馬蹄型のコインケースとは何か?美しいフォルムに秘めた特徴メリット・デメリットに鋭くせまる

さまざまなカタチのコインケースがありますが、「馬蹄型(ばていがた)」は特別です。

まずは、特徴をあげてみましょう。

  • もっとも使いやすいコインケース
  • 立体的で、美しいデザイン
  • 日本でしか販売されていない
  • 世界一丈夫な財布

個人的に、もっとも気に入っている「コインケース」です。

本日は、キプリスのコードバンシリーズを例に、馬蹄型の特徴と、日本の革工房の中から、馬蹄型をラインナップするブランドをご紹介します。

馬蹄型のコインケースを検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

馬蹄型の使い勝手

Rを描く流麗なフォルムが一番の特徴ですね。丸みを帯びたフォルムは美しいだけでなく、手で持ったときのフィット感もバツグンにいい。手に馴染むのです。馬蹄形 手に持った感じ

小さなサイズで、手のひらにすっと収まります。ポケットの中でも邪魔になりません。

「コインケース」には沢山のカタチがあるのですが、そういった中で、身軽さ、気軽さ、使いやすさ、そして美しさにおいて馬蹄型は、No1のコインケースだと思います。

手に持つとこんな感じ。一般的なコインケースと比べると、かなり小さい。手のひらに収まるサイズ感です。コロンとしたフォルムからは、愛くるしい印象を受けます。
馬蹄形 手に収まる

キプリスの馬蹄型はとても贅沢なつくりです。外装のすべて(表、裏、サイド)がコードバンで仕立てられています。とても滑らかな革で、つるりとした質感です。上品なだけでなく、触っていて気持ちいい。
馬蹄形 エッジ

コインケースを開くフラップもコードバンです。
馬蹄形 丸み

本作に限らず、馬蹄型のコインケースは、このフラップを引っ張ることで、開くつくりになっています。開けてみると、こんな感じ。
馬蹄形 オープン

馬蹄型のコインケースは、開いた時にはコインが隠れたままです。

本体を傾けることで、コインが滑り出てきます。しっかりと革で囲まれていますから、コインがこぼれ落ちることはありません。広い面にコインが散るため、見やすく、取り出しやすいのも馬蹄型のメリットですね。なお、このスペースに並ぶコインは10枚程度です。コインが多いほど、使い勝手は落ちていきます。あまり溜め込まず、使うようにましょう。馬蹄形 コインを取り出し

コインをしまう時は、逆に傾けて、コインをスライドさせるイメージ。収納するスペースは、トンネルのように大きく口が空いていますから、するりと格納されていきます。
馬蹄形 コインを収納

10枚を超えると、傾けただけでは収まりきらないようになるので、揺さぶりながら仕舞います。コインの収納スペースは立体でマチがあるため、コインが数枚重なっても収納できます。

収納できるのは20枚ほど。500円玉20枚を収納することはできませんが、普通に使うなら余裕の収納量。

当たり前ですが、コインを収納するほど、重くなります。手のひらに収まるほどのコンパクトなサイズですから、とても軽そうに見えます。イメージとは裏腹に重い。重みを増した馬蹄型は、何というか、コードバンの重厚感をより一層に感じられる。不思議ですね。

収納スペースにコインを滑り込ませたら、フラップを閉じます。背面も、可愛いです。
馬蹄形 フィット感

馬蹄型には、もう1つポケットが備え付けられています。ふだんはフラップで隠れるデザイン。
馬蹄形 フラップ

このフラップを開けると、コインを収納できるスペースが現れます。馬蹄形 サイドポケット

たとえば、500円玉だけはここに入れる。など、きっちりと仕分けしたい人には嬉しいポケットかもしれません。ただ、使い勝手はあまりよくないため、私は使っていません。飾りです。無理に使う必要もないでしょう。

