日本の上質な純札入れ・純束入れのまとめ。小銭入れの無い財布の特徴とおすすめの使い方について

foschia-tabaire-naisou

小銭入れが付いていない財布を、「札入れ」、「束入れ」と言います。
(純札入れ、純束入れということも)

これを探そうとすると、なかなか大変です。

一見、ふつうの財布にしか見えないため、開いてみないと分かりません。
また、お店で「札入れ、束入れ」と言っても分かってもらえないことがあります。(結局、店員さんと2人で、財布を開きながら調べることになる)

けっこうニッチな財布なので、お気に入りのものを探そうとすると、とても難しい財布なのです。

そこで本ページでは、札入れ・束入れをまとめてみました。

「長く使える上質なもの」を切り口に、間違いの無いものを厳選しました。
セレクトした条件はこんな感じです。

  • メイドインジャパン
  • 最高の技術で仕立てられている
  • ブランドのユニークさが出ているもの

本ページは2部構成です。

前半は、札入れ、束入れの特徴について。
初めての札入れ・束入れという方は、こちらを読んでからの購入でも遅くはないはず。

後半は、上質な札入れ・束入れを紹介します。

束入れ選びの参考にしてください。

スポンサーリンク

札入れ・束入れについて

小銭入れの無い財布は、どんな特徴があるのでしょうか。

ここではメリット・デメリットを含め、しっかりとご紹介します。

初めて買うという方は、こちらを読んでからでも遅くないはずです。

札入れ・束入れって何?

