日本の上質なクロコ財布のまとめ。絶対に失敗しないクロコ財布の選び方と、おすすめのクロコブランドの紹介

WT-058

自分が納得したものをセレクトしなければ、結局使わなくなってしまいます。ですから、財布を買う前には、革の表情、風合い、機能などをしっかりとチェックするようにしています。

特にクロコの財布を買うときは、入念に下調べをしました。他の皮革と比べ、クロコはダントツに高価ですから絶対に失敗できません。

とはいえ、私自身は革のプロではありませんから、クロコを得意とする工房(WILDSWANSや革芸人)からお話を聞きながら理解を深め、自分に合うクロコ財布を手に入れてきました。

この経験をふまえて、本ページでは、クロコ財布を検討中の方に向けて、2つのことをご紹介します。

  1. 絶対に後悔しない、クロコ財布の選び方
  2. 上質なクロコ財布を作る、日本の革工房

何年も使い続けるアイテムですから、後悔しないよう、あなたにぴったりのクロコ財布を手に入れましょう。
本ページを見てからの購入でも、きっと遅くないはずです。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

クロコ財布のおすすめの選び方

クロコの財布はたくさんラインナップされています。
あなたにピタリとはまる、クロコの選び方について押さえてみましょう。

「クロコ」を選ぶ

クロコとは厳密にはワニ目、クロコダイル科のワニ革のことを指します。

どうしてかアリゲータやカイマンが「クロコ」と称して販売されています(たぶん、その方が売れるからだと思うのですが…)。これらは「ワニ革」ではありますが、「クロコ」ではありません。(クロコに比べると安価な革です。)

また、牛革に革押しした「型押しクロコ」もありますね。
遠目で見ると判別しにくいものもありますが、やはり本物の迫力にはかないません。
(とはいえ、型押しは安価ですし、エキゾチックな雰囲気は十分に味わえると思います。ルックスだけなら、型押しでも十分な方もいらっしゃるでしょう)

ちなみに、本物のクロコには、写真のようにウロコに小さな穴があります(呼吸器官です)。
店頭では「これって本物なの?」と気になったときはチェックしてみてください。
革芸人WT-034 表情2

ちなみに、本物の「クロコ」は4種類しかありません。

  • スモールクロコ(イリエワニ)
  • ナイルクロコ
  • シャムクロコ
  • ラージクロコ

どれも異なる表情を持っていますから、優劣を付けることはできませんが、個人的にはスモールクロコ、ナイルクロコのウロコの並びが美しいと感じました。他のクロコと比べて、緻密で均整なウロコの表情です。(その分、ラージクロコなどより、高価になってしまうのですが…)

財布のカタチでセレクトする

代表的な財布のカタチは、大きく分けると4種類あります。
あなたのライフスタイルに合うものをセレクトすることで、より多くのシーンで活躍できる財布にはなります。

サイズの小さい順に、その特徴と利用シーンをカンタンにご紹介します。

二つ折り財布

革芸人WT-034昔からあるオーソドックスなカタチですね。
コンパクトさと携帯性を重視したもっとも身軽な財布です。使いやすさのキホンもしっかりと押さえています。

折りたたむことでコンパクトを実現した財布ですから、お札は折れ曲がってしまいます。
お札の折り目が気にならない方で、コンパクトに持ち歩きたいなら、二つ折り財布がベストです。

手のひらに収まるクロコの財布は、コンパクトゆえに迫力も控えめになります。
どちらかというと力強さよりも、上品さが勝るといった印象ですね。

L字ファスナー長財布

クロコ L字ファスナー
L字にあしらわれたファスナーが特徴の長財布です。
長財布がいいけれど、厚みがあるのは嫌。という方におすすめのカタチになります。

二つ折り財布よりも収納できて、ファスナーによる安心感も得られるタイプですね。
スリムにすることで携帯性を重視したタイプですから、かぶせ蓋やラウンドファスナーよりは収納力が劣ります。

