無二 コードバン コインケースのレビュー。職人 宮崎氏が一人でつくる最小財布にせまる

オーダーしていたコードバンの財布が届きました。
無二の『コードバン コインケース』です。

特徴は以下のとおり。

  • ボックス型のコインケース
  • 新喜皮革社のオイルコードバン
  • コバ、縫製など日本トップクラスの仕立て

本ページでは無二 コードバン コインケースの使い勝手、特徴、メリット・デメリットについて分かりやすく解説します。

スペック

ブランド無二
商品名コードバン コインケース
用途サブ
収納力★★☆☆☆
お札入れの数-
お札の枚数-
コインの枚数25
カードの枚数-
寸法W80×D80×H22mm
重量-
素材コードバン(新喜皮革)

無二の製品を取扱サイトで見る

カタチ、構造

「コインケース」はコインを使うための道具です。役割がシンプルですから、奇をてらった製品は少ない。本作もまた昔からあるカタチで、極めてオーソドックスです。

コインケースにもさまざまな「カタチ」があり、本作はボックス型にカテゴライズされます。矩形デザインのカチッとした佇まいが美しい。そんなカタチ。

外装はコードバンの一枚革。色はバーガンディ。

ソリッドな印象になりすぎないのは、ラウンドしたRが和らかさを感じさせてくれるから。一枚のコードバンを折り曲げることで、流麗な曲線美を作り出しているわけです。格好良くて、品があります。

外装は極めてシンプルです。コードバンしか見えない。ブランド名さえ記載していない。インタビュー時にも伺いましたが、「コードバンを際立たせる」のは、無二のコンセプトのひとつのよう。上質な素材には、ブランド名すら余計な装飾なのでしょう。

ホックで留めるデザイン。

中はこんな感じ。コインの収納スペースがひとつ。

使い勝手

カード

カードは入りません。

スポンサーリンク

お札

お札は入りません。

コイン

ホックを外します。

上蓋を開いていくと、折りたたまれた革が少しずつ開いていく。

両サイドに革の壁が立ち、コインの収納スペースが少し口を開いた状態になります。全開になるわけじゃないので、ちょっと指で広げる必要があります。使い込んでいくと、広がりやすくやすくなるかもしれません。

底部はフラット。一般的な財布にある、「折りマチ」とは、そもそも構造が違う。
コインが引っかかったり、奥の方に入り込んで見にくいといったことがおきない。
使いやすいです。

口がガバッと開き、広い面にコインが並ぶ。見やすいです。

口がガバっと開くから、入れやすい。取り出したいコインをピックアップしやすい。
「コインが使いやすいこと」はコインケースにおいて最も重要なことです。そこがきちんと作り込まれています。

ホックを留めた状態で、横から見るとスペースが空いています。しかし、コインがこぼれ落ちることはありません。

革の壁によってピタリと抑え込まれ、

コインをぴったりと閉じ込めるデザインだからです。

革で留める構造にはもうひとつ効果があります。コインを入れた状態で振っても音がほとんどしない。
ほとんどのコインケースは、隙間のなかでコインが動くので、チャリンチャリンと音がします。

無二の製品を取扱サイトで見る

特徴

新喜皮革コードバン×ヌメ革のコインケース

世界最高峰のコードバン

外装の素材は、コードバン。
日本が世界に誇る馬革タンナー、新喜皮革社のコードバンです。

染料コードバンはさまざまなタンナーが作っているわけですが、「均整な美しさ」では新喜皮革がトップクラス。薄く透明なベールを纏った表情が見事です。透明感と色の濃淡がしっかりと出ている。それでいて品がある。

「指の色」まで映るのは、極限までスムースな革だから。これもコードバンの特徴。

折れ曲がる部位も極めて美しい。

水に弱くシミになりやすいため、汗は厳禁なのだけど。ずっと触れていたくなる。

ヌメ革

内装は牛のヌメ、カラーは黒でオーダーしました。

外装はバーガンディ。コードバンとのコントラストを控えめにして、品のある印象に仕上げたかったからです。なお、内装のカラーは、外装のコードバンによって変わるみたい(インタビューしたときに見せてもらったのだけど、赤いヌメ革も綺麗でした)。
ポケットが暗色だとコインが見にくい。そこはデメリットですが、それよりも、革が黒ずんで見えるのが嫌だった。長く使う財布において、内側の掃除に時間をかけたくないなら、やはり暗い色がいいです。