「札入れ」とは、二つ折り財布で小銭入れが付いていないもの。
札入れ内装

「束入れ」は、かぶせ蓋タイプの長財布で小銭入れが付いていないものです。
束入れ 内装

どちらも持ち運べるのは、お札とカードのみです。コインを収納するためのスペースが付いていないんですね。

札入れ、束入れのデメリット

小銭が入らないこと。これに尽きます。

ICカードやクレジットカードの普及に伴い、現金の利用頻度は少なくなりました。
それでも現金を使うシーンはまだまだあります。

札入れ・束入れは、受け取ったお釣りを収納できません。

別途、小銭入れ(コインケース)を持つことになります。

オールインワンの財布にはならないんですね。

札入れ、束入れのメリット

薄くて、スリム

財布に厚みが生まれる、最大の理由が小銭です。
小銭が増えれば増えるほど、財布は大きく、重くなるわけです。

また、小銭がなくても、厚みは生まれます。
「小銭入れそのもの」を構成する、革、ファスナー、ホックといったパーツの分ですね。
DSC06804

対する札入れはこんな感じ。
DSC06805

左右に同じポケットが配置されています。凹凸のないフラットでシンメトリなデザインです。

小銭入れを取り除いた分、スリムに仕上がります。
実際、ほとんどの札入れ、束入れはダントツにスリムです。

小銭入れ付きの二つ折り財布と比較してみましょう。
正面から見ると、ほとんど違いはありませんね。
DSC06800

横から見ると、こんな感じ。DSC06801

圧倒的に、札入れの方がスリムです。
革自身の厚みや、財布の特徴によって多少の違いはあるのですが、全般的にスリムに仕上げられています。

スーツの内ポケットはもちろん、さまざまな場所にスッと収納でき、スペースを取らない財布なんですね。
束入れ 薄くて内ポケットに最適

今日では、スリムさをウリにした財布はたくさんあるのですが、「オーソドックスなフォルムでスリムなもの」をセレクトするなら、札入れ・束入れがNo1です。

快適に持ち歩ける、携帯性に優れた財布なんですね。

カードが使いやすい

小銭入れを無くした分、財布に余裕が生まれます。

ほとんどの場合、空いたスペースの分、カード用のポケットを設けています。
単にカードの収納枚数が増えるだけなく、より多くのカードが一目瞭然になります。

特に二つ折りはこれが顕著ですね。
小銭入れ付きは3〜4枚程度でしょう。それが倍になるわけですから、飛躍的に使いやすくなります。
札入れ カードポケット

たくさんのカードを使いこなす人にとって、とても使いやすい財布といえます。

アタリが生まれにくい

普段の利用で、財布は圧迫されることが多いものです。
ポケットやカバンの中で、他の道具と触れ合い、押されることは避けられません。

小銭入れが付いた財布は、左右で異なるカタチ(アシンメトリー)になります。

さらに小銭が入ることで、小銭入れが膨らむので、歪んだカタチになるんですね。
この状態で財布が押し付けられると、財布に跡が残ります。
いわゆる「アタリ」です。

一方、札入れや束入れは、左右対称となったものが多いんですね(シンメトリー)。
財布が押しつぶされても、歪みが少なく、アタリが生じにくいんです。

財布をキレイに使いたいという方にとっては、嬉しいポイントですね。

長持ちする

小銭入れは、財布のパーツの中で、もっとも複雑なつくりです。

革の折込、縫い合わせ。また、ファスナー、ボタンといった部品を使っています。
財布の中でも壊れやすい部分なんですね。

束入れには小銭入れがありませんから、ファスナーもボタンもありません。革をステッチするだけのシンプルな財布なんです。

また、小銭入れが無いため、左右均等な厚みです。パタンと閉じたときに、財布に歪みが起きにくいんですね。結果として、型崩れが起きにくくキレイな状態を長く保つことができます。

札入れのまとめ

小銭入れが付いた、2つ折り財布は膨らんでしまうもの。

ボテッと膨らんだ財布は折りたたむことができず、自然と開いてしまいます。

札入れはこういった心配が不要。
とてもスリムで、携帯性もバツグンです。

アヤメアンティーコの札入れ

ポルタフォーリオ ピエゲーヴォレ

アヤメアンティーコ ポルタフォーリオ ピエゲーヴォレ

サイズ W115×H95×D20mm
機能 札入れ×2、カードポケット×8、隠しポケット×2
素材 イタリア産ベビーカーフ × キップ
生産 日本

アヤメアンティーコはイタリアの上質な革を使って財布を仕立てる革工房。

本作は、ミネルバボックスで作られた、大変美しい札入れです。

内装はオーソドックスでシンプルなつくり。
まさにthe 札入れといったところでしょうか。
左右対称な端正なフォルムからは、毅然とした美しさを感じます。
アヤメアンティーコ ポルタフォーリオ ピエゲーヴォレ 内装

二つ折りなのに、たくさんのカードを収納できるのも、札入れのメリットです。

前面にはカードポケットが4×2段。さらにその後ろに隠しポケットが付いていて、10枚以上のカードを収納できます。

高価なミネルバボックスを使いながら、内装にヌメ革を用いることで、リーズナブルな価格を実現した札入れです。

メイドインジャパンの丁寧で美しい仕上げが各所に見てとれる逸品です。

ポルタフォーリオ ピエゲーヴォレ札入れを見てみる

YUHAKUの札入れ

YUHAKUの特徴は、美しいカラーリングです。

一つひとつ、YUHAKUの職人による手染めの染色が施されています。
奥行きのある透明感が特徴で、光を取り込むと違った表情を見せてくれます。

美しい財布が欲しい人におすすめのブランドです。

ベラトゥーラ 札入れ

yuhaku-veratula-satsuire

サイズ W112×H95×D20mm
機能 札入れ×2、カードポケット×8
素材 イタリア産ベビーカーフ × キップ
生産 日本

ベラトゥーラはYUHAKUの中でも、絵画的な染色を施したもの。

中央から外に行くほど色が深くなるグラデーションを楽しめます。

内装もしっかりと染められていて、とても上質な印象を受けます。
深みのあるカラーはビジネスシーンにも最適です。

YUHAKUにはシリーズがいくつかあって、使われている革や、色の表現が異なります。数あるシリーズの中で、私が一番気に入っているのがこのベラトゥーラです。

札入れではないのですが、ベラトゥーラの長財布を父にプレゼントし、とても喜んでもらえました。美しい色合いをしっかりとお伝えできるようにレビューしていますので、気になった方はぜひご覧ください。

