ポーター エイブル ミニL字ファスナーのレビュー。機能的で高級感のあるコンパクトな財布の使い勝手、特徴、メリット・デメリット

ポーターのABLE(エイブル)シリーズが発表されました。
その中から『エイブル ミニL字ファスナー財布』を購入したのでご紹介しましょう。

特徴は以下のとおり。

  • ミニL字ファスナー財布
  • とてもスリムで携帯しやすい
  • 財布を開かなくてもカードが使える
  • イタリアの型押しレザーの高級感
  • 大人にふさわしい、落ち着いたルックス

本ページではエイブル ミニ財布の使い勝手、特徴、メリット・デメリットについて分かりやすく解説します。

スペック

ブランドポーター
商品名エイブル ミニL字ファスナー財布
用途
  • メイン
  • サブ
収納力★★☆☆☆
お札入れの数1
お札の枚数10
コインの枚数15
カードの枚数5
寸法W115 × H85 × D10mm
重量未計測
素材イタリア エンボスレザー

エイブル ミニL字ファスナー財布を見る

カタチ、構造

いわゆる「ミニL字ファスナーに」にカテゴライズされる財布です。

2枚の革を貼り合わせ、縫い合わせた構造。一枚の革ではないため、コバが手にあたる。「革だけの手触り」を楽しめないのがデメリットです。 

一方、よりスリムに仕上げることができる。

素材は、イタリアの型押しレザー(後述)。品のある表情とスリムなフォルムがあいまって、スタイリッシュ感のある財布に仕上がっています。

歯のひとつひとつを滑らかに研磨した、美しいファスナー。YKKの最高峰エクセラです。ポーターはさまざまなシリーズをラインナップしていて、ファスナーを使ったアイテムはたくさんあるけど、エクセラを使っているのは少ない。エイブルが高級ラインであることが、ファスナーからも分かります。

ファスナーの引き手はシルバーの金具。ポーターのロゴ入り。特注の引き手を準備できるのは大手ブランドのポーターだからこそ。「YKKのロゴ」はありません。小さい引手だけどプラプラせず、つかみやすい。

とても滑らかに開閉できる。エクセラの製品は30以上持っているけど、本作がもっともなめらかです。使っていて気持ちいい。

内側はコインポケット。

外側にはポケットが付いています。
一番上が、お札の収納スペース。

サブポケットと。

カードポケットです。

使い勝手

カード、お札、コインの使い勝手を解説しましょう。

カード

3つのポケット、それぞれにカードを収納できます。

異なる革が使われています。「そこがカードポケットであること」が明確になるデザイン。同じトーンの革色だからコントラストは控えめです。

マチのないポケットですから、1ポケット1枚が良いでしょう。2枚入れるのはおすすめできません。革が伸びるし、段状ポケットには複数入れると財布に負担がかかるからです。

なにより、1ポケット1枚の方が、選びやすく、出し入れしやすい。つまり、本作には3枚のカードを収納できます。これ以上ならサブポケット(後述)に入れましょう。

外装にカードポケットがある財布は機能的です。財布を開かなくてもカードを抜き出して(Suicaならそのままタッチして)お会計完了。じつにスマートです。

サブポケット

カードを収納できる、本体を横断する長さがあり、カードやレシートを収納できます。

なお、収納すると完全に隠れてしまう。Suicaや免許証など、あまり出し入れしないカードを収納すると良いでしょう(よく使うカードは、前述した3つのポケットに入れたほうが使いやすいです)。

ちなみに、お札を収納すると、お札が顔を出してしまうためおすすめできません。

スポンサーリンク

お札

ファスナーの近くのスリットに収納します。こちらもマチのないポケット。お札を手折りしてから入れる。出すときは、お札を開く。これはほぼすべてのミニL字ファスナーで必要なアクションです。

お札の高さギリギリのサイズ。

真横から見ると、隠れます。

収納枚数はMax10枚。

お札を入れる量が増えるとお札の収まりが悪くなる。10枚を超えると少しずつはみ出るようになります。

結局のところ、収納量はカード、お札、コインのトータルで決まります。カード3枚+ サブポケットにカード1枚を入れ、コインも入れる。最小限をスリムに持ち歩くなら、8枚くらいが良いと思います。

コイン

一般的なミニL字ファスナーにある「仕切り」がありません。1種類のアイテム(コインだけ)を収納するデザインです。

内装はサラッとした光沢のある生地。革でないのは軽量化のためでしょう。

コイン14枚を準備しました。

ポケットに仕切りがないため、収納しやすいですね。

折マチ構造ではないため、ガバッとは開かないです。あと、そこそこポケットが深いため、見にくい。一般的なミニL字ファスナーと同じ使い勝手ですね。

エイブル ミニL字ファスナー財布を見る

特徴

スポンサーリンク

イタリアのエンボスレザー

エイブルの素材はイタリアの革。
ポーターはタンナーを明らかにしていないため、ポーター別注のオリジナルレザーかもしれません(ポーターに限らず、大きなブランドはブランド特注の革を作ることがあります)。

微細なシボがならぶ表情。ミネルバ・ボックスやシュランケンカーフよりも、小さな粒感。

凹凸が光を反射することで繊細な光沢を放ちます。明るい空間でもくらい空間でも、美しい。

革の手触りはそれぞれ違うのだけど、エイブルの革はハリがある。また、微細な凹凸を感じることができる。カジュアルすぎない感じです。

コンビなめしとのことです。エイジングを楽しめるかもしれない。光沢は最初からあるので、色だけの変化かも(ツヤが出てもあまり分からないと思います)。

スポンサーリンク

薄くて、小さくて、使いやすい財布

たくさんは入らないのだけど、それでいい。折マチにしたら、もっと入る。仕切りを増やせば使いやすくなる。けれど、厚みが生まれ、スリムなフォルムを保てなくなる。エイブルのミニL字ファスナーは最小限をコンパクトに、スリムに持ち歩くことができる財布です。

スポンサーリンク

仕上げ

ミシン縫い。ストレートに、乱れなく縫われています。

エンボスにまぎれてしまって見にくいのだけど、カーブも綺麗に縫われています。

コバは塗料による仕上げ。つるりとした手触りです。

大人のポーター

ポーターはシリーズによってパッケージも違います(パッケージが無いシリーズもある)。本作はそこそこ高級ライン。パッケージからも上質感が見て取れます。

不織布ではなく、厚手のメガネ拭きのような生地で包まれています。大人な装い。

ロゴも小さく、目立ちません。

タンカーと比べてみると小ささが際立つ。1/6くらいのロゴサイズ。

あとがき

財布を開かずにカードを使える、薄い財布は他にもあります。
しかし、小さくて、最高級のファスナーが使われていて、それでいて1万円代で手に入るものはエイブル ミニL字ファスナーだけだと思います。

エイブル ミニL字ファスナー財布を見る

SNS/YouTube

Twitter, Instagram, YouTubeも運営しています。フォロー、アンフォローお気軽に。


func_walletさんをフォロー