腕時計の革ベルト オーダーメイドで何が手に入るのか。使い比べてみて分かった市販品とオーダー品との違い、メリット・デメリット

腕時計の革ベルトには、2種類の購入方法があります。

  1. 市販品を買う
  2. オーダーメイドで作る

本ページでは、両者を手に入れてきたユーザの視点で、
それぞれの特徴、メリット・デメリットを分かりやすく解説します。

スポンサーリンク

市販品とオーダーとの比較

オーダーで指定できることは以下のとおり。

市販品 オーダー
革の選択 できない できる
色の選択 できない できる
長さの指定 できない できる
厚みの指定 できない 2mm〜4mmくらいで調整できる工房もある。
穴の位置・数の変更 できない 位置、数を変更できる

結果として、以下のような違いが生まれます。

市販品 オーダー
フィット感 腕の細い人はフィットしない フィットする
見た目 野暮ったいかも スッキリ
手に入るまでの期間 在庫があればすぐに 3週間〜1年
ベルトの上質さ 低〜中。
メイカーによる。
低〜高。
職人のスキルによる。
価格 2,000円〜20,000円 5,000円〜50,000円
満足度 普通〜高い 高い

オーダーの方が良く見えるかもしれませんが、
市販ベルトでサイズ、革、品質に満足できるならオーダーの必要はありません。

よりフィット感を高めたい。好きな革を使ってみたいなど、オーダーならではの満足できるポイントがあるわけです。そこに価値を感じられるかどうかですね。

それではオーダーの特徴をご紹介しましょう。

オーダーの特徴

本章ではオーダーの特徴を、市販ベルトと比べながら解説します。

市販ベルトで納得できないからこそ、オーダーするわけですが・・・。
では、オーダーすることで本当に満足できるのか?ハッキリさせましょう。

好みの革を選ぶことができる

シュランケンカーフは、ドイツの高級レザーです。
市販ベルトではあまり採用されていませんが、オーダーならチョイスできる。

また、ベルトの裏面は見えないため、安価な素材が使われることが多い。
使っている革も、ほとんどの商品で解説されていません。

つまり、好きな革が使われたベルトに出会うのは難しいのです。

でも、オーダーなら、表・裏ともに革を選択できる。
たとえば、両面コードバンの組み合わせは、オーダーベルトでしかありえません。

好みの色を選ぶことができる

好きな色を組み合わせも、オーダーなら叶えることができます。

淡い色を合わせてみました。
オーソドックスだけど、落ち着きがあり、ラグジュアリーな装い。

普段は見えない裏面だから、コントラストを効かせた冒険もできる。お店では買えません。

ただ置いてあるときも、見て楽しめる。
毎朝ワクワクする。だから手に取りたくなる。

ほとんどの人は革ベルトを着け外しして遊んだりしません。

「より多くの人がチョイスするだろう色」、たとえば黒、ブラウンなどの「ビジネスからカジュアルまで対応できるカラー」がお店に並ぶのは、たくさん売れるからです。だから、本当に自分が好きなベルトを見つけることすら難しい。見たことがないものを好きにはなれないのです。