参考:YUHAKU ベラトゥーラ長財布のレビュー

ベラトゥーラ札入れを見てみる

フォスキーア札入れ

フォスキーア 札入れ

サイズ W110×H95×D16mm
機能 札入れ×2、カードポケット×8
素材 イタリアンショルダー × ポニー
生産 日本

ベラトゥーラより、少し鮮やかなカラーリングが施されたシリーズ。
全体的に霧がかったようなグラデーションとなっています。

こちらは、内装にキャメルカラーの馬革が使われています。
フォスキーア 札入れ 内装
コントラストがはっきりとしていて、YUHAKUの染色がより映える逸品です。

一見、とてもシンプルなつくり。
でも細かな部分を見てみると、さまざまな技術が見てとれます。

カードポケットのフチに施された、1mmに満たない「念引き」。
コバの磨き。

これらによって、丈夫で美しさが際立つ財布になっているのです。

本作に限らず、日本の革工房の財布は、こういった1つ1つの技術が高いんですね。
これらを組み合わせ、洗練させ、完成させたものが、当ページで紹介する財布。

結果としてシンプルで美しい財布が生まれます。

カンタンで、単純なアイテムではないんですね。

割り切った、質素なつくりからは、どことなく、わびさびを感じます。

小銭入れの無い、札入れや束入れだからこそ、
シンプルで美しい、財布に仕上がるのかもしれません。

フォスキーア純札を見てみる

コードバン札入れ

YUHAKU コードバン束入れ

サイズ W115×H90×D20mm
機能 札入れ×2、カードポケット×12
素材 コードバン × 国産牛革
生産 日本

輝きとツヤならコードバンに勝る革はありません。
本作は、コードバンにYUHAKUの染色を施した逸品です。

機能性もバツグンで、一般的な長財布と同じくらいカードを収納できます。

内装がブラックですから、汚れが目立ちにくいのも嬉しいポイントですね。

コードバン札入れを見てみる

ココマイスターの札入れ

ココマイスターは日本の革工房。

世界中のタンナーから仕入れた革は、どれも定評のある銘革です。

職人によって仕立てられた札入れは、オーソドックスながら上質な逸品です。

ブライドル ブレンデルパース

ココマイスター 札入れ

サイズ W114×H92×D15mm
機能 札入れ×2、カードポケット×12
素材 ブライドルレザー × ヌメ革
生産 日本

ブライドルレザーを使った仕立てた札入れです。

ブライドルレザーの特徴である「ブルーム」がシッカリと出ていますね。
このブルームの正体は、革を作るときに浸透させたワックスです。
天然のロウ成分は、使ううちに無くなり、変わりにツヤが生まれてきます。

本作は大容量のカードポケットも魅力です。
二つ折りの札入れを出しているブランドの多くがカード6~8枚となっています。
そんな中、本作は前面に10枚収納可能。
使い勝手はバツグンです。
札入れ カードポケット

もっとも、札入れのメリットである「薄さ」を維持するには、
たくさんのカードを入れないのがコツです。
バランスよく収納して、快適に持ち歩きましょう。

ブレンデルパースを見てみる

ジョージブライドル ブライアンズパース

ココマイスター 札入れ

サイズ W110×H92×D21mm
機能 札入れ×2、カードポケット×12
素材 ブライドルレザー、(一部ヌメ革)
生産 日本

見える部分すべてにブライドルレザーを使ったもの。
(目に見えない、カードポケットの裏などにヌメ革が使われています)

