Flathority L字ファスナー財布のレビュー。プエブロを使った贅沢なミニL字ファスナーの使い勝手、メリット・デメリット

革工房フラソリティ(Flathority)のLandシリーズから『L-Zip ファスナー財布』を購入しました。

特徴は以下のとおり。

  • ミニL字ファスナー財布
  • カードを外側に収納できる
  • お金、カードを沢山収納できる
  • イタリアの革、プエブロを使用
  • 色・ツヤが変化するエイジングを楽しめる
  • 贅沢で、丁寧なつくり

本ページではの使い勝手、特徴、メリット・デメリットについて分かりやすく解説します。

スペック

ブランドフラソリティ(Flathority)
商品名Land L-zipファスナー
用途
  • メイン
  • サブ
収納力★★★☆☆
お札入れの数1
お札の枚数10
コインの枚数15
カードの枚数6
寸法W120×H100×D20mm
重量88g
素材牛革(プエブロ)

カタチ、構造

片手で掴めるサイズ感。「ミニL字ファスナー」にカテゴライズされる財布です。

多くのブランドがミニL字ファスナーをラインナップしています。それらと比べるとフラソリティのL-Zipファスナーは、少し長い。収納スペースに余裕が生まれるから、お金やカードの出し入れが楽になり、見やすくなります(後述)。

一般的なミニL字ファスナーより、やや厚みがあるように感じるのは、革を張り合わせた贅沢なつくりだからです(後述)。

素材はプエブロ。イタリアの高級レザーです(詳細は後述)。カラーはキャメルをチョイスしました。プエブロの表情を堪能できるのも本作の魅力ですね。外装にはブランドロゴすらないのは素材で勝負できる証です。

一枚革でぐるりと巻いた構造です。プエブロの手触りを堪能できる。

背面を縫い合わせたつくりです。ガバっと広がるタイプではない。つまり、薄さを優先した財布です。

片面にはカードを収納するスロットがある。この構造は珍しいです。ミニL字ファスナーではLand L-Zip財布でしか見たことがない。なお、ステッチが入っています。プエブロと同じ糸の色で縫われているため目立ちませんが、好みが分かれるかもしれないですね。

ファスナーの引手は金属。小さいけれど、わずかにカーブするフォルムでつかみやすいです。

日本が誇るYKKの最高峰ファスナー、エクセラが採用されています。歯が研磨された美しさ、耐久性もダントツです。

財布の内側にも革が張られています。なお、ブランドロゴが記載されたのは内側だけ。

内部構造はオーソドックスなミニL字ファスナー。中央にコインの収納ポケット。

両サイドにカード、またはお札を収納できます。

使い勝手

カード、お札、コインの使い勝手を解説しましょう。

カード

3箇所にカードを収納できます。

外側のポケット

カードを横向きに収納できます。

奥まで仕舞うと、ラウンドカット部分から少しカードが見えます。1枚がジャストサイズ。革が馴染めば2枚収納できるかもしれません。負担がかかるため、1枚が良いと思う。

カードを抜き出すのに手間がかかります。テンションがしっかりとかかっているため、スムーズに抜き出すことが難しい(だからこそ、カードが抜け落ちない安心感がある)。

よく出し入れするカード(メインのクレジットカードなど)の収納には向きません。Suicaなどのタッチ決済できるカードを入れておくと良いでしょう。なお、財布の内部に入れるカードと磁気干渉して反応しないこともあるのですが、磁気防止カードを入れておくとタッチできるようになります。

サイドポケット

コインポケットの両端にカードを収納できます。

カード収納枚数は、コイン、お札の収納量とのトレードオフです。コイン15枚、お札10枚を入れるなら、4〜5枚程度が良いでしょう。フラットなフォルムを保てます。

中央のポケット

コインを収納するスペースですが、横向きでカードを収納できます。ポケットが浅いため、カードも見やすいですね。

取り出しやすいです。

スポンサーリンク

お札

お札はサイドのスペースに収納します。お札を使うとき、仕舞うときにお札を伸ばして折ってのアクションが必要になる。これが嫌ならLAND L-Zipファスナーは合わないでしょう(本作に限らず、ほぼすべてのミニL字ファスナーで、このアクションが必要です)。

お札の出し入れはスムーズです。他のミニL字ファスナーと比べても、極めて出し入れがしやすい。

なぜなら、内側のサイドポケットには「革」を貼っているから(プエブロの「裏面」がむき出しではない)。ミニL字ファスナーはさまざまなブランドが出していますが、内装にまで革が張られているのは少ないです。

