モンベル トレールワレットのレビュー。 雨や汗で濡れても大丈夫、小さくて軽い、旅行に最適な財布

旅行に最適な財布はたくさんあります。その中でもとりわけ小さい財布、モンベルのトレールワレットを沖縄で使用してみました。

本ページでは旅行を切り口に、トレールワレットの使い勝手、メリット・デメリットなどを、わかりやすく解説します。

結論から言うと、トレールワレットは旅に最適な財布です。

動画

トレールワレットの基本的な機能、使い勝手を紹介しています。

モンベルの小さい財布、トレールワレットのレビュー。使い勝手、特徴、耐水性の検証。

旅程、および財布の選び方

沖縄県の石垣島2泊、西表島3泊。5泊6日の旅程です。

石垣島を含む八重山諸島では、現金決済のお店が多いです。バスの運賃、民宿や居酒屋はクレジットカードやキャッシュレス決済には対応していません。そのため、どうしても現金を持ち歩く必要があります。

さらに1万円札を使えないこともありますので、お札も10枚以上入る財布が必要です。

また、快適に歩くには、小さくて軽い財布が最適です。

「小さい財布」でいうと、abrAsusストラッチョがあります。

ただ、お札の収納枚数はMax10枚ぐらいですし、革財布ですので、汗をかくトレッキングや、スコールのある八重山ではなかなか気軽に使えません。(今回の旅行では、5日くらいは雨でした)

そこで、軽くて小さくて、革製ではない財布が最適です。モンベルのトレールワレットです。

旅行に最適な素材

軽くて丈夫で薄い素材、バリステックナイロンが使われています。本作以外でもモンベルで使われている定番の素材です。

雨の日が多かったのですが、トレールワレットは革ではないため、濡れても心配不要。ジャングルトレッキングも、ポケットに入れて邪魔にならず、快適に歩ける。

汚れても洗えば良いため、気負わずにガシガシ使えます。

使い勝手

本作には財布を留める仕掛けがありません。収納量が多い場合、三つ折りの状態からも勝手に開いてしまいがち。これはこれで開きやすいのですが、使わないときはパタンと閉じていて欲しいものです。

今回はヘアゴムをつけて使っていました。使うときにはゴムを外す手間が増えますが、なお、ヘアゴムを無くさないよう、外したら手首に付けておくと良いです。それほど面倒には感じません。

スポンサーリンク

カード

プラスチックの厚みのあるカードが6枚余裕で入ります。旅行には十分すぎる収納量。素材の滑りが良すぎるため、カードが抜け落ちやすいのがちょっと心配ですが、折りたたむと落ちることはありません。

スポンサーリンク

お札

お札の収納スペースがとても広いため見やすい。またサラリとした素材で、お札の滑りがよく、出し入れもしやすいです。とても使いやすいです。

スポンサーリンク

小銭

小銭は収納スペースが小さく、使い勝手は良くありません。なんとなくお札を出しちゃう使い方だとキツイかな・・・。なるべく小銭から出すようにするとコインが溜まりませんね。財布が軽すぎるため、小銭が増えるとダイレクトに重さにつながります。身軽に持ち運ぶためにも、小銭から出すのがおすすめ。

あとがき

トレールワレットはわずか2,000円ほどです。革財布よりずっと安価。クオリティはお値段なりで、何万円もする革財布と比べるものではありません。高級感を求める財布ではなく、旅行や登山に最適な財布と言えます。