ハンモックウォレットのレビュー。コインが使いやすい、スリムでコンパクトな財布の紹介

ハンモックウォレット 全容

カルトラーレは、日本の革工房。
コンパクトで使いやすく、それでいて機能的なアイテムをラインナップしています。

そのカルトラーレの代表作、ハンモックウォレットを購入してみました。

本ページでは、独特な使い勝手、特徴、それからデメリットも含めて、をしっかりと紹介したいと思います。

最初に、ざっと特徴をあげるとこんな感じ。

  • そこそこ収納できる
  • コンパクトでスリム。さらに軽い
  • コインがバツグンに使いやすい
  • 上品な装いで、ビジネスユースにも最適

スリムで使いやすい財布が欲しい方に、おすすめの財布です。
ぜひ、参考にしてみてください。

スペック

ブランドカルトラーレ
商品名ハンモックウォレット
用途メイン
価格(税込み)13,500円
収納力★★☆☆☆
お札入れの数1
お札の枚数10-15
コインの枚数20-25
カードの枚数4-6
寸法W82×H93×D19mm
重量60g
素材国産牛革

一般的な二つ折り財布に比べ、コンパクトでスリムなサイズに仕上がっています。

公式サイトでハンモックウォレットを見てみる

使い勝手

手に持ったサイズ感はこんな感じ。
ハンモックウォレット サイズ感

片手にすっぽりと収まり、しっかり掴めるサイズ。一般的な二つ折り財布と比べて、一回りコンパクトなフォルムです。

コンパクトな見た目とは裏腹に、かなりカッチリとした質感。力を込めて握っても、ぐにゃりと曲がることはありません。

表面を指で押してみると、ピンとしたハリがあり、確かな跳ね返りを感じます。
ハンモックウォレット ハリ感

カタチで言うと二つ折り財布で、ボタンで留めるつくりとなっています。
スナップするようにすると、カンタンに財布をオープンできます。
ハンモックウォレット オープン

パット見、小さな二つ折り財布。でも、驚くべき機能性を持った、使いやすい財布です。

独特の使い勝手を見ていきましょう。

コイン

財布を開くと目に入るのが、本作の特徴である、ハンモック型のコインポケット

オープンしても、最初は完全にコインが目に入るわけではなく、少し閉じた状態です。
ハンモックウォレット オープン2

そのまま、さらに財布を広げることで、ハンモック状のコインポケットがカパッと開きます
ハンモックウォレット オープン3

コインポケットは、少し浮いた状態。
ハンモックウォレット オープン4

本体を開いていくと、自然に引っ張られてコインポケットが少しずつオープンします。最後にはフラットになるようにデザインされています。ハンモックウォレット オープン5

正面から見ると、台形を2つ合わせたようなカタチ。左右シンメトリのルックスが美しいですね。

全開にしたとき、革が垂直に立つようにデザインされています。上下左右が「革の壁」に囲まれるカタチになるため、コインがこぼれ落ちることはありません。実にエレガントです。
ハンモックウォレット コインポケット

そして、ハンモックウォレットの使いやすさの「キモ」が、まさにここ。
広い面にコインが散るので、見やすく、取り出しやすいんですね。ハンモックウォレット コインを取る様子

この状態から、さらにサイドの革を倒せます。さらにコインが取り出しやすくなります。
ハンモックウォレット コインポケットを更にオープン

当たり前ですが、この状態で財布を傾けると、コインは落ちます。
ただ、実際に使ってみると分かるのですが、コインを落とすことはありません。あまり気にしなくても良いでしょう。

コインを入れるときも、とても快適。しかも、気持ちいいです。

面が広いので、流し入れるようにして収納できます。
ハンモックウォレット コインを入れる

さて、財布を閉じるときの使い勝手を見てみましょう。

コインが増えてくると、中央の折込にもコインが集まってしまいます。折り目にコインがあると、財布を閉じることができません。このときは、財布を手前か奥に傾けて、コインを寄せましょう。
ハンモックウォレット 仕舞うとき