スタイリッシュなデザインだからでしょうか、20代から30代の方に人気があるとのこと。

残念ながら新しい財布のカタチのためか、制作しているブランドが圧倒的に少ないです。
別の言い方をすれば、珍しいので人と被りません。人と違うクロコ財布をお探しなら、検討されてみてはいかがでしょうか。

かぶせ蓋タイプの長財布

90-20001_darkbrown_main二つ折り財布と並ぶ、ザ・オーソドックス。昔からある、伝統的な長財布です。

今日においてもこのタイプが作られるのは、使いやすさでいえばNo1だからです。
他の長財布と異なり、パタンと閉じるだけのつくりですから、お金やカードの出し入れにおいてはNO1の使いやすさを誇るカタチです。

直線で構成されるフォルムラインはソリッドな印象。クロコの美しさがもっとも引き立つように思います。

ラウンドファスナー長財布

WT-0583方をファスナーでしっかりと留めるつくりのお財布で、安心感と収納力はNo1です。
たくさんのアイテムをひとまとめにしたいなら、ラウンドファスナーがおすすめです。

大きなボディだからこそ、クロコの迫力がもっとも映えるタイプといえます。
厚みがあるのでカバンと一緒に持ち歩くことになるでしょう。(逆にいうと、携帯性を求める方はセレクトしないほうが良いでしょう。)

ウロコの模様でセレクトする

天然素材であるクロコダイルは、個体によってウロコの並びや大きさが違います。そのため、クロコの財布はひとつひとつ、表情が違います。これもクロコの醍醐味ですね。

ちなみに、ウロコが均等に、精密に並んだものほど高値で取引されます。
ウロコの美しさによってその価値が大きく異なるわけです。(同じブランドの同じカタチ財布でも、値段に差があるのは、こういった理由からです。)

また、クロコのどの部位を使うかにかによっても表情はガラリと変わります。

もっとも人気があるのがお腹のウロコを使ったものです。
クロコのお腹は四角のウロコが並んでいます(竹斑(たけふ)といいます)。
お腹からわき腹に行くほどに、ウロコは小さく、丸くなっていきます(丸斑(まるふ)といいます)。

こちらはウロコの模様がハッキリと分かる、好例ですね。革芸人のラウンドファスナー財布です。
DSC06369

財布の真ん中には「竹斑」が並び、端にいくにつれて「斑」に移り変わっているのお分かりでしょうか。

ちなみに、写真の財布は、お腹の中央からわき腹までを使ったもの。センター取りと呼ばれる、もっとも贅沢なつくりです。

クロコのセンターを使った財布は、左右対称(シンメトリー)の表情になります。美しさと力強さが相まった表情は、ウロコが整然と並ぶセンター取りのクロコでしか作ることができません。
さらに、ラウンドファスナーなどの大きな面を使う財布では、1匹のクロコから1枚しか作れないのです。そのため、クロコの財布の中でもっとも高価になります。

逆にいうと、シンメトリの表情にこだわらなければ、安価に手に入れることができます。
具体的には、

  • 脇腹の革を使った財布(丸斑が多いもの)
  • 革をつなぎ合わせて作った財布(一枚革ではないもの)

などですね。

特に、一枚革にこだわらなければ、小さな面をつなぎ合わせて作ることができますから、もっとも安価なプライスとなります。
ただし、手触りやルックスに影響してきますから、こだわりのある人は一枚革で仕立てられた財布をセレクトした方が満足感は高くなるでしょう。

まとめると、以下の順に美しく高価になるわけです。

センター取り>センター以外>繋ぎ合わせ

また、ウロコのサイズから受ける印象はこんな感じですね。(私の感覚です。)

小さなウロコが並ぶさまは、どこか妖艶な美しさのある装い。力強さは控えめです。
大きなウロコが並ぶさまは、力強く荒々しい感じを受けます。

表情に良し悪しはありません。結局のところ、あなたが気に入ったものがベストなのです。

色でセレクトする

クロコの財布は、さまざまなカラーのものがラインナップされていますが、これは天然の色ではなく、染色したものです。

クロコダイルの原皮から、製品として長く使える「革」に仕立てる業者を、タンナーといいます。タンナーは革の仕上げに染色することで、クロコに彩りを加えます。

このグリーンは、天然のものではないんですね。
革芸人WT-034 コインポケット

牛革などのスムースな革と違い、凹凸があり厚みも異なるので、均一な色合いに仕上げるのはとても難しいとのことです。(さまざまな工程で独自の技術が必要になります。そのため、クロコのタンナーは圧倒的に少ないのです。)

