当サイトの商品リンクにはプロモーションを含んでいます

カルトラーレ ミニカのレビュー。使い勝手、特徴、メリット・デメリットについて

カルトラーレのMINICA(ミニカ)をご試供いただきました。

本ページでは使い勝手、特徴、メリット・デメリットについて分かりやすく解説します。

スポンサーリンク

スペック

ブランドカルトラーレ
商品名MINICA(ミニカ)
収納力★★☆☆☆
お札入れの数1
お札の枚数1枚
コインの枚数15枚
カードの枚数10〜12枚
サイズW98×H69×D24mm
重さ59g
素材牛革

ミニカを取り扱いサイトで見る

カタチ、構造

手のひらに収まるほどのサイズ感。「カードケース」でありつつ、「小さい財布」にもカテゴライズされます。

素材は国産の牛革(詳細は後述)。

ホックで留めるデザイン。ワンアクションで開きます。

高価なPRYM社のホックが使われています。開け閉めするときの音が心地よく、使うたびに満足感を得られます。

ハトメ穴が開けられており、ストラップを付けたりのカスタマイズも可能です。

中はこんな感じ。ポケットがたくさんあり、カードやお金を収納できます。

使い勝手

カード

3種類、合計6つのポケットがあります。合計10〜12枚ほど収納できます。

外側のポケット

外側のポケットに、カードを差し込んで収納できます。収納できるのは1枚です。

ほぼ完全にカードが収納されます。Suicaなどのあまり出し入れしないカードを入れると使いやすいと思います。 

反対側にも同じポケットがあります。

内側のポケット1

もっとも収納量のあるポケットです。厚みのあるプラスチックカードを4〜5枚ほど、まとめて収納できます。

左下がカッティングされていて、手前に入っているカードがわかります。

2枚目以降のカードを取り出すときは、まとめて取り出して選びます。特殊な仕立てになっているため、出し入れがしやすいですね。コンパクトさを追求した財布と比べ、使いやすいです。

なお、反対側にも同様のポケットがあります。こちらはポケットが浅く、カードの上端が見えます。こちらの方が見やすくて、取り出しやすいかと感じます。

ちなみに、上下反転して使う場合もカードは落ちません。フラップが返しになって、カードを支えてくれるからです。

内側のポケット2

さらに内側にもポケットがあります。こちらは横方向にスライドして出し入れします。 

最後まで差し込んで、カードが少し見える状態になります。

指を添えて、取り出しやすいです。

同じポケットがもう一つあります。

カード1枚だけ収納可能。2枚以上入れると革が伸びそうです。2枚以上のカードを入れたあとで、カードを減らすような使い方をすると、カードが抜け落ちるかもしれません。1枚だけ収納としたほうが良いと思います。

スポンサーリンク

お札

お札をポケットに収納できます。ただ、お札を2回折りたたむため、一般的な財布と同様の使い勝手とは言えません。お札をよく使う場合は、ちょと手間に感じると思います。キャッシュレスな人にフィットする財布と言えるでしょう。

※財布としての使いやすさを求めるなら、ハンモックウォレットコンパクトがオススメです。小さくて使いやすいです。

コイン

こちらのポケットにコインを収納できます。

大きく開くので、入れやすいです。  

フラップが受け皿になるため、コインが落ちることはありません。大きく傾けると落ちますが、落ちるほど傾けることがないため心配不要です。

傾けるとコインが滑り降りてくるので、フラップで止まったコインの中から探すようにすると使いやすいです。珍しい構造のため戸惑うかもしれませんが、すぐに慣れます。様々なブランドから「小さい財布」が販売されていますが、それらと比べて、小銭が見やすく、出し入れしやすいと感じます。「お札も収納できるコインケース」として優れていますね。

20枚くらい入るのですが、閉まりにくくなります。本体にも負担をかかる感じがしますので、15枚までが最適でしょう。

素材

スポンサーリンク

国産牛革

素材は国産の牛革。

マットな質感でサラリとした素材です。

透明感がありますね。タンニンなめし、染料仕上げの革だと思います。使い込むと、色が濃くなり、ツヤが出るエイジングを楽しめる素材です。

クオリティ

丁寧に作られています。

たとえば、カードポケットは手間をかけて綺麗に仕立てられています。見た目だけでなく、カードが出し入れしやすいよう、機能的にも作り込まれています。

スポンサーリンク

コバ

革の断面(コバ)は、仕上げられています。

切りっぱなしで繊維がむき出しにならないように、顔料によるコーティングかな。サラリとして指ざわりが良いです。

本体の横は、ヘリ返しという技法で仕上げられています。 

革を折り返しているため、コバは革の表面がシームレスにつながります。手触りが良いです。

スポンサーリンク

ステッチ

革の色と同じトーンの糸色で、きれいに縫われています。ピッチは適度に細かく、高級感があります。

捻引き(ねんびき)

革のフチに引かれたラインを捻(ねん)と言います。熱したコテを当ててなぞることで、キリッと引き締まるルックスになり、高級感が増します。わずかに光沢が出ているのはタンニンなめしの革の証です。

あとがき

カードケースの本質的な機能である「カードの出し入れのしやすさ」において、本作は極めて優れています。
では財布としてはどうか?一般的な財布と比べると、お札の使い勝手が優れるとは言えませんが、コインケースとしてなら見やすさ、出し入れのしやすさにおいて優れていますね。現金を使わないキャッシュレスユーザも満足できる、財布と言えるでしょう。おすすめです。

ミニカを取り扱いサイトで見る

スポンサーリンク