コインポケットの周りの革は、自然に倒れてきます。自分で折りたたむ必要はありません。

そのまま、財布をたたむようにして閉じます。
ハンモックウォレット 仕舞うとき2

収納できる枚数は、25枚ほどまでとお考えください。一般的な二つ折り財布と比べると、圧倒的な収納量です。

ただ、個人的には、たくさんのコインを収納することは、おすすめしません。
コインが増えるほど、財布には厚みが生まれます。せっかくのスタイリッシュなルックスが台無しですし、財布も重くなってしまうからです。

コインの入れすぎによる、財布の膨らみは、あまり気にしなくて良いと思います。使ってみると分かるのですが、10枚以上のコインを持ち歩くことがほとんどないからです。

ハンモックによって、コインが見やすく、取り出しやすいので、結果として小銭が少なくなり、スリムなボディを保つことができるんですね。

個人的には、小銭が扱いやすいことは、財布の使いやすさの一番のキモだと思います。ところが、コンパクトをウリにする財布のほとんどは、使いにくいデザインとなっています。携帯性だけを重視した小さなボディは、決して「使いやすい」とは言えなかったのです。

そういった中で、本作の使い勝手はダントツです。「小さな財布」の中で、使いやすさはNo1です。

電子決済が増えた今日でも、自販機やランチなどでは、まだまだ現金で支払うシーンが多いもの。そういったときにハンモックからサッとコインを使える本作は、とても実用的です。

ちなみに、この独特のつくりは、特許申請済みとのこと。他の財布では、この使いやすさを味わうことはできません。(というか、デザインをパクろうにも職人が面倒がって作らないでしょうが…。)

カード

コインポケットの上下に、フラップがあります。
このフラップの下に、差し込み式のカードポケットがあります。

少しカードが顔を覗かせていますね。
ハンモックウォレット カードを出す様子

ギリギリのサイズでデザインされているのが分かると思います。だからこそ、コンパクトにできたんですね。

カードが、するりと抜け落ちることはありません。
カードの出入り口は、フラップが自然と倒れて「返し」のように働きます。また、カードポケットには、しっかりとテンションがかかっているためです。

カードを取り出すときは、財布をギュッと握りましょう。入り口に隙間ができ、そこからカードを引き出しやすくなります。

私は右利きのため、コインを手前に寄せた方が使いやすく感じます。
そのため、よく使うメインのクレジットカードは、財布の上部のポケットに入れています。
ハンモックウォレット カードを出す様子2

手前のカードを使うなら、コインを奥に寄せて取り出します。
持ち歩きたいけれどあまり使わないカード、たとえば免許証や保険証などを入れておくと便利です。
ハンモックウォレット カードを出す様子3

または、財布を横に持って。ただし、縦持ちよりは、安定しないですね。
ハンモックウォレット カードを出す様子4

どの持ち方でも、コインポケットは自然と革で囲まれるカタチになります。コインがこぼれ落ちたりしないので、ご安心ください。

1つのポケットに収納できるカードは、2−3枚。
クレジットカードのように凸凹のある厚いカードなら2枚まで。革でできているので、馴染めば3枚収納できるようになりそうです。

ハンモックウォレットをスリムに携帯したいなら、合計4枚。Max6枚とお考えください。

お札

コインポケットの下が、お札の収納スペース。
ハンモックウォレット お札

左サイドにスリットがあります。使うときは、そのスリットに親指を添えて、お札を押し出すと、スムーズ。
ハンモックウォレット お札を出す

入れるときは、滑らせるようにお札を入れます。
ハンモックウォレット お札を仕舞う2

ちなみに、左側にはストッパーが付いています。反対側から飛び出すことはありません。
ハンモックウォレット お札留め

私は右利きですから、上記の持ち方になります。
左利きの方は上下を逆にすることで、同じように使えるデザインとなっています。

収納できるのは、15枚までとお考えください。
快適に、スリムに持ち歩くなら、10枚ほどがベストです。

私のように、3万円以下しか持ち歩かないライフスタイルなら、まったく問題になりません。

ハンモックウォレットに限らず、二つ折り財布は、たくさんのお札を持ち歩くのは得意ではありません。たくさんのお札とカードを入れたいなら、長財布をセレクトした方が良いでしょう。