スポンサーリンク

コードバンの丈夫な部位だけを厳選する

無二が「どのようにコードバン」を使うのかというと、とても贅沢。
コードバン全面を使うわけではなくて、繊維の向きを確かめて「丈夫で長く使える部位」を使うようにしているとのこと。面積換算で、複数のコインケースが作れるわけではないのです。

製品化する部位を断裁したあと、ギュッと折り曲げるチェックをしているそう。ここで繊維の向、強度や毛羽立ちを見て、基準以上のコードバンしか製品化していないとのこと。

ちなみに、「チェックを通過しなかったコインケース」を見せてもらったのだけど、折り曲がる箇所を指で触れるとわずかに繊維が立っているかな?くらいでした。これは、無二の製品としてはリリースされないわけです。

スポンサーリンク

美しいパーツ

イタリアPRYM社のホックが使われています。

凸部も、量販品には使われない丸いフォルム。小さなパーツでもこだわっているわけです。

スポンサーリンク

美しい仕上げ

革の買い付け、仕立て、発送まで、すべての工程を宮崎氏が行う。それが無二です。
こだわりと技術が、小さなコインケースからも十分に見て取れます。

コバ

ふたつの技法が用いられています。

磨き仕上げ

断裁して貼り合わせた革の端。ここを「コバ」といいます。

コバの仕上げはブランドによって異なります。
WILDSWANSやLUTÈCEのような「丸みのあるコバ」を目指すところもある。

一方、無二はソリッドな仕上げ。わずかにヘリを落とし、

100以上の財布を見てきましたが、無二の製品はトップクラスです。
極めてスムースで手触りが良い。美しい光沢を放ちます。

革を重ねたコバにおいて、「段差を分からないようにする」のは、難しくない。顔料を厚く塗ればいいのです。多少の段差やキズがあっても隠すことができるテクニックです(量産できたり、製品価格が安くなるメリットがあるため、悪いわけではないです)。

無二の製品は「顔料を塗った仕上げ」ではない。薄塗りの透明感のある染料でスムースな面にするために、極限まで磨いて仕上げられているわけです(凹凸は0.1mmもない)。時間をかけて、美しさを作り込んでいるわけです。

磨いて仕上げたコバの方が耐久性も高いんですよ。

ヘリ返し

内装の牛側は、革を折り返して仕上げられています。「ヘリ返し」という技法。
内装の牛革は柔らかいため、磨いて仕上げるのは難しいのでしょう。

「捻」が引かれています。キリッとした見た目になるし、丈夫になる。

ステッチ

外装のコードバンカラー(バーガンディ)に合わせて、コードバンが際立つ(糸が目立たない)、糸の色でオーダーしました。乱れなく、均等にステッチされています。

内装のステッチは黒。革と馴染む色を選んでいるようです。外側と内側の糸の色が違う。「革が映える色」が選ばれているんですね。

パッケージ

マットな質感の紙のパッケージ。

外装のコードバンと同色のコードバン。型押しで無二のブランドロゴと、製作者YASUJI MIYAZAKIが型押しされています。

あとがき

世界トップクラスの革、新喜皮革のコードバン。
そして、コードバンを専門として作り続ける宮崎氏の技術。

これらが組み合わさった、上質な「コインケース」です。

これまで購入してきたコインケースの中でも最高価格です。

価格で比べたら他ブランドより圧倒的に高価ですが、
「品質とはユーザの満足感である」とお考えなら、高いとは感じないでしょう。

オーソドックスで、美しく、堅牢。そんなコインケースです。

無二の製品を取扱サイトで見る

SNS/YouTube

Twitter, Instagram, YouTubeも運営しています。フォロー、アンフォローお気軽に。


func_walletさんをフォロー