。
しかし、スムースで毛羽立ちがない。一般的な革の床面とは違うのです。

裏面の表情もそれぞれ。淡いキャメルカラーの均一なものもあれば。

染料がバチャッとかかったものもある。

裏面をそのまま使った製品もある。これもまた個性。同じものはふたつとないのです。

触り心地

サラリとしつつ、手にスッと吸い付く質感。

触り心地は、油分の保有量によって変わります。
もっちりとした弾力があるときは、十分にオイルを含んでいる証拠。

一方、サラッとした触り心地しか感じられない、あるいはカサつきを感じるなら、油分が抜けてきているかもしれない。油分を補給するメンテナンスが必要かもしれません(後述)。

質感

ハリが強く、グニッとした弾力も楽しめる素材です。

ホーウィン社シェルコードバンの元厚は、1.0〜1.8mmくらい。部位によって繊維密度も違います。ハリ・弾力にも個体差がある革です。以下のこのブックカバー製品は1.8mmくらい。

「1.8mm」は革を重ねるには厚すぎるため、薄くスライスして使用されることが多い。財布のように革の重なりが多くなる製品だと、ほとんどスライスされています。

「シェルコードバンの厚み、弾力」を楽しめる製品は、シェルコードバンをそのまま使ったものです。メジャーなブランドでは、LAST CROPS、一革くらいかな。

ブックカバーのようなシンプルな構造のプロダクトなら、コードバンの質感を堪能できる。

カラーバリエーション

下記のカラーが主流。

  • ナチュラル
  • バーボン
  • ダークコニャック
  • ブラック
  • バーガンディ(#8)
  • #4
  • #2
  • ネイビー
  • グリーン

本章では、各カラーの特徴を解説します。
より多くの写真から、色や表情などを参考にしたい方は、参考リンク先に飛んでみてください。ホーウィン シェルコードバン製品のレビューページにて20点以上の写真を掲載しています。

ナチュラル

定番。
もっとも淡い色。キズや染みをごまかせないため、もっともキズが少ないコードバンがナチュラルになるはず。贅沢な色なのです。

エイジングによる色の変化が最大限味わえるのもナチュラルの魅力。
一方、汚れが目立つため、玄人向けかもしれません。

ナチュラルの参考リンク

LAST CROPS タングのレビュー

バーボン

定番。ナチュラルを2トーンほど濃くした色。 

色ムラによる濃淡が分かりやすい。だからこそ味わい深い。

ナチュラルより濃いため、汚れも目立ちにくい。気を使いたくないけど、色のエイジングも楽しみたい。そんなワガママを叶えてくれる色です。

使い込むとブラウンに近づくので、オーソドックスで使いやすいと思います。

バーボンの参考リンク

three2four POCKETのレビュー
WILDSWANS コインケースのレビュー

ダークコニャック

バーボンよりずっと暗い。

ブラックより淡い。

スポンサーリンク

ブラック

大定番。キリッと締まる表情とダイナミックな光沢が堪能できる。
汚れがもっとも目立たない色です。初めてのシェルコードバンなら、ブラックは間違いのないカラー。

ポケットに入れて、ガシガシ使った個体でも、綺麗です。

ブラックの参考リンク

ココマイスター アーチデュークのレビュー

ダークバーガンディ(#8)

こちらも定番。ブラックとバーガンディはホーウィンシェルコードバンを扱うブランドなら、ほぼ確実にラインナップしています。もっとも手に入れやすいカラーのひとつ。

ブラックでは「遊び」がない。とはいえ、明るいカラーは使いにくい。であれば#8がおすすめ。深みのある赤(黒に近い)ため、派手さはありません。ビジネスシーンでも十分に使えます。

太陽の下など、明るいシーンだと紫にも見える。シェルコードバンの迫力と妖艶さを堪能できる。定番だけど、大好きな色です。

ダークバーガンディの参考リンク

WILDSWANS シェルコードバンキーケースのレビュー
flathority ラウンドウォレットのレビュー

#4 (Number 4)

名前を持たない色、Number4です。

#8より淡く、赤と茶が混じったような色合い。

個体差がありますね。
#4同士を比べても、ちょと違う。茶色っぽいもの、赤っぽいもの。

#4の参考リンク

three2four SIZのレビュー
一革 シェルコードバンブックカバーのレビュー

#2 (Number 2)

