SYRINX《はさむ》iPhoneケースのレビュー。裸のiPhoneを楽しむためのスリーブケース

Apple製品が大好きですから、スマホも当然iPhoneです。
iPhone XSのレザーケースを手に入れたので、本日はそのご紹介。

機能的な革製品をラインナップするSYRINXの1品、

《はさむ》iPhone スリーブケース』 です。

まずは特徴をピックアップ。

  • スリーブタイプのiPhoneケース
  • イタリアの皮革、エルバマットを使用
  • 革のハリ、自然な風合い、エイジングを楽しめる
  • メイドインジャパンの、美しく丁寧な仕上げ

シンプルな製品なのだけど、所有欲を満たしてくれるiPhoneケース。
スロットインタイプの、iPhoneケースをお探しの方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

動画

質感や弾力など、伝わりやすいように動画にしてみました。

フォルム

一口に「iPhoneケース」といっても、さまざまなカタチがあります。

その中でも、本作はiPhoneをすっぽりと収納する、スリーブタイプにカテゴライズされます。裸のiPhoneを楽しみたい人におすすめのカタチですね。

素材は、SYRINXが定番とするイタリアのオイルレザー、「エルバマット」。一枚革を折って仕立てられたボディには、つなぎ目がありません。

吸い付くような質感としっかりしたハリ感を、手のひらいっぱいで感じることができる。触れていて気持ち良い皮革です。

外装にはワンポイントのブランドロゴがあるだけ。非常にシンプルなデザインです。

革のハリが強く、ぷっくりと膨らみのあるフォルムです。少しずつスリムになっていくはず。

使い方

上部が大きく空いています。ここにスロットインする。

片側の上部は、ステッチされていないので、斜めに差し込むようにして入れることができます。

《はさむ》はiPhoneのモデルごとに、サイズ展開されています。
今回セレクトしたのは、iPhone XSに対応するモデル(IPhone Xもサポートしています)。

出し入れはちょっとキツイ。裸のiPhoneXSがジャストサイズですね。ケースを装着したうえでの収納は難しい。というか、無理だと思います。革は使いこんでいくと、少し伸びます。馴染んだあとのフィット感を考慮してのサイズなのでしょう。

さすがにiPhoneを覆うタイプのケースを付けては装着できません。しかし、ガラスタイプのフィルムくらいなら問題なく装着可能です。

ちなみに、私が付けているのはこちら。フィルムをピタリと貼るためのフレームも付いているので、ミスりません。安心のANKER製。

さて、《はさむ》を使い始めたときは、ストレスを感じることがありました。
Bluetoothイヤフォンで音楽を聞ききながらケースに収納すると、Siriが起動して音楽が数秒ストップすることがあったのです(数秒放置するとSiriが終了して音楽は再開するのだけど)。

ケースがジャストサイズすぎて、iPhone XSのサイドボタンが勝手に長押しされてSiriが起動してしまうためですね。

これは、しばらく使うと解決できます。

ジャストサイズで作られているということは、利用しているうちに革が伸びていくということ。積極的にケースにしまうようにして、なるべく早く革が馴染むようにしました。寝ている時間も、仕事中も。112時間は装着していたはず。結果、1週間後にはSiriが起動することはなくなりました。

もし、Siriが起動して使い勝手が悪いと感じたなら、もう少しiPhoneを入れて過ごしてみると良いでしょう。改善すると思います。

iPhoneの下部がスリットになっていて、スピーカが見えるデザイン。ケースを付けた状態でも、音がちゃんと聞こえます。
iPhoneを取り出すときは、こちらに親指を押し込むとスムースに外すことができます。

ライトニングケーブルも差し込むことができる。ただ、充電するとiPhoneが熱くなることがあるので、ケースを付けたままの充電は避けたほうがいいかもしれません。

スリーブタイプのメリット・デメリット

iPhoneの特徴のひとつは、プロダクトの美しさにあると思うのです。iPhoneXSになり、よりラグジュアリになりましたね。やはりジョナサン・アイブのプロダクトは素晴らしい。