内装も同色でまとめられていて、均一な美しさを感じられる逸品です。

高級感と存在感がバツグンのブライドルレザー。
どこを見ても、どこを触れても楽しめる、満足度の高い札入れです。

ブライアンズパースを見てみる

キプリスの札入れ

キプリスは、上質な仕立てとリーズナブルな価格が魅力のブランド。

また、歴史のある大きな革工房ですから、ラインナップも豊富です。
なんと、札入れだけで、15種類以上もあります。

ここでは、代表的なものをセレクトします。

チャールズビル 束入れ

チャールズビル 束入れ

サイズ W115×H90×D25mm
機能 札入れ×2、カードポケット×18
素材 イタリア産ベビーカーフ × キップ
生産 日本

フラップ状のカードポケットが特徴的な札入れ。

二つ折りタイプなのに、14枚ものカードを持ち歩ける大容量が魅力です。

チャールズビル 束入れを見てみる

ボックスカーフ&リンピッドカーフ 札入れ

ボックスカーフ&リンピッドカーフ  札入れ

サイズ W110×H97×D20mm
機能 札入れ×2、カードポケット×10
素材 ボックスカーフ ×リンピッドカーフ
生産 日本

キプリスの代表的な札入れ。
多くの札入れを作っていますが、このつくりがベーシックなモデル。

ポケットのフチに施された「年引き」が見事ですね。
シンプルな見た目をグッと引き締めています。
ボックスカーフ&リンピッドカーフ 札入れ

カーフとは仔牛の革のこと。
正牛に比べて、キズが少なくキメが細かいのが特徴。

牛は歳を重ねる毎に、革は丈夫で繊維が密になります。
一方、細かなキメが失われていくものです。人間と同じですね。

革自体がもつ滑らかな風合いは、カーフならでは。
ソフトな質感が楽しめる逸品です。

ボックスカーフ&リンピッドカーフ 札入れを見てみる

オイルシェルコードバン アンフィニ

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-22-14-35-31

サイズ W110×H95×D20mm
機能 札入れ×2、カードポケット×10
素材 コードバン
生産 日本

内装も外装もすべてコードバンで仕立てた贅沢なつくり。
すべて同じトーンの色で仕立てた、統一感のある美しを感じられる逸品です。

総コードバン仕立てですが、リーズナブルな価格にできるのはキプリスの強みですね。

オイルシェルコードバン札入れを見てみる

束入れのまとめ

束入れの特徴は、たくさんのお札を収納できること。
20枚以上を常に持ち歩きたい人におすすめです。

YUHAKUの束入れ

フォスキーア 束入れ

yuhau フォスキーア束入れ

サイズ W190×H90×D14mm
機能 札入れ×2、カードポケット×12
素材 イタリアンショルダー × ポニー
生産 日本

小銭入れが付いた財布よりも、細く、薄いつくり。
パタンと閉じた、膨らみの無い佇まいからは、凛とした美しさを感じます。

鮮やかなカラーとキャメルとのコントラストが楽しめる逸品です。
foschia-tabaire-naisou

両面にカードが収納できる構造は、束入れの代表的なつくりです。

完全な対象(シンメトリー)に仕上げたデザインに、映える曲線美が目を引きます。

薄い財布が欲しい。
この要求が生んだ、究極のフォルム。といえば言い過ぎでしょうか。

フォスキーアの札入れにほとんどマチがありません。
結果として、14mmという極薄の財布に仕上がっています。

そのデザインは切り捨ての美。
古くからのジャパンデザインに通じるものがあります。

このサイズでも20枚以上のお札を収納できます。
たくさんのお札を持ち歩かず、スリムなものが欲しい人におすすめの逸品です。

フォルキーア束入れを見てみる

コードバン 束入れ

YUHAKU コードバン束入れ

サイズ W185×H85×D10mm
機能 札入れ×2、カードポケット×12
素材 コードバン × キップ
生産 日本

外装にコードバン、内装にキップ(仔牛)の革を使った束入れ。
この組み合わせによって、比較的リーズナブルな価格に抑えられています。

内装は、落ち着いた色味で、主張しすぎない美しさがあります。

つくりはフォスキーアと同じです。
使う革が違うため、より薄く仕上がっています。

薄くすることを突き詰め、結果として、無駄なものが1つもない財布。