赤い。
あまり見ない色です。WILDSWANSが周年記念でラインナップしていたくらい。人によっては好みが分かれるかな。バーガンディなどがお好きなら。

#2の参考リンク

シェルコードバン #2を使ったパームのレビュー

ネイビー

ちょっとレア。暗い空間で見ると黒に近いのだけど、明るい空間では透明感のあるネイビーになる。使い込むことで、より深い青にエイジングしていくはず。

凛とした雰囲気をまとう、大人のブルーです。

ネイビーとブラック。並べてみるとやっぱり違うんです。
(このページを見ている環境によっては「ブラック」に見えてしまうかもしれません)

グリーン

ちょっとレア。

ネイビー、グリーンを定番ラインナップしているブランドはココマイスター、一革だけだと思う。

スポンサーリンク

その他

他にもアマレット、マーブル(ミックスカラーで、ランダムな色味を出したもの)なども作られています。日本での取り扱いブランドはありません。珍しいところで、ロシアハッチという型押しを施したものもあります。

廃盤

今、入手できるカラーがずっと手に入るとは限りません。
たとえば、ウィスキーは廃盤です。

香り

香ばしい。
新喜皮革、レーデルオガワのコードバンより、香りは強いです。
主張してくるけど嫌味がない。そんな香り。

これまで30種類以上の革を体験してきましたが、中でもシェルコードバンはトップ3に入るくらい好きな香りです。

耐性

「コードバンは丈夫」と、まことしやかに言われています。
では、実際はどうか?

本章では、キズ付き、水にさらされたシェルコードバンを数年にわたり使用してきた体験をもとに、シェルコードバンの耐性について解説します。

キズ

キズに弱い。すぐに傷が付きます。ホーウィンシェルコードバンに限らず、スムースレザーは傷がつきやすいのです。

財布のように開け閉めを繰り返すプロダクトなら、爪で引っ掻いてしまうこともあるでしょう。確実にキズが付きます。

ただ、染料仕上げ、タンニンなめし革のため、使っていると目立たなくはなります。初めてキズが付いたときは、ショックを受けるかもしれませんが、次第に気にならなくなる。ガシガシ使って楽しみましょう。

水に弱いです。水滴が付いただけで、染みになります。 

乾いたあとは、光沢が落ち、色味も白っぽくボヤけてします。

シェルコードバンの表面は、人工的に加工されたもの。滑らかにする加工(グレージング)が施された表情は、「繊維の集合を強制的に滑らかにすること」によって作られたもの。水分を含むことでギュッと圧縮された繊維がほぐれてしまう。結果、表面に微細な凹凸が生まれ、スムースではなくなった部位が染みになるのです。

エイジング

色、カタチ、香り、さまざまな要素が変化します。
いわゆる「エイジング」を楽しめる素材なのです。

本章では、シェルコードバンのエイジングについて解説します。

スポンサーリンク

色の変化

シェルコードバンはタンニンでなめされた、染料仕上げの革です。
つまり、色が変化します。

変化の度合いは「シェルコードバンの色」によります。

色のエイジングを楽しみたいなら、淡い色を選んだ方が良いです。

一方、新品のときの色からあまり変化して欲しくないなら、ブラック、#8、コニャック、ネイビーなど、濃い色をチョイスすると良いでしょう。

淡い色のシェルコードバンの変化

淡い色のシェルコードバンの方が、変化は顕著。
ナチュラルならアメ色に。こちらはケツポケをほとんどせず、ワックスでのメンテナンスあり。

バーボンなら、より深い色に変化します。
以下は60日くらい使用したときの写真。ケツポケもしつつ、無色のクリーム、ワックスでメンテナンスしていました。

濃い色のシェルコードバンの変化

ブラックのように「濃い色」だと、ほとんど変わらない。
購入して2年くらいだったかな。150日以上は使っています。  

もうひとつ濃い色、ダークバーガンディ(#8)。こちらもほとんどわからない。ワントーン深まったかなという程度です。300日ほどはポケットに入れて持ち歩いていますが、ほとんど変化していません。使用期間が長くても、ポケットの中のようにエイジングしやすい環境にあっても、ナチュラルやバーボンより色は変化しないのです。