スポンサーリンク

ジャストサイズのベルト長にできる

手首のサイズはそれぞれ違う。細い人もいれば、太い人もいる。
だから、お店に並ぶ革ベルトは「ほぼすべての人が装着できるサイズ」で作られています。

長さは、75ミリと120ミリくらい。

誰でもフィットするように、たくさんの穴が空いています。

量産できるから生産コストが下がり、販売価格も安くなるため、悪いことではないですね。

ちなみに、NOMOSなどの一部ブランドは、ベルト長をS・M・Lとサイズ展開しています。もちろん、生産・管理コストは、価格に反映されているでしょう。

世界中で売るため、ほとんどのベルトが「世界標準のサイズ」で作られているわけです。

欧米人に比べて日本人は細腕だから、ベルト長が足りないことはほとんどないはず。言い換えると、ベルトが長く、見た目や使い勝手が犠牲になっているわけです。

ベルトが長いから、無理に曲げないと装着できない。革に負担がかかり、寿命が短くなる。

装着後も遊びができる。野暮ったく感じることがある。

オーダーベルトなら、こういった不満を解決できます。

「最低限の長さ」でオーダーできるから、無理に曲げずに装着できる。長く使える。

手首にジャストサイズのベルトは、スッキリとした見た目になります。

遊革を無くすことができる

この稼働するパーツを「遊革(ゆうかく)」といいます。

定革から出た剣先がプラつくし、モノとぶつかったときに反り返ることもある。

遊革に収めることで、ピタッと留めることがができます。

では、なぜ遊革が必要なのか?
ほとんどの人にとって「ベルトが長すぎる」からです。

ジャストサイズにオーダーすることで、遊革は不要になります。見た目もスッキリしますね。

デザインとして残すのは「あり」です。
「定革と遊革で違った色にする」などの遊びのあるオーダーに応えてくれるかもしれません。

スポンサーリンク

素早く、着脱できるようになる

ベルトの長さに「遊び」が無くなるため、扱いやすくなる。剣先が短いから、着脱時にベルトをアレコレと触らなくて済む。よりスピーディーに装着できるようになります。

遊革がない場合は、金属ベルトとほぼ同じアクションで装着可能です。

Dバックルを利用する場合、より効果を実感できます。

市販品よりも高価なものが多い

市販の革ベルトは、2,000円〜20,000円ほどで手に入ります。

一方、オーダーベルトは5,000円〜50,000円くらいが相場。量販よりも、ずっと高価です。

価格は、オーダーする工房、革によって違います。実店舗を持つ工房なら、高くなる。

また、仕上げのレベルによっても値段が変わります。

腕時計のベルトは微細かつ、繊細な革製品です。細部の仕上げにコダワル職人さんほど時間をかけ、極めて美しいプロダクトに仕上げてくれる。だから高価になる。

どこで満足するかは、オーダーする人が決めること。正解などありません。
サイズが合えばいいだけなら、安価なオーダーでも満足できるはずです。

ほとんどのメーカーがオーダーを受け付けていないのは、手間も時間もかかるからでしょう。

たとえば、定革にきちんと収まるのか。など、「お客さんが間違えているかもしれない」リスクを考慮して、デザインしないといけない。気も使うし時間もかかる作業なのです。

オーダーの打ち合わせをしている時間は、モノづくりができない。アレコレと相談したうえで、オーダーが流れるリスクもある。割に合わないビジネスなのでしょう。

完成までに時間がかかる

3ヶ月待っても、完成しないかもしれません。
オーダー前に納期を確認しましょう。

「これまでに存在しない、世界にひとつの特別なベルト」を特注で作るわけです。
時間がかかって当たり前。待っている時間が長いほど、出来上がったときの喜びはひとしおです。待つほどに期待が膨らむのもオーダーの醍醐味ですね。

いくつかの工房でオーダーしましたが、完成期間はそれぞれ違いました。

  • 2週間
  • 1.5ヶ月

今オーダーをお願いしてる工房は、10ヶ月ほど待っていたりもする。

サイズを間違われることがある

5千円でオーダーしたベルトは、指定した穴の位置が10mmズレました。ちなみに、このレベルのミスは対応してもらえると思います。

安いから、オーダーが殺到する。ミスも増える。安価なオーダーは「サイズ合わせ用」と割り切ったほうが良いかもしれません。

仕上げの美しさは、価格に比例する

安価なオーダーベルトは、数日で完成します。

1ヶ月以上かけて作られたベルトと比べると、細部の仕上げが甘い。

たとえば、ステッチピッチの繊細さ、美しさがまったく違う。

剣先の美しさも。きちんとヘリが落とされていますね。

美しい仕上げのベルトは高いし、仕上げが甘いものは安い。
そういうものです。安くて高品質なベルトは存在しません。

正解はありません。「どこに価値を見出すか」でオーダーしましょう。
(サイズ感だけであれば、安価なオーダーだって満足できるはずです)

スポンサーリンク

はじめてのオーダーで、最高のサイズ感は難しいかもしれない

サイズの調整は、もっともこだわりたいところ。

ただ、「はじめての革ベルトオーダー」で最高のフィット感は、難しいかもしれません。

完成品を装着してみると、ちょっと違和感を感じることがある。

剣先を10mm変えた2本のベルトをオーダーしてみました。

定革から15mm出るサイズ。

定革から25mm出るサイズ。

わずか10mmですが、かなり印象が変わる。
どちらを気にいるかは好みによるため、正解はありません。
個人的には10mm出るサイズの方がスッキリして気に入っています。

オーダーは、やり直しが効きません。
mm単位のジャストフィットを追求したいなら、はじめてのオーダーは安価な工房にお願いして、長さ、厚みなどの「あなたのお気に入り」を見定める。その後で、本当にオーダーしたい工房にお願いするのも手です。ヤフオクやメルカリで5,000円未満でオーダーを受けている職人さんもいますね。

満足感が高い

財布、手帳、ブックカバー、スマートフォンケース。
さまざまな革製品をオーダーしてきました。

「思い通りにオーダーできたときの満足感」は、腕時計の革ベルトがもっとも高い。仕事やプライベートで毎日使う、もっとも身近な革製品だからです。

また、素肌に装着する、唯一の革製品で、近くで見るアイテムです。

自分のコダワリを、小さなボディにギュッと詰め込んだ嗜好品。
自分の腕に合うように仕立てられた、世界でただ1つのプロダクトは格別です。

あとがき

市販品で、革、色、サイズなど満足できるなら、あえてオーダーする必要はないでしょう。ずっと安価ですしね。オーダーだけの満足ポイントがあるならば、オーダーすればいい。

まずは安価な市販品でサイズや色など自分の好みを押さえる。それからオーダーでも良いと思います。

SNS/YouTube

Twitter, Instagram, YouTubeもやっています。フォロー、アンフォローお気軽に。


func_walletさんをフォロー