買ったばかりのiPhoneは、なるべく裸で楽しみたい。そんな人にピタリとはまるのが、本作のようなスリーブタイプなのです。

装着後は完全に隠れてしまうため、そのままではiPhoneを操作できません。

持ち運ぶときだけiPhoneを守ってくれればいい。使うときは、素のままのIPhoneを使いたい。スリーブタイプのケースは、そんなニーズに応えてくれるのです。

特徴

エルバマットを贅沢に味わえる

本作の素材は、エルバマット。
イタリアのタンナー、テンペスティ社の代表作です。

私がチョイスしたカラーは「AGAVE」。青と緑の中間色のような色合いで、光の明るさによって色合いや表情が変わります(今このページを見ている、ディスプレイによっても、色合いが変わるはず。)。

マットに見える表情は、よく見ると微細なシボがあります。

エルバマットは表面に色を塗っているわけではなくて、革に染料を浸透させることで彩りを加えた、染料仕上げです。

皮は自然の産物ですから、均一な厚みではありません。どうしても濃淡の差がうまれるし、薄化粧だから生きていた証である、キズや血管などが見えることもあります。

「均一な美しさ」ではなく、革の自然な風合いを楽しめる皮革といえます。

微細な凹凸を感じる、しっかりとした質感です。

手にとったとき、所有欲が満たされるのは「革の厚み」によるものでしょう。
《はさむ》iPhoneスリーブケースは2mmの厚みがあります。ペラペラの薄い皮革ではない。だから、弾力やハリをしっかりと感じることができるわけです。

床面の色の濃さがスゴイ。革の芯までしっかりと染色されている証です。 

触れてみると、しっとりとした質感です。これはオイルが浸透しているから。

たっぷりと染料とオイルを含んでいるため、メンテナンスは必要ありません。

カバンやポケットに入れて持ち運ぶことで、自然と乾拭きされる。エルバマットの中のオイルが移動し、適度な油分がキープされるのです。また、触れることで、手の油分も伝わる。表面は常にオイルコーティングされた状態だから、オイルやクリームの追加なんて必要ありません。むしろハリが落ちる恐れがあるので避けましょう。

さて、この美しい表情はずっとキープされるのか。というとそうではありません。正直、キズはつきます。

しかし、気にする必要はありません。
染料とオイルが革の表面に移動することで、キズが目立たなくなるからです(これをプルアップ現象といいます)。

Before。(写真は《はさむ》ではないのですが、エルバマットです。)

After。普通に使うだけで、キズがなくなる。

ただし、深くえぐれるキズや、凹みは元には戻りません。キズが許せないなら、そもそも革のiPhoneケースをチョイスしないほうが良いと思います。

エイジングを楽しめる。育つiPhoneケース

エルバマットは、タンニンなめし、かつ染料仕上げの皮革ですから、色ツヤの変化する「エイジング」も楽しむことができます。

エルバマットを使った、SYRINXのHITOE長財布では、「TEXSAS AGAVE」というカラーをチョイスしました(本ページでご紹介している、「AGAVE」の表面を微細に毛羽立たせたカラーです)。

濃淡がよりハッキリとする変化を、楽しむことができました。

《はさむ》iPhoneスリーブケースのエイジング具合は、また後日ご紹介できればと。

丁寧な仕上げ

《はさむ》iPhoneスリーブケースは、メイドインジャパンです。

ダメージを受けやすい端っこは、ちゃんと返し縫いがされているし。

重ね合わせたパーツは段差がないように、コバがが磨かれています。コバ塗料をベタ塗りしているわけではないので安っぽく見えないし、触れていて気持ちいいです。

豊富なカラーラインナップ

《はさむ》iPhoneケースのカラーラインナップは豊富です。(というか、エルバマットのカラーがものすごく多い)。

お気に入りがきっと見つかるはず。

あとがき

革のアイテムとしての所有欲と、iPhoneそのものの美しさを堪能したいなら、
《はさむ》iPhoneケースは最適な1品です。

Twitter, Instagram

Twitter, Instagramもやっています。


func_walletさんをフォロー