カタチの変化

繊維密度が極めて高いため、伸びもほとんどおきない。型崩れには強いです。
(シェルコードバンにも個体差がありますし、製品によって厚みを変えているわけですから、断言することはできません。)

さて、こちらも検証しました。
フェアに比べるため、同一製品(WILDSWANSのPALM)を使っています。

どちらもカタチ・構造、内装の素材は同じ。100日以上使用。

  • 外装がシェルコードバン
  • 外装がサドルプルアップ

※サドルプルアップは、ハリ・コシがあり、堅牢な牛革です。

結論としては、シェルコードバンを使った財布の方が、元のカタチを保ちやすい。
ボリューム感。

もう一点、キーケースも検証。ほとんどポケットに入れて使用。
それぞれ、200日以上使っています。

裏側にボタンがある場合、「アタリ」が出る。シェルコードバンの方がアタリが出ていない。

カタチの変化も少ない。シェルコードバンの方が型崩れには強そう。

香りの変化

空気にさらされるだけでも、香りは少しずつ弱まっていく。

ポケットに入れて持ち運び続けた個体でも、シェルコードバンの香ばしさがほんのりと残ります。

メンテナンス方法

シェルコードバンの使用頻度は、人によって違うはず。
毎日使うのか、使わない期間があるのか。

状態もさまざま。
光沢が落ちたのか。カサついてきたのか。キズが付いたのか、濡れたのか。

本章ではそれぞれのシチュエーションにおける、メンテナンス方法を解説します。

普段のメンテナンス

油分をたっぷりと保有しているため、乾燥にも強い革です。

毎日使うなら、手で触れるたびに油分が補給されて、コーティングされた状態になる。基本的にオイルやクリームによるメンテナンスは必要ありません。

あまり使わないなら、乾燥していないか?などたまにチェックすると良いでしょう。
状態を見て、適切なメンテナンスをしましょう。

スポンサーリンク

光沢が落ちた

油分が多いワックスを使うことで、すぐに、カンタンに光沢を出すことができます。おすすめは、長谷革谷のコードバンワックス。「艶出し・油分補給」において優れています。

ホーウィンシェルコードバンに限らず、新喜皮革のコードバン、ブッテーロなどにも使えます。

乾燥してカサついた

ギュッと折れ曲がる部位は乾燥しがち。両サイドに油分が移るからです。乾燥してカサつきやすい。耐久性も落ちているため破れやすい。

上記のように「折れ曲がる部位」にシェルコードバンが利用された製品や、1年以上使わない場合は、乾燥していないかチェックした方が良いと思います。

クリームやワックスを使って、油分を補給してあげましょう。
もっちりとした弾力、ツヤが復活します。

染みができた

使っていると、少しずつ目立たなくなります。
before。濡れて、染みができた直後。

after。200日以上使用。毎日触るから油分が補給され、ポケットに入れて歩いていたため乾拭きされてエイジングしたのでしょう。ほとんど分からなくなりました。 

とはいえ、時間がかかります。

早く染みを目立たなくしたいならワックスを使うと良いでしょう。ほぼ全面が濡れ、大きく染みができ、光沢が落ちても、ある程度復活させることは可能。

油分が多めのワックスを使うと、光沢が出る。染みが目立たなくなります。

価格

10平方㎝あたり2,000円以上します(グレード、購入ルート、発注数などによっても変わります)。著名な牛革でも100円台ですから、10倍以上高価です。

なお、シェルコードバンの価格は、上がり続けています。ここ20年で、ほぼ2倍くらいかな。

革の価格は、さまざまな要因で上下します。

例えば、需要の変化。
シェルコードバンが高価になった理由のひとつは、生産が追いついていないこと(新喜皮革コードバンもですが)。中国をはじめ、需要国が増えたたため、昔より安定して供給できないとのこと。

シェルコードバンの価格は、製品価格に反映されます。手に入れたいなら、なるべく早く買った方が良い。きっと、更に値上がりするでしょう。

あとがき

世界最高価格のスムースレザー、ホーウィン シェルコードバン。

傷つきやすく、新品の美しさがずっと続く革ではないのだけど、世界最高峰のツヤ、エイジングを楽しめる。そんな素材です。

SNS/YouTube

Twitter, Instagram, YouTubeもやっています。フォロー、アンフォローお気軽に。


func_walletさんをフォロー

スポンサーリンク