機能そのものが生む美しさと、コードバンの素材の美しさと相まった逸品です。

日本で一番スリムで、美しい束入れだと思います。

コードバン束入れを見てみる

一方、こちらは内装にもコードバンを使った贅沢なつくり。
yuhaku-cordovan-tabaire

サイズ W190×H85×D15mm
機能 札入れ×1、カードポケット×12
素材 コードバン
生産 日本

内装のつくりが少し違っています。

札入れにマチを設けたことで、お札を40枚ほど収納できるようになっています。

コードバン束入れを見てみる

ココマイスターの束入れ

ブライドル ブレンデルウォレット

ココマイスター ブレンデルウォレット

サイズ W185×H91×D20mm
機能 札入れ×1、カードポケット×6、フリーポケット×3
素材 ブライドルレザー × ヌメ革
生産 日本

外装にブライドルレザー、内装にヌメ革を使用した束入れ。
内と外で、美しいコントラストを楽しめます。

個別のカードポケットは6つと少な目ですが、代わりにレシートやチケットなどを収納できる長めのフリーポケットが搭載されています。

札入れ側には、カードポケットを配置していません。
その分たくさんのお札を収納できる束入れです。

ブレンデルウォレットを見てみる

コードバン長財布

ココマイスター コードバン長財布

サイズ W185×H91×D20mm
機能 札入れ×1、カードポケット×6、フリーポケット×3
素材 コードバン × ヌメ革
生産 日本

こちらは外装にコードバンを使ったタイプ。

内装のつくりは、ブライドルレザーのものと同じです。
札入れが「通しマチ」になっているので、100枚ものお札を収納できます。
通しマチ

コードバン長財布を見てみる

キプリスの束入れ

シラサギレザー束入れ

シラサギレザー束入れ

サイズ W190×H90×D15mm
機能 札入れ×1、カードポケット×8、フリーポケット×3
素材 シラサギレザー
生産 日本

使っている革もメイドインジャパン。
シラサギレザーはCYPRISが姫路のタンナーと共同開発した革。

アンティークな風合いの表情が独特です。

シラサギレザー 束入れを見てみる

ディアスキンⅡ

ディアスキン束入れ

サイズ W190×H90×D20mm
機能 札入れ×1、カードポケット×10、フリーポケット×2
素材 イタリア産ベビーカーフ × キップ
生産 日本

ディアスキンとは鹿の革のこと。

柔らかくしなやか、手に吸いつくような触り心地が特徴で、
革のカシミアと呼ばれるほどです。

独特のシボがやわらからさを感じさせてくれます。

ディアスキン 束入れを見てみる

ルーガショルダー

ルーガショルダー束入れ

サイズ W190×H90×D20mm
機能 札入れ×1、カードポケット×10、フリーポケット×2
素材 ルーガショルダー
生産 日本

ルーガショルダーは、ベルギーのタンナーの革。
生きていた証であるシワ(トラ)模様を活かす染色が施された逸品。
独特の風合いを楽しめます。

たっぷりとオイルを含んだ革です。
ツヤや色の変化といったエイジングもしっかりと楽しめる、育つ革です。

ルーガショルダー 束入れを見てみる

マットクロコダイル

マットクロコダイル 束入れ

サイズ W190×H90×D20mm
機能 札入れ×1、カードポケット×10、フリーポケット×1
素材 クロコダイル
生産 日本

クロコダイルを使った、総クロコ仕立ての束入れ。

お値段は10万円を超えており、たぶん日本で一番高価な束入れです。

利用しているナイルクロコが希少なのは、左右がキレイに揃ったウロコが取れるからです。
特に本作は、その並びが美しいお腹の革を使ったもので、1匹につき数個しか作ることができません。

結果として、とても高くなってしまうんですね。

凹凸がハッキリとした表情は、エキゾチックレザーならでは。
他人と違う束入れをと考えると、行き着く先は本作になるのかもしれませんね。

マットクロコダイル 束入れを見てみる

あとがき

お気に入りの札入れ・束入れは見つかったでしょうか。

札入れも束入れも、古くからある伝統的な財布。

今回紹介したものは、オーソドックスで余計な装飾が無いもの。
ごまかしが効かないため、素材や質の高さで選ばれる逸品です。

どれもがメイドインジャパンの最高品質。
どれをセレクトしても間違いの無いものです。

スポンサーリンク