当サイトの商品リンクにはプロモーションを含んでいます

RAGTIME バラニール ウォッチバンドのレビュー

RAGTIMEのバラニール アップルウォッチバンドを試供いただきました。

本ページでは、特徴やメリット・デメリットなどをわかりやすく解説します。

結論から言います。シンプルで上質なアップルウォッチバンドを手に入れたいなら、本作はおすすめ度No1です。

スポンサーリンク

形・構造

シンプルを追求した小さな革製品には、チープさを感じることもありますが、本作ではそういった印象は皆無です。上質な革を美しく仕立てており、とても高級感があります。

フラットなフォルムです。 

ブランドロゴは内側に型押しだけ。目立ちません。

外側と内側で、異なる色合いの革が使われており、付けたり外したりするたびに、バイカラーを楽しめます。

付け心地

AppleWatchにジャストフィットのアダプタです。スライドするだけで簡単に装着可能。

ピンバックルです。一般的な革ベルトと同じように留めます。

なお、毎日の付け外しをより快適に行いたいなら、Dバックルへの変更をお勧めします。1/4の時間で装着できます。

腕に触れる内側の革(ツェルマット)は、サラリとしていて気持ちが良いです。

素材

バラニール

素材はフランスのタンナー、デギャーマンの「バラニール」。わずかに油分を含んだ革で、表面はうっすらと霧がかったような表情。これはブルームと呼ばれる革が保有する油分が表面で固まったものです。気になるようでしたら拭き取ればなくなりますし、普段どおり使うことで、すぐに白っぽい部分はなくなります。

高級メゾンで使われている素材にもかかわらず、エイジングを楽しむことができるのが面白いところです(本作以外でもバラニールを愛用していますが、色が深くなり、艶が出てくるエイジングを検証済み)。

サラリとした手触りがとても気持ち良い。なお、エイジングによって表面に油分をまとい、キュッとした触れ心地に変化していく楽しみもあります。

スポンサーリンク

ツエルマット

肌に触れる内側には異なる素材、HAAS社のツェルマットが使われています。

こちらも、一般的には商品の顔となる高級レザーです。見えない内側には勿体無い革。高級素材を贅沢に使っているのも本作の特徴でしょう。サラリとした質感で、装着したときに気持ちが良いです。

オーダーについて

本作は、革の色、糸の色などを変更してのオーダーが可能です。

革の色を選ぶ

バラニールの色を選ぶことができます。なお、本ページでご紹介している色は、Bordeaux。

どの色も素敵ですが、色の変化をもっとも楽しめるのはFauveです。色が濃くなるエイジングを楽しみたい人におすすめです。

スポンサーリンク

ステッチ

糸と革、同じ色と合わせると一体感が出ますし、革の美しさに集中できます。ただ、本作の特徴の1つである「手縫いの美しさ」を堪能したいなら、革とは違うカラーを選ぶと良いでしょう。例えば濃い色の革に、淡い色の糸を選ぶと、ステッチが際立ちます。

クオリティ

最高品質です。以前レビューした財布でも感じましたが、本作もまたRAGTIMEの高度な技術と丁寧な仕立てを見て取れます。

スポンサーリンク

コバ

革を切った断面をコバといいます。高価な革製品は、このコバを丁寧に仕立てています。特に腕時計のベルトのような、小さな製品はコバの仕立てが目立ちます。

さて、本作のコバはというと、最高品質です。

ベルト本体に限らず、遊革・定革といった微細のパーツまで、丁寧に美しく仕上げられています。見た目が良いだけではありません。丸みのあるコバは触れるとつるりとしており、手当たりが良い。腕に装着するベルトだからこそ、コバの品質は満足度につながります。

スポンサーリンク

ステッチ

手縫いです。ミシン縫いと比べて10倍以上の時間がかかるため、量産品では採用されません。革にミシンで抑えた跡が付かない、美しいステッチを表現できるなどのメリットがあります。

とにかくステッチが美しいため、糸が目立つ色でオーダーするのがおすすめです。

ステッチのピッチは2.7mmほど。時計ベルトのような繊細なプロダクトには非常によくマッチします(ステッチピッチが細かいとエレガントに見えます)。ちなみに、一般的に手縫いでは3mm以上のピッチが使われます。

裏面も斜めステッチに仕上げられています。これも手縫いならではの技法です。

ちなみに、手縫い用の最高級の糸が使われています。毛羽立ちの少ない、つるりとした麻糸です。量産品では採用されません。

あとがき

トップクラスのクオリティです。素材や仕立ても優れており、本当におすすめできる逸品です。

取り扱いサイトで見てみる

スポンサーリンク