さて、クロコのカラーですが、どのブランドも、ブラック、ブラウンなどはベーシックなラインナップとなっています。
濃い色ですから、革の芯まで染料が浸透しています。少しキズが付いたからといって、引っかき傷が目立たないのもポイントでしょう(ハリボテの染色ですと、キズがついたら、革の地の色が目立ってしまいます)。

ブラック、ブラウン、ダークグリーンといったカラーのものを使ってみた経験から申し上げますと、やはりベーシックなカラーがダンゼン使いやすいと感じます。

クロコ×カラーで受ける印象はけっこう変わってきます。

ブラックはキュッと引き締まる印象があり、力強さはダントツです。
ブラウンなら、少し力強さが抑えられる印象ですね。

紫や赤、青などのカラーは、どこか妖艶な美しさといったところでしょうか。これはこれで、珍しさも相まって人の目を惹く魅力があると思います。

色は個人の嗜好によりますから、お気に入りをセレクトすれば良いと思います。利用するシーンと合わせて考えてみてはいかがでしょうか。

表情でセレクトする

クロコの財布は大きく2つの表情に分かれます。

マット仕上げ

革芸人WT-034 表情

クロコの風合いをなるべく活かすように仕上げることで、マットな風合いにしたものです。

マットなのは最初だけ。次第にツヤをまとってきます。エイジングも楽しみたいなら、マット仕上げ一択でしょう。個人的にもマット仕上げのものをセレクトしました。

グレージング仕上げ

シャイニング仕上げとも呼ばれるもので、名前のとおり輝きをまとった表情に仕上がります。

メノウ石でグッと押し込みながら、ツルツルになるまで磨きあげる仕上げです。その表情は、キラキラと輝き、まるで鏡のように光を反射します。

グレージング仕上げのクロコは、それ単品でとても目立つ存在です。ですから、パーティーなどの華やかなシーンでよく映えます。

ツルリとした表情はキズが付きやすく、気になる人もいるとのことです。
ちなみに、マット仕上げのように、「自分で育てるエイジング」を楽しめませんから、私はセレクトしませんでした。(というか、男性向けのクロコ財布で、グレージング仕上げのものはほとんどありませんでした。)

厳選!ジャパンメイドの上質クロコ財布ブランド

クロコの革は高価ですし、クロコ財布を作る工房は限られています。
とはいえ、検索してみると無数に出てきて、本当に良いものはどれなのかと悩んでしまうはずです(私もそうでした)。

ここではジャパンメイドの上質なクロコ財布を作る工房だけをピックアップしてご紹介します。間違いのない逸品を作るブランドですから、どれをセレクトしても、長く愛用できるはずです。

革芸人

WT-058

種類 二つ折り、L字ファスナー、長財布、ラウンドファスナー、小銭入れ
素材 ナイルクロコ、ラージクロコ
仕上げ マット仕上げ
カラー ブラック/ネイビー/ダークブラウン/バニラ

革芸人は、クロコを得意とする日本の革工房です。
クロコを知り尽くす職人の手で、クロコのアイテムだけを作り続けています。

平たく言うと、クロコ専門のブランドです。
ですから、ラインナップの豊富さはNo1です。オーソドックスなものから、使いやすさを追求した二つ折り財布まで、すべての財布のカタチを取り揃えているのは革芸人だけ。

菊寄せといった、ジャパンメイドだからこその丁寧な仕上げも見事です。
革芸人WT-034 菊寄せ

また、他のブランドと比べてとてもリーズナブルな価格なのも嬉しいポイントです。
(これはアトリエ兼用の1店舗と、WEB公式サイトだけに販路を絞っているからでしょう。百貨店に卸すと賃料+マージンで商品価格の5割ほどかかると言われています。安価には提供できないのです。)

