当サイトの商品リンクにはプロモーションを含んでいます

Philosophii やわらかなレザーフラップ長財布のレビュー。使い勝手、メリット・デメリットについて

Philosophii(フィロソフィ)の『やわらかなレザーフラップ長財布』をご試供いただきました。

本ページでは、使い勝手、特徴、メリット・デメリットを分かりやすく解説します。

特徴

特徴は以下のとおりです。

  • 小さい長財布
  • 軽くて、持ち運びやすい
  • カード、お札、コインが使いやすい
  • 丸みのあるプロポーション
  • ふかふかとした、やわらかな手触り
  • 高級レザー、トリヨンクレマンスを使用

スペック

ブランドPhilosophii
商品名やわらかなレザーフラップ長財布
収納力★★★★☆
お札入れの数1
お札の枚数20枚
コインの枚数30枚
カードの枚数12枚
サイズW180×H96×D28mm
重さ129g
素材トリヨンクレマンス(牛革)

カタチ、構造

小さい長財布です。横幅は1万円札ちょっとの長さ。一般的な長財布より1cmほど短いです。

素材は高級レザー、トリヨンクレマンスです(詳細は後述)。

革の柔らかさを活かした、ふっくらとしたプロポーションが特徴ですね。縫い目がなく(革の継ぎ目がない)、革の美しさ、質感をたっぷりと味わえます。

光沢のあるゴールドの留め具がアイコンですね。美しく高級感があります。一般的にはカバンで使われる高価な留め具です(財布に使われることはほぼありません)。

金具をカチッと起こします。心地よい操作感です。

金具の裏面も美しいです。開くと目に入る部分もきれいですね。所有欲を満たしてくれます。

なお、ホックで留めるタイプもラインナップされています。見た目の高級感なら本ページでご紹介した金具がおすすめ。ホック式は開閉が楽だと思います。

フラップを立ち上げて使うため、財布の中身を覗かれにくいです。

カード、お札、コイン、それぞれを分けて収納して使えます。

ファスナーも、光沢のあるゴールド。金具と色合いを合わせているのも良いですね。トリヨンクレマンスともよく合います。

美しくて丈夫な、YKKの最高峰ファスナー、エクセラが使われています。

ファスナーの内側がコインポケットです。

ブランドロゴは、金箔押しです。ひっそりと、コインポケットの中にだけ。財布の外側にはブランドロゴがないのですが、これが良いですね。Philosophiiの財布であることを示すのはロゴではなく、美しいプロポーションだからでしょう。

上質な革を使った、ユニークで美しい財布です。

使いやすさ

カード、お札、コインの使いやすさについて解説します。

結論から言うと、すべて使いやすいです。

カード

手前のポケットにカードを収納できます。ポケットの内側もトリヨンクレマンスが使われています。

サラサラとした素材のため、カードの滑りが良く、出し入れもスムーズです。

1つのポケットに厚みのあるプラスチックカードが6枚ほど入ります。左右で2ポケットあるので、合計12枚ほど収納できます。

クレジットカードよりも少し長い、名刺サイズのカードも収納可能です。美容院やコーヒチケットなども入りますね。

左右のポケットを使い分けると便利です。たとえば、左はあまり使わないカード。右はよく使うカードと分けておくと、どちらのポケットから取り出せばよいか迷いません。

収納すると、わずかにカードが見えるように収まりますので、指を添えやすいです。2枚目以降のカードを取り出すときは、少し引き抜いてから選びます。たくさんのカードが入っているときも、革がしなやかに曲がるため、出し入れがスムーズです。

一般的な長財布のように、階段ポケットに1枚ずつ分けてキチッと整理整頓はできません。ただし、上記でご紹介したとおり使いやすいため、気にならないでしょう。

スポンサーリンク

お札

奥のポケットにお札を収納します。内側にもトリヨンクレマンスが使われていて、お札の滑りがよいです。

お札を収納するときに、蓋がガイドになってお札を入れやすいです(蓋の裏を滑らせるようにお札を収納できます)。

20枚くらい収納できます。コインが少なければ、もう少し入りますね。

本体がしなやかに曲がり、ガバっと開く。見やすいです。

指を添えやすく、数えやすいですね。使いやすく、ストレスを感じません。

コイン

ポケットの口が広く、革がしなやかに曲がるため、ガバっと開きます。

たくさんのコインをまとめて入れるときも快適です。コインを放り込んだり、流し込んで収納できます。

ポケットの底が浅くて、コインが底に沈み込まないのも良いですね。見やすいです。

コインが選びやすく、取り出しやすいです。

30枚くらい入れることができます。

ただし、たくさん入れると重くなってしまいます。軽く持ち歩きたいなら、こまめに小銭を出すようにしましょう。なお、上述のとおり使いやすいため、小銭が貯まることはほとんどありません。

素材

スポンサーリンク

トリヨンクレマンス

トリヨンクレマンスという革が使われています。フランスのメゾンでも使われている高級レザーです。 

トリヨンクレマンスだからこその「やわらかさ」も魅力です。「やわらかなレザーフラップ長財布」という名前のとおり、柔らかくてふかふかとした質感です。サラリとした手触りも心地よくて、触っていたくなる財布です。

なお、革の色・ツヤが変化していくエイジングは楽しめません。キズつきにくく、濡れてもシミになりにくいため、新品の見た目が長く続く革といえます。ここは好みが分かれるところでしょう。

淡い色からビビッドな色まで、たくさんのカラーがラインナップされています。どの色も発色が素晴らしい。エタンなどのグレー系は定番で誰にでも(男女問わず)使いやすいですね。ちなみにトゥルティエールグレーとエタンのように、同系色でも色味が違います。

ちなみに本ページで紹介している色はブルージーン。パステル調もトリヨンクレマンスらしいです。お好みの色がきっと見つかるはずです。

軽い財布

持った瞬間ふわりと軽く感じます。わずか129グラム。一般的な長財布と比べるとかなり軽いです。

本作より軽い長財布もあります。しかし、そのほとんどは、内側には革を貼っていません。本作のように内側にも革をたっぷりと使った軽い長財布はほとんどありません。

クオリティ

高級レザーを使って、丁寧に作られた財布です。

スポンサーリンク

美しい財布

革を贅沢に使った美しさも本作の魅力です。

こちらがトリヨンクレマンスの表。美しいです。

一方、裏面は毛羽立っていて、美しくありません。

本作では裏面が見えません。トリヨンクレマンスを張り合わせることで、財布のどこを見ても表面だけが見えます(安い財布では裏面が見えます)。

美しくなるだけではありません。革を貼ることで、丈夫になり長く使えます。また、汚れにくく、美しさが長持ちします。

スポンサーリンク

コバ

革の断面を「コバ」といいます。革を切っただけだと、コバは繊維がむき出しで、見た目が良くないですし、ぶつけたときにダメージを受けやすく長持ちしません。

本作はトリヨンクレマンスと同じカラーの塗料をコバに塗って仕上げています。手触りも良く、美しさが長持ちするように作られています。

ステッチ

斜めのステッチラインは、ヨーロッパメゾンを連想します。均等なステッチが美しい。糸の色は革の色と同じ。トリヨンクレマンスが主役だからでしょう。

負担のかかる部分は、二重に縫っていますね。糸がほつれにくく、長く使えます。

パッケージ

淡い色のパッケージ。

マグネットで留まっていて、パカッと開くパッケージ。特別感たっぷりで、プレゼントにも最適です。

あとがき

美しいだけでなく、カード、お札、コインが使いやすい財布です。素材や仕立てのクオリティも高く、満足できるでしょう。おすすめの財布です。