サラリとした「革の表面」を貼ることで、お札の滑りが良くなる。

なめらかな革ではなく、ハッキリとしたシボ。凹凸があるから良いのです。お札やカードの接地面積が減るため、お札が引っかからず、スムーズに出し入れできる。ストレスを感じません。機能的ですね。

マチがないから(背面が縫われているから)、ガバっと開くことはできないのだけど、使いやすい。なぜなら、少し長いからです。手前が開くため、お札が見やすく、数えやすい。

10枚位の収納が良いでしょう。コインは15枚以下。カードは5枚ほどに抑えるとお札はもう少し入ります。

コイン

中央のポケットにコインを入れます。ポケットも少し長いため、ループ構造が開きやすく、コインを入れやすいです。

このポケットには使いやすさが作り込まれています。コインポケットの下部を縫うことでポケットが浅くしています。

だからコインが沈み込まない。一般的なミニL字ファスナーよりコインが見やすく、

取り出しやすいです。

なお、コインポケットの内側は、プエブロの裏面です。毛羽立ちがあるため、コインの汚れは避けられません。本作の価格を考えると妥当です。内側にも革を貼ったミニL字ファスナー財布もありますが、2万円を超えます。

最大収納時の使い勝手

カード6枚、お札10枚、コイン15枚がスッキリと収納できるMaxです。一般的なミニL字ファスナーより、少し多く収納できます。

この収納で、フラットなフォルムを保てます。

フラットなフォルムをキープするのに、外側のカードポケットが役立っています。プラスチックのカードを入れることで、カードの硬さによってフラット&スリムを保てます。

さらに収納することもできるけど、両サイドが膨らんでしまう。コンパクトに持ち歩きたいなら、あまり詰め込みすぎないほうが良いです。もっとたくさん入れたいなら、Landシリーズの長財布もラインナップされていますので、そちらを検討したほうがよいでしょう。

特徴

スポンサーリンク

イタリアの革、プエブロを使用

素材はプエブロ。イタリアのタンナー、バダラッシカルロ社のオイルレザーです。微細な繊維が乱舞する表情が、特徴です。

スムースな革、「ミネルバリスシオ」の表面を擦ることで毛羽立たせたのがプエブロです。香りはミネルバと同じですが、色、質感などが異なる。個性の強い革です。

一般的な革とはさわり心地も違う。和紙のような手触りです。

スポンサーリンク

色・ツヤが変化するエイジングを楽しめる

使っていくと、すぐに色・ツヤが変化します。ミネルバと同じく、濃くなります。また、手触りも変化する。和紙のようなサラサラとした手触りは新品のときだけの楽しみ。オイリーな手触りに変わります。

別の色ですが、プエブロです。表面に光沢が出ていますね。オイルコーティングされた状態です。

スポンサーリンク

贅沢な作り

小さな財布ですが、細部まで贅沢に作られています。

内側のポケットもプエブロ。高価な革なんです。

また、側面のカードポケットの中にもプエブロが使われています。見た目が良くなるだけじゃない。プエブロを使うことでより丈夫になる。耐久性を考えて作られてます。

仕上げ

FlathorityのLandシリーズは丁寧に作られています。L-Zipの仕上げをご紹介しましょう。

コバ

コバは染料が塗られています。量産品でみられる塗料とは違う。剥がれず、丈夫に使えます。さらに磨いて仕上げられています。

面取りをすることで、やわらかなフォルムになっている。手触りもいい。

カードのポケットも染色され、磨かれています。

捻引き

財布のフチに、ラインが引いてあります。これを捻(ねん)と言います。

デザイン的にキリッと引き締まるし、コバが丈夫になる。カーブも丁寧に引かれていますね。

ステッチ

革色と同色の糸が使われています。

ストレートからカーブまで、キレイに縫われています。

負荷のかかるところは、しっかりと返し縫いがされている。丈夫で長持ちしそうです。

あとがき

Landシリーズの L-Zipファスナーはおすすめできます。高価な革を贅沢に使い、美しさと耐久性を考えて作られている。時間のかかるコバの仕上げもされている。

さまざまなブランドがミニL字ファスナーを作っていますが、一万円ほどのプライスで、このレベルの財布はほとんどありません。おすすめです。

SNS/YouTube

Twitter, Instagram, YouTubeも運営しています。フォロー、アンフォローお気軽に。


func_walletさんをフォロー