馬蹄型の特徴

気持ちの良いコインケース

馬蹄型のコインケースは閉じるときに、「フシュッ」と心地よい音がします。使っていて気持ち良いと感じるポイントで、開け締めするために嬉しくなる。DSC07035-2

足にジャストフィットする革靴を履く時、同じように音がしますね(男性はイメージつきやすいかもしれません)。まさにこの感じ。

これは、財布のパーツが、隙間なく組み立てられていて、キレイに空気が抜けているからです(隙間があれば、そこから空気が漏れるため、音はしません)。

スポンサーリンク

人と被らないコインケース

コインケースの種類は、たくさんあります。中でも馬蹄型は緻密にデザインされた、立体的なコインケースです。「もっとも作るのが難しいコインケース」のため、熟練の職人しか作ることができません(後述)。

馬蹄型のつくりを見てみると、職人技が見て取れます。美しいステッチは、すべて手縫い。 馬蹄形 ステッチ

立体感を生み出す、収納スペースにしっかりと縫製されています。
馬蹄形 エッジ

アパレルブランドが取り扱わないのは「そもそも作ることができる職人が少ない」からです。日本有数の革工房だけがラインナップできるコインケースなんですね。

1つ1つ、ハンドメイドで作られるため量産できませんし、時間がかかるからこそ、高価になってしまいます。馬蹄型を使っている人をあまり見かけないのは、高価だからでしょう。

「コインを収納する」という役割だけで見ると、もっと安いコインケースがあるわけですから、あえて馬蹄型をセレクトするのは、こだわりのある人だけなのかもしれません。

人と被らない、上質なコインケースをお探しなら、馬蹄型は最適なコインケースだと思います。

スポンサーリンク

3年使っても型崩れしない。抜群の耐久性

馬蹄形 堅牢なつくり私の握力は50kgほど。男性の平均よりも少し強いくらいです。その私が、ほぼ全力でギュッと握っても、馬蹄型はびくともしません。

そもそもコードバンは、ハリと強度のある革(牛革の3倍の強度)。ですが、素材だけが理由ではありません。そもそも、馬蹄型がとても堅牢なコインケースなのです。

300日ほど使った写真を、2枚ご紹介しましょう。

ポケットに入れて持ち歩いていたのですが、一切型くずれしていません。多少のキズは付いていますが、コードバンのツヤの方が勝るため、愛着が増しています。

2019年に撮影。購入して3年以上です。フラップの周りなど、よく触れる部分は色落ちしてきたけど、カッチリとした馬蹄フォルムは健在。

長く使うことを考え抜いた、独特のフォルムと堅牢性は流石です。世界一屈強な財布と言っても、過言ではないでしょう。美しいルックスだけでなく、使いやすさ・堅牢性も合わせ持つ、日本職人の意匠なのです。

では、なぜここまで頑丈なのか?

ヒミツは、つくりにあります。

革を縫い合わせる場合、2枚の革をピタッと張り合わせて縫われます。手縫いでもミシンでも縫える、一般的な縫いです。

でも馬蹄は違う。それぞれのパーツが立体なのです。普通には縫えません。コインを留めるパーツ(マチ部)に、ステッチが並びます。

ボディには、以下のようにステッチが並びます。

ボディとマチ、ふたつのパーツを斜めに縫い合わせているんです。これが馬蹄型に使われる技法「駒合わせ縫い(こまあわせぬい)」です。

ボディとマチを縫い合わせる穴にハリを通すためには、斜めに穴を空ける必要がある。穴がずれるとキレイに糸目が並ばず、カタチも崩れてしまう。ミシンではキレイに縫うことができません。

立体がずれないよう、カタチを整えながら、縫っていきます。馬蹄型は「小さいのに高価」だと思うかもしれませんが、極めて高度な技術が必要ですし、細かなピッチを一穴ずつ縫い締めていく時間もかかるから仕方ないのです。

マチを構成するパーツが丈夫なのも、馬蹄型の特徴です。ブランドによって違いはありますが、おおむね34mmほどの厚みがある。しかも、ただ厚い革を使うわけではなく、数枚の革を張り合わせることでより丈夫にしています。

また、この極厚のマチを「駒合わせ」で縫うことで、立体をカチッとキープすることができます。 だから型崩れしにくい。

ブランドによって多少、製法の違いはあります。しかし、コードバンやブライドルレザーのようにハリ・コシの強い革を使って、頑丈に作られていることが多い。長く使いたい方にピッタリのコインケースだと言えます。