使い勝手のまとめ

ハンモックウォレットは、一般的な財布とは使用方法が異なります。

少しクセのある財布ですから、初めて使うときはちょっと戸惑うかもしれません。ただ、使いはじめると不思議と慣れていきますから、数日後にはバツグンの使いやすさを実感できるはずです。

コンパクトな財布ですから、たくさんのお金を持ち歩くのは得意ではありません。
無理なく収納できる量は、以下のとおりです。

  • お札10枚
  • 厚みのあるカード4枚
  • コイン15枚

最大限詰め込むなら、お札15枚、コイン25枚、カード5,6枚まで入りますし、馴染めばもう少し入るでしょう。ただし、膨らんでしまうので、せっかくのスリムさが活かせません。

どんな財布でも「コンパクトにする」コツは、詰め込みすぎないことです。使う人の気遣いがあってこそ、スリムなボディを保てるんですね。

ちなみに、「小さくて、たくさん入る財布」はありません。

考えてみると当然ですが、財布が小さくなるほど、収納できる量は減ってしまいます。
ここがデザイナーの腕の見せ所です。「コンパクトさ」と「使いやすさ」を融合しようと工夫するからこそ、エッジの効いたデザインに仕上がるわけです。

私はこれまでに、たくさんの「小さな財布」を使ってきました。中には、道具として使いやすいとは言えないものも多くありました。

そういった中、ハンモックウォレットは、お札とコインの収納力、使いやすさにおいて、優れた財布と言えます。使いやすさとコンパクトさが絶妙に組み合わさった逸品なのです。

小さくてスリムなボディは、スーツの内ポケット、カバンの中も快適になります。
気軽に、身軽に出かけたい人ほど、この使い勝手の良さに惚れ込むはずです。

特徴

コンパクト&スリムなボディ

ハンモックウォレットは、一般的な二つ折り財布に比べ、とてもコンパクトでスリムなボディです。ハンモックウォレット サイズの比較

並べてみると、より一層、小ささが分かりますね。

このコンパクトさゆえに、どんなポケットにもスッと収まり、快適に持ち歩くことができるのです。

国産牛革の美しい表情

国産牛型押しの表情は、シックな仕上がり。
ギラリとした輝きではなく、「上品な美しさ」といったところでしょうか。
ハンモックウォレット 美しいステッチ1

緻密な格子は、光を取り込んで、いつも違った表情を見せてくれます。見ていて飽きません。

いつも持ち歩くアイテムと並べてみました。
非常にコンパクトですが、凛とした存在感があります。
ハンモックウォレット サイズ感

表には、ブランド名が刻印されています。素押しタイプでほとんど目立ちません。
ハンモックウォレット ロゴ

余計な装飾のない、シンプルな表情ですからビジネスユースにも最適です。

スーツの内ポケットでも快適なのは、スリムなボディだからこそですね。

そして、私の利用シチュエーションは、まさにビジネスシーンです。
出張など、たくさんのお金やカードを必要としないとき。それでいて快適に動き回りたいときに愛用しています。

キズや、水分に強い

もう1つ、型押しレザーのメリットを紹介します。

キズが目立たたず、キレイな状態で長く使えます。
表面の細かな凸凹がポイントで、引っかきキズに強く、ほとんどキズ付きません。

革は、丈夫で何年も使える素材ですが、小キズはどうしても付いてしまいます。それも含めて、アジとして育てるのも一興ですが、気になる人もいるでしょう。

例えば、ポケットにカギと一緒に入れたとき。取り出すときに爪を引っかけたとき。こういったシーンに強いわけです。もちろん、深いキズであれば隠しきれませんが、それでも格子状の表情が目立たなくしてくれます。

