商品リンクにはプロモーションを含んでいます

Grand Seiko 革ベルトのレビュー。金属ベルトから革ベルトに交換して分かった、メリットとデメリット

Grand Seikoの金属ベルトから革ベルトへ変更して3年以上使っています。「革ベルトに変更することで、どのような体験ができるのか」、十分に検証できました。

本ページでは、金属ベルトと革ベルトの両方を使ってきた視点で、それぞれの特徴、メリット・デメリットについて分かりやすく解説します。

参考にしてみてください。

革ベルトへの変更方法

Grand Seikoを、金属ベルトから、革ベルトに交換する手順です。傷つけずに着脱できるように紹介していますので、参考にしてみてください。

Grand Seiko How to change leather band. 金属ベルトから革ベルトへの変更方法

見た目の変化

Grand Seikoの金属ベルトはモデルによって見た目などが異なるのだけど、どれも上質です。ヘアライン加工された太いパーツは落ち着きのある光沢で、スリムなパーツは鏡面のように光る。フォーマルからカジュアルまで、あらゆるシーンで利用できます。

バックルにはGSのロゴ。凹凸のある加工が施されています。バックルは机に面するため、どうしてもキズが付きやすい。印字ロゴだと消えてなくなってしまうのだけど、Grand Seikoのロゴは消えない。SEIKO最高峰の時計ですから、ユーザの所有欲を満たせるよう細部までデザインされているわけです。

ちなみに、数千円ほどのSEIKO製Dバックルだと印字ロゴ。使い込んでいくとロゴが無くなります。キズもついてロゴが霞んでしまう。これはこれで良いのだけどね。

Grand Seikoの金属ベルトは、やはり素晴らしい。ベルト、バックル、そしてケース。3つのパーツが相まり、極めて美しい「最高の普通」が完成する。

SEIKO最高峰の金属ベルトなわけです。それを外してでも、私は革ベルトにしたいと思った。理由はいくつかあります。なお、「革が好きだから」を理由にすると、脱線するので本ページでは言及しません。

一番の醍醐味は、見た目をガラリと変えることができること。これに尽きます。

いくつか挙げてみましょう。

まずは、リザードのネイビー。夏に映えるカラーです。ベルトに遊びのある革・色をチョイスしてみました。ケースのカチッとした装いとのコントラストが生まれる。白と青のコントラストが美しい。「最高の普通」に新しい息吹を与えてくれます。

もうひとつ、青。こちらは藍染のクロコダイルです。 (レビュー:three2four WATCHBELT

リザードより大きめの鱗になり、個体差が楽しめます。

白×黒。もっともコントラストが出る組み合わせ。クラシカルで面白みがない。という意見もあるかもしれませんが、ここまで締まるルックスはなかなか無い。金属ベルトよりずっとフォーマルです。Grand Seikoのケースがもっとも際立つベルトです。

革の定番カラー、ブラウン。少し濃い色をチョイスすると、やわらかさと力強さがあいまったルックス。黒よりも使いやすいですね。

色や素材が違うと、印象がかなり変わる。「革ベルト」をひとくくりにして語ることはできません。

革ベルトにすることで、デメリットもあります。革ベルトは素材や色によって、使えるシーンが絞られるかもしれません。

たとえば、リザードの青。

ウロコが並ぶエキゾチックレザーは万人受けはしないでしょう。また、鮮やかな青は、使えるシーンも絞られるのではないでしょうか。時計はビジネスで身につける数少ないファッションですが、ある程度のTPOは必要ですね。金融系のお仕事をなさっている方で、こういった「遊びのある色」を付けている人は見たことがありません。

ちなみに、革ベルトを買いに行ったときに「Grand Seikoに付けるなら、良い革を使ったベルトでないと満足できない。」と、話をされたことがあります。

ただ、私はそうは思いません。

気に入った革、気に入った色だったら、それがいい。装着するのは自分なのだから、自分が楽しめることが一番だと思います。次にTPOでしょうか。

人と被らない

ROLEXやOMEGAなどと比べると、Grand Seikoは仕事で利用しやすい時計だと思います。だからでしょうか、人と被ることもあります。

しかし、Grand Seikoに革ベルトを合わせている人はほとんどいません(フォーマルなお仕事だと、いらっしゃるのかもしれませんが・・・)。

Grand Seikoのモデル×革の種類×色で、組み合わせは計測できないほどです。まったく同じルックスのGrand Seikoに出会うことはないでしょう。

軽さの変化

金属ベルトから革ベルトにすることで約20%〜30%軽くできます。

Grand Seikoのモデルによってベルトのパーツ素材・構成、またコマ数によって重さは変わります。

本ページで写真しているGrand SeikoのSBGA211は、金属ベルトのときは92g。なお、ベルトのみで39gです。※重さはコマ数によって変わります。

革ベルト+Dバックルで72g。革ベルト8g(革の種類やベルト長によって変わります)。Dバックル11gです。

20gの違い。ハッキリと軽くなったことが体感できます。

なお、さまざまなタイプのDバックルを試してきましたが、私はBAMBIのDバックルがイチオシです。薄くて軽い。そして耐久性にも問題がありません。

参考:BAMBI Dバックルのレビュー

ちなみにDバックルではなく、ピンバックルなら66g。さらに軽量化できます。

SBGA211の金属は軽量なチタンです。ステンレスを使った時計はもっと重く、重い時計ほど軽さを体感できます。ベルトがステンレスの場合などは、かなり変わります。

つけ心地の変化

つけた瞬間の快適さ

革ベルトの方が良いです。

冬。ひんやりと冷たい金属ベルトを装着するのは、ちょっと嫌でした。

革ベルトなら、このヒヤリとした感触が、グッと少なくなる。厳密には、時計ボディとバックルは金属だから、冷たい部分もあるのだけど。手首をぐるりと覆う冷たさとは雲泥の差です。

着用中の快適さ

革ベルトの方が快適だと思います。

ちょっと汗をかいたときも、革は汗を吸収するため、手首まわりはサラリとしています。なお、時計ケース裏には汗が残ります。

ただ、これはシチュエーションや個人差が出るでしょう。気温、通勤時間、汗をかく量などは人によって違うからです。断言はできないのだけど、ほぼデスクワークの私にとっては、夏だからといって革ベルトがNGにはなりませんでした。

一方、金属ベルトだとベルトと肌の間に汗が残るため、汗ばんだ感じが残る。ただし、汗染みを気にしなくていいのはメリットですね。汚れたら洗えばいいので気軽に使えるのもGoodです。

着脱スピードの変化

金属ベルトの方が、圧倒的に早いです。

ただし、革ベルトでもDバックルを利用することで、金属ベルトとほぼ同じスピードで着脱できるようになります。私はDバックルしか使っていません。

あとがき

革ベルトの面白さは、革の表情をGrand Seikoに合わせて、遊べること。これに尽きると思います

時計は高価。いくつも購入しにくいものです。でも、革ベルトなら気軽に交換して、見た目も気分も変えることができる。

これまで革ベルトにしたことが無いなら、一度挑戦してみてはいかがでしょうか。革がお好きなら、本当におすすめです。