冒頭でご紹介したとおり、クロコの部位によって、財布の表情と値段が違ってきます。
革芸人はクロコの部位によって財布を制作しているため、安価なものから高価なものまで幅広くラインナップしています。予算に合わせてセレクトできるので、値段が気になる方にこそチェックしてほしいブランドです。
ちなみに、もっとも安価なミニL字ファスナーはアンダー1万円と手が届きやすいお値段になっています。

クロコの見本の無料サービスは、革に絶対の自信があるからでしょう。初めてのクロコなら、革芸人の財布をぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

革芸人のクロコ財布を見てみる

aniary(アニアリ)

90-20002_navy_main

種類 長財布、ラウンドファスナー
素材 スモールクロコ
仕上げ マット仕上げ
カラー ブラック/ネイビー/ダークブラウン

aniaryは日本の革工房です。
シンプルでスタイリッシュなデザインを得意とする、20代から30代の方に人気のあるブランドです。

深みのあるネイビーはaniaryならでは。クスモールクロコの迫力と相まり、凛とした装いを感じられる仕上がりです。

オーソドックスながら、たくさんのカードポケットを備えるなど機能性もバツグン。
スモールクロコを使いながら、10万円以下という安価なプライスとなっているのも嬉しいポイントです。

aniaryのクロコ財布を見てみる

YUHAKU(ユハク)

08302225_57c5895cb09f1

種類 長財布、ラウンドファスナー
素材 ナイルクロコ
仕上げ マット仕上げ
カラー Blue/BlueGreen/RoyalGray/Gray/Brown/DeepWine

YUHAKUは革への染色を得意とする、日本の革工房です。

ほとんどの革工房は、タンナーから仕入れた革をそのまま使って財布を作ります。
一方YUHAKUは、自社でかかえるカラリストによって、一つひとつ手染めで彩りを加えています。
濃淡の移り変わるグラデーションはまさに圧巻。私もいくつか購入しましたが、「美しい色あい」においては、YUHAKUがNo1で唯一無二です。

クロコに限らずYUHAKUの財布をセレクトするなら、長財布をおすすめします。奥行きのある透明感と色のハーモニーを、ぜひ大きな面で味わってほしいからです。

クロコ×ベビーカーフのモデルになると少しロープライスになります。
02081913_56b86a49d3924
YUHAKUのグラデーションも楽しみたいなら、こちらの方が手が出やすいですね。

「美しいクロコ財布」。これを求めるならYUHAKUの右に並ぶものはありません。
あえて言うなら、品切れが多く手に入れにくいことでしょうか。

YUHAKUのクロコ財布を見てみる

GANZO

90-20001_darkbrown_main

種類 二つ折り、長財布、ラウンドファスナー、小銭入れ
素材 スモールクロコ
仕上げ マット仕上げ
カラー ブラック/ダークブラウン

日本の高級財布ブランドです。

老舗だけあって、さまざまな皮革のアイテムをラインナップしています。
世界の銘革を使い、日本の職人が仕立てたアイテムはどれもが最高品質。

GANZOの使うクロコは、スモールクロコのみ。あらゆるクロコの中で、ウロコの並びが均等で整然と並んだもの。お値段も最高級です。
なんと小銭入れで7万円オーバー。お値段も最高級となっています。

財布はどれもオーソドックスなデザインとなっています。
(あえて言うなら、遊びゴコロが無いといったところでしょうか。)

GANZOのクロコ財布を見てみる

あとがき

お気に入りのクロコの財布はみつかったでしょうか?

それぞれ異なる特徴を持っていますから、迷ってしまうかもしれませんね。

クロコの種類や使う部位が違えば、その表情もガラリと変わります。
ドシッとした迫力のあるものから、繊細なものまで、同じブランドの財布でも表情が違うのがクロコの醍醐味です。どれを気にいるかは、あなた次第ですから、お気に入りをセレクトするのが一番だと思います。

ご紹介したブランドはどれもが本物のクロコを使った上質な財布を制作していますから、あなたのスタイルに合うものをセレクトすれば、ずっと愛用できるはずです。

スポンサーリンク