スポンサーリンク

素材が映えるデザイン

DSC07039コードバンはバツグンに美しい皮革です。さらに、馬蹄型の流麗なフォルムが組み合わさることで、素材の美しさが引き立ちます。

最高の素材をジャパンメイドで仕立てた馬蹄型は、まさに芸術品です。

日本の馬蹄型コインケース

馬蹄型を探しはじめると、気に入ったものを見つけるのは、なかなか大変です。そもそも、馬蹄型を作ることができる職人が少ないため、すべてのブランドがラインナップしているわけではないからです。

本章では、日本の工房の馬蹄型コインケースをご紹介します。

ピックアップの条件は「長く愛用できる上質なもの」。どの工房のものをセレクトしても、きっと満足できるはずです。

高価なものですから、間違いの無い逸品を手に入れましょう。

キプリス

DSC06930-2

キプリスは最大手の革工房。ラインナップがとても豊富です。日本有数の百貨店に置かれていますから、知名度の高さもバツグンですね。

本ページでご紹介したもの、キプリスの馬蹄です。3年以上愛用しているおすすめの逸品。

キプリスの馬蹄型は、theオーソドックス。余計な装飾のない、シンプルな馬蹄型だからこそ、つくりの良さで決めたい。であれば、キプリスは一考の価値ありです。特徴は、本ページでご紹介したとおり。きらびやかな特徴はありませんが、丁寧な仕事っぷりが分かる馬蹄型です。

最初はマットな表情に感じるかもしれません。ですが、それは最初だけ。毎日使ってあげると、美しく変化していきます。

キプリスの馬蹄型コインケースを見てみる

ココマイスター

img1-01

ココマイスターは10種類以上のコインケースをラインナップしていますが、馬蹄型はこの1つだけです。馬蹄型のレア感がひしひしと伝わってきます。

素材は、国産コードバン。日本が誇る新喜皮革のコードバンですから、間違なく最高級の逸品です。いつも売り切れているため、手に入れにくいのがネックでしょうか。

ココマイスターの馬蹄型コインケースを見てみる

K.T.ルイストン

KTW-008R 5-thumb-960x960-1117

K.T.ルイストンは、コードバンのアイテムを得意とするブランド。
自社製品だけでなく、ALDENのコードバン靴など、海外のコードバンのアイテムを取り揃えています。

個人的にも、コードバンのベルトや馬蹄型のアイテムを気に入って、愛用しています。

K.T.ルイストンの馬蹄型は、ぷっくりと膨らんだプロポーションが特徴。
KTW-008-8

所有欲の満たされる逸品です。

参考:K.T.ルイストン 馬蹄型コインケースのレビュー

K.T.ルイストンの馬蹄コインケースを見てみる

GANZO

57565_pc_de_02

ハリの強さであれば、No1のブライドルレザーを使った馬蹄型です。

ステッチが映えるデザインは、力強い印象ですね。一番丈夫な馬蹄型が欲しいなら、検討してほしいアイテムです。

世界一高価なエキゾチックレザー、スモールクロコの馬蹄型はGANZOだからこその逸品です。

参考:GANZO スモールクロコ馬蹄コインケースのレビュー

GANZOの馬蹄型コインケースを見てみる

革芸人

WT-057_dc01_500

エキゾチックレザーの王、クロコを専門とする革工房です。カイマンやリザードより、迫力がある表情が魅力です。

あとがき

馬蹄型のコインケースには沢山の魅力があります。
1つピックアップするなら「使っていて気持ちが良いコインケース」といえるでしょう。

コンパクトなボディに無駄なくコインが詰め込めるデザイン、流麗なフォルム、堅牢なつくり。とてもよく考えられたプロダクトだと思います。まさに、機能美の集合です。

珍しく、高価な財布ですから、人と被らず、さらに人に注目されるコインケースだと言えるでしょう。少し変わった、それでいて上質なコインケースをお探しなら、ぜひ馬蹄型を検討してみてください。

SNS/YouTube

Twitter, Instagram, YouTubeも運営しています。フォロー、アンフォローお気軽に。


func_walletさんをフォロー