BONAVENTURA ミニジップウォレットのレビュー。シュランケンカーフを使った、スリムで小さな財布

本日ご紹介する財布は、BONAVENTURAの小さな財布『ミニジップウォレット』です。

特徴は以下のとおり。

  • 小さくて薄い
  • カードが使いやすい
  • お札やコインも収納できる
  • 素材はシュランケンカーフ

本ページではミニジップウォレットのx使い勝手、特徴、メリット・デメリットについて、分かりやすく解説します。

スペック

ブランドBONAVENTURA
商品名ミニジップウォレット
用途サブ
価格(税込み)23,100円
収納力★★☆☆☆
お札入れの数1
お札の枚数4
コインの枚数10
カードの枚数5
寸法W127×D75×H10mm
重量38g
素材シュランケンカーフ

この商品を取扱いサイトで見てみる

カタチ、構造

手で持ったサイズ感がこちら。
「小さい財布」にカテゴライズできる、コンパクトな一品です。

カードと比べると、小ささが際立ちますね。

そして、とてもスリム。最も薄いところで4mmほどしかありません。厚みのあるファスナーの近くは10mmほど。

外装に使われる革は、シュランケンカーフ(詳細は後述)。
モッチリ、さらりとした質感。触っていて気持ちの良い素材です。

財布の外側にポケットが付いているのも本作の特徴。ここにカードを収納します。

反対側は異なるデザイン。少し大きめのフリーポケットです。
こちらにもカードやレシートなどを入れることができます。

五角形の引き手もシュランケンカーフ。白いステッチでポップな印象です。

ファスナーテープは本体と同色。淡いブルーにゴールドのファスナーが美しい。

ファスナーを開くとこんな感じ。内装にも革が使われた贅沢なつくりです。

使い勝手

カード、お札、コインの使い勝手を見ていきましょう。

カード

外側には5段のポケットが備わっています。
収納すると、少しカードが顔を出すサイズなので、見やすい。

指を添えやすく、引き出しやすいです。

カードポケットの内側(見えない部分)はサラリとした素材が使われていて、カードの滑りがいい。快適に出し入れできます。

1スロットに1枚、合計5枚が使いやすいと思います。
ポケットの幅が広いから2枚収納することもできますが、おすすめしません。
取り出すときに「カードを選ぶ手間」が増えるし、カタチもいびつになる。ズラッとカードを収納したときもスリムなプロポーションを保てるのが、ミニジップウォレットの魅力だと思いますし。

スポンサーリンク

レシートなど

もう片面に、フリーポケットがついています。こちらはガバっと開く。

カードを入れると、完全に隠れるサイズ感。 

フリーポケットの内側は革が使われているので滑り止めとしての効果もある。逆さにして振っても、カードが落ちたりしません。

とはいえ、革のテンションで留めるだけの構造です。完全に閉じ込めているわけではないため、何らかのきっかけで飛び出してしまうかもしれない。クレジットカードのような貴重品を入れるのは避けた方が良いでしょう。

幅が広いため、カードより大きなアイテムも収納できます。
「一時的に収納しておいて、後で取り出したいもの」、たとえばレシートや新幹線のチケット、領収書などを収納するのに最適です。

お札

お札を収納するなら、ファスナー付きのポケットの中。

二つ折りではファスナーが引っかかって、閉じることができません。

つまり、三つ折りにして入れる。

または、2回折る必要があるのです。

出し入れのたびに、お札を開く、折り曲げるのアクションが必要になります。

好みが分かれるポイントだと思います。

ミニジップウォレットは「小さくて薄い」を重視しており、お札の使いやすさを優先したデザインにはなっていません。お札は予備として入れておく。そんな用途にフィットする財布です。

「お札も快適に使えるオールインワンの財布」として考えているなら、ミニジップウォレットはマッチしないと思います。オーソドックスな長財布や二つ折り財布を選んだ方が良いでしょう。

コイン

ファスナーの中に入れます。マチ構造になっているから、見やすい。

コイン10枚くらいがMAXとお考えください。

片マチですし、ポケットも大きくないから、10枚を超えると使いにくい。
また、コインをたくさん入れるとボディが歪み、外側のポケットに入っているカードに負担がかかりそうです。

なにより、美しいフォルムが崩れてしまう。

だから10枚くらいまでに抑えた方が良いです。

スポンサーリンク

使い勝手のまとめ

お札、コインの両方を活用したいなら、ミニジップウォレットは合わないでしょう。
両方を入れると、ゴチャゴチャして見にくいし、取り出しにくいです。

カードとお札を収納しておくほうがスッキリして良いと思います。スリムなフォルムも保てますし。

もしくはコインだけと割り切って使うかですね。

特徴

スポンサーリンク

シュランケンカーフを使用

ビビッドな発色が美しい、ドイツの革です。

BONAVENTURAは、さまざまなカラーをラインナップしています。個人的にはエトープが好きな色なのだけど、すでに5アイテムくらい持っているので、使ったことのない「ブルーシアン」をチョイス。

革の色を写真で表現するのは難しいのだけど、やわらかなブルーです。夏っぽい。

立体的なシボが特徴の革です。弾力のある、プニプニとした質感で触っていて気持ちい素材。

上品なルックスとは裏腹に、ガシガシと使える丈夫な革なのも魅力です。

シュランケンカーフのiPhoneケースは60日以上ケツポケしている。けど、まったく傷つかない。「同じような見た目の革」は他にもあるのですが、安価な革はハガレてきて長く使えないんです。

水にも強くて染みにならない。色落ちもしない。

水が付いたって拭き取ればいい。シミにもなりません。

気軽に使えて、新品のときのルックスが長く続くタイプの革です(言い換えると、色ツヤが変化するエイジングは楽しめません)。

スポンサーリンク

小さくて薄いから、快適に持ち歩くことができる

軽くて、小さい。

だから、小さなカバンのサイドポケットにも入れても邪魔にならないし。
スーツにの内ポケットにもすっきりと収まる。カタチを崩さないし、ストレスを感じません。

マチありとマチなしの2ラインナップ

ミニジップウォレットは2タイプがラインナップされています。

※本ページで解説しているのは、マチありのタイプです。

では、どちらが良いのか?

ファスナーポケットにお札だけを入れるなら(コインを入れない場合)は、「マチなし」を選ぶのもアリだと思います。よりスリムになるし、お値段も少し安いですし。

マチありの方は、ポケットが開くようになるので、見やすくて、出し入れしやすいです。

「薄さ」と「使いやすさ」、どちらを取るかでチョイスすると良いでしょう。

最適な用途、シチュエーション

コンパクトでスリムなミニジップウォレットは、「物を持ちたく無いシチュエーション」に最適です。たとえば、以下のような用途にふさわしい財布です。

  • たくさんの現金が必要ないパーティーシーン。
  • クレジットカードでの支払いがほとんど。
  • コインケースを別に持つ。

逆にいうと、たくさんのお金やカードをひとまとめにしたいなら、本作は合わないでしょう。オーソドックスな二つ折財布や長財布をセレクトした方が、ずっと快適に使えるはずです。

あとがき

シュランケンカーフを使った小さな財布は、BONAVENTURAからラインナップされているのだけど、本作は最もスリム。快適に持ち歩くことができる美しい財布です。

この商品を取扱いサイトで見てみる

SNS/YouTube

Twitter, Instagram, YouTubeもやっています。フォロー、アンフォローお気軽に。


func_walletさんをフォロー