また、水分が浸透しないのもポイント。水染みが起こりにくいため、雨なども気にせず気軽に使えます。

ずっとキレイに使いたい、そう考える人に最適な素材なんですね。

美しい表情を見せるデザイン

革には、表と裏があります。
裏面は毛羽立ちがあり、見た目や触り心地がよろしくありません。

ハンモックウォレットは、どこを見ても、すべて表面となっています。
ハンモックウォレット 裏面

革を重ね合わせることで、表しか見えないデザインになっています。

例えば、お札入れの部分は、あまり目に入りませんし、手で触れることも少ない場所。
こういったパーツも、型押しレザーが貼り合わされています。

目に入るすべてのパーツが、美しい表情なんですね。

made in Tokyoの上質なつくり

ステッチ

革を縫製するステッチは見事。

Rを描くカーブも、直線もキレイにステッチされています。
ハンモックウォレット 美しいステッチ2 ハンモックウォレット 美しいステッチ3

一切の乱れなく、真っ直ぐなステッチが見て取れます。

コバの仕上げ

財布のフチはしっかりとコバ仕上げされています。
ハンモックウォレット コバ

財布は、革を重ね合わせて作られています。つまり、「革の層」があるんですね。にもかかわらず、まるで一枚革のように見えるのは、丁寧なコバ処理のおかげ。

財布本体をダメージから守ってくれるので、長持ちします。コバ処理がされていなければ、破れたり裂けたりしやすいんですね。当然、リペアにかかる費用や時間も少なくてすみます。

また、手で触れたときのあたりがやさしいため、使っていて気持ち良いです。

長く愛用できるポイントが、しっかりと作り込まれているんですね。

豊富なラインナップ

ハンモックウォレットには、4つのモデルがあります。

ノーマルモデル

本ページで紹介した、ノーマルモデル

image-shokunin-02

メンズ用にデザインされた表情は、シックな仕上がり。
カラーは5種類。どれも落ち着いたカラーとなっています。

  • Black×Black(本記事で紹介したもの)
  • DarkBrown×DarkBrown
  • DarkGreen×Green
  • Camel
  • Navy×Khaki

イタリアンレザーモデル

素材にイタリアンショルダーを使った、イタリアンレザーモデルです。image-shokunin-02-il

型押しではなく、スムースタイプのレザーが使われています。

色やツヤの変化、いわゆるエイジングを楽しむならこちらがおすすめです。

カラーは3色です。

  • Black
  • Brown
  • Dark Brown

ゴートレザーモデル

山羊革を使った、ゴートレザーモデルです。

質感はハリがありつつも柔らかいですね。

自然なシボによって、優しい雰囲気に仕上がっています。

ノーマルとどちらが良いかは、好みですね。
hammock-goat-8

ちなみに、ゴートレザーモデルが最軽量です。ノーマルも十分に軽いのだけど、さらに10g軽量です。「持ち歩く快適さ」をとるなら、ゴートレザーモデルが良いでしょう。

買ってみました。詳細は以下をごらんください。

参考:ゴートレザーモデルのレビュー

レディースモデル

レディースモデルがこちら。
image-shokunin-02-l

パステルカラーでラインナップされています。
こちらのモデルは、財布の外と内で、異なるカラーを使ったバイカラーとなっています。

  • PaleBeige×BlueGreen
  • GrayishBrown×Yellow
  • LightPink×PerlCream

公式サイトではamazonユーザーならそのまま購入できます。煩わしい会員登録は不要です

パッケージ

黒くてマットな質感のパッケージ。
中央には、ブランド名とmade in Tokyoが銀押しされています。
ハンモックウォレット パッケージ

あとがき

今では、コンパクトなこと、スリムなことをウリにする財布は、たくさんあります。

そんな中、ハンモックウォレットはコンパクトで、使いやすく、それでいて上質。
上品なルックスは、ビジネスでも十分使えます。

快適に持ち歩くライフスタイルを実感できる逸品です。

公式サイトでハンモックウォレットを見てみる

Twitter, Instagram

Twitter, Instagramもやっています。


func